シャープ 8t-c80ax1 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

0
最安値:¥1,691,954
8t-c80ax1 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、8t-c80ax1 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

8t-c80ax1のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
価格
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【5選】

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビの商品情報

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビの基本スペック

シャープ(SHARP)

シャープ 80V型 液晶 テレビ AQUOS 8T-C80AX1 8K チューナー内蔵 N-Blackパネル 8K倍速液晶 2018年モデル

価格:1,550,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーシャープ(SHARP)商品名8T-C80AX1
画面サイズ80V型ワイド(178.2×100.2/204.4)画素数7,680×4,320
録画機能外付けHDD寸法/サイズ1810x1132x440 mm
機能8k HDR対応

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビのおすすめポイント

4K8K衛星放送に対応している

シャープ 8T-C80AX1 テレビは8K放送に対応しております。8k放送とはフルハイビジョンと比較し、16倍の画素数(7,680×4,320画素)を持つ驚異的な高精細映像です。これは美麗を極めたと言われていた4kの4倍の画素数を誇っています。さらに8K放送の放送内容についてはその優位性を生かすために独立した制作体制を整えています。4K放送では基本的に現在の地デジやBS放送と一体の制作をしているので、8k4k衛星放送に対応しているからこそどちらも楽しめることができるのです。

音声機能で活用の幅が拡大

視聴傾向を学習する「COCORO VISION(ココロビジョン)」や「Google アシスタント」に対応。さらに人感センサーで音声や番組検索、天気の確認などを行うことができます。

2Kや4Kのコンテンツも高精細8K映像へアップコンバート

新開発8K画像処理エンジン「AQUOS 8K Smart Engine PRO」は地上デジタル放送(2K)やブルーレイディスクなど様々なコンテンツを8K高解像度映像に高精細化して再現します。より上質な映像体験を自宅で作り出すことができます。4kの4倍もある8k高解像度映像は、正直圧巻です。

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビの徹底レビュー(評価・口コミ))

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビの悪い点をレビュー

視野角度が狭い

正面から画面を見た場合は鮮明に見える映像も、斜めから見た場合に白っぽく色彩が薄れてしまうそうです。しかし適切な視聴距離を保てば画面への角度が生まれず快適に映像を楽しめます。

動作不良を起こすことがある

映像を再生、録画する場合に動作不良を起こし、停止してしまうことがあるようです。8t-c80ax1はインターネットで更新していくシステムなどで、こうした問題もアップデートにより改善していくことが見込めます。

付属機器の反応が遅い

リモコンを使用した時に信号のラグを感じることがあるようです。また、HDML端子による他機器との連携の際にも同様のラグを起こしやすい傾向は見られるとの意見があります。

電気使用量が増える

AQUOS 8T-C80AX1 の年間電気代は10314円。これは同じ80インチのテレビの年間電気代と比較しておよそ2倍。4k対応の80インチのテレビと比較すると約1.5倍の値段となります。こうして見ると、AQUOS 8t-c80ax1が他製品よりも電気代が高額になってしまう理由としてはやはり8kに対応しているという点が大きいように思えます。

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビの良い点をレビュー

大画面ならではの画質の変化

8t-c80ax1 は80インチの大画面テレビですので、8K放送や2k/4kをコンバートした美麗な映像の違いをより鮮明に感じることができます。

AIシステムが嬉しい

リモコン操作や音声認識に反応する「エモーショナルコンタクト」を搭載した8t-c80ax1はAIシステムが持ち主の思考を学び、音声でコンテンツやサービスを提案してくれ、ユーザーに温かみのある利便性を与えてくれるとのことです。

音質も向上し臨場感がアップ

画質向上もさることながら、サウンドエリアを拡大し、より自然で豊かな音質になったことで今までよりもさらに臨場感を楽しめるようになったようです。

安心の録画機能

「AQUOSタイムシフト」や「ちょっと待っテレビ」という機能が備わっているので視聴番組の録画を忘れてしまった場合や、視聴中にその場から離れなけばならない予定が入った場合も後からゆっくりと番組を見返すことが可能です。

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビの口コミを集めました

今までのテレビは、映像の輪郭が縁取され一見きれいに見えるけど 映像が動いてはじめて立体的だなぁと感じます。 このテレビは、映像が動かなくても 自然で立体的に見えるような感じです

出典:https://review.kakaku.com

8K倍速液晶パネルで映し出される映像はフルハイビジョン(2K)の16倍で約3,300万画素に及びます。綺麗な画質だからこそ静止している映像でも立体感を実感できるのです。

Android TV の音声検索やGoogleアシスタントが便利。 AIが喋って番組おススメも面白い。

出典:https://review.kakaku.com

快適なナビゲーションシステムに難解な操作性は一切なし。AIシステムが自動でユーザーに適したサービスを提案してくれるのでありがたいですね。

オーケストラ作品の楽器の再現では、バイオリンが音と光を同時に奏でているということまでわかります。色の輝きが音を引き立てているということが自然に感じられる、そういった実体感、説得性・情緒力には驚きます。

出典:https://online.stereosound.co.jp

より豊かで自然かつ、サウンドエリアが広がった音質は美麗な映像と相まってユーザーをコンテンツに引き込む魅力的な没入感を生み出すことができます。

バックライトの技術が良いものが使われており、それが高画質に繋がっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

高い透過率を持つUV2A/UV2AⅡ液晶技術の導入で、高密度な8Kでも明るく抜け感のある映像を実現しています。加えて映像信号を解析し、LEDバックライトを部分制御する技術「メガコントラスト」で作り出す鮮やかな映像は従来機種の4倍にまで映像の輝き部分を美しく再現します。

リモコンの反応は遅いです。私はアンドロイドTVはこの機種しか持っていないので、比較は非アンドロイドTVになりますが、いらいらするほど遅いのと、HDMI端子による他機器との連携がさらにおそく、全くもって快適とは言えません。

出典:https://bbs.kakaku.com

これには多くの意見が見られ、例えばレコーダーをオンにしてから時間差でテレビの電源がつき、最後にアンプがオンになるまで40秒ほどかかるという声もありました。多機能であるが故に処理に少し時間がかかってしまうという側面があるのかもしれません。

視野角度は狭いです。正面に対して30度ではかなり白っぽくなります。

出典:https://bbs.kakaku.com

高画質かつ大画面である為に画面の両端のコントラストが低下することがあるようです。従来の液晶テレビでも同様の現象が見られますが、画面との適性距離を保てば角度の問題も解決できそうです。

過去の不具合が数日おきに繰り返し起きて居ります。

出典:https://bbs.kakaku.com

シャープが他メーカーに先駆けて販売したほど、8kテレビは未だ改善点も多く作動や動作に不具合を起こすこともあるようです。しかしインターネットを介して随時問題解決にむけてアップデートを繰り返しているので近日中にそういった現象の改善が見込めます。

電気使用量が結構増えました(TV以外の電化製品に変わりはないです)。

出典:https://bbs.kakaku.com

音声でコンテンツやサービスを提案してくれる「エモーショナルコンタクト」を搭載している為に使用電力は多くなったように感じますが、「省エネモード」や「無信号電源オフ」、「無操作電源オフ」など自動で節電してくれる機能がある為に影響は微々たるものだと考えられます。

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビの関連商品と比較する

シャープ AQUOS 8T-C80AX1とシャープ AQUOS 8T-C70AX1の違い

シャープ(SHARP)

シャープ 70V型 液晶 テレビ AQUOS LC-70X500 8K 2017年モデル

価格:337,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AQUOS 8T-C70AX1 は、AQUOS 8T-C80AX1 の下位モデル機種であり、AQUOS 8T-C80AX1 の販売同日の2018年11月17日に発売された、AQUOS史上最高画質を実現した世界初の8チューナー内臓テレビです。 基本性能についてはAQUOS 8T-C80AX1 と似た仕様で、種類は液晶テレビを採用し、画素数は7680x4320、HDR対応、録画機能は外付けHDD,VODサービス対応。 ネットワークは両商品共に無線LAN,有線LAN対応で、HDML端子は五端子まで接続可能です。 AQUOS 8T-C80AX1との違いとしては、AQUOS 8T-C80AX1 の画面が80インチなのに対し、AQUOS 8T-C70AX1 の画面の大きさは70インチだということです。 価格はAQUOS 8T-C80AX1の約3分の1程で、1インチあたりの価格がAQUOS 8T-C80AX1はおよそ¥17.841であり、AQUOS 8T-C70AX1は¥7.210ほどです。 加えて顕著な違いが消費電力でAQUOS 8T-C80AX1の方が約280W高いです。 年間消費電力と年間電気代というと、AQUOS 8T-C70AX1の年間消費電力量が343 kWh、年間電気代が9261 円。対してAQUOS 8T-C80AX1 の年間消費電力量は382kWh、年間電気代が10314円。 年間電気代に差がないことを見ると、AQUOS 8T-C80AX1 の省エネ効率の性能の良さを実感できる結果になったと考えられるのではないでしょうか。 このようにAQUOS 8T-C80AX1の方が電気代の差もなく、大きい画面で8k放送やアップコンバートされています。より美麗になった映像を楽しむことができることから優れているように感じられますね。しかし、価格だけを見るとAQUOS 8T-C80AX1はAQUOS 8T-C70AX1のおよそ3倍となっており、悩みどころです。 両商品とも基本性能は同じなので、値段が高くとも大画面で映像を存分に味わいたいという方には、AQUOS 8T-C80AX1をおすすめします。80インチほど大画面じゃなくてもいいと思う方は、AQUOS 8T-C70AX1の購入をおすすめします。

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビの総合評価

シャープ(SHARP)

シャープ 80V型 液晶 テレビ AQUOS 8T-C80AX1 8K チューナー内蔵 N-Blackパネル 8K倍速液晶 2018年モデル

価格:1,550,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープ AQUOS 8t-c80ax1 テレビについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。 シャープ AQUOS 8T-C80AX1 は世界初の8kチューナー内蔵テレビで、最新鋭の機能を多角的に取り入れ、かつ未だかつてない高画質映像を実現する次世代テレビの先端を行く商品です。 しかし、誕生から間も無いこともあり、予期されない不具合を起こすことも多く見られるようです。随時インターネットでアップロードによって改善が進められてはいるものの、特に80インチであるが故に同シリーズよりも高価格であるAQUOS 8t-c80ax1において障害がでた場合は、よりフラストレーションを感じてしまうのではないでしょうか。 もし少しでも購入に不安が残るのなら8k環境が整うタイミングを待つべきか、同シリーズの下位モデルを選ぶという選択肢もあります。 しかしAQUOS 8t-c80ax1はスポーツ観戦や映画などで新しい体験を生み出してくれること間違いなしの商品なので、その世界に少しでも早く足を踏み入れたい方にはおすすめです。 購入に勇気は必要なものの、AQUOS 8t-c80ax1の進化していく利便性を確かめながら、来たる魅力的な映像コンテンツへの準備を整えるのも良いのかもしれません。

関連する商品

テレビの人気商品