【コスパ最高】冬はニトリの電気毛布がおすすめ|本体も電気代も安い!洗い方は?

ニトリの電気毛布は本体価格・電気代ともに安く、コスパが非常に良いのが魅力です。本記事ではそんなニトリの電気毛布のおすすめ製品を、口コミとあわせて紹介します。製品の選び方についても解説しているので、冬場を少しでも暖かく過ごしたい方は、ぜひ本記事でおすすめするニトリの電気毛布を試してみてください。

2021/10/21 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

冷え込む冬の夜。少しでも暖かく、快適に眠りにつきたいと思いませんか?そういうときに役立つのが、電気毛布です。とはいえ、電気毛布と聞くと電気代が心配ですよね。毎日何時間も使ったら高くつきそう…。

 

そんな心配を抱えている人におすすめしたいのが、ニトリの電気毛布です。他社の電気毛布に比べて電気代が安いうえ、自動で温度を調節してくれたり、ダニ対策がされていたり嬉しい機能が満載!

 

この記事では、そんなニトリの電気毛布について紹介していますよ。実際に購入した人の声や一般的な電気毛布の選び方、おすすめ商品。電気代の具体的な数字も、記事の後半で紹介しています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

今すぐ見る!ニトリのおすすめ電気毛布3選

ニトリは『Nウォーム』という独自の電気毛布を扱っています。このNウォームは生地に吸湿発熱素材を採用しており、電熱とあわせて二重に体を温めてくれるのが魅力です。

 

またニトリの電気毛布は、製品によって異なる付加機能が搭載されています。例えば室温センサー付きの製品であれば、最適な温度を都度自分で設定する手間がありません。あるいは手洗い可能な製品であれば、長期間使ってもダニの繁殖などの心配はほぼないでしょう。

 

とはいえ具体的にどんな機能が必要かはユーザーの使い方によるので、ぜひあとで紹介する口コミや選び方を参考に最適な製品を探してみてください。

ここでは、ニトリの電気毛布に使われている素材「Nウォーム」に関する口コミをピックアップしていきます。

肌触りがとても良く、布団からなかなか出れなくなっちゃってます。暖かいしとても良いです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

ニトリの電気毛布は保温性・肌触りともに評価が高く、総じて使い心地にすぐれていることがうかがえます。

Nウォームの毛布も購入し併用しましたが、寒くて眠れませんでした。それぞれ滑りやすいようで、寝返りするとズレやすく、それもストレスです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

Nウォームの表面には肌触り重視のなめらかな生地が採用されているため、敷いたときの安定性には若干難があるようです。

また、吸湿発熱のとおり、かけて少しするとじんわり暖かくなり 今までの厚めのパジャマでは少し暑いと感じるほどです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

Nウォームの温かさに関しては「じんわり」「まんべんなく」といった評価が多いため、局所的にしか暖かくならないという心配はほとんどないでしょう。

ものすごく全体的に良いけれど たったひとつ、真冬これだけじゃ無理だよね、、??というところ。

出典:https://review.rakuten.co.jp

Nウォームは発熱性能が非常に高い素材ではありますが、さすがに冬場を1枚で凌げるほどのパワーはないようです。

一冬乗り越えられたらいいなと思って購入しました。もう少し厚みが欲しかったです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

ニトリの電気毛布は、厚さが3~4mmほどとかなり薄い傾向にあります。布団のレビューでも厚み不足が指摘されているので、電気毛布だと尚更この点が気になるかもしれません。

娘のリクエストで購入しました。スベスベで肌ざわりが良く暖かいと喜ばれました。

出典:https://review.rakuten.co.jp

Nウォームのレビューで意外と多かったのが、「子供に喜ばれた」という声です。軽さと肌触りを兼ね備えることにより、子供でも負担なく使えるようになっているのでしょう。

電気毛布を購入するときは、どのように使うかを事前に想定した上で、製品タイプや付加機能をチェックしていきましょう。またサイズや素材に関しても、自身の体に合ったものを選ぶことが大切です。

種類で選ぶ

ニトリの電気毛布は、主に床に敷くタイプと肩やヒザにかけるタイプに分かれています。使用シーンを想定することはもちろん、収納のことも考えた上でより適した方を選んでみてください。

敷くタイプ

敷くタイプの電気毛布は縦の長さにゆとりがあるため、床に敷いて足を伸ばしたり、ベッドに敷いて暖めたりと様々な使い方が可能です。また配線の密度を足部に集中させた特殊な製品もあるので、冷え性にお悩みの方はそちらを購入するといいでしょう。

掛け敷きタイプ

掛け敷きタイプは掛け毛布と敷き毛布の中間的なモデルであり、敷いて使うだけでなく、膝かけや肩かけとして使えます。掛け毛布よりも軽量な製品が多いので、持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです。1つ持っておけば他のタイプの製品を個別に買う必要がないため、収納時の省スペース化にもつながります。

サイズで選ぶ

電気毛布は敷くタイプ・掛け敷きタイプ問わず、自分の身長や体型に合ったサイズの製品を選んでみましょう。また布団に使う場合は少し余裕を見て大きめの毛布を購入するなど、使用場面に応じて理想サイズを細かく検討するのも大切です。

素材で選ぶ

電気毛布の素材は化学繊維と天然ものの2種類ありますが、基本的にはアクリルやポリエステルといった化学繊維の方が保温性・軽量性ともに勝っています。価格帯も化学素材の方が安い傾向にあるので、肌触りにこだわりたい方以外は化学繊維を選ぶといいでしょう。

 

なおニトリのNウォームにはポリエステルの他にレーヨンが採用されており、このレーヨンが吸湿発熱効果を生み出しています。

その他の機能で選ぶ

ニトリの電気毛布には温度調節やダニ退治など、製品によって多種多様な機能が備わっています。また丸洗いが可能なモデルもあるので、製品選びの際はぜひ細かな付加機能にも着目してみてください。

温度調節機能

ニトリの電気毛布の中には温度調節機能を持った製品があり、数段階の中から好みの温度に設定できるので非常に便利です。また室温センサーによって部屋の寒暖を感知し、温度を自動で調整してくれる製品もあります。

 

ただし電気的な機能が多ければそれだけ価格も高くなるので、出費と利便性を天秤にかけたうえでちょうどいい性能の製品を選ぶよう心がけてください。

ダニ退治機能

ニトリの電気毛布の一部は、温度を最大まで上げることでダニ退治ができるようになっています。ダニ対策をいつでも行えるというのは非常に衛生的なので、電気毛布の使用頻度が高い方は、ぜひこの機能がついた製品を検討してみてください。

手洗い対応

ニトリの電気毛布はほとんどが手洗い可能ですが、一部できない製品もあります。汚れのない清潔な状態を保つためにも、ぜひ手洗いできる電気毛布を選んでください。なお、以下の記事では電気毛布の洗い方について紹介しています。手洗いの手順や洗濯機での洗濯可否が気になる方は参考にしてください。

ニトリ

電気敷き毛布 o-iMO 501

価格:5,990円 (税込)

肌触りの良さが魅力の電気毛布

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電気敷き毛布 o-iMO 501は柔軟性の高いナイロン生地に加え、Nウォームモイストという特殊な保湿素材を採用しています。そのため肌触りにしっとり感があり、長時間使っても皮膚を痛める心配はほとんどありません。またダニ退治機能が搭載されており、お手入れにあまり手間がかからない点も魅力です。

タイプ 敷き毛布 重さ 1.2kg
サイズ 140×80×2cm 素材 ポリエステル・レーヨン・ナイロン
ニトリ

電気敷き毛布 o-i NT-401

価格:3,990円 (税込)

耐久性にすぐれた電気毛布

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電気敷き毛布 o-i NT-401は表面生地・発熱布ともにポリエステルの割合が高く、長期間使っても型崩れや色落ちが起きにくい作りになっています。またNウォームの敷き毛布の中では特に軽量コンパクトであり、比較的省スペースで収納できる点も魅力です。無論、保温性や吸湿性など、Nウォームならではの機能性にも抜かりはありません。

タイプ 敷き毛布 重さ 1kg
サイズ 130×80×2cm 素材 ポリエステル・レーヨン
ニトリ

電気掛け敷き毛布 o-i 752

価格:7,990円 (税込)

コストパフォーマンスにすぐれた電気毛布

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電気掛け敷き毛布 o-i 752はベッドに敷いたり、ひざに掛けたりと様々な使い方ができる万能モデルです。そのうえ電気代は他のNウォーム製品と変わらないので、敷くタイプ・掛けるタイプをそれぞれ購入するのに比べ、格段に出費を抑えることができます。また他製品よりも生地が厚めなので、就寝時など毛布にフカフカ感が欲しい場面では特に活躍することでしょう。

タイプ 掛け敷き毛布 重さ 2.5kg
サイズ 188×130×3cm 素材 ポリエステル・レーヨン

ニトリの電気毛布は素材そのものに発熱機能があるため、設定温度に達するまでの起動電力はそれほど多くありません。よって一般的な他社製品よりも電気代を節約しやすく、使用頻度の高くなる冬場には特に活躍が見込まれます。

 

なお掛け敷き毛布を例にとると、1時間あたりの電気代はおおむね以下のようになります。

 

  • 弱運転:0.8円/時
  • 強運転:1.6円/時

ニトリの電気毛布は保温性能が高く、電気代を安く抑えられることができます。ニトリの電気毛布に興味を持たれた方は、ぜひ本記事を参考に最適な製品を選び、快適な心地よさを体感してみてください。また、下記記事でパナソニックのおすすめ電気毛布についても紹介しているのでぜひご覧ください。

# 洗い方 # おすすめ # 安い # 電気代 # コスパ