【2021年最新】サーカスTCにおすすめのコット5選|アレンジアイテムも紹介

自分のアレンジ次第でさまざまなスタイルを楽しめるサーカスTC。とくに、相性のいいアイテムがコットです。コットがあれば寝るだけでなくベンチや物置としても使えます。サーカスTCをさらに楽しめるように一緒に使いたいアイテムやアレンジについてまとめました。

2021/02/18 更新

サーカスTCは頑丈でオールシーズン使えるテントです。人気も高く、多くの人が愛用しています。

 

サーカスTCが人気な理由は、使い勝手がよくさまざまなアレンジができるからです。とくにおすすめなのが、コットを使って幕内でリラックスする使い方です。実際にサーカスTCを使っている人の多くがコットを使ったコット寝スタイルを楽しんでいます。

 

本記事では、サーカスTCでのキャンプをより快適で楽しくしてくれるグッズをまとめました。サーカスTCをさらに使いこなしたいと思っている人はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!サーカスTCにぴったりのおすすめコット5選

サーカスTCはテンマクデザインから発売されているテントです。夏は木陰のように涼しい、冬は暖気を逃さない、オールシーズン使用可能なモデルとなっています。遮光性と通気性も高いため居住性が高いのも魅力です。

 

ポリエステル素材で安価になったサーカスST・サイドフラップのついたサーカスTCDX・100%コットンで作られたコットンバージョン・大人数での利用に向いているBIGとラインナップも充実しています。それぞれ長所があり、ニーズに合わせてモデルを選べます

 

オプション品も充実していて、サーカスTCがあるだけでさまざまなキャンプを楽しめるのがメリットです。

サーカスTCは雨漏りはしない??

サーカスTCに使用されているTC生地は雨に弱い生地で、多くの人が雨漏りすると思っています。しかし、実際には撥水加工が施されていて、激しい雨でない限りは雨漏りの心配はありません。長期間使用しているテントだと性能が下がるため、防水スプレーを使うとさらに安心です。テント専用の防水スプレーを必ず使いましょう。

 

また、傷や縫い目が雨漏りの原因となります。傷は補修剤を使えばカバー可能です。サーカスTCは縫い目から浸水することは基本的にありませんが、経年劣化で水漏れするようになったらシームテープを張り替えましょう。

サーカスTCを使うなら、コットはぜひ使いたいアイテムです。コットとは組み立て式の簡易ベッドのことを指します。コットがあれば硬い地面に寝袋を敷かなくていいためリラックスできます。寝ないときもベンチや物置として使えるのもメリットです。また、雨天時に浸水しても寝袋が濡れないので撤収が楽になります。

 

サーカスTCは直接地面に置く方法がおすすめです。インナーテントを張らないので幕内を広く使え、設営と撤収が楽になるのがメリットです。とくに、幕内を広く使える点は重要ですよね。ワンポールテントは構造上外側の方は高さがないため使いにくく、スペースを有効活用する必要があります。

人数でコットの高さを決めよう

コットにはハイコットとローコットの2種類があります。ハイコットは座面までの高さが高く、ローコットは低いです。サーカスTCで使うコットは人数に合わせて選ぶのがおすすめです。

2人以上ならローコットを選ぼう

2人以上でのキャンプならローコットがおすすめです。ローコットは高さがないため、テントの端に置けます。高さのあるハイコットは中心部に置かないと圧迫感が強く、中心部にコットを2台置くとテント内のスペースが使いにくいです。

 

ローコットのデメリットは、座面が低いため地面からの冷気を感じること、草が生えている場合は汚れやすいことです。寒さはコットの上にブランケットを置いて対策ができるため、草がない地面ならローコットを使いましょう。

ソロならハイコットもおすすめ

ソロキャンプでサーカスTCを使うなら、ハイコットでも十分スペースを確保できます。ソロならハイコットかローコットは好みで選びましょう。ハイコットであればコットの下に荷物を置けるため、ソロキャンプならローコットを使うよりも広々とテント内を使えます。ローコットを使うなら端にコットを置けるので、中心部に他のアイテムを置けるのがメリットです。

今すぐ見る!快適なレイアウトにするアイテム
サーマレスト(THERMAREST)

ラグジュアリーライト メッシュコット レギュラー

価格:23,760円 (税込)

メッシュ生地で涼しい夏用コット

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのモデル夏のキャンプが多い人におすすめのコットです。メッシュ生地で作られているため通気性がよく、涼しく寝られます。ショックコード付きで組み立ての手順を覚えていなくても簡単に設営が可能です。軽いため持ち運びも楽です。

 

スペック詳細はこちら

サイズ 76×196cm 重量 2008g
タイプ ロータイプ
サーマレスト(THERMAREST)

ラグジュアリーライト ウルトラライトコット

価格:27,500円 (税込)

冬でも寒さを感じない断熱性の高い冬用コット

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冬におすすめしたいのがサーマレストのウルトラライトコットです。重量が非常に軽いにもかかわらず、断熱性の高い素材シートが裏面にラミネートされています。地面からの冷気を防ぎ、体温を逃さないため冬でも暖かく眠れるコットです。

 

スペック詳細はこちら

サイズ 61×183cm 重量 1195g
タイプ ロータイプ
ヘリノックス(Helinox)

アウトドアベッド HN.ライトコット 1822163 SD

価格:31,900円 (税込)

軽量でコンパクトなコット

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質なアイテムで有名のヘリノックス。ヘリノックスのコットの中でも最も軽量なモデルがライトコットです。非常に軽量なコットで持ち運びが簡単です。適度なテンションで体を支え、寝心地も優れています。組み立てには多少力がいるため、あらかじめ練習するのがおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

サイズ 185×60×13cm 重量 1.2kg
タイプ ロータイプ
ディーオーディー(DOD)

バッグインベッド CB1-510K

価格:8,562円 (税込)

コスパ重視の人におすすめのコット

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパを重視したい人におすすめのコットがDODのバッグインベッドです。コットは2万円以上するモデルが多いですが、1万円台で手に入ります。重量も2.6kgで軽量。コンパクトで持ち運びも簡単です。耐荷重も120kgで安心して眠れます

 

スペック詳細はこちら

サイズ 183×72×15.5cm 重量 2.6kg
タイプ ロータイプ
DOD(ディーオーディー)

ハンペンインザスカイ ハイコット CB1-633-BK

価格:21,417円 (税込)

幅広で寝心地のいいハイコット

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DODのハンペンインザスカイは、エアマット内蔵で寝心地が非常に優れています。幅広で寝返りも打てて熟睡できるコットです。ハイコットで直置きでも汚れにくくて安心できます。脚を折りたたんでローコットにもできるため、使用場面にあわせて調整可能2つ並べるとダブルベッドのように使えるユニークなコットです。

 

ペック詳細はこちら

サイズ 78×190×39cm 重量 5.9kg
タイプ 2wayタイプ

オプションが付属していないサーカスTCは、自分好みに自由にカスタマイズ可能です。初心者だとどう使えばいいか悩むくらい自分でアレンジする余地があります。そこで、サーカスTCと合わせて使いたいおすすめのアイテムを紹介します。

雨漏り対策にも!グランドシートを使おう

コットの直置きスタイルはワイルドですが、グランドシートがあると便利です。グランドシートがあれば荷物を置けて、雨の日も活動できます。サーカスTCを使っている人には一部にグランドシートを敷いて地面の部分を残す人も多いです。純正のオプションでも、ハーフサイズや4/5サイズなどが用意されています。小さいグランドシートはコストを抑えられるメリットがありますが、便利さを重視するならジャストサイズを選ぶのがおすすめです。

iBeamed

グランドシート

価格:5,980円 (税込)

純正品ではないがコスパが高くておすすめ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純正品ではありませんが、こちらのモデルはジャストサイズで価格が安いため、コスパ重視の人におすすめです。防水性も高くて雨の日にも使えるのがメリット。また、タープとしても使えるため、グランドシートを使わなくてもいい地面でも活躍できます。純正品のグランドシートはタープとして使えないので、こちらのモデルの方が使い勝手はいいです。

材質 PU210Dオックスフォード生地 重量 1.8kg

インナーテントで虫の侵入防止や湿度調整をしよう

サーカスTCは床がないため、どうしても虫が侵入します。とくに、夏にキャンプをする人は虫刺されを防ぐためにインナーテントの利用がおすすめ。カンガルースタイル用の小型テントであれば、地面の部分も残したまま睡眠用のスペースを作れます。

 

メッシュ生地のインナーテントを用意して、サーカスTCは風が通るように開けておくと換気でき、湿度が上がって結露が発生するのを防げます。設営や撤去の手間が増えるのはデメリットですが、快適なキャンプをしたい人には欠かせないアイテムです。

テンマクデザイン

モノポールインナーテント

価格:4,378円 (税込)

睡眠用スペースが欲しい人におすすめ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テンマクデザインのモノポールインナーテントはサーカスTCの中に睡眠用スペースを作れるテントです。非常に安価コットの上にも設営できます。サーカスTCと組み合わせるのに最適のインナーテントです。

 

スペック詳細はこちら

サイズ 2,100×700×970mm 重量 1.28kg
ディーオーディー(DOD)

カンガルーテントS T2-616-TN

価格:20,800円 (税込)

カンガルースタイル専用のテント

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーカスTCだけでなく、カンガルースタイルにおすすめのテントがDODのカンガルーテント。シェルターやタープの下にテントを張るスタイルをカンガルースタイルと言い、カンガルーテントはカンガルースタイルのために作られたテントです。ワンタッチで設営可能で設営や撤収の手間を増やさないのが魅力。オールメッシュ使用で、サーカスTCの中に張っても快適です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

サイズ 220×150×128cm 重量 4.3kg

冬キャンプはストーブで暖かく

冬キャンプで最も問題となるのが寒さですよね。サーカスTCは暖気を逃さないので冬キャンプにも使えますが、暖房器具は用意した方が安心です。

 

ただし、サーカスTCでは薪ストーブや石油ストーブの使用は推奨していません。万が一のことがあっても自己責任となりますので注意してください。安全管理のために一酸化炭素アラームを必ず使用しましょう。

 

薪ストーブは焚き火のような雰囲気を楽しめ、火力も強く非常に暖かいのがメリットです。石油ストーブは火力は劣りますが、薪ストーブよりも軽量なのが特徴。どちらにするかは好みで決めましょう。

ホンマ製作所

ステンレス時計1型薪ストーブセット

価格:10,644円 (税込)

低価格で購入できる薪ストーブ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薪ストーブの1台目としておすすめなのが、ホンマ製作所のステンレス時計1型。1万円台で購入でき、暖かさも十分です。燃焼効率が高いため扱いが難しい薪ストーブですが、初心者でも扱いやすいのが魅力となっています。ガラス窓は別売で、雰囲気をさらに楽しみたい人は追加で購入しましょう。コンパクトなモデルで比較的持ち運びも簡単です

 

スペック詳細はこちら

煙突径 106mm サイズ W400xD600xH345mm
重量 6.6kg
スノーピーク(snow peak)

タクード KH-002BK

価格:43,000円 (税込)

対流式でテント全体を温めてくれるストーブ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スノーピークのタクードは空気を循環させて温めるため、テント内全体が暖かくなります。ストーブから離れても暖かいため、快適に活動できるのがメリット。アイアングリルテーブルフレームというスノーピークの商品を持っていればセットして使えます。料理に石油ストーブを使いたい人はテーブルとあわせて購入しましょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

サイズ 380×380×340mm 重量 6kg

タープと連結させよう!

サーカスTCのようなワンポールテントはタープとの併用がおすすめ。とくに、雨の日はタープがないと開け閉めの際にテント内に雨が入り込みやすく、タープは必須です。タープがあればスペースが増えるため、焚き火や料理などをさらに楽しめます。ワンポールテントは風に強い形状ですが、タープがあることでより風を防いで快適なキャンプができるのも魅力。タープがあれば天候を気にせずキャンプを楽しめます

テンマクデザイン

焚火タープ TC コネクト ヘキサ

価格:29,480円 (税込)

火のそばでも使える純正タープ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

焚き火タープTCコネクトヘキサは、焚き火の傍でも使える火に強いタープです。リビングスペースは料理や焚き火に使うことが多いので、火に強いタープなら安心して使えます。純正のオプションでサーカスTCへの連結も簡単です。さらに自由に使いたいなら別売のポールを追加で購入しましょう。

 

スペック詳細はこちら

サイズ 580×450×H280cm 素材 コットン混紡生地(TC)撥水加工済み、ポリエステル65%、コットン35%、ナイロン
重量 4686g(本体)、280g(張り網)、378g(収納袋)

設営方法をアレンジしよう

サーカスTCの設営自体をアレンジするのもおすすめです。とくに、ワンポールテントの弱点である中心部のスペースの使いにくさを解決する2股化、3股化は試してほしいアレンジです。

 

2股化には専用のポールが必要です。専用のポールをまず組み立て、あとはワンポールテントを立ち上げるときと同様にポールを立てます。その後、ポールの位置を調整して設営完了です。

 

跳ね上げアレンジもおすすめです。スペースが増え、風通しをよくできます。跳ね上げをするときもポールとロープが必要になります。ポールを立て、サーカスTCの開閉部分をポールに付けます。

サーカスTCはTC生地というポリエステルとコットンが混ぜて作られています。そのため、コットンほど手入れがしにくいわけではありませんが、洗濯機での洗濯は避けましょう。基本的には汚れが付いた部分を中性洗剤を含ませた布で拭いてお手入れをします。どうしても汚れがひどいなら、必ず手洗いしましょう。汚れた箇所のみを中性洗剤でこすり、水で洗剤を落とします。このとき、力を入れすぎると生地が痛むので注意してください。

乾燥の仕方

TC生地は乾きにくいことで有名です。洗濯時だけでなく、雨や結露などで濡れたときもカビを防ぐためにしっかり乾かしましょう。また、保管時も湿度の高いところは避ける必要があります。

 

サーカスTCは撥水加工が施してあり、日光に当てて乾かすと生地が痛む恐れがあるので日陰で干しましょう。吊るして干す・設営して干す・車のような大きなものに被せて干すなどがおすすめの干し方です。

 

乾燥しにくいからと乾燥機を使うのは絶対に避けましょう。生地を痛めて撥水性能が低下して浸水の原因になります。

サーカスTCの魅力は自分のスタイルにあわせてアレンジできることです。ワイルドなスタイルにも快適さを重視したスタイルにも対応できます。面白そうと思ったアレンジを取り入れて、自分ならではのキャンプを楽しみましょう。