ソニー 43x8500f テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.1
最安値:¥96,342
43x8500f テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、43x8500f テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

43x8500fのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【5選】

ソニー 43X8500F テレビの商品紹介

ソニー 43X8500F テレビの基本スペック

ソニー(SONY)

ソニー SONY 43V型 液晶 テレビ ブラビア 4K Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 KJ-43X8500F B

価格:94,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーソニー(SONY)商品名ソニー SONY 43V型 液晶 テレビ ブラビア 4K Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 KJ-43X8500F B
画面サイズ43インチ画素数3840 x 2160 ピクセル
画質4K録画機能外付けHDD
寸法/サイズ幅965x高さ628x奥行き279 mm重量11.3kg
機能Works with Alexa省エネ性能(★~★★★★★)-

ソニー 43X8500F テレビのおすすめポイント

4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載

4K画像の綺麗さを決めるプロフェッサーに「HDR X1」を搭載しています。HDR X1の特徴は「精細感」「色の鮮やかさ」「コントラスト」を細かくコントロールできることです。

 

3つの特徴を生かすことで、白飛びや黒つぶれが少なく、明るい色合いを実現することが可能です。ソニー 43X8500F テレビに映る映像は、まるで目の前にあるかのようなリアルな映像となります。

リモコンが便利

ネット動画をテレビで楽しみたい人に注目してもらいたいのが、リモコンのボタンです。上部に6つのボタンがあり、「hulu」「netflix」「U-NEXT」「Abema」「YouTube」「アプリ」を起動させることができます。

 

Google play ストアからダウンロードをするだけで、快適に動画を視聴することが可能です。

アプリケーションが豊富

4Kチューナーを搭載していませんが、豊富な4Kコンテンツを楽しむことができるのも、ソニー 43X8500F テレビの特徴です。

 

リモコンに表示のある動画コンテンツ以外にも、専用のアプリケーションをダウンロードすることで簡単に起動することが可能です。Google play ストアにあるゲームをダウンロードすることもできるので、テレビの大画面でゲームを楽しむこともできます。

ソニー 43X8500F テレビの徹底レビュー(評価・口コミ)

ソニー 43X8500F テレビの悪い点をレビュー

リモコンのボタンが多い

便利なリモコンですが、ネット環境がない人やテレビをみるだけを目的にしている人にとってはボタンが多く感じるようです。簡易的なリモコンを使用したい場合は、別途リモコンを買い足すことをおすすめします。

リモコンのレスポンスが悪い

チャンネルを変えるときに動きがモサっとしていることがあります。チャンネルを変える以外にも、アプリを起動する場合にほんの少しラグが発生するようです。豊富なアプリケーションを利用できるために、動作が遅くなることがあります。

サウンドスピーカーとの相性が悪い

テレビのスピーカーでは満足できない人は、サウンドスピーカーを検討するかと思いますが、相性の良くない場合があります。レビューの情報では、ソニー HT-Z9Fとの相性が良くないようです。サウンドバーを使用する場合は、注意してください。

ソニー 43X8500F テレビの良い点をレビュー

綺麗な映像を楽しめる

4Kチューナーは搭載していませんが、4K映像をみることができる4K高画質プロセッサーHDR X1を搭載しています。4Kコンテンツを楽しみたい人や、ブルーレイの映像、ゲームの映像を高画質でみることが可能です。

Androidスマホと連動している

Androidスマホと連動しているので、テレビの設定をスマホから行うことができます。Androidテレビの機能を搭載しているので、スマホでみている動画をテレビへ映して大画面でみることも可能です。

ゲームをする人におすすめ

普段ゲームをする人にとっては、高画質な画面で行えることと、動くがスムーズかどうかが重要です。同じソニーのゲーム機器である、PS4の動作もカクカクせずに視聴することができます。

ソニー 43X8500F テレビの口コミを集めました

アンドロイドテレビとかの触れ込みなのでgoogle playとかnetflexとかのボタンがあるがテレビを見るだけの人には無意味だ。 操作部分は外部に丸投げにした印象だ。購入前にテレビ使い方、見るだけなのか、ネットも含めた形なのかまた操作性も実際に試した方がいいかも。

出典:https://www.amazon.co.jp

テレビだけを考えている人にとってもリモコンのボタンが多く感じてしまうかもしれません。簡易的なリモコンを使いたい人は、別途リモコンを買い足す必要があります。

チャンネルを結構変える場合は、相当ストレスになる可能性があります。 例えるなら昔のAndroidスマホです。パナソニックは、ほぼストレスを感じませんでした。 アプリメニューを出す際にもモッサリです。

出典:https://review.kakaku.com

アップデートによりリモコンの速度が改善されたといった声もありますが、チャンネルを変えることが多い人にとってはストレスになる場合もあります。リモコンの速度が気になる人は事前に試してから購入するのがおすすめです。

サウンドバーに関してはクチコミでも書いたのですがアップデートの不具合があって色々不具合を起こしてるとの事みたいですね。

出典:https://review.kakaku.com

アップデートの不具合があり、サウンドバーと相性が良くない場合があるようです。他のレビューでもありますが、アップデートをする前にアップデート内容を確認するようにしてください。

可もなく負荷もなくと言うところです。でも、よくこのスピーカーの配置で音がはっきり出るなぁ、とは思いました。 サウンドバーはあったほうが絶対いいとは思います。

出典:https://review.kakaku.com

音質を気にする人は、別途サウンドバーの購入をおすすめします。綺麗な映像と一緒に音質も楽しみたい人が多いので、余計に音質が気になる人が多いみたいです。

4Kパネルのテレビを購入するにあたって気になるのが、4Kチューナーの有無だと思います。このご時世ネットに繋がるほうが重要で、SONYのこのテレビはネット接続で映像を見る事に特化しています。 スマホで動画を見るような感じでアプリを入れて好みの映像配信を鑑賞できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソニーのテレビは、動画や音楽など自分好みのアプリケーションを入れることができます。配信されている動画コンテンツには、4K映像が多いです。4Kチューナーがなくてもネットと繋がっているだけで、綺麗な映像を楽しむことができます。

スマホがxperiaであり、こちらに決定しました。android tvの設定がスマホからできたのがすごい。

出典:https://review.kakaku.com

スマホ一つで設定を簡単に行うことができるので、機械に弱い人でも安心して利用することができます。Androidのスマホを使用している人に便利なテレビです。

画質が本当に素晴らしい。とにかく綺麗。あと倍速機能が優秀なので、カクカクする動画やゲームもヌルヌル動くので快適です。 YouTubeやAmazonプライムビデオも大変綺麗で、特に4K動画を観たときはあまりにも綺麗すぎて鳥肌たちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲームをする人は画質が気になるところですが、倍速機能が優秀でヌルヌル動きます。同じメーカーのゲーム機器である「PS4」を持っているのであればおすすめのテレビです。

新しいテレビとFire TV Stick 4Kを買おうと思っていたけど、このテレビ単体でprime video(勿論4K映像も)見れるので6980円分お得な気がしました。 まだまだ4Kのコンテンツが少ないので、4K画質の恩恵はあまり受けられないですが画質はすごく綺麗。

出典:https://www.amazon.co.jp

テレビでアプリケーションをダウンロードするだけで、動画コンテンツをみることができます。今後4Kコンテンツも増えていくことが予想できますので、高画質な映像を楽しみたい人におすすめです。

ソニー 43X8500F テレビの関連商品と比較する

43X8500Fと43X7500Fとの違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY 43V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X7500F (2018年モデル)

価格:77,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

43X7500Fは、43X8500Fの下位機種です。搭載している解像エンジンが「4K X-Reality PRO」ですので、43X8500Fとは違います。しかし、4K X-Reality PROでも、フルHD映像を4K映像にアップコンバートすることと、最適な映像にすることは可能です。

 

外付けHDDが必要になりますが、スマホと連動してテレビの録画を行うことができます。専用のアプリをダウンロードする必要がありますが、外出先でも録画の予約が可能です。予約をする際は、予約表からもランキング表を参考にすることもできます。43X8500Fにもある便利な機能です。

 

Androidテレビにも対応しているので、ほとんどの機能を43X8500Fと変わらずに利用することができます。購入する価格も2万円程度変わってきますので、特に画質を気にしない人やコストパフォーマンスを重視する場合には、43X7500Fの方をおすすめします。

43X8500Fと43X8500Gの違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY 43V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-43X8500G

価格:111,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

43X8500Gは43X8500Fの後継機種となります。43X8500Gとの最大の違いは、4Kチューナーを内蔵していることです。4Kチューナーを搭載しているテレビが欲しいため、43X8500Fの購入を悩んでいた人におすすめします。

 

4Kチューナーを搭載していますが、テレビ自体の大きさに変更はありません。43インチのテレビで高画質なものを探していた人は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、音質についても機能が向上しており、「ドルビーアトモス」を採用しています。前後左右に加えて高さの方向に対しても音の表現をすることができるようになりました。前のモデルである43X8500Fでは搭載されていませんでしたが、43X8500Gでは、テレビのスピーカーで音の立体感を表現することも可能です。

 

画質にも音質にもこだわりたい人は、後続機である43X8500Gをおすすめします。

 

 

ソニー 43X8500F テレビの総合評価

ソニー(SONY)

ソニー SONY 43V型 液晶 テレビ ブラビア 4K Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 KJ-43X8500F B

価格:94,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー 43X8500F テレビについて、商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

ソニー 43X8500F テレビは、4Kチューナーを搭載していません。今後4Kテレビをみるときには、4Kチューナーが必要になります。しかし、ネット環境がある場合やゲームをする人にとってはリーズナブルに購入することができるテレビです。

 

低価格で高画質なテレビを検討している人は、ソニー 43X8500F テレビを検討してみてはいかがでしょうか。

関連する商品

テレビの人気商品