買い替えにおすすめの電気ポット7選紹介!寿命はどのくらい?

全ての家電には寿命があり、どんなに丁寧に使ってもいずれは壊れます。これは電気ポットも例外ではありません。今回は、そんな電気ポットの寿命や処分方法について解説します。買い換えにおすすめな電気ポットも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

2021/07/21 更新

お湯を沸かすのに便利な電気ポットですが、そんな電気ポットはどのくらいの期間で寿命を迎えるのでしょうか?結論から言うと、電気ポットの寿命は5年ほどと言われています。

 

ただし、5年という耐用年数はあくまで適切に使った場合で、使い方が悪いと寿命を縮める原因になってしまいます。もちろん、使用頻度が少なく大切に扱えば10年以上問題なく使用できることもあります。しかし、場合によっては1年も持たずに壊れてしまうこともあるでしょう。

 

今回は、電気ポットの寿命を縮める原因や対策、そして寿命を確かめるポイントについて徹底解説します。また、万が一寿命がきたときの買い替えにおすすめな商品7選もご紹介しています。電気ポットを長持ちさせたい方は必見の内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

今すぐ見る!買い替えにおすすめの電気ポット7選

電気ポットはお湯を扱う家電なので、「水には強い」と思っている方も多いと思います。しかし電気ポットも家電なので、電気を使う部分が水に濡れるとすぐに壊れてしまいます。そして、その水濡れは普段の何気ないアクションによって発生するのです。

 

まず、電気ポットはお湯を沸かす際に湯気が発生します。その湯気が電気ポットの内部に侵入すると、壊れるリスクが高くなります。つまり、お湯を沸かせば沸かすほど壊れやすくなるということです。

 

故障のリスクを抑えるためには、使わない時は水を抜き、1週間に1回は洗浄剤を使ってお手入れをする必要があります。外部の汚れも故障の原因になるので、電気ポットの外側も定期的に拭くようにしましょう。詳しいお手入れ方法については以下の記事で解説しています。

電気ポットの寿命を確かめるポイントについてですが、確かめるまでもなく、使っていると寿命による異変が生じてきます。そんな寿命による異変は、主に以下の3つです。

 

  • 沸騰しない
  • 電源が入らない
  • 水漏れ

 

お湯が沸かない・沸騰しないという場合は、電気ポットのヒーターの断熱や温度センサーの故障が考えられます。ただし、こちらはコンセントの差し直しや蓋の閉め直しで復活することも。一方で電源が入らない場合は、完全に故障したとみていいでしょう。

 

水漏れは、電気ポット内のゴムパッキンの劣化により生じるトラブルですが、新しいゴムパッキンさえ入手できれば自分で修理できます。

電気ポットの何らかの異変が生じた際、利用者は修理するか買い替えるかのいずれかを選択する必要があります。ちなみに、金額で比較すると以下の通りです。

 

電気ポットの修理費 5,000~13,000円
新しい電気ポットへの買い替え 3,000~13,000円

 

どのような修理を依頼するか、どんな電気ポットに買い替えるかで金額も変わりますが、修理も買い替えもそこまで値段に違いはありません

修理の方が良い場合

電気ポットからのお湯漏れのトラブルは、使っている電気ポットのゴムパッキンを付け替えるだけなので自分で直せます。仮にゴムパッキンを入手できない状況かつ購入から1年未満の場合は、修理がおすすめです。

 

沸騰しないトラブルに遭遇したら、まずコンセントの差し直しや蓋の閉め直しを試してみましょう。これにより、復活することもあります。それでも直らないと確認できたら、修理を依頼しましょう。

部品保有期間が過ぎている場合は買い替えの方がおすすめ

先述のように、電気ポットの寿命の目安は5年に設定されています。これは、メーカーが故障対応のために部品を保管しておく「部品保有期間」が5年に設定されているからです。つまり、この部品保有期間が過ぎた電気ポットは、基本的にメーカーで故障対応はできないことを意味します。

 

5年以内の使用期間で故障した場合は、たいていの場合修理可能です。しかし、電気ポットの寿命である5年を過ぎている、もしくは5年近く使用している場合は、寿命が故障原因である可能性が高まるため、買い替え時期と考えてください。

今すぐ見る!買い替えにおすすめの電気ポット7選

電気ポットは大きめの家電なので、壊れた際にどのように処分すればいいのかわからない方はいませんか?電気ポットには、主に以下4種類の処分パターンが存在します。

 

 

ここでは、上記処分を行う方法やメリットなどについて紹介していきます。

まだ使えるものは売却がおすすめ

電気ポットは、年々進化しています。新しいモデルほど優れた省エネ機能を搭載しているため、まだ使える状態の電気ポットから買い替えを検討しているということもあるでしょう。そんなときの買い替え時、古い電気ポットがまだ使用できる状態であれば、売却がおすすめです。

 

性能的に問題がなく、見た目もキレイな状態なら、リサイクルショップやオークションサイトでの売却が可能です。

費用がかからない自治体の粗大ゴミ回収サービス

電気ポットは家電なので、自治体の不燃ゴミとして出せます。この処分方法は、お金が掛からないというメリットがあります。自治体によって電気ポットの捨て方は異なるので、必ず正しい方法を確認した上で処分を行いましょう。

 

ただし、自治体の指定している捨て方によっては、少々手間が掛かってしまうのがデメリットです。加えて、電気ポットに目立った破損がある場合は、取扱注意を示すラベルを貼る必要があります。以下の記事では自治体での処分方法を詳しく解説しているので、参考にしてください。

費用はかかるが不用品回収業者を利用する

電気ポットの処分には、不用品回収業者を利用する方法もあります。不用品回収業者とは、指定した日時に家まで不用品を回収してくれる業者のことで、利用者は家から一歩も出ずに電気ポットなどの不要品を回収してもらえるのがメリットです。

 

数千円ほどのお金が掛かってしまうのがデメリットと言えますが、不用品回収業者の中には買い取りをしてくれる所もあります。

新品を購入し下取りサービスを利用

下取りサービスとは、処分したい商品を業者に買い取ってもらい、買い取って貰った分の金額を新品の値段から差し引くサービスのことです。購入時に割引を受けられるので、新しい電気ポットを通常より安い値段で購入できます。

 

しかし、新しい電気ポットを購入しないとサービスを利用できないのがデメリットと言えます。また、一部サービスでは「オンラインで購入した電気ポットは対象外」などの制限が付いている場合もあるので気をつけましょう。

電気ポットのメーカーとしてよく知られているのが、「象印」と「タイガー」ではないでしょうか。それぞれのメーカー名は知っているものの、どのような違いがあるのか、どちらの電気ポットが良いのかわからないということもあるでしょう。

 

象印では、電気代節約につながるVE電気まほうびん「優等生」シリーズや電動ポットなどがラインナップされています。価格帯が広いので、リーズナブルな電気ポットを探している人にも適したメーカーです。


タイガーでも、魔法瓶構造の電気ポット「とく子さん」シリーズを展開しています。また、少スチーム・蒸気レス構造の電気ポットも揃っているのが特長です。3段階の保温設定が可能なので、ベストな保温設定こだわる人におすすめです。

 

本記事でもおすすめ商品を紹介しますが、下記リンクもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

タイガー魔法瓶 マイコン電気ポット PDR-G220-WU

価格:5,910円 (税込)

オーソドックスで使いやすい電気ポット!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイガーから販売されている、オーソドックスな電気ポットです。パネルの文字が大きく書かれているので、一目見て操作しやすいのがポイント。蒸気量も1/3までカットすることで、電気ポットの劣化を防いでくれます。ただし、コードの耐久性が低いので、なるべくコードの根元を曲げないようにしましょう。

 

スペック詳細はこちら

容量 2.2L 本体サイズ 21.2×28.0×25.4cm
空焚き防止 保温 3段階
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印 電気ポット CV-GA22-TA

価格:8,480円 (税込)

電気代を節約したい方におすすめな電気ポット!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウンカラーが特徴的な、象印の電気ポットです。この電気ポットには省エネ機能が搭載されており、機能をオンにすると2時間使わなかったら自動で電源をオフにしてくれます。赤玉水量計を採用していることで、水量を確認しやすいのもグッド。まほうびん保温による節約効果も期待できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

容量 2.2L 本体サイズ 22×29.5×26cm
空焚き防止 保温 3段階
ヒロ・コーポレーション

HIRO 電気ポット HKP-320

価格:3,980円 (税込)

安価なのに使いやすい電気ポット!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HIROから販売されている、3.2Lと大きい容量を持つ電気ポットです。パネルには必要なボタンや文字だけが設けられているので、操作もしやすいと言えます。メタリックなデザインもおしゃれと言えるでしょう。内側もステンレスな所も含め、4,000円程度で買える求めやすさも魅力です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

容量 3.2L 本体サイズ 21.5 x 31.5 x 31.5cm
空焚き防止 保温 3段階
TokyoDP

東京Deco 電気ポット i001

価格:4,999円 (税込)

2通りの給湯が出来る電気ポット!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HKP-320と同じく、メタリックなデザインが特徴的な電気ポット。パネルにある給湯ボタンを押してお湯を注げるのはもちろん、カップでスイッチをプッシュすることでもお湯を注げるのが特徴です。また、上蓋が取り外しが可能なので、お手入れがしやすいのも良いポイントと言えます。

容量 3.2L 本体サイズ 28×21.5×32cm
空焚き防止 保温 3段階
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印 電気ポット CD-PB50AM-HA

価格:8,555円 (税込)

大容量なのに安価な電気ポット!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

象印から販売されている、シンプルな見た目の電気ポット。この商品の魅力は、5Lという大容量さにあります。家庭で使うのはもちろんですが、使用人数の多いオフィス用の電気ポットとしてもおすすめです。基本的な機能も付いていますが、それでいて9,000円以下で買える求めやすさもグッド。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

容量 5L 本体サイズ 23.0×30.0×33.0cm
空焚き防止 保温 3段階
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印 電気ポット CV-TY22-WA

価格:8,128円 (税込)

カフェドリップ機能搭載の保温面に優れた電気ポット!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらも象印から販売されている電気ポットで、容量は2.2Lです。電気とまほうびんで効率的な保温が行える点や、カフェドリップ機能で少しずつお湯を注ぐことが出来るのも魅力的。水量計には赤玉が採用されているので、水の量も確認しやすいです。また、保温設定が5段階も用意されているのも使いやすいと言えます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

容量 2.2L 本体サイズ 21×28.5×26cm
空焚き防止 保温 5段階
タイガー魔法瓶(TIGER)

タイガー 電気ポット PIP-A220-R

価格:7,832円 (税込)

扱いやすくて長持ちする電気ポット!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レッドとブラックの色合いが特徴的な、タイガーの電気ポットです。レバー式の給湯仕様となっていますが、そのレバーが大きめに作られているので押しやすいのがポイント。さらに蒸気レスなことから、電気ポットの内部に蒸気が侵入して劣化する問題もありません。沸騰までの残り時間を表示してくれるのも嬉しいです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

容量 2.2L 本体サイズ 21.7×28.2×27.8cm
空焚き防止 - 保温 3段階

買い替えにおすすめの電気ポット7選

  • 商品画像
  • アイテムID:5844805の画像

    タイガー魔法瓶(TIGER)

  • アイテムID:5844806の画像

    象印マホービン(ZOJIRUSHI)

  • アイテムID:5844807の画像

    ヒロ・コーポレーション

  • アイテムID:5844808の画像

    TokyoDP

  • アイテムID:5844809の画像

    象印マホービン(ZOJIRUSHI)

  • アイテムID:5844810の画像

    象印マホービン(ZOJIRUSHI)

  • アイテムID:5844811の画像

    タイガー魔法瓶(TIGER)

  • 商品名
  • タイガー魔法瓶 マイコン電気ポット PDR-G220-WU
  • 象印 電気ポット CV-GA22-TA
  • HIRO 電気ポット HKP-320
  • 東京Deco 電気ポット i001
  • 象印 電気ポット CD-PB50AM-HA
  • 象印 電気ポット CV-TY22-WA
  • タイガー 電気ポット PIP-A220-R
  • 特徴
  • オーソドックスで使いやすい電気ポット!
  • 電気代を節約したい方におすすめな電気ポット!
  • 安価なのに使いやすい電気ポット!
  • 2通りの給湯が出来る電気ポット!
  • 大容量なのに安価な電気ポット!
  • カフェドリップ機能搭載の保温面に優れた電気ポット!
  • 扱いやすくて長持ちする電気ポット!
  • 価格
  • 5910円(税込)
  • 8480円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 8555円(税込)
  • 8128円(税込)
  • 7832円(税込)
  • 容量
  • 2.2L
  • 2.2L
  • 3.2L
  • 3.2L
  • 5L
  • 2.2L
  • 2.2L
  • 本体サイズ
  • 21.2×28.0×25.4cm
  • 22×29.5×26cm
  • 21.5 x 31.5 x 31.5cm
  • 28×21.5×32cm
  • 23.0×30.0×33.0cm
  • 21×28.5×26cm
  • 21.7×28.2×27.8cm
  • 空焚き防止
  • -
  • 保温
  • 3段階
  • 3段階
  • 3段階
  • 3段階
  • 3段階
  • 5段階
  • 3段階

電気ポットを5年ほど使い続けて壊れた場合は、新しい電気ポットに買い換えることをおすすめします。その際に、下取りサービスを用いて新品の電気ポットを買うとよりお得です。機会がある方は、ぜひサービスを利用してみてください。