登山に持っていきたいおすすめのバーナー5選!選び方や便利な小物も

山頂で楽しむ山ご飯は登山の醍醐味のひとつ。バックパックの中にバーナーがあれば、山での楽しみも広がります。そこで今回は登山におすすめのバーナーを特集します。選び方のポイントや便利なバーナーアクセサリーも合わせて紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

2021/10/22 更新

登山を楽しむ人にとって、頂上で食べるご飯が楽しみな方も多いですよね。そんな時に欠かせないアイテムがバーナーです。バーナーがあれば、その場で調理できるので、温かい料理や飲み物を楽しむことができます。

 

しかし、バーナーにもさまざまな種類やスペックを持ったものがたくさんあって、どのようなバーナーを選べばいいか迷ってしまいます。今回は登山におすすめのバーナーについて解説します。

 

登山向けのスペックや燃料の選び方などを踏まえて、おすすめの商品をご紹介します。記事の最後には便利な小物も紹介しますので、アウトドアでの調理環境の参考にしてくださいね。

おすすめの登山向けバーナー5選を今すぐ見る

登山では荷物の取捨選択が必要になってきます。ここでは登山におすすめのバーナー選びのポイントを説明します。

軽量・コンパクト

登山に持っていく荷物はなるべく少なくしたいですよね。パッキングの観点から、できるだけ軽量でコンパクトなものが望ましいです。また、山はキャンプ場と違い、必ずしも広大なスペースがあるとは限りません。バックパックの中に入れて持ち運びしやすいか、自分の持っている装備との兼ね合い、山の状況などもイメージしながら選ぶことをおすすめします。

風に強いかどうか

山頂では遮るものが少ないため、風が強い場合が多いです。登山で使うバーナーを選ぶときは、耐風性能も考慮に入れましょう。使っている時に風が吹いても火が消えないような構造のものが重宝します。

 

ヘッド部分がすり鉢状になっていて横風に煽られにくい構造になっていたり、火元を分割するX字の五徳を採用していたりと、メーカーによりさまざまな工夫がみられます。

安定性

平らな場所とは限らないので安定性もチェックしましょう。重心の低いものや、燃料と本体が離れていて安定性の高い分離型バーナーを選ぶのがおすすめです。また、バーナーの上に置くクッカーを安定させるために五徳も忘れてはいけない存在です。足の多いものや延長できるもの、場合によってはバーナーパッドもチェックしてください。

アウトドアバーナーには、ガスを使うタイプと液体燃料を使うタイプがあります。それぞれの個性を知って、目的に合致したタイプのバーナーを選びましょう。

おすすめは手軽でコンパクトなガスバーナー

ガスバーナーは燃料であるガスボンベの入手がしやすくコンパクトなのが特徴です。また、取り扱いも簡単なので、ビギナーにもおすすめです。ボンベの形状でCB缶(Cassette Gas Bombe)とOD缶(Out Door)に分かれています。

軽量コンパクトなOD缶

安定感の良い形をしているのがOD缶で、大きさは主に3種類(IP-110、IP-250、IP-500)があります。数字はガスの内容量を表していて、一般的にIP-250はバーナー用で、IP-500はランタン用に使うことが多いです。

 

OD缶の特徴は、最後まで火力が落ちにくいこと。口にバーナーを直接取り付けるので、コンパクトなガスバーナーが多く、その分軽量です。ただ、使用時に高さのあるモデルが多く、安定性を確保しないと転倒のリスクがあります。また、アウトドアショップなど、購入できる場所が限定される点にも注意しましょう。

安価で入手しやすいCB缶

CB缶は、家庭用カセットコンロでも使われる円筒形のボンベで、コンビニやスーパーでも手に入れられる利便性がメリットです。価格も安いのでコストパフォーマンスにも優れ、バーナー本体の設計が重心が低いものが多いため、安全に使用できます。

 

しかし、ボンベ自体に安定感がなくOD缶に比べ嵩張ること、また、寒さに弱く火力が安定しないというデメリットもあります。

安定した火力の液体燃料バーナー

高火力・炎の安定性という点で優秀なのが液体燃料のバーナーです。着火前にプレヒートと(バーナーに余熱を与えて気化を促進する作業)が必要なので一手間かかり、燃料の取り扱いには注意が必要です。しかし、気温の低い冬の登山やグループで鍋を料理する場面では、ガスバーナーより活躍します。

ハイパワーなホワイトガソリン

一般的なガソリンをさらに精製したのがホワイトガソリンです。揮発性が高く引火点が低いので、簡単に火をつけることができ、外気温の影響も受けにくい特徴があります。当然、プレヒートの時間も短くて済むので準備の手間もかかりません。

 

価格が高く入手場所が限られますが、添加物が少ないがゆえに煤が発生しにくく、メンテナンスがしやすいこともメリットに挙げられます。

コスパ抜群の灯油

灯油燃料は価格が安く使用時の燃費もいいので、コストパフォーマンスに優れています。また、ガソリンに比べ気化のスピードが遅いので、比較的安全に扱うことができます。しかし、独特なにおいが気になるという人は多く、煤が出やすいため頻繁にメンテナンスの必要があります。また、プレヒートにも手間と時間がかかりがちです。

EPI(イーピーアイ)

REVO-3700ストーブ S-1028

価格:7,455円 (税込)

シングルバーナーではトップクラスのハイパワー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レギュラータイプのOD缶で3,700kcal/hでも十分な出力ですが、ハイパワーのOD缶を使用した時の出力はなんと4,200kcal/hにもなり、最高クラスの出力を誇ります。防風性の高いX字の五徳と相まって、風の強い日には多いに役立つことでしょう。

 

スペック詳細はこちら

最高出力 4200kcal/h 重量 111g
収納サイズ 幅54×奥行52×高さ89mm
PRIMUS(プリムス)

イータ スパイダー P-ETA-ESP ガスシングルバーナーストーブ 分離型

価格:18,480円 (税込)

安定感・燃費抜群の分離式バーナー

\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風に強く、熱効率が良い構造なので、燃料効率が抜群です。燃費がいいので、使用するガスの量も少なくて済み、結果的に荷物の軽量化にもなります。分離型のバーナーなので、重心が低く安定感があり、不整地や荒天時にも安心して使えます。

最高出力 1,900kcal/h 重量 655g
収納サイズ -
SOTO(ソト)

レギュレーターストーブ ST-310

価格:6,380円 (税込)

バランスの取れた定番モデル

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CB缶モデルでも圧倒的な支持を集める定番のバーナーです。低温時に高火力を発揮するよう設定された「マイクロレギュレーター機構」搭載で、環境に左右されない火力を発揮でき、寒さに弱いCB缶の弱点を見事にカバーしています。

 

スペック詳細はこちら

最高出力 2,500kcal 重量 350g
収納サイズ 幅140x奥行70x高さ110mm
MSR(エムエスアール)

ウィスパーライト インターナショナル 灯油/ガソリン用 36633

価格:16,500円 (税込)

安定した火力のマルチフューエルバーナー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホワイトガソリン、無鉛ガソリン、灯油の3つの燃料が使用可能なマルチフューエルモデル。バーナーの面積が広く、強力で安定した火力と静かな燃料音が特徴です。ただ、火力調整は燃料ボトルで行うのでタイムラグが発生してしまい、微調整は苦手です。

 

スペック詳細はこちら

最高出力 2,772kcal/h 重量 316g
収納サイズ 幅150×奥行90×高さ90mm
JETBOIL(ジェットボイル)

ジェットボイルフラッシュ WLDNS 1824393 WLDNS

価格:16,280円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あっという間にお湯が沸くと評判のジェットボイルシリーズの中でも最速の沸騰到達時間を持つモデルがフラッシュです。500mの水をわずか100秒で沸かすことができます。湯沸かしに特化した専用設計なので、山ではフリーズドライやインスタント麺で十分という方にはおすすめの商品です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

最高出力 2269kcal/h 重量 371g
収納サイズ 幅1040x奥行1040×高さ180mm

使い方が簡単なバーナーですが、平地とは勝手が違う場合もあります。使用するときに戸惑わないためにもチェックするポイントをご紹介します。

ガス残量

せっかくバーナーを持って行っても燃料がないことには使えません。ガス缶の場合は、チェッカーを使うのが確実ですが、軽く振ってみても確認ができます。また、燃料は使っていなくとも経年劣化などで、ガス漏れなどで事故の原因となったりします。燃料の確認は習慣化しましょう。

着火道具の確認

バーナーには点火装置が付いているタイプが多いですが、気温や標高によって火がつかないことも。点火装置があってもライターやマッチなどの着火道具は準備しておきましょう。

目的地の気温を確認しておく

モデルによっては外気温が低すぎると正常に動作しないバーナーもあります。また、燃料にも気温が低いと安定した火力が保てないものがあります。特に標高が高い山に登る人は、場合によっては氷点下になることもあるので、バーナーと燃料を選ぶ際には、山の気温を確認しておきましょう。

使い方とメンテナンスはしっかりと

バーナーは火気を扱う道具です。実際に使う前にはしっかりと使い方を確認しましょう。特に初めてバーナーを使う場合は、必ず説明書を確認するようにしてください。また、安全のためにもメンテナンスは定期的に行い、メーカーの保証もしっかりと確認しておきましょう。

SOTO(ソト)

ポケトーチ スケルトンブラック PT-14SBCR

価格:1,156円 (税込)

使い捨てライターがガストーチに

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い捨てライターを1300℃の強力バーナーに変身させることができるアイテムです。燃料効率を上げて火力をアップさせるので、使用時間も60%ほど延ばすことができます。使い捨てライターに取り付けるだけなので、メンテナンスも不要です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

サイズ 長さ60×幅23×高さ110mm 重量 50g
連続使用時間 20分
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

アルミウインドスクリーン UF-12

価格:1,048円 (税込)

シングルバーナーには欠かせない風防

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風の強い山頂では風防を使用することで安定した調理ができます。キャンプテンスタッグのアルミウインドスクリーンは170gと軽量で、持ち運ぶ際は折りたたんでコンパクトになります。両端についたストッパーを地面に押し込むことで固定できるので安定感もあります。

 

スペック詳細はこちら

使用サイズ 幅398×高さ240mm 収納サイズ 83x240x厚さ20mm
重量 170g
ユニフレーム(UNIFLAME)

バーナーパットM 610688

価格:1,300円 (税込)

炎を熱に変換して調理効率をアップ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特殊な耐熱鋼メッシュを介することで、バーナーの炎を熱に変換するアイテムです。アウトドアバーナーは火力が一点に集中しがちですが、バーナーパッドを使用することで広範囲に熱を伝えることができます。また、上に置いたクッカー類を安定させる効果もあります。

 

スペック詳細はこちら

サイズ 150×150mm 重量 65g
材質 枠:ステンレス鋼 / メッシュ:特殊耐熱鋼 FCHW2

登山におすすめのバーナーをご紹介しました。登山向けのバーナーでは、軽量なものや火力の強いものなど高スペックのバーナーが数多く登場しています。信頼できるバーナーを手に入れて充実した登山を楽しみましょう。