衣類乾燥除湿器のおすすめ10選と口コミ!選び方とメーカーの特徴もご紹介!

梅雨の時期や冬場の部屋干しに大活躍の衣類乾燥除湿器。衣類乾燥除湿器と一口で言ってもさまざまな種類があり、自分の部屋にはどの大きさを選べばいいか悩んでしまうことも。機能が増えれば値段も高くなってしまうので、自分に合った一台を選ぶ必要があります。そこで今回は選び方とおすすめの商品などご紹介します。

2021/12/16 更新

ジメジメした梅雨に時期に頭を悩ませる洗濯物。部屋干しをすると洗濯物がなかなか乾かなかったり、生乾きの臭いが残ってしまったりと困った経験をしている方も多いでしょう。

 

そんなときに大活躍してくれるのが、衣類乾燥付きの除湿器です。除湿器というと、部屋の湿度を下げて空間の温度調整だけをするイメージがありますが、最近の除湿器には衣類乾燥機能が付いているものも多くあります。衣類乾燥機能があれば雨の日の部屋干しでも通常より早く乾燥ができ、嫌な生乾きの臭いも解決できます。

 

そこで今回は衣類乾燥付きの除湿器について、種類や選び方・メーカー別の特徴など一つずつ詳しく説明していきます。記事後半では衣類乾燥付き除湿器のおすすめもご紹介するので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

除湿器と衣類乾燥除湿器はどちらも室内の湿気を除去してくれて、空間の湿度調整ができるものになりますが、大きな違いとしては衣類乾燥機能が付いているかどうかです。衣類乾燥除湿器には衣類の量や空間の温度・湿度を自動で検知し、広範囲に風を送り乾燥させる機能が搭載されています。

 

洗濯物を乾かすときには真下から風を送ることで、効率的よく洗濯物を乾かすことができます。衣類乾燥機能と合わせて湿度調整もできるので、じめじめしがちな梅雨の時期でも快適に過ごすことができます。

除湿器には乾燥方式が3つあります。乾燥方式の種類を一つずつ説明しますので、どれが自分にあっているのか考える参考にしてみてください。

コンプレッサー方式はエアコンにも使われており、部屋の湿った空気を冷却器で冷やすことで、湿気を水滴に変えて除湿する方式のことをいいます。仕組みとしては、コンプレッサーという内部を通して冷媒を循環させて、冷却器で熱交換することで水滴に変わります。放熱器を通して乾燥した空気は外に放出され、部屋の空気が除湿されます。結露させてできた水滴はタンクに流れ落ちて貯水されます。

 

ヒーターを使用しないので熱を出さず気温の高い夏場に強く、消費電力も少なくなるのがメリットです。湿気の多い梅雨に時期や、気温の高い夏場には効果が発揮されます。

 

反対に、冬場など寒い時期には除湿能力が低下するので効果が弱くなることと、運転音が大きい点がデメリットとしてあげられます。また、コンプレッサーが内部に搭載されているので、本体重量が重いのも特徴です。

デシカント方式は、乾燥剤(ゼオライト)を使用して除湿ローターというフィルターに水分を吸着させて、部屋の湿気を除去する方式です。除湿ローターに吸着した水分はヒーターで温められたあと、熱交換器内で冷やされて水滴となり、タンク内に貯水されます。デシカント方式は、冷媒を使わず地球環境に優しい除湿方式です。

 

メリットとしては、ヒーターが搭載されているので室温が下がっても除湿能力が下がりにくく、冬場に強いので一年を通して使用ができます。また、内部にコンプレッサーがないので、本体が軽量・コンパクトで持ち運びがしやすいのも特徴です。

 

反対にデメリットとしては、ヒーターを使用するのでコンプレッサー方式に比べて消費電力が高くなります。また、室温が3度~8度上がるため夏場には不向きです。

ハイブリッド方式は、コンプレッサー方式とデシカント方式をどちらも搭載した方式のことをいいます。夏場にはコンプレッサー方式で温度上昇を防ぎ、冬場にはデシカント方式でで除湿能力を高めます。除湿の仕組みとしては、コンプレッサー方式の放熱器・冷却器と、デシカント方式のゼオライトとヒーターを使用しています。省エネと除湿能力のどちらも見込める一台です。

 

ハイブリッド方式は、夏場・冬場関係なく一年を通してパワフルに除湿と衣類乾燥ができるのがメリットです。また、消費電力のコントロールができるので、季節によって電気代が高くなる心配がありません。一年中使えるものを選びたい方には、ハイブリッド方式がおすすめです。

 

反対にデメリットとしては、本体のサイズが大きくなることがあげられます。除湿・衣類乾燥どちらでも使用する場合は、ある程度設置スペースの余裕は必要になります。また、コンプレッサー方式とデシカント方式に比べて、本体価格が高くなるのも特徴です。

それぞれの方式の特徴を一覧で比較します。

除湿方式 コンプレッサー方式 デシカント方式

ハイブリッド方式

しくみ

コンプレッサーを使用し、

部屋の湿った空気を冷やして

湿気を水滴に変えることで除湿をする

乾燥剤を使用することで

フィルターに水分を吸着させて、

湿気を除去する

コンプレッサー方式とデシカント方式を

両方融合させた方式で、

夏場はコンプレッサー方式で温度上昇を防ぎ、

冬場はデシカント方式で除湿能力を上げる

メリット

・消費電力が少ないので省エネ

・気温が高い夏場に効果が発揮できる

・ヒーターを使うので冬場にも強い

・コンプレサーがないため軽量でコンパクト

・温度上昇を防ぎ除湿能力がキープされるので、

一年中パワフルに除湿・衣類乾燥ができる

・省エネ

 

デメリット

・冬場は除湿能力が落ちる

・運転音が大きい

・コンプレッサー内蔵のため重量が重い

・ヒーター使用で消費電力が多くなる

・部屋の温度が3度~8度上昇するので夏場には不向き

・本体価格が他の方式よりも高い

・サイズが大きい

除湿能力 夏〇/冬△ 夏〇/冬〇 夏◎/冬〇
電気代

衣類乾燥除湿器は、それぞれの方式によって電気代が変わります。除湿能力が同じ7Ⅼの除湿器の場合、消費電力はコンプレッサー方式でで180Wデシカント式で634Wになります。電気代を1kWhあたり27円として1日5時間使用した場合、コンプレッサー方式では約24.3円デシカント方式では約85.6円になります。

 

ハイブリッド方式の場合は夏場はコンプレッサー方式で除湿し、冬場はデシカント方式で除湿するので、夏と冬で電気代が変わってきます。1日5時間の使用でも約60円の差があるので、毎日使用することで毎月の電気代にも大きな差が出てきます。

 

以下でそれぞれの方式での電気代を一覧で説明します。衣類乾燥除湿器を選ぶ際には、電気代を考慮しながら時期での使用頻度から選ぶのがおすすめです。

除湿方式 コンプレッサー方式 デシカント方式

1日の電気代

(5時間使用した場合)

約24.3円 約85.6円

1ヵ月の電気代

(30日連続使用した場合)

約729円 約2,567円

衣類乾燥除湿器を選ぶ際のポイントを、一つずつ詳しく説明していきます。

衣類乾燥除湿器の除湿可能面積は種類によって異なるので、使用する部屋の広さに合わせて選ぶようにしましょう。モデルによっては7畳ほどのコンパクトサイズから、リビングなど広い部屋向けの21畳タイプなどもあります。部屋の広さに対して除湿可能面積が小さいものだと、衣類乾燥に大幅な時間がかかってしまったりするので、適応面積は最初に確認しましょう。

 

また、衣類乾燥除湿器は機能が多くついているものほど、本体サイズが大きくなります。実際に設置するスペースに合わせて本体サイズを選ぶのもポイントです。

衣類乾燥除湿器は湿気が水滴となってタンクに貯水されます。そのため、溜まった水はこまめに捨てる必要があります。タンク容量が大きい除湿器ほど、長時間の衣類乾燥も可能になります。乾燥1回ごとに水を捨てるのが面倒という方は、タンク容量が大きいタイプがおすすめです。

 

衣類乾燥除湿器を選ぶ際には、1回あたりの乾燥時間や部屋の広さに合わせてタンク容量も確認するようにしましょう。タンク容量が大きくなれば本体サイズも大きくなるので、設置スペースも一緒に確認しておくと安心です。

衣類乾燥除湿器には、乾燥機能だけでなくさまざまな機能が付いているものも多くあります。例えば、温度センサーや湿度センサーが付いているものだと、洗濯物の量や温度・湿度に合わせて一定を保って運転を制御してくれます。衣類が乾燥したら自動で運転停止してくれるので省エネも可能です。

 

また、除湿器は湿気を吸うのでカビや雑菌が繁殖しやすくなります。カビ抑制機能が付いているものであれば、運転しながらもカビの抑制を抑えてくれるので、お手入れの手間が軽減できます。

衣類乾燥除湿器は湿気を吸収するので、内部にカビが繁殖しやすくなります。そのため、日常的にお手入れがしやすいかどうかもポイントになります。貯水タンクの取り外しがしやすいかどうかや、細かい部品が分解できて手入れができるかも確認しておきましょう。

 

衣類乾燥除湿器の内部にはフィルターが内蔵されており、仕様を続けていれば交換時期がきます。日常的にこまめにお手入れができていればフィルターの寿命も長くなるので、交換の手間も考慮して選ぶのがおすすめです。

一口に衣類乾燥除湿機といっても、メーカーごとに得意なことが違います。以下では衣類乾燥除湿器のメーカー別の特徴を詳しくご紹介します。

シャープはプラズマクラスター搭載で、衣類を乾燥させながらプラズマクラスターイオンを放出するので、乾燥中と乾燥後どちらも部屋干しの気になる臭いを抑制します。高い除湿性能で広範囲に風を届けるので、大量の衣類も一気に乾かすことができるのも特徴です。

 

「カビバリア運転」機能搭載で、部屋の空気を循環させながら除湿するので、カビを未然に防ぐことができます。また、本体にホース接続でき連続排水が可能なので、長時間の除湿運転もできます。空気清浄機能と清潔機能に優れているので、小さなお子様のいるご家庭にも人気のあるメーカーです。

パナソニックの衣類乾燥除湿器は、コンプレッサー方式の取り扱いはなく、デシカント方式とハイブリッド方式のみになります。パナソニック独自のナノイー・ナノイーXが部屋干し臭のもととなる菌を除菌し消臭効果が高いのが特徴です。パワフル除湿で家中の湿気を除去し、結露やカビの対策もできます。

 

本体もコンパクトで持ち運びがしやすく、タンクは満水時にはお知らせ機能もあり、お手入れが簡単なのもポイントです。洗濯容量2.5人分~4.5人分までサイズも豊富なので、一人暮らしのワンルームからファミリー向けのリビング使用など、選びやすいのも人気の特徴です。

コロナの衣類乾燥には、標準モード・ecoモード・夜干しモード・厚物モードの4つの衣類乾燥モードがあり、シーンに合わせて選ぶことができます。

 

【標準モード】

パワフルな300Wヒーター温風とワイド吹き出しのダブル効果で、洗濯ものを素早く乾かすことができます。

【ecoモード】

ヒーターを使わずに除湿と送風を組み合わせることで、電気代を約40%抑えることができます。

【夜干しモード】

運転音がセーブされ、寝ている間に洗濯物を乾かすことができます。途中でタンクが満水になった場合は、送風に切り替わるので安心です。

【厚物モード】

ヒーター温風で乾燥を行ったあと、乾きにくい上部に温風を当てて全体をしっかり乾かします。

アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿器は、除湿器にサーキュレーターが搭載されており、強力な送風を洗濯物に当てながら除湿ができるので乾燥スピードが速く、効率よく乾かすことができます。また、ワイド送風機能でたくさんの洗濯物を一度で乾かすことができるのも特徴です。

 

サーキュレーターと除湿器はそれぞれ単独で使うこともできるので、衣類乾燥以外にも下駄箱の湿気取りや浴室の感想などにも使え、1年を通して幅広く活用できます。梅雨に時期には湿気・カビ対策としても使えるので人気があります。

1位
アイリスオーヤマ

IJC-H65

価格:16,800円 (税込)

1日の除湿量は最大6.5L!強力除湿の衣類乾燥除湿機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は1日の除湿量は最大6.5Lもある強力な除湿力の衣類乾燥除湿機です。対応畳数は最大16畳で、広い部屋でもすっきり除湿します。ルーバーをスイングさせて風向きを自動で調節するオートルーバーにより、衣類にまんべんなく風を当てることができるのも嬉しいポイントです。 さらに、洗濯物に直接乾燥風を当てて湿気を飛ばし、部屋干しの湿気を強力に除湿。部屋干しの効率を上げるため、衣類乾燥時間を自然乾燥よりも80%カットできます。加えて、設定した時間に運転を停止する切タイマーもついているので、効率よく除湿も衣類乾燥もしたい方におすすめです。
タイプ
衣類乾燥除湿機
除湿能力
木造:7畳/8畳(50Hz/60Hz)鉄筋:14畳/16畳(50Hz/60Hz)
2位
日立

HJS-D562

価格:19,764円 (税込)

コンパクトなのに、除湿能力はお墨付きの衣類乾燥除湿機!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、サイズが幅269x高さ445x奥行き174mmの衣類乾燥除湿機です。デシカント式のため、5.3キロと軽量。移動も簡単です。吹き出し口にあるルーバーが、自動で上下に150度動かせるのも嬉しいポイント。左右に吹き出す風の幅や方向を手動で調整可能なので、スピーディに乾きます。 さらに、1日あたりの除湿能力が5.6Lとパワフル。梅雨のジメジメした時期もカラッと過ごすことができます。加えて、運転モードは結露セーブ運転や静音など4種類。状況に合わせて選べるのも魅力の1つ。コンパクトで除湿もしっかりタイプをお探しの方におすすめです。
タイプ
衣類乾燥除湿機
除湿方式 
ゼオライト(デシカント)式
タンク容量
1.8 L
除湿能力
木造:〜7畳(50/60Hz)鉄筋:〜14畳(50/60Hz)
1日あたりの除湿能力 
5.6 L
消費電力
460W
運転音
自動除湿:約50dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:約50dB(50Hz/60Hz)(急速)(標準)
電源コード長さ
2 m
除菌
3位
シャープ

CV-NH140

価格:44,444円 (税込)

少ない電力でパワフル機能!コンプレッサー式衣類乾燥除湿器

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、乾きにくい部屋干しもすばやく乾燥できる、アイリスオーヤマのコンプレッサー式衣類乾燥除湿器です。家計に優しいコンプレッサー方式で、一時間当たりの電気代訳4.7円。さらに、除湿量一日6.5Lで水をグングン吸い取るため、自然乾燥より60%も早く乾きます。 コンプレッサー方式の本商品は、手頃な除湿器をお求めの方や広い空間に使いたい方におすすめ。また、高温時に除湿力が大きく、運転時室温もあまり上がらないため、梅雨~夏の時期にメインに使いたい方にもぴったり!シンプルな操作パネルで、だれでも簡単に操作できます。
タイプ
衣類乾燥除湿機
除湿方式 
ハイブリッド式
タンク容量
3.6 L
除湿能力
木造:14/16畳(50/60Hz)鉄筋:28/33畳(50/60Hz)
1日あたりの除湿能力 
11 L
消費電力
除湿時:275W(標準)衣類乾燥時:室温27℃:660W/室温30℃:665W(速乾)
運転音
除湿:(標準)51/51dB、(音控えめ)39/39dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:(速乾・標準)51/51dB、(音控えめ)39/39dB(50Hz/60Hz)
電源コード長さ
1.8 m
キャスター
4輪〈横移動のみ〉
除菌
4位
シャープ

CV-J120W

価格:27,140円 (税込)

生乾きの臭いをしっかり防止!使い勝手の良い衣類乾燥除湿機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、衣類を乾燥させるのと同時にプラズマクラスターイオンを放出してくれるコンプレッサー式除湿機です。部屋干しによる生乾きの臭いをしっかり防止します。また、プラズマクラスターイオンとパワフルな風量を組み合わせ、カビの増殖を大幅に抑制してくれるのも安心ポイントです。 さらに、タンクに持ち運びやすいハンドルが付いてるので、誰でも簡単に運べます。本体下部には4輪キャスターも付属しているため、一人暮らしのスペースでも楽に移動可能。広角自動スイングルーバーにより、2段干しもできます。使い勝手の良い衣類乾燥と除湿機をおさがしの方におすすめです。
タイプ
衣類乾燥除湿機
除湿方式 
コンプレッサー式
タンク容量
4.5 L
除湿能力
木造:14/15畳(50/60Hz)鉄筋:28/30畳(50/60Hz)
1日あたりの除湿能力 
11 L
消費電力
除湿時:265W衣類乾燥時:室温27℃:275W/室温30℃:290W
運転音
除湿:(強)36/37dB、(弱)34/35dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:(強)49/50dB、(弱)36/37dB(50Hz/60Hz)
キャスター
4輪〈横移動のみ〉
除菌
5位
三菱

MJ-M120SX

価格:33,063円 (税込)

3つのセンサーでムラなく無駄なく乾燥してくれる衣類乾燥除湿機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、三菱電機より発売されている3つのセンサーを搭載した衣類乾燥除湿機です。湿度・温度を見張るセンサーと、「部屋干しおまかせムーブアイ」の赤外線センサーを搭載しました!これにより、ムラなく衣類を乾燥させて生乾きを防ぎます。送風している場所を光で示してくれるのも便利なポイントですね。 3つのセンサーにより、ムラなく無駄なく乾かしてくれるので「洗濯の度に生乾きの部分があって困る」とお悩みの方に最適です。さらに、少量の乾燥にもピッタリな「ズバっと乾燥」機能も搭載されているため、下着や小物類だけを部屋干ししたい方にも向いています。
タイプ
衣類乾燥除湿機
除湿方式 
コンプレッサー式
タンク容量
3 L
除湿能力
木造:14/15畳(50Hz/60Hz)鉄筋:28/30畳(50Hz/60Hz)
1日あたりの除湿能力 
11 L
消費電力
除湿:325W衣類乾燥:325W
運転音
除湿:強47dB、弱39dB衣類乾燥:標準49dB
電源コード長さ
1.8 m
キャスター
4輪キャスター(横方向)
除菌
6位
アイリスオーヤマ

DDB-20

価格:11,800円 (税込)

コンパクト&静音設計!持ち運びできる衣類乾燥除湿器

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は幅約28.4×奥行約15.8×高さ約44.7cmとコンパクトなデシカント式衣類乾燥除湿機です。衣類乾燥時間を60%ほどカットできるため、衣類に臭いがつくのを防ぎます。また、風向きを手動で調整できるフラップが搭載されているのも魅力の1つ。部屋干しの洗濯物にうまく風をあてることで効率よく乾燥できます。 さらに、34dBと静音設計。アパート・マンションで近隣への騒音を気にせずに使用できます。加えて、持ちやすいハンドル付きなので、持ち運びもラクラク。そのため、洗面所やクローゼットのカビ対策などにもおすすめしたい商品です。
7位
シャープ

CV-N180

価格:36,200円 (税込)

大量の衣類を一気に乾燥!コンプレッサー方式乾燥機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上下左右に広範囲に届く送風と強力除湿で、大量の衣類を一気に乾燥可能!最大縦幅190cm、横幅160cmまで風が届きます。また、パワフルな風量と除湿、プラズマクラスターイオンの効果を組み合わせたカビバリア運転で、お部屋の菌の繁殖を未然に防いでくれるのも嬉しいポイント。 本商品は、素早く衣類を乾かしたい方や、部屋干しの生乾き臭に困っている方におすすめです。また、1度に多くの衣類を乾燥できるので、洗濯物の量が多い家族や、まとめて衣類を洗濯する方にピッタリ。キャスターがついているので力に自信のない方でも簡単に動かせます。
タイプ
衣類乾燥除湿機
除湿方式 
コンプレッサー式
タンク容量
4.5 L
除湿能力
木造:20/23畳(50/60Hz)鉄筋:40/45畳(50/60Hz)
1日あたりの除湿能力 
16 L
消費電力
除湿時:325W衣類乾燥時:室温27℃:345W/室温30℃:365W
運転音
除湿:(強)43/41dB、(弱)39/36dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:(強)52/52dB、(弱)39/37dB(50Hz/60Hz)
電源コード長さ
2 m
キャスター
4輪〈横移動のみ〉
除菌
8位
コロナ

CD-S6321-W

価格:18,799円 (税込)

室内のジメジメを解消!安心機能も充実の衣類乾燥除湿機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、スリムなコンパクトボディのコンプレッサー式衣類乾燥除湿機です。除湿機能では標準・自動、衣類乾燥は速乾・おまかせの各2モードを採用。おまかせモードにした場合、湿度センサーによって強・弱・停止の自動切り替えが可能です。室内環境に応じて、自動で切り替えしてくれるのは嬉しいですね。 さらに、 2・4・8時間切タイマーや24時間切り忘れ防止機能など、安心機能も充実。節電効果も期待できます。加えて、内部乾燥モードを搭載しているので、内部をいつも清潔に保ちたい方におすすめ。また、留守中の室内干しが多い方にもピッタリな商品です。
タイプ
衣類乾燥除湿機
除湿方式 
コンプレッサー式
タンク容量
3 L
除湿能力
木造:7/8畳(50/60Hz)鉄筋:14/16畳(50/60Hz)
1日あたりの除湿能力 
5.6 L
消費電力
衣類乾燥時:190W
運転音
除湿時:(標準)34/34dB衣類乾燥時:(速乾)36/36dB(50Hz/60Hz)
電源コード長さ
1.8 m
9位
デロンギ

DEX16FJ

価格:17,980円 (税込)

小さいのに超パワフル!コンプレッサー式衣類乾燥除湿機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はデロンギ製のコンプレッサー式衣類乾燥除湿機です。手軽に使える節電モデルで約A4サイズとコンパクト。場所を選ぶことなく省スペースで設置することができます。また、木造で8畳~9畳・コンクリート造で16畳~18畳の除湿に対応。リビングや洗面所などで快適な湿度を保って結露やカビの発生を抑制してくれるのも嬉しいポイントです。 さらに、衣類乾燥モードも採用しているため、部屋干しの洗濯物のスピードアップ乾燥にも効果的。銀イオン抗菌フィルターと抗アレルゲンフィルターのWフィルター搭載により、菌・花粉・ダニのふんや死がいを除去してくれるため、アレルギー持ちの方にもおすすめしたい商品です。
タイプ
衣類乾燥除湿機
除湿方式 
コンプレッサー式
タンク容量
2.2 L
除湿能力
木造:8畳/9畳(50/60Hz)鉄筋:16畳/18畳(50/60Hz)
1日あたりの除湿能力 
6.5 L
消費電力
室温27℃:165W/室温30℃:175W
運転音
39dB
電源コード長さ
1.8 m
10位
シャープ

CV-L71

価格:9,980円 (税込)

狭めなスペースでも使いやすい!部屋干しに便利な衣類乾燥除湿機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

狭い部屋でも使える省スペースで設置できる衣類乾燥除湿機。部屋干し独特の嫌なにおいを、プラズマクラスターで抑制。また、下向き送風ができるので足元周辺の不快なジメジメ感を抑えてくれます。ホースを本体につなげることで、24時間連続排水も可能です。 コンパクトなうえに、ハンドルも付いているので持ち運びも楽々です。2kgの衣類乾燥時間は約180分。衣類乾燥を1回使用した際の電気代は、約14円です。部屋干しをよくする人や、部屋の湿度が気になるジメジメとした梅雨の使用におすすめなモデルです。また、忙しくあまり家事に時間をさけない一人暮らしの人にもピッタリです。
タイプ
衣類乾燥除湿機
除湿方式 
コンプレッサー式
タンク容量
2.5 L
除湿能力
木造:8/9畳(50/60Hz)鉄筋:16/18畳(50/60Hz)
1日あたりの除湿能力 
6.3 L
消費電力
除湿時:175W衣類乾燥時:室温27℃:175W/室温30℃:180W
運転音
除湿:(強)38/38dB、(弱)36/36dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:(強)40/40dB、(弱)36/36dB(50Hz/60Hz)
電源コード長さ
2.2 m
除菌

衣類乾燥付き除湿器の世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
アイリスオーヤマ
日立
シャープ
シャープ
三菱
アイリスオーヤマ
シャープ
コロナ
デロンギ
シャープ
商品名
IJC-H65
HJS-D562
CV-NH140
CV-J120W
MJ-M120SX
DDB-20
CV-N180
CD-S6321-W
DEX16FJ
CV-L71
説明
1日の除湿量は最大6.5L!強力除湿の衣類乾燥除湿機
コンパクトなのに、除湿能力はお墨付きの衣類乾燥除湿機!
少ない電力でパワフル機能!コンプレッサー式衣類乾燥除湿器
生乾きの臭いをしっかり防止!使い勝手の良い衣類乾燥除湿機
3つのセンサーでムラなく無駄なく乾燥してくれる衣類乾燥除湿機
コンパクト&静音設計!持ち運びできる衣類乾燥除湿器
大量の衣類を一気に乾燥!コンプレッサー方式乾燥機
室内のジメジメを解消!安心機能も充実の衣類乾燥除湿機
小さいのに超パワフル!コンプレッサー式衣類乾燥除湿機
狭めなスペースでも使いやすい!部屋干しに便利な衣類乾燥除湿機
価格 16,800円 (税込) 19,764円 (税込) 44,444円 (税込) 27,140円 (税込) 33,063円 (税込) 11,800円 (税込) 36,200円 (税込) 18,799円 (税込) 17,980円 (税込) 9,980円 (税込)
リンク
タイプ
衣類乾燥除湿機
衣類乾燥除湿機
衣類乾燥除湿機
衣類乾燥除湿機
衣類乾燥除湿機
衣類乾燥除湿機
衣類乾燥除湿機
衣類乾燥除湿機
衣類乾燥除湿機
除湿方式 
ゼオライト(デシカント)式
ハイブリッド式
コンプレッサー式
コンプレッサー式
コンプレッサー式
コンプレッサー式
コンプレッサー式
コンプレッサー式
タンク容量
1.8 L
3.6 L
4.5 L
3 L
4.5 L
3 L
2.2 L
2.5 L
除湿能力
木造:7畳/8畳(50Hz/60Hz)鉄筋:14畳/16畳(50Hz/60Hz)
木造:〜7畳(50/60Hz)鉄筋:〜14畳(50/60Hz)
木造:14/16畳(50/60Hz)鉄筋:28/33畳(50/60Hz)
木造:14/15畳(50/60Hz)鉄筋:28/30畳(50/60Hz)
木造:14/15畳(50Hz/60Hz)鉄筋:28/30畳(50Hz/60Hz)
木造:20/23畳(50/60Hz)鉄筋:40/45畳(50/60Hz)
木造:7/8畳(50/60Hz)鉄筋:14/16畳(50/60Hz)
木造:8畳/9畳(50/60Hz)鉄筋:16畳/18畳(50/60Hz)
木造:8/9畳(50/60Hz)鉄筋:16/18畳(50/60Hz)
1日あたりの除湿能力 
5.6 L
11 L
11 L
11 L
16 L
5.6 L
6.5 L
6.3 L
消費電力
460W
除湿時:275W(標準)衣類乾燥時:室温27℃:660W/室温30℃:665W(速乾)
除湿時:265W衣類乾燥時:室温27℃:275W/室温30℃:290W
除湿:325W衣類乾燥:325W
除湿時:325W衣類乾燥時:室温27℃:345W/室温30℃:365W
衣類乾燥時:190W
室温27℃:165W/室温30℃:175W
除湿時:175W衣類乾燥時:室温27℃:175W/室温30℃:180W
運転音
自動除湿:約50dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:約50dB(50Hz/60Hz)(急速)(標準)
除湿:(標準)51/51dB、(音控えめ)39/39dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:(速乾・標準)51/51dB、(音控えめ)39/39dB(50Hz/60Hz)
除湿:(強)36/37dB、(弱)34/35dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:(強)49/50dB、(弱)36/37dB(50Hz/60Hz)
除湿:強47dB、弱39dB衣類乾燥:標準49dB
除湿:(強)43/41dB、(弱)39/36dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:(強)52/52dB、(弱)39/37dB(50Hz/60Hz)
除湿時:(標準)34/34dB衣類乾燥時:(速乾)36/36dB(50Hz/60Hz)
39dB
除湿:(強)38/38dB、(弱)36/36dB(50Hz/60Hz)衣類乾燥:(強)40/40dB、(弱)36/36dB(50Hz/60Hz)
電源コード長さ
2 m
1.8 m
1.8 m
2 m
1.8 m
1.8 m
2.2 m
キャスター
4輪〈横移動のみ〉
4輪〈横移動のみ〉
4輪キャスター(横方向)
4輪〈横移動のみ〉
除菌

梅雨のジメジメした時期や冬場は、なかなか洗濯物が乾かなくて困ることも。衣類乾燥除湿器があれば、雨の日でも安心して部屋干しができます。衣類乾燥除湿器はそれぞれのメーカーから、利便性の高い機能も豊富にたくさん出ています。ライフスタイルに合った衣類乾燥除湿器で、雨の日も乗り切りましょう。

衣類乾燥機 除湿機能付きの全商品一覧

商品一覧を見る

関連する記事

【2022年冬版】除湿機の選び方とおすすめ商品11選|高性能モデルものサムネイル画像

【2022年冬版】除湿機の選び方とおすすめ商品11選|高性能モデルも

2021/12/23

コンパクトな除湿機おすすめ11選|洗濯物の部屋干しや冬の結露対策にのサムネイル画像

コンパクトな除湿機おすすめ11選|洗濯物の部屋干しや冬の結露対策に

2022/02/17

【部屋干し臭撃退】デシカント式除湿機おすすめ10選|選び方も徹底解説のサムネイル画像

【部屋干し臭撃退】デシカント式除湿機おすすめ10選|選び方も徹底解説

2022/02/08

【一人暮らし】自分にあった除湿機はどれ?おすすめの除湿機15選!のサムネイル画像

【一人暮らし】自分にあった除湿機はどれ?おすすめの除湿機15選!

2021/10/21

空気清浄機の選び方|各メーカーの特徴やおすすめ8選を徹底解説のサムネイル画像

空気清浄機の選び方|各メーカーの特徴やおすすめ8選を徹底解説

2021/10/21