【アラジンVSバルミューダ】最強トースターはどっち?徹底比較|4枚焼き可能?

人気のトースターと言えば「バルミューダ」と「アラジン」の2大メーカーです。どちらもデザイン性が高く、SNSでも評判の良さをうかがえます。人気の2つの製品ですが、口コミや「買って後悔しない?」など気になりますよね。そこで、この記事では両者の特徴を解説しながら、どんな人に向いているのか紹介します。

2022/04/19 更新

編集部おすすめの記事

「せっかくだから高級なトースターが欲しい!」そんなときに調べるとよく名前があがってくるのが「バルミューダ」と「アラジン」のふたつのメーカーです。人気のあるメーカーであるバルミューダとアラジンのどちらを買おうか迷っているという人も多いのではないでしょうか。

 

どちらもオシャレなデザインで、トーストするたびに気分が上がりそうですよね。「見た目の違いは分かるけど、性能にどんな違いがあるの?」という方のために、今回は高級トースターメーカー2社のそれぞれの特徴と性能の違いを詳しく解説します。

 

トースターの使い勝手やトーストしたときの美味しさの面からも比較していくので、ぜひ参考にしてください。お気に入りの1台でおいしいトーストを食べましょう。

まずは人気トースター「BALMUDA The Toaster」を見ていきます。操作方法やトーストの仕上がりなど、気になるポイントをチェックして人気の理由を抑えていきましょう。

BALMUDA

BALMUDA The Toaster K05A-BK (2020年リニューアルモデル)

価格:25,850円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
バルミューダ(BALMUDA)
商品名
K05A
加熱方式
ヒーター/スチーム
同時枚数
2 枚
温度調節機能
170℃/200℃/230℃
消費電力
300W・600W・1300W
パンくずトレイ
その他機能
サイズ
357x209x321 mm
重量
4.3 kg

使い方が簡単であるかどうかは重要ですよね。通常のオーブントースターであれば、温度と時間を設定するのが普通ですが、BALMUDAは温度を選ぶのではなく「パンの種類」でパンの温め設定をします。つまみの部分には、4種類のパンの種類が描かれている「トーストモード」が搭載しており、左から

 

  • トースト
  • チーズトースト
  • フランスパン
  • クロワッサン

 

それぞれこのような専用のモードがあります。パンは種類によって厚みや硬さが違うので、パンの種類ごとで区分されているのは分かりやすくてとても便利です。とにかくつまみを合わせてパンを入れるだけ!難しい事はなにもありません。

 

ちなみに、冷凍パンも勝手に最適な時間に焼きわけますので、細かい操作は必要なし。表面が焦げて中だけ冷たい…ということもありません。もちろん、個別に温度設定したいときは170℃・200℃・230℃から選ぶこともできます。

バルミューダのトースターには、扉を開いた上部に給水口が搭載されています。ここに、付属の5ccカップで水を入れるだけで、ふんわりスチームでトーストの美味しさが一段階アップ!このスチーム機能がBALMUDAのトースターの人気の秘訣でもあります。

 

ちなみにスチームが発生するのは、「トーストモード」だけであり、温度設定する「クラシックモード」は非対応なので注意しましょう。クラシックモードのときに使用すると故障の原因になってしまいます。

中までアツアツにするリベイクできる「フランスパンモード」は、パンの表面に焦げ目をつけずにしっかりと中まで温めることができます。フランスパンやロールパン、コッペパンやあんぱんに適しているモードです。

 

表面をサクッとさせたいときには、「クロワッサンモード」がおすすめです。カレーパンやスコーン、ウインナーロールなどお総菜パンにも対応しており、カリっとした食感を出したいパンに適しています。

Aladdin(アラジン)

グリル&トースター AET-GS13B(W)

価格:13,300円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
アラジン(Aladdin)
商品名
グラファイト グリル&トースター CAT-GS13B
加熱方式
ヒーター
同時枚数
2 枚
温度調節機能
280℃~100℃
消費電力
1250W
パンくずトレイ
その他機能
オーブン
サイズ
350x235x295 mm
重量
3.1 kg

アラジンのトースターは一般的なトースターと同じように「温度」と「時間」で温める設定をします。バルミューダのように水を入れる必要もなく、シンプルな機能なので操作が簡単です。

 

普通が一番!という人は、アラジンのトースターを選ばれる傾向が強いです。従来のトースターと同じように使用するだけですので、使い方に困るということはありません。

アラジンのトースターの特徴は、この焼き上がりの速さ。上部ヒーターに、0.2秒で発熱する「遠赤グラファイト(特許技術)」が搭載されているので、庫内・食材をすばやく温めてくれます。アラジンのトースターに買い換えた方は、まず一番にこの「速さ」に驚くこと間違いなしです。

 

そしてなにより、焼き上がりが早いということは、パンの内部の水分の乾燥も防げるということ。ただ早いだけでなく、それを根拠に美味しさもアップさせるからこそ、アラジンのトースターは人気です。

バルミューダにないポイントとして、アラジンには4枚焼きタイプのトースターがあるということが挙げられます。毎朝3枚以上を同時トーストするご家庭なら、アラジンの方がおすすめ。

 

また4枚焼きということは、Mサイズのピザも焼ける庫内のサイズです。忙しい朝食時にさっと活用し、おやつの時間にも活用して…となると、アラジンの方が使い勝手はいいですね。何枚焼けるかは家族の人数やお客様の人数によっても重要となってくるので、押さえておきたいポイントです。

Aladdin(アラジン)

グリル&トースター 4枚焼き AGT-G13A(W)

価格:18,403円 (税込)

大きめのパンも楽々焼けちゃう

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アラジンの4枚焼き対応トースター。最高330℃の火力で調理することが可能です。蓋つきで使い勝手のいいグリルパンとレシピブックが付属品として付いているので、お料理にもどんどん活用していけますよ。

メーカー
アラジン(Aladdin)
商品名
グラファイト グリル&トースター B612-S3
加熱方式
ヒーター
同時枚数
4 枚
温度調節機能
280℃~100℃
消費電力
1300W
パンくずトレイ
その他機能
オーブン
サイズ
360x250x355 mm
重量
4.7 kg

それでは、この下から肝心の「バルミューダvsアラジン」の、

 

 

これらに関して比較していきます!

まず庫内サイズを比較してみましょう。

 

バルミューダ  幅274×奥行き204×高さ178mm
アラジン(2枚) 幅310×奥行き235×高さ87mm
アラジン(4枚) 幅310×奥行き285×高さ87mm

 

この通り、アラジンの特徴のところでも触れた通り、3人家族以上のご家庭の場合はアラジンの4枚焼きにした方が無難です。

 

メンテナンスの面では、バルミューダの方が庫内の高さがある分、拭き掃除は楽。掃除パーツに関しては、アラジンは焼き網とパンくずトレイ、バルミューダは焼き網とパンくずトレイに加えて、ボイラーカバーと給水パイプの掃除もしなければいけません。

 

使用するたびに水を入れる手間&メンテナンスのパーツも多いことを考えると、とにかく素早く簡単に使いたいならアラジンの方が上です。

使い勝手はアラジンでしたが、「どっちが美味しい」か気になるところですよね。バルミューダの最大のメリットは、スチームを使用することで焼き上げる美味しさ。冷凍パンですら設定なしで高級パンに変わるという出来栄えはバルミューダならではです。

 

対してアラジンのトースターは、バルミューダよりも火力が強く、温度自動制御は付いていないので、パンが焦げてしまうことがあります。また速攻で高温となるため、冷凍食パンは調節が難しい一面も。

 

このことから、パンをおいしく食べたいという人は、バルミューダのトースターの方がおすすめです。バルミューダで焼いたチーズトーストは、SNSでも「良い焼き加減」と大好評ですよ。

バルミューダのカラー展開は、「ブラック」「ホワイト」「ベージュ」の3種類あり、シンプルなデザインなので、どんなインテリアでも合わせやすいです。冷蔵庫や炊飯器などモノトーンな家電で揃えたいという人におすすめです。

 

アラジンのカラー展開は、「グリーン」「ホワイト」の2種類あり、柔らかいスモークなパステルカラーがインテリアの雰囲気を優しくしてくれます。ウッドテイストのインテリアにもしっかりとマッチします。

 

どちらもデザイン性は優れており、おしゃれなキッチンになります。あなたの部屋のインテリアや家具、家電に合うかイメージしてください。

次に付属品を比較してみましょう。

 

バルミューダ

BALMUDA The Toaster

(2020年リニューアル)

アラジン

CAT-GS13B

(2枚焼き)

アラジン

AGT-G13A

(4枚数焼き)

  • スチーム用5ccカップ
  • ガイドブック
  • 受け皿(ホーロー) 
  • グリルパン
  • グリルネット
  • レシピブック
  • コンセプトブック

 

このように、付属品をチェックすると、4枚焼きのアラジンがお得感強しですね。アラジンは通常最高温度280℃ですが、グリルパンを使うことで330℃で調理が可能焼く・煮る・蒸す・炊く・温めといった使い方ができますので、パン以外にも大活躍します。

最新モデルか以前のモデルか、また2枚焼きか4枚焼きかによっても価格は変わりますが、バルミューダのはトースター3万円前後、アラジンは2万円前後です。それそれの人気機種の価格を見ていきます。

BALMUDA

バルミューダ ザ・トースター スチーム ブラック BALMUDA The Toaster K05A-BK

価格:24,000円 (税込)

バルミューダの人気機種!

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

商品の詳細はこちら

パンの焼き加減にとことんこだわりぬいた仕様が人気の理由です。チーズトーストやフランスパン、クロワッサンモードなどそれぞれのパンに合わせてモードを変えられるので、自宅で本格的なパン調理を楽しめます。

メーカー
BALMUDA
商品名
BALMUDA The Toaster K05A-BK
加熱方式
スチーム
同時枚数
2枚
消費電力
1200W
パンくずトレイ
その他機能
パンの種類モード切替可
サイズ
32.1×35.7×20.9㎝
重量
4.4㎏
Aladdin(アラジン)

Aladdin (アラジン) 新グラファイト グリル & トースター 4枚焼き 180度回転焼き網 レシピブック グリルパン付き [遠赤グラファイト 搭載] グリーン AGT-G13A(G)

価格:19,400円 (税込)

アラジンの人気機種!

Yahoo!ショッピングで詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

商品の詳細はこちら

朝起きて素早くトーストを作りたい!時間がないからすぐに仕上げたいという方に人気の商品。立ち上がりわずか0.2秒でおいしいトーストを食べれるのは魅力的ですよね。

メーカー
Aladdin
商品名
Aladdin (アラジン) 新グラファイト グリル & トースター 4枚焼き 180度回転焼き網 レシピブック グリルパン付き [遠赤グラファイト 搭載] グリーン AGT-G13A(G)
加熱方式
遠赤グラファイトヒーター
同時枚数
4枚
温度調整機能
100℃~280℃
消費電力
1300W
パンくずトレイ
その他機能
グリルパン、グリルネット付き
サイズ
36.0×25.0×35.5㎝
重量
4.7㎏

トーストへのこだわりや機能面はほぼ同じですが、付属品があることなども考えると価格が低いアラジンのほうがお得に感じます。どちらも高級トースターですので、迎え入れるにあたっては価格もしっかり押さえておきたいところです。

バルミューダとアラジンのトースターを実際に使用した人の声を紹介します。トーストがどのように焼けるのか、他にどんな料理を焼けるのかなどチェックしてみましょう。

使ってみてよくわかったのは、安いパンを焼くとさらに美味しく、高い良いパンを焼いてもさして変わらないということです。200円以下の食パン、特に大手メーカーの大量流通しているようなパンを焼くと劇的においしくなります。 普段から良いパンを食べている人には、は多少カリッとするくらいでなんだか評判通りじゃないなと思うかもしれません。

出典: https://www.amazon.co.jp

スーパーやコンビニで購入することができる100円~200円くらいの食パンを焼くと劇的においしくなり、パン専門店のパンを焼く場合は、あまり変化の差を感じられないようです。

確かにトーストが美味しくなる。 最近はスチームトースターがお安いものが出ているので、バルミューダじゃなくても良いのかなと思います。 ただ、ブランドイメージが良いので、自慢したくはなります。

出典: https://www.amazon.co.jp

スチーム機能がついているため、おいしいパンに仕上がるものの、価格が比較的高いので他社の製品でも良いのではという声もあります。デザインにこだわりがなければ、他社の製品を検討してみても良いでしょう。

通常のトースト、チーズトースト、クロワッサン、 フランスパン、クラシックから選ぶだけです。 給水口があり、そこの水を5ml入れて調理するので、庫内がスチームで 満たされて、科学的においしくなるようです! もちろん、パン以外にもグラタンやお肉、餅などもこれ一台でOKです。

出典: https://review.kakaku.com

パンをおいしく焼くことに特化したトースターではありますが、パン以外にもグラタンやお肉、餅もクラシックモードで焼くことができます。クラシックモードでは、水を注いでもスチームが発生しないので注意しましょう。

試してみたのが「チーズトースト」モード。シュレッダーチーズを載せて焼いてみたが、「これはトーストというより、もはや"料理"の1つだな」と思ったほどに、今まで試したことのあるどの機器よりも美味しいチーズトーストに出会った感じだ。

出典: https://review.kakaku.com

評価の高い「チーズトーストモード」は、焼き加減、チーズのトロトロ感に感動する人が多いようです。朝起きたばかりでも、パンにチーズを乗せて焼くだけで立派な料理のようなチーズトーストが出来上がります。

ダイヤルを回して数秒後には暖かくなり、しっかりと焼き上がります。 いつもの食パンが高級食パンへと様変わりしたかのような錯覚に陥るほどの焼き上がりで大変満足しています。

出典: https://www.amazon.co.jp

火力が高くすぐに温まるので、しっかりと焼き上げることができます。外側がカリカリしたしっかりとした食感のトーストが好きな人にはぴったりなようです。

今までは食パン・グラタン・冷凍ピザ等に安価なトースターを使っていましたが、本商品を購入網の高低切り替えが簡単で食パンが美味しく焼けました、グラタンも3皿同時に使用出来、チーズのこぼれも網が簡単にはずせて掃除が大変楽です。購入して良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp

4枚入るタイプであれば、グラタン皿を3枚分入れることができたようです。パーツを簡単に取り外して掃除できるのは、トースターを選ぶときの大事なポイントになります。

欲しくて欲しくてたまりませんでした。どうせ買うんだったら大型で付属品も多く、多目調理出来る物を選びました。少々高値ですが、後で後悔しないように、性能.外見.他社には無い物が多く絶対買いです。大切に使います。

出典: https://www.amazon.co.jp

2枚入るタイプと4枚入るタイプがありますが、置くスペースがあるのであれば4枚タイプを選ぶことをおすすめします。付属品としてグリルパンが付いており、さまざまな料理を作ることができます。

1年数ヶ月でグラファイトヒーターが点かなくなりました。週に3,4回、1回あたり5分程度の使用でした。メーカーにも問い合わせてみましたが、保証期間の1年を超えているため無償修理はできず、一律で6000円弱の修理代がかかるとのこと。

出典: https://review.kakaku.com

2年ほど経つと故障している人がいるようです。保証期間が1年なので、修理代がかかってしまいます。長く使いたいという人は維持費がかかってしまうかもしれません。

バルミューダ、アラジンのどちらを選ぶか決める際、メリットだけでなくデメリットも見逃せません。デメリットが自分の許容範囲を超えていると、買って後悔した、買ったのに使わなくなったということが起きてしまいます。

 

ここでは、ご紹介してきた両者のデメリットを比較しやすいようにまとめました。ご自身の使用用途やライフスタイルなどを考えて、どちらのトースターならデメリットが気にならない・許容範囲かチェックしてくださいね。

 

メーカー デメリット
バルミューダ
  • 使用のたびに水を入れる必要がある
  • お手入れのパーツが多い
アラジン
  • 冷凍パンの調節は苦手
  • 温度の自動制御はできない

「いきなり買うのはちょっと…まずは自分に合うのか試してみたい!」という方は家電レンタルサイトでレンタルすることも可能です。月額1000円前後でのお試しや、14泊15日の利用で4000円前後でバルミューダやアラジンのトースターを試すことができます。

 

利用するレンタル会社によって異なりますが、もう少し利用したい場合は延長することもでき、気に入った場合はそのまま追加料金で購入することも可能です。「買ったのに使わなくなった」「思っていたのと違った」といったトラブルを回避するためにも、不安な方はレンタルという方法もご検討くださいね。

先に結論からお見せすると、以下のようになります。

 

比較項目 バルミューダ アラジン
使い勝手 ★★ ★★★
美味しさ ★★★★ ★★
デザイン ★★★ ★★★
付属品 ★★★
口コミ ★★★ ★★★

 

<バルミューダ総評>

  • パンをとにかく美味しく食べたい人向き
  • 冷凍パンも設定なしで完璧に焼き上げ
  • スチーム機能が強み
  • 家族人数が多く忙しい人には不向き
  • ゆったりと丁寧な生活を彩る

 

<アラジン総評>

  • 朝の忙しい時間に素早く家族分のパンをトーストしたい人向き
  • 使い方は普通が一番の人
  • グリルパンなどお料理も出来たら嬉しい
  • メンテナンスも簡単
  • 有名な割に高すぎずコスパも良好
  • ※分厚い冷凍食パンは苦手

 

この通り、よく比較されるトースターながら、実はおすすめなユーザーの方向性は正反対という結果に。実は比較されるほど似た性能ではなく、完全に差別化されたトースターというのが実情です。そう考えると、ご自身にどちらが合っているかもわかりやすいですね。

同じくトースターで有名なブルーノとヘルシア。こちらはどういった特徴があるのか簡単に比較し、どのような人におすすめなのか見て行きましょう。

比較項目 ブルーノ ヘルシオ
使い勝手 ★★★

★★★★

美味しさ ★★★ ★★★★
デザイン ★★★★ ★★★
付属品 ★★ ★★
口コミ ★★★ ★★★★

<ブルーノ特徴>

・どんなキッチンにもなじむおしゃれなデザイン

・調理方法の切り替えが3パターンでシンプル

・他社の製品に比べ価格が低くコスパが良い

・パン以外の調理にも使用できるコンベクションモードが便利

 

<ヘルシオ特徴>

・機能が充実!生食パン機能もあり

・加熱水蒸気により本格的な調理が可能

・温めなおしも出来立てのような美味しさに

・ノンフライ機能でどんな料理もヘルシーに仕上がる

 

以上のことをふまえると、機能もインテリアとしてもこだわりたい、またはプレゼントとして選ぶのであればブルーノ、さまざまな料理を本格的な味で楽しみたい人にはヘルシオがおすすめです。トースターに何を一番求めるのかで、さまざまな選択肢がありますね。こちらもぜひ参考にしてください。

バルミューダもアラジンもメリットとデメリットがあります。パンに特化したのは、「バルミューダ」であり、さまざまな料理に対応しているのは「アラジン」です。バルミューダかアラジンか、自分にあったものをしっかりと見極めるために、今回の記事をぜひ参考にしてください。