日立 BD-SV110CR / BD-SV110CL ドラム式洗濯機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥161,700
日立(HITACHI) BD-SV110CL 洗濯機の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、特徴である日立(HITACHI) BD-SV110CL 洗濯機どんな人におすすめなのかを評価しました。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

温水ナイアガラ洗浄が際立つミドルクラス

SX、SV、SGとグレードのある日立のドラム式洗濯機の中の中間クラスです。上位との大きな違いは洗剤の自動投入の有無になりますので、毎回自分で洗剤を投入する方やジェルボールなどを使用している方はこちらでもそこまで利便性に変わりはありません。洗濯時の排熱を利用したヒートリサイクル方式を採用しているためヒーター式より電気代を抑えることができる上に、温めた水で洗浄を行う温水洗浄にも対応。黄ばみなどの頑固な汚れを落とすのに非常に重宝します。

BD-SV110CR / BD-SV110CLの徹底分析

設置について

幅x高さx奥行き

幅(本体幅)×高さ×奥行:630(600)×1050×715 (外形寸法は給水ホース取付部・排水ホースを含みます。本体幅の寸法は手掛けを含みません。)mm

防水パンサイズ(内寸奥行)

540mm

  • 標準より大きい
  • 標準程度
  • 標準より小さい

解説

標準サイズは、幅約640mm×高さ約1050mm×奥行約600mなので、比較的大きいサイズと言えます。また、設置には洗濯機のサイズだけでなく、受け皿である防水パンのサイズも影響します。防水パンについて、一般的に、幅640㎜×奥行640㎜は標準サイズと言われており、マンションなどでよく設置されているサイズです。

 

BD-SV110Cの防水パンのサイズは奥行きが540mm以上であれば設置できるため、設置しやすいと言えるでしょう。また、防水パンにはフラットタイプや隅が出っ張っているタイプなど様々な種類があり、それぞれに特徴があります。内寸よりも大きな洗濯機は設置できないので、防水パンのタイプ、サイズは注意して検討する必要があります。

使用人数について

洗濯容量

11kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

乾燥容量

6kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

解説

ドラム式洗濯機では、洗濯容量より乾燥容量が少ないことがほとんどですので、乾燥容量を見ておくといいでしょう。1人当たり1日分の洗濯物は1.5Kgが目安と言われています。BD-SV110Eは、乾燥容量が6kgと比較的大きめで、毎日洗濯乾燥をされる場合は、4人世帯で十分使用可能です。

 

2人世帯では、洗濯頻度を2日に1回に抑えることもできると言えます。また、乾燥を使用しなければ1度に7人分の洗濯物を洗濯することができます。洗濯頻度と世帯人数を考慮して検討すると良いでしょう。

洗浄力について

洗浄方式

ナイアガラ洗浄

解説

ナイアガラ洗浄

大流量、高濃度で洗ってくれる、日立のドラム式洗濯機に搭載されている機能。泥汚れなどの予洗いの手間を減せるといったメリットがある。

メーカーや機種によって洗浄方式が異なるため、機種ごとの特徴を知ることで、より自分に合った洗浄方式を見つけることができるでしょう。BD-SV110Cはナイアガラ洗浄という洗浄機能を搭載しており、黄ばみの除去や部屋干しの際の臭いの抑制に期待することができます。衣類を白く保ちたいという方に向いていると言えるでしょう。口コミからも洗浄力が高いことが確認できました。

汚れ落ちを心配しましたが、とてもきれいに洗われます。

出典:https://www.biccamera.com

静音性について

騒音レベル(洗濯時/脱水時/乾燥時)

34/37/48dB

解説

デシベル(db)

音の強さ、または電力の減衰などを表すときに用いる単位のことです。一般的にささやき声や図書館の室内が30〜40db(デシベル)で、うるさいと感じる掃除機の音や沸騰音60〜70dbと言われています。

洗濯機の運転音に関して、一般的に45db以下だと静かだと言われています。BD-SV110Cは、洗濯時、脱水時、乾燥時共に48db以下なので、静音性が高いとは言えません。レビューでも運転音が気になるといった口コミがいくつか見られましたので主に昼間に洗濯をする方に向いているでしょう。

特に乾燥時の騒音がとてもうるさい。

出典:https://review.kakaku.com

一方で以下のような口コミが見られました。

洗濯や脱水時の音は45db以下なので、夜間に乾燥をしない場合は問題ないかもしれません。

 

何より動作音が驚くほど小さい!脱水時においても非常に 静かで、夜間も安心して洗濯ができそうです。

出典:https://www.biccamera.com

仕上がりについて

乾燥方式

ヒートリサイクル方式

  • シワになりにくい
  • 縮みにくい
  • フワフワ
  • 臭いにくい

解説

ヒートリサイクル方式

ヒーター乾燥に似た乾燥方式で、運転時に発生する熱を再利用し温風によって乾燥させるという手法です。ヒーター式とは異なりヒートポンプ式に近い温度(約60度)で乾燥させるため、乾燥による縮みにくいといったメリットがあります。ヒートポンプ式よりも安価なことが多いです。

洗濯物の仕上がりには、乾燥方式が大きく影響します。BD-SV110Cは、ヒートリサイクル式なのでシワになりにくい事に期待できそうです。

ただ、臭いに関して批判的な口コミが見られましたので、その点は留意する必要がありそうです。

 

乾燥後の臭いが前の違うメーカーのドラム式と違く とても臭かったので対策を考えています

出典:https://www.biccamera.com

水道代(水量)について

乾燥方式

ヒートリサイクル方式

  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時冷却水が不要

標準使用水量(洗濯時)

78L

解説

洗濯、乾燥を頻繁にする方は、特に着目すべきポイントです。一般的に洗濯物1kgに対し、水10Lが標準だと言われています。

BD-SV110Cは、洗濯容量が11kgなのに対して、標準使用水量が78Lであるので水量は少ないと言えるでしょう。ただ、乾燥方式がヒートリサイクル式なので乾燥の際にも冷却水を使用します。乾燥機能を頻繁に使う方で水道代を抑えたいという方はヒートポンプ式の洗濯乾燥機を検討してみてもいいかもしれません。

その他利便性について

洗剤・柔軟剤 自動投入

-

  • 適量投入
  • 時短

スマホ連携

-

  • スマホでの予約
  • 運転状況確認

BD-SV110CR / BD-SV110CLのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

パナソニックの同レベルクラスのこちらもおすすめ

パナソニック
NA-VX800AR / NA-VX800AL のレビュー
285,480円〜

ドラム式を置くスペースがない方はこちらがおすすめ

日立
BW-DX120E
175,800円〜

日立 BD-SV110CLの商品スペック

日立

日立 11.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】シャンパンHITACHI BD-SV110CL-N

価格:172,809円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 BD-SV110CL-N(シャンパン系・左開き)
寸法・サイズ 幅63.0cm 高さ105.0cm 奥行71.5cm 設置可能防水パン(奥行内寸) 540mm以上 機能 洗濯乾燥機
洗濯方式 ドラム式 洗濯容量 11kg

日立 BD-SV110CLのおすすめポイント

シワを作らない、風アイロン機能

時速300kmの高速風を当てることで、シワを伸ばす機能がBD-SV110CLには付いています。

この高速風のほかに、湿度コントロールというものがあり、衣類4.5kg以下の場合は湿度を調節し

大容量のビッグドラムの効果も相まって、衣類の袖まで綺麗に乾燥させることができます。

予洗いの手間を減らす、ナイアガラ洗浄

大容量の流水を叩きつけるように衣服にあてることで、高い洗浄力を発揮します。

またBD-SV110CLには「汚れすっきりセンサーシステム」がついており、自動で汚れを認識して、洗い時間を調節してくれるので、より高い洗浄力が望めます。

手間いらずの、自動おそうじ機能

斜型ドラム式洗濯機は外装前カバー裏側やドラム前部、外装内部などが汚れやすいのですが

BD-SV110CLでは「自動おそうじ機能」により、これらの汚れを自動で除去してくれます。

従来の製品とは違い、乾燥ダクト部分も洗浄してくれるのも、おすすめのポイントです。

日立 BD-SV110CLの悪い点をレビュー

ホコリがたまってしまう場合がある

毎日使用していると、どうしてもほこりが内部に溜まってしまうことがあります。

自動おそうじシステムを常用していれば、被害を軽減することはできますが、

そもそもホコリが溜まりやすいというのは、ドラム式構造ではよくあることなので、仕方なさそうです。

排水溝が詰まりやすい

BD-SV110CLの自動おそうじ機能は構造上、溜まったホコリをそのまま流してしまうため

どうしても排水溝が詰まってしまうリスクが高く、口コミでもそこの評判は良くありません。

こちらもドラム式洗濯機に付随してくる問題ではあるので、仕方なさそうです。

表示画面にバグが発生することがある

表示画面に2時間と表示された場合でも、それ以上の時間がかかってしまう場合があるようで

「汚れすっきりセンサーシステム」により、時間が予定よりかかってしまうのかもしれません。

予定が崩れてしまうこともあるので、残念な仕様ですね。

排水の臭いが気になる

日立(HITACHI)によると、排水溝との相性によっては排水時に異臭が発生する場合があるそうです。

この排水溝との相性により異臭が発生するという事例は、口コミを見る限り結構発生しており

解決策も特に明示されているわけではないので注意が必要です。

日立 BD-SV110CLの良い点をレビュー

洗浄力が非常に強力

ナイアガラ洗浄により、BD-SV110CLは大変強力な洗浄力を有しています。

部活をされているお子様を持つ、ご家庭でも予洗いなしで頑固な汚れを落としてくれるので、かなり嬉しい仕様だと思います。

仕上がりがふんわりしている

時速300kmによる高速風や湿度コントロールによりシワなく衣服を乾かすだけでなく、タオルなどの毛並みも綺麗に整えてくれるので、仕上がりがふんわりした感触です。タオルや綿生地の衣服の寿命も、これで伸びそうです。

ドラム式ならではの乾燥力

当サイトの観測範囲内ではありますが、たくさんある口コミの中でもBD-SV110CLの乾燥力に対する好評価は特に多いと思います。前述した、時速300kmの高速風による乾燥効果は凄まじいようです。

直感的な操作が出来る

洗濯機も時代と共に、様々な機能が付随し操作性がより複雑になる中、複雑な機能を持ちながら、簡単に操作できるのは嬉しい要素ですね。

ご年配の方やお子様でも安心して使える設計になっているため、ご家族の中で洗濯を担当している方の負担軽減にもなるかもしえませんね。

日立 BD-SV110CLも口コミを集めました

未だ全てのコースは試みていませんが、我家で1~2日分の衣量を「洗・乾」「標準」で「スタート」すると洗剤量(目安)表示は0.3~0.6杯ほぼ一定で(洗濯・乾燥)予約時間もあと約2:30ほぼ一定で、始動後暫くして予定時間が30~40分程追加された時間になりまが・・・、当初の「予約時間」に近ずくと追加された時間が急に減り、ほぼ当初の「予約時間」に洗濯・乾燥が終わるのが嬉しいです。  一っ気付いたことですが、「標準」でスタートすると「洗い」「すすぎ」が終わりその表示が消えます。あと「脱水」表示1分のみで「乾燥」は自動(90分)の表示だけです。「脱水」中に「ほぐし」~「すすぎ」を繰り返すことがないのが大変良いです。

出典:https://kakaku.com

やはり予約時間の上下はどうしても起こるみたいです。 ただ、予約時間が短縮された場合は確かに嬉しいですね。

使用してまだ一週間ですが…可もなく不可もなく。以前使っていたものよりも改良されて手入れ(フイルター掃除など)が楽になりました。乾燥機使用後のパッキンにつく埃の量と小さな靴下などが隙間に入るのがちょっと……。乾燥機使用中の音も静かではありませんが、こんなものかなと。 まだ色んな機能はこれから使う予定です。

出典:https://review.kakaku.com

やはり「自動おそうじ機能」により、掃除の手入れは幾分か楽みたいです。小さな衣類はすきまに入ってしまうそうなので、そこは注意ですね。

日立BD-V2100Lから10年ぶりの買い替え。 ECOセンサー付で洗濯も自動で早くなるのでビックリ。 何より糸くずフィルターや乾燥フィルターの埃取りが こんなに楽になるなんて!(笑) 10年で随分変わったなぁと関心させられました。 洗浄力も乾燥パワーもかなり上がってますね。 仕上がりもふんわりで、懸念していた匂いも全くありませんでした! paypayきっかけで買い替えて良かったです(^^) ヤマダ電機頑張ってくれてありがとう。 大満足です!

出典:https://review.kakaku.com

洗濯機としての純粋な洗浄力や乾燥力は非常に高いようです。 確かに10年前の洗濯機と比べると、大きく進化しているでしょうが、基本的な洗浄力や乾燥力に衝撃を受けるほどの進化を感じると言うことは相当なのでしょう。

7年使用したTOSHIBAの縦型からの買い替えです。 ドラム式は15年前にミーハー心で使いましたが、洗浄力が良くないこと、タオルがゴワゴワになることが嫌で、結局縦型に戻ってしまいました。 今回、乾燥機能とドラム式の進化に期待して、ドラム式に再チャレンジ! ドラム式、進化しています。 水を使う量が少ないので、縦型とはやはり違いますが、少ない水を循環して、洗濯物全体に洗剤水が行き渡るような工夫がされています。 叩き洗いでの洗浄力も思ったほど悪くないと思いました。 そして、縦型との大きな違いはやはり乾燥! 洗濯物がカラッと乾きます。 これには感動しました。 この機種はコンパクトで場所もあまりとらないし、本当に買ってよかったです。 大事に使います!

出典:https://review.kakaku.com

コンパクトで場所も、そこまで取らないながら洗浄力や乾燥力は高い水準だそうです。 ドラム式といえど、洗浄力は縦型に劣らなくなってきているのでしょう。

汚れ落ちを心配しましたが、とてもきれいに洗われます。乾燥にも満足です。が、フィルターのこまめな掃除は必須です!

出典:https://www.biccamera.com

こちらの方はフィルターのこまめな掃除を推奨されていますね。 衣類の種類によって、フィルターの掃除頻度は変わるのかもしれません。

縦型を愛用していたのですが、仕事が忙しくなり、干す時間さえもなくなったので、ドラムに買い換えました。 乾燥が思ったより良くて、ワイシャツもアイロンいらず、タオルもコワゴワが全くなく、さすが風アイロンだなと感心しました。 乾燥時間は最初長めに表示されますが、渇き具合によって途中で一気に短くなったりするので、省エネにも貢献していると思います。

出典:https://www.biccamera.com

ワイシャツの乾燥でアイロンが必要ないのは非常に嬉しい仕様ですね。 一人暮らしのサラリーマンの方のタスクも1つ減るので、これはかなり大事な要素ではないでしょうか。

天気や気温を気にせずに選択ができるようになりました。 また、干す手間がないため、朝洗濯機を回せば洗濯はそれで終わり。 家事が減りました。

出典:https://www.biccamera.com

乾燥をすると服が傷みやすいなんて、昔は言われていましたが今はそうでもなさそうです。

想像していたよりもコンパクトで、圧迫感もなく使いやすいです。 配送、設置のヤマト運輸の方も丁寧な対応で助かりました。

出典:https://www.biccamera.com

コンパクトながら大容量なので、複数人で同棲されている方にとっても嬉しい仕様ですね。

日立

日立 11.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】シャンパンHITACHI BD-SV110CL-N

価格:172,809円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 BD-SV110CL-N(シャンパン系・左開き)
寸法・サイズ 幅63.0cm 高さ105.0cm 奥行71.5cm 設置可能防水パン(奥行内寸) 540mm以上 機能 洗濯乾燥機
洗濯方式 ドラム式 洗濯容量 11kg

BD-SV110CL と BD-SV110BL の違い

日立(HITACHI)

日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム 左開き 11kg シャンパン BD-SV110BL N

価格:163,821円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BD-SV110BLはBD-SV110CLの上位互換モデルなのですが、基本的にスペックにほとんど違いはありません。

 

BD-SV110CLとBD-SV110BLのスペックやデザインに関しての大きな違いは

デザインを洗濯できる数の違い、質量の違い、洗濯乾燥時の消費電力量(50/60Hz)の違いの3つです。

 

デザインを洗濯できる数の違いについてですが、BD-SV110CLは「シャンパン色(N)」1色しか選べないのに対し、BD-SV110BLは「シャンパン色(N)」と「ホワイト色(W)」の2種類から選択が可能です。両色に大きな差は無いものの、インテリアに合わせたデザインを重視する方にとっては、BD-SV110BLの方がBD-SV110CLよりも、有益性は高いかと思います。

 

質量についてですが、BD-SV110CLの質量が79キログラムなのに対し、BD-SV110BLの質量は81キログラムとなっています。しかし、本体幅、高さ、奥行き、防水パンサイズ(内寸)に関して変化はありませんので、サイズの違いによる検討は必要ないかと思います。

 

洗濯乾燥時の消費電力量(50/60Hz)は、BD-SV110CLの洗濯乾燥時の消費電力(50/60Hz)が850/850whなのに対し、BD-SV110BLの洗濯乾燥時に消費電力量(50/60Hz)は770/770whとなっております。

そこまで気にするような違いではないものの、毎日の使用を検討している方にとっては、ある程度、購入に至るまでの要素としては重要な違いになってくるとは思います。

 

結論として、BD-SV110CLとBD-SV110BLの違いは大きな差は無いと思います。両者のどちらかで購入を検討されている方は、その時どちらの値段が安いかで判断すると良いのではないでしょうか。

BD-SV110CL と BD-SV110AL の違い

日立(HITACHI)

日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム 左開き 11kg ホワイト BD-SV110AL W

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BD-SV110ALもBD-SV110CLの上位互換モデルなのですが 基本的にスペックにほとんど違いはありません。

 

BD-SV110CLとBD-SV110ALのスペックやデザインに関しての大きな違いは、デザインを洗濯できる数の違い、質量の違い、洗濯乾燥時の消費電力量(50/60Hz)の違いの3つかなと思います。

 

デザインを洗濯できる数の違いについてですが、BD-SV110CLは「シャンパン色(N)」1色しか選べないのに対し、BD-SV110ALは「シャンパン色(N)」と「ホワイト色(W)」の2種類から選択が可能です。BD-SV110BLと同様に、インテリアに合わせたデザインを重視する方にとってはBD-SV110ALの方がBD-SV110CLよりも、有益性は高いかと思います。

 

質量はBD-SV110CLの質量が79キログラムなのに対し、BD-SV110ALの質量は81キログラムとなっています。こちらもBD-SV110BLと同様に、本体幅、高さ、奥行き、防水パンサイズ(内寸)に関して変化はありませんので、サイズの違いによる検討は必要ないかと思います。

 

洗濯乾燥時の消費電力量(50/60Hz)の違いについてですが、BD-SV110CLの洗濯乾燥時の消費電力量(50/60Hz)が850/850whなのに対し、BD-SV110ALの洗濯乾燥時に消費電力量(50/60Hz)は770/770whとなっております。

こちらもBD-SV110BLと同様に、毎日の使用を検討している方にとっては、ある程度、購入に至るまでの要素としては重要な違いになってくるとは思います。

 

ただ、BD-SV110CLとBD-SV110BLと同じように、こちらも違いはそこまでなさそうです。

日立

日立 11.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】シャンパンHITACHI BD-SV110CL-N

価格:172,809円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 BD-SV110CL-N(シャンパン系・左開き)
寸法・サイズ 幅63.0cm 高さ105.0cm 奥行71.5cm 設置可能防水パン(奥行内寸) 540mm以上 機能 洗濯乾燥機
洗濯方式 ドラム式 洗濯容量 11kg

日立(HITACHI)洗濯機 BD-SV110CL(N)シャンパン色 の種類について、商品概要、説明書、おすすめ、ポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

商品概要についてですが、BD-SV110CLはシンプルなデザインながら、豊富なオプション機能を搭載しており、洗浄能力や乾燥力などの、洗濯機としての純粋なスペックはかなり高い印象です。

 

「ナイアガラ洗浄」、「自動おそうじ機能」、「時速300kmの高速風による乾燥」などの日立(HITACHI)による技術により汎用的かつ、水準の高い洗濯機となっているかと思います。

 

価格ドットコムやビックカメラのレビューを見る限り、基本的にポジティブな内容の口コミやレビューが大半を占めていました。

ユーザーの満足度も高い水準です。

 

BD-SV110CLと他製品の比較に関しては最新機種と比べても、遜色ないスペックだと思います。

 

単純に洗濯力や乾燥力の高い洗濯機が欲しい方や、汎用的な機能を多数搭載した洗濯機が欲しい方にはおすすめの商品だと思います。

関連する商品

ドラム式洗濯機の人気商品