東芝 19s22 テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥19,107
19s22 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、19s22 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

19s22のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【8選】選び方と最新情報をご紹介

東芝 REGZA 19S22の基本スペック

東芝

東芝 19V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 19S22

価格:20,480円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 東芝(TOSHIBA) 商品名 東芝 19V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 19S22
画面サイズ 19V型 画素数 1366×768
画質 フルHD 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 幅462 × 高さ300 × 奥行143 mm(スタンド含む) 重量 2.3kg
機能 直下型LEDバックライト、ダブルチューナー搭載 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★

東芝 REGZA 19S22のおすすめポイント

直下型LEDバックライトで画面がみやすい

LEDバックライトにはさまざまな種類がありますが、バックライトが液晶に光を当てることがテレビの色を表現するのに重要な機能となっています。東芝 REGZA 19S22では、直下型LEDバックライトを採用しています。

 

直下型LEDバックライトは、液晶パネルの真後ろにLEDバックライトが設置されているのが特徴です。LEDと液晶画面の距離が近いので、画面全体の明るさが維持されます。明るさが維持されるために、高鮮度な映像を観ることが可能です。

 

また、直下型LEDバックライトを採用しているために、部分的に明暗を分けることも可能です。画面が小さくても綺麗な映像を楽しむことができます。

2チューナー裏録搭載

外付けHDDを接続することで、裏番組を録画することも可能です。あとで観たい番組は録画して違う番組をリアルタイムで観ることができます。2チューナー裏録と似ている機能で2番組同時録画がありますが、2番組同時録画ではないので注意してください。

 

録画をしているときでもリモコン操作が制限されることがないので、ストレスなくテレビを操作することができます。録画の機能には他にも、番組表から簡単に予約をすることができたり、「簡単連ドラ録画」や「家族フォルダ」で録画番組を管理することもできます。

 

外付けHDDを用意する必要がありますが、便利な機能が豊富にあります。

リモコンの操作性が抜群

余計な機能を搭載していないので、簡易的なリモコンが付属しています。動画コンテンツを利用することができるテレビが増えているために、リモコン自体にすぐにアプリを起動させることができるボタンがあります。

 

しかし、東芝 REGZA 19S22では必要最低限の機能しか選ぶことができないため、動画コンテンツが必要ない人におすすめです。取扱説明書を読まなくても今まで通りの操作性でテレビを動かすことができます。

 

コンパクトなテレビで、綺麗な映像を観たい人におすすめしたいのが、東芝 REGZA 19S22です。

東芝 REGZA 19S22の悪い点をレビュー

音質ががっかり

スピーカーは最大で3.6Wの出力をさせることが可能ですが、音にこだわりたい人にとっては物足りないようです。スピーカーを別途購入することで、簡単に接続させることができるので、スピーカーの購入を検討してみてください。

接続端子が少ない

ヘッドホンを使用する場合には、テレビの裏側に端子があり、頻繁に抜き差しをするのが不便になりました。しかし、HDMI端子以外にもRCA接続ができるのも魅力です。テレビの大きさが小さいため、限られた中で必要最低限のものを残しています。

 

しかし、HDMI端子はARCに対応していています。

全体的にチープになった

画面の縁がなくなったため、全体的にチープになったと感じる場合があります、特に前モデルから買い換える場合には、そのように感じる人が多いようです。実際は、重量も軽くなり、画質も向上しているのに大きさも小さくなっています。

 

19S22では、設置するスペースがさらに省スペースでも置くことができるようになりました。

東芝 REGZA 19S22の良い点をレビュー

画面が観やすい

直下型LEDを採用していることで、画面が明るく高画質な映像を楽しむことができます。画面は19V型と小さいですが、映像処置エンジンに「レグザエンジンファイン」を使用しているため、ノイズの少ない映像を楽しめます。

限られたスペースに置くことができる

前のモデルよりもさらに小さくなったために、設置するスペースを気にする必要がありません。寝室や台所に置いて活用している人も多くいます。スタンドを含めても、幅462 × 高さ300 × 奥行143 mmのスペースがあれば設置できます。

小さい画面の国産テレビとして優秀

テレビ画面の大型化が進んでいるために、小さい画面サイズのテレビが少なくなっています。その中でも高性能なテレビが、東芝 REGZA 19S22です。国産の小さいテレビを検討している人におすすめです。

東芝 REGZA 19S22の口コミを集めました

ただ、音がテレビ画面の裏側から聞こえる。音量を大きくしても全然足りない。がっかり、、、 イヤホンの音もなんかモノラルのような足りない音のよう。

出典:https://review.kakaku.com

映像が良いだけに音質にこだわりたい人には物足りないようです。設置するスペースがあれば、別途スピーカーを購入することをおすすめします。

インターネット経由での外出先からの録画予約ができない

出典:https://www.amazon.co.jp

前モデルでは行えた機能がなくなっているようです。インターネットから録画予約を行いたい人は、違うモデルを検討した方がいいようです。

ヘッドホン端子が外部スピーカー接続と共用になった。

出典:https://www.amazon.co.jp

小さいテレビだからこそ、ヘッドホン端子が共用になったのは不便なようです。端子を頻繁に抜き差しする場合も、デザイン性のために裏に端子があります。

本体がかなりチープになった。まあ、これは好き好き。軽くなり、画面の縁が薄くなったことで省スペースになったともいえ、悪いことばかりではない。

出典:https://www.amazon.co.jp

前モデルから買い換えた人にとっては、画面の縁が薄くなったことにより、チープになったと感じる人もいるようです。

東芝 REGZA 19RE1を使っていたので、この機種との比較レビューです。 新しく19S22に買い替えた。縦の大きさが低くなったが見やすい。 重さがすごく軽くなったので持ち運びは楽。

出典:https://review.kakaku.com

以前の機種よりも持ち運びも画面も観やすくなったのがポイントです。小さいテレビですが、画面が観やすいのは大きなメリットではないでしょうか。

朝のタイマー代わりと寝る前に少し見る程度なのでベッドルームに置くには十分です。

出典:https://review.kakaku.com

ベッドルームに置く場合や、リビング以外で使用するのにちょうど良い大きさのテレビです。スペースが限られている場所に設置するテレビを検討している人はいかがでしょうか。

6畳の部屋に置くものとしては最適なサイズだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

部屋の大きさが決まっている場合は最適なサイズです。テレビの視聴距離を取ることができない場合には、19V型のテレビを購入することをおすすめします。

最近、TVは大型化しており、ある程度小さいTVを探していたが、20インチ以下であり国産品があり購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

最近は大型テレビが主流になっていますが、小さいテレビを探している人にはコスパも良くおすすめです。

19S22と24S22の違い

東芝

東芝 24V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 24S22

価格:24,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

24S22は19S22の違いは画面の大きさです。実際に19S22を観てみて、画面の大きさが小さいと感じた人におすすめしたいのが24S22です。画面サイズが大きくなった分、5,000円程度価格も高くなっています。

 

実際の大きさに関しては、24S22は、幅552 × 高さ356 × 奥行143 mm、重量が2.8kgです。19S22の場合は、幅462 × 高さ300 × 奥行143 mm、重量が2.3kgですので、奥行以外は大きさが変わります。

 

年間消費電力量は35 kWhと19S22の32 kWhとそこまで変わりありません。設置するスペースと予算が合えば大きい画面サイズの24S22もおすすめです。

19S22と32V31の違い

東芝

東芝 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 32V31

価格:39,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

32V31は19S22の上位機種です。画面サイズが32V型とひと回り以上大きくなっていますが、V31シリーズには、22V型の画面サイズがありません。しかし、上位機種だけあり、19S22よりも高機能なテレビとなっています。

 

特に大きく変わるのが、画質をさらに向上させることができています。「おまかせオートピクチャー」や「地デジビューティー」により高画質に磨きがかかりました。おまかせオートピクチャーでは、観る環境や時間帯により適切な映像を映し出します。

 

地デジビューティーでは、映像や文字をはっきりとさせるので、より鮮明な映像を観ることができます。2万円ほど価格差はありますが、設置するスペースに余裕があれば、32V31がおすすめです。

東芝

東芝 19V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 19S22

価格:20,480円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝 REGZA 19S22の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめました。

 

置く場所が限られている場合やコンパクトなテレビが欲しい人におすすめのテレビです。小型のテレビですが、REGZAの映像処理エンジンを搭載していて、直下型LEDパネルを採用しているので、綺麗な画面で映像を観ることができます。

 

台所や寝室など限られたスペースに設置するテレビとして人気があります。小さいテレビの購入を検討している人は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

関連する商品

テレビの人気商品