電子辞書は飛行機に持ち込めるの?預け入れは可能?詳しく解説【海外旅行もこれで安心】

渡航先で電子辞書があるとわからない言葉をすぐに調べられて便利です。でも飛行機に持ち込んでもいいの?と疑問をお持ちの方もいるかもしれません。今回はそんな方に向けて、飛行機に電子辞書を持ち込んで使えるのか、持っていくメリットや注意点などを詳しく解説します。ぜひご覧ください。

2021/10/21 更新

みなさんは電子辞書を使っていますか?スマホ・タブレットより検索がしやすく・情報が正確であることから人気な電子辞書ですが、最近の電子辞書は学習コンテンツや様々な外国の言語の辞書が搭載されいたり、高性能な電子辞書になっています

 

そんな便利な電子辞書を海外旅行などに行く際に持ち込めたら便利ですよね。実は国内販売されているほとんどの電子辞書は飛行機内に持ち込めます

 

そこでこの記事では電子辞書を飛行機内も持ち込むメリットや注意点について解説していきます。電子辞書以外で飛行機内に持ち込める物にはどんなものがあるかについても紹介するのでぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

今すぐ空港に持ち込める物・持ち込めない物一覧を見る

旅行先・ビジネスの出張先に電子辞書を持っていくメリットとしてまず挙げられるのは、飛行機・タクシー・鉄道など移動中、滞在先のホテルでも外国の言語を学習できるという点です

 

移動中や滞在先のホテルでは時間を持て余してしまうこともありますが、電子辞書があるとちょっとした空き時間を有効活用できます。また、旅行先や出張先で買い物や食事をする際にわからない言葉があった際にも電子辞書があると非常に便利です

 

また、例文検索するとその単語を含んだ例文を表示できる機能もあります。

旅行先・出張先に電子辞書は便利だと思うけど飛行機に持ち込めるの?と疑問を待つ方もいるかもしれませんが、飛行機に電子時は持ち込めますのでその心配は不要です

 

飛行機内には電源をオフにできる電子機器、電波を発しない状態で使用できる電子機器は持ち込めますし使えます。電子辞書は電源も切ることはもちろん可能で、Wi-Fi機能もオフにできます。

飛行機に電子辞書は持ち込めるのですが、使用方法・できないこと・予備の電池に関しては知っておいたほうがいいこともあります。注意点を挙げておきますので、参考にしてみてください。

離着陸時は電源を切る

飛行機で電子辞書は使用できますが、安全運行に影響しないよう離発着時には電源は切っておきましょう。離陸して飛行状態が安定している間に、使用するようにしてください。

 

また、離陸時には急ブレーキをかけることもあり、着陸前には横風で揺れやすく着陸時には衝撃も受けます。こういった状況では、電子辞書を落として壊してしまう可能性もあるので注意が必要です。

通信機能は使えない

飛行機の飛行中は電子辞書の通信機能を使うことができないため、追加コンテンツやアプリはインストールはできません。ただし、電子辞書は使えるので旅行先の言語や勉強中の言語を検索することはできます

 

電子辞書を旅行先に持って行くときは、事前に必要なアプリや追加コンテンツはインストールしておくと良いでしょう。

替えのリチウムは預け入れできない

旅行先に予備のリチウム電池やリチウムバッテリーと持っていこうと考えている方は注意が必要です。リチウム電池は外部からの衝撃で発熱・発火を起こす恐れがあるため預け入れ手荷物として預けることはできません

 

ただし、手荷物としては飛行機内には持ち込めますので、替えのリチウム電池やリチウムの予備バッテリーを持っていこうと考えている方は飛行機に持ち込むバッグに入れるようにしてください

電子辞書以外にもさまざまな電子機器や便利アイテムを飛行機内に持ち込めるようになっています。電子機器は電波を発しない状態にできるもの、電源をオフにできるものは飛行機内に持ち込んでも構いません

 

  • PC
  • タブレット
  • スマホ
  • デジタル・オーディオプレイヤー
  • カメラ
  • 乾電池
  • 変圧器
  • 変換プラグ
  • ヘッドフォン
  • 外部メモリ

 

などは飛行機内に持ち込めます。ただし、ヘッドフォンは登場する飛行機の機種によってはBluetoothが使える場合と使えない場合があるので確認が必要です。

電子辞書は持ち込み推奨

飛行機に搭乗する際、PC・タブレット・電子辞書・スマホ・デジタル・オーディオプレイヤー・カメラ・などの電子機器、貴重品は持ち込み推奨です。 預け入れ荷物の入ったコンテナを飛行機に積み込む際には振動もあり、電子機器は衝撃に強い製品とは言えません

 

電子機器は高額ですから、後悔しないように不測の事態を避ける工夫も必要です。

持ち込み可能・預け入れ不可

モバイルバッテリーやリチウム電池・予備バッテリーは飛行機に預け入れできない品目にあたります。リチウムイオン電池や、リチウムイオン電池を使ったモバイルバッテリーや予備バッテリーは発火の危険性があるため預け入れは断られます。

 

ただし、飛行機には手荷物として持ち込めるようになっています。電子タバコもリチウムバッテリーを搭載していますので電子タバコも機内持ち込みしかできないようになっており、預け入れ荷物としては預けられません。

飛行機に持ち込める電子辞書ですが、バッグに入れたままでは手荷物検査に引っかかるかも?と不安に感じている方もいるかもしれません。しかし、電子辞書は危険物や凶器ではないため、検査にかかって飛行機に持ち込めなくなるといったことはありません

 

X線透視モニターや金属探知で不審物と認識されたとしても検査官にバッグの中身を見せると問題なく検査には通ります

電子辞書が飛行機に持ち込めないという可能性としてはきわめて低いですが、航空会社によっては旅行先に持っていく電子機器が持ち込めないといった事態も起こりえます

 

国内線と国際線、海外の航空会社で電子機器持ち込みに対するルールは異なりますので、事前に航空会社の持ち込みルールは確認しておきましょう。ちなみに、国内の航空会社よりも海外の航空会社のほうがルールが厳しいことが多いようです。

電子辞書はわからない言語をすぐに調べられる非常に有用なアイテムです。使用する際に自宅・外出先といったシチュエーションも選びません。語学を学びたい方や海外旅行の予定がある方は電子辞書の購入も検討してみてください。