スノーピークのおすすめバーナー6選|アウトドアで手軽に調理を楽しもう!

キャンプや登山に欠かせないバーナー。スノーピークのバーナーは、グッドデザイン賞を受賞したこともあるハイテクなデザインと機能で人気を集める商品です。この記事では、スノーピークのバーナーの魅力やおすすめポイントを紹介します。

2021/10/22 更新

キャンプや登山では、手軽に使えるバーナーがあると便利です。ガス缶を装着するだけで安定した炎を保つバーナーは、サッとお湯を沸かす時や調理にも大活躍します。しかしバーナーを取扱うメーカーはたくさんあり、種類も多いのでどれを購入すればいいか分からない方も多いですよね。

 

今回紹介するスノーピークのバーナーは、他のメーカーとは一味違うラインナップなので用途にぴったりのバーナーが見つかりますよ。調理するのに十分な火力と、大きな調理器具を置いても安定性があるので、一度購入したら長く使える優秀なアイテムです。

 

この記事では、スノーピークのバーナーの魅力やおすすめ商品をまとめました。バーナーの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!スノーピークのおすすめバーナー6選

スノーピークのバーナーは、登山やソロキャンプにおすすめのコンパクトなものから、本格的な調理ができる大火力の大型バーナーまで、様々なラインナップがあります。使用シーンに合わせて選んでくださいね。

普段使いにもおすすめ!HOME&CAMPバーナー

キャンプやバーベキューに気軽に持っていける、卓上ガスコンロ。アウトドアシーンだけでなく、お家での普段使いにもおすすめです。大きめのゴトクで、直径30cmの鍋を置いても安心。使わないときは、本体部分にゴトクを収納すると直立するボトル形状になります。キッチンに置いていてもスペースを取らず、お出かけの時はバッグの中に入るコンパクトなサイズです。

 

合わせて使いたいのが、オプションアイテムの「HOME&CAMPバーナー収納バッグ」。バーナー本体とガス缶2本がぴったり収納できるトートバッグです。荷物の多いキャンプでも、必要なものがまとまっていればすぐに見つけられて安心です。

ソロキャンに最適なヤエンシリーズ

軽量で収納時もコンパクトな「ヤエンシリーズ」は、ソロキャンプにぴったりです。「ヤエンストーブ ナギ」は、五徳と風防が一体になっており風の影響を受けにくいストーブ。大きな風防が脚を兼ね、安定性が高く調理時も安心です。

 

 

「ヤエンストーブ レギ」は、正立式バーナーの一体感と分離式バーナーの低重心を合わせたハイブリットバーナー。今までにない革新的なデザインと抜群の安定性で、2015年にグッドデザイン賞を受賞しています。岩場や砂利でも、安定して使うことができます。

登山に持っていくならシングルストーブ

登山に持って行くなら、シングルストーブ「ギガパワーストーブ 地」「ギガパワーマイクロマックスウルトラライト」がおすすめ。登山中でもお湯を沸かしたり、火を使った簡単な調理をしたりできます。軽量でコンパクトなので、登山のお供に最適です。

 

「ギガパワーストーブ 地」は、携帯性・軽量性・安定性・火力のトータルバランスに優れたロングセラーモデル。「ギガパワーマイクロマックスウルトラライト」は、世界最軽量56gの小型ストーブです。コンパクトなモデルながら、最大出力は2,800kcal/hとパワーのある火力です。

極寒の冬キャンには剛炎がおすすめ!

冬でも安定した火力で調理したいなら「ギガパワーLIストーブ剛炎」を使いましょう。気温が低くなると、通常のガス缶ではうまく着火できなかったり、火力が弱くなったりしてしまいます。「ギガパワーLIストーブ剛炎」なら、気温に影響されず着火できる液出し仕様で、最大出力はスノーピーク最大の8,500kcal/h。冬のキャンプでも、ストレスなく調理できます。

 

4本の脚は5段階の高さ調節ができ、不安定な地面でも安心です。大きな調理器具をおいても安定性抜群なのでとても重宝します。大火力のストーブは中華料理もおいしく作れるので、料理のレパートリーが広がりますね。脚とゴトクは折り畳み可能で、使わないときはコンパクトに収納できるのも魅力の1つです。

家庭のキッチンのように使いやすいツーバーナー

キャンプでも家庭と同じようにコンロが2つあれば、調理もはかどりますよね。料理を充実させたいなら「ギガパワーツーバーナー」がおすすめです。左右のバーナーヘッドそれぞれに自動着火装置「オートイグナイタ」がついているので、安全に着火できます

 

ギガパワーツーバーナーには、ガス缶を標準セットする「スタンダード」と、逆さまにセットする「液出し」の2つのモデルがあります。冬のキャンプで使いたい場合には、気温に影響されず着火できる液出しのモデルを使いましょう。

本格的な焼肉ができるグリルバーナー

本格的な焼肉を楽しむなら「グリルバーナー 雪峰苑」。電気を使うホットプレートとは一味違う、ガス火を使った本格的な調理を楽しめます。グリドルは鋳鉄製で蓄熱性に優れ、分厚いステーキなどもおいしく焼けますよ。グリドルの傾斜によって、余分な油は中央の穴から落ちていきヘルシーに焼きあがります。

 

また、アウトドアシーンで使われることを考慮し、油や水を受ける皿は深型になっています。深型の皿なら捨てる場所まで、こぼさずに落ち運びができます。バーナー・風防・脚は全て分解できるので、思いっきり焼肉を楽しんで汚れてしまっても、簡単に洗うことができます。

スノーピーク(snow peak)

HOME&CAMPバーナー GS-600

価格:17,500円 (税込)

普段使いにもおすすめの卓上ガスコンロ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンプやバーベキューはもちろん、お家での普段使いにもおすすめの卓上ガスコンロ。五徳は4本の足で支えているので、大きめの鍋を置いても安定します。カラーはキッチンに置いていても馴染みやすい、カーキ・シルバー・ブラックの3色。

 

スペック詳細はこちら

メーカー スノーピーク(snow peak) 商品名 HOME&CAMPバーナー ブラック GS-600BK
サイズ 346×301×120(h)mm 重量 1.4kg
専用容器(ボンベ) GPC-250CB 最大出力 2100kcal/h
スノーピーク(snow peak)

ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2

価格:9,900円 (税込)

シンプルなデザインのロングセラーモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯性・軽量性・安定性・火力のトータルバランスに優れたロングセラーモデル。自動着火装置「オートイグナイタ」搭載で簡単に着火でき、最大出力は最高出力2,500kcal/hです。(オートイグナイタが搭載されていないモデルもあります。)

 

スペック詳細はこちら

メーカー スノーピーク 商品名 ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2
サイズ 収納サイズ:45×37×82(h)mm 重量 -
専用容器(ボンベ) GP-110GR/GP-250GR/GP-500GR/GP-110SR/GP-250SR/GP-500SR 最大出力 2,500kcal/h
スノーピーク(snow peak)

ギガパワー プレートバーナーLI GS-400

価格:19,580円 (税込)

パワーのある火力の薄型シングルバーナー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

朝のコーヒーから夜の本格的な調理まで、これ一台におまかせ。液出し仕様なので、気温に左右されず安定した火力をキープします。4本の脚を出して、地面に直接置いてロースタイルで使うこともできます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー スノーピーク(snow peak) 商品名 ギガパワー プレートバーナーLI GS-400
サイズ W470×D310×H130mm(ガス容器ホルダー含む) 重量 2.7kg
専用容器(ボンベ) GP-250SR/GP-500SR 最大出力 3,000kcal/h
スノーピーク(snow peak)

ヤエンストーブ ナギ GS-360

価格:12,300円 (税込)

脚を兼ねた風防で安定性抜群

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴトクと一体化した風防が特徴のストーブ。無駄のないシンプルなデザインで、2015年にグッドデザイン賞を受賞。風の影響を受けにくく、安定した炎でストレスなく調理できます。ゴトクの高さは、調理器具に合わせて2段階で調節できます。ナギと合わせて山岳料理が楽しめるオプションアイテム「ヤエン クッカー」もあります。

 

スペック詳細はこちら

メーカー スノーピーク(snow peak) 商品名 ヤエン ストーブ ナギ GS-360
サイズ φ213×100(h)mm/ゴトク径:φ190mm 重量 408g
専用容器(ボンベ) GP-110GR/GP-250GR/GP-110SR/GP-250SR 最大出力 2,800kcal/h
スノーピーク(snow peak)

ギガパワー ツーバーナー液出し GS-230

価格:33,980円 (税込)

液出し仕様で冬キャンでも使える

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱源が2つあることで調理の効率も上がる、スノーピーク定番のツーバーナー。液出し仕様で気温の影響を受けにくく、冬でも安定した火力をキープします。対応しているガス缶は「ギガパワーガス500 イソ」のみなので注意してください。

 

スペック詳細はこちら

メーカー スノーピーク(snow peak) 商品名 ギガパワー ツーバーナー液出し GS-230
サイズ 風防装着使用時:563×293×383mm/スタンド装着時:563×514×383mm 重量 7.3kg
専用容器(ボンベ) GR-500SR 最大出力 3,000kcal/h
スノーピーク(snow peak)

グリルバーナー 雪峰苑 GS-355

価格:34,000円 (税込)

本格的なガス火で焼肉ができる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お店のような本格的な焼肉を手軽に楽しめる焼肉バーナー。余分な油はグリドルの傾斜によって、中央の穴から落ちていきます。バーナー・風防・脚は取り外しができるので、お手入れも簡単です。アウトドアやお家での焼肉におすすめ。オプションのたこ焼きプレートを使えば、たこ焼きを楽しむこともできます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー スノーピーク(snow peak) 商品名 グリルバーナー 雪峰苑 GS-355
サイズ 250×360×175mm(ホース・器具栓含まず) 重量 5kg
専用容器(ボンベ) GP-250GR/GP-500GR/GP-250SR/GP-500SR 最大出力 1,700kcal/h

燃焼器具のパフォーマンスを最大限に引き出すためにも、ガス缶は必ず専用のものを使いましょう。スノーピークのガス缶には、ゴールドカラーのプロイソシリーズとシルバーカラーのイソシリーズの2種類のガス缶があります。燃焼器具によって対応しているガス缶が違うので、購入の際は確認しましょう

 

本体は耐久性のあるスチール製で、ガスを詰めている内部の圧力にも耐えられる設計です。万が一、予想外の加熱があった場合は、缶の底が変形することで容積を増やし、爆発を防ぐ仕組みになっています。

スノーピーク(snow peak)

ギガパワーガス250 プロイソ GP-250GR

価格:572円 (税込)

スノーピーク燃焼器具の専用ガス缶

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スノーピークの燃焼器具専用のガス缶。プロパン+イソブタンをブレンドしたギガパワーガス プロイソは、ゴールドカラーが目印です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー スノーピーク(snow peak) 商品名 ギガパワーガス250 プロイソ GP-250GR
サイズ φ10.7×9cm 内容量 220g
スノーピーク(snow peak)

ギガパワーガス250 イソ GP-250SR

価格:440円 (税込)

スノーピーク燃焼器具の専用ガス缶

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スノーピークの燃焼器具専用のガス缶。イソブタン+ノルマルブタンをブレンドしたギガパワーガス イソは、シルバーカラーが目印です。液出し仕様のバーナーにに対応し、使用する時はガス管を逆さまにするため、スノーピークのロゴも反対向きに印字されています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー スノーピーク(snow peak) 商品名 ギガパワーガス250 イソ GP-250SR
サイズ φ10.7×9cm 内容量 220g

今回は、スノーピークのバーナーについて紹介しました。グッドデザイン賞の受賞歴もあるスノーピークのバーナーは、他のメーカーにはないハイテクな機能でキャンプや登山で大活躍間違いなしのアイテムです。スノーピークのバーナーで、キャンプや登山での調理を充実させてくださいね。