【2021年最新】センタースピーカーのおすすめ15選|置き場所も解説!

映画やドラマ、音楽の聞きとりずらい音を再現するにはセンタースピーカーがおすすめです。しかし、センタースピーカーの効果や置き場所など、どんなものかいまいちわからない方も多いですよね。この記事では、センタースピーカーの特徴や設置位置・選び方・おすすめの商品を紹介します。

2021/10/21 更新

テレビでよく映画を観る・音楽を聴く機会が多い方におすすめしたいのが、センタースピーカーです。センタースピーカーは左右からだけでなく中央からも音が出る設計なので、臨場感や没入感がアップします。とはいえ、センタースピーカーとひと口に言ってもその種類はさまざま。

 

似たような見た目で何が違うのか分からない。テレビの近くに設置するけれど、どんなデザインのものを選んだらいいの?多くのメーカーから発売されているけれど、どのメーカーのものがいいの?疑問はつきません。決して安くはない買い物です。失敗したくはないですよね。

 

そこで本記事では、センタースピーカーがどういうものかの解説、おすすめのメーカーや実際に購入した人の声、選び方のポイント、おすすめの商品まで多くの情報を紹介します。ぜひ、最後まで読んで自分に合ったセンタースピーカーを購入してください。

今すぐ見る!センタースピーカーのおすすめ15選

センタースピーカーとはどんなものか、その特徴を解説します。下記の項目で気になる内容がある方は、リンクをクリックすることですぐにチェックすることができますよ。

 

  1. 臨場感のある音を楽しめる!
  2. センタースピーカー不要論とは?
  3. テレビとの接続方法は?
  4. センタースピーカーが邪魔?置き場所の工夫

臨場感のある音を楽しめる!

センタースピーカーとは、テレビの正面中央付近に設置をして音場を改善する機材です。センタースピーカーを接続するときには、アンプのような機材が必要となります。テレビのスピーカーは、音響を臨場感豊かにするため本体の左右に搭載されていることが一般的です。

 

左右スピーカー間の距離が離れるほど、音が中抜けとなり聞こえてくる音の正確な方向や距離感が分かりにくくなります。また、正面中央から位置が離れるとニュースや映画のセリフが聴き取りにくいと感じることも。

 

一方、センタースピーカーがあれば正面中央付近の音が補強されるので、不明瞭だった音声が明瞭になります。そして、中央の音が聴きやすくなると全体的な音にメリハリができて、臨場感のある音声が体験できるようになるので、車内での音楽や居間での映画を楽しむことが可能です。

センタースピーカー不要論とは?

センタースピーカー不要論という話を聞いたことはありますでしょうか。この問題は長いこと議論されており、非常に難しい問題の一つです。必要が不要かに関しては、どちらにもメリット・デメリットがあります。

 

センタースピーカーを実際に使ってみた方の感想として、フロントスピーカーで充分派も多くいます。よく聴けば分かりますが、BGMや効果音の殆どは、センタースピーカーからも出力されています。セリフなどはフロントスピーカーのみでは違和感を感じることもあります。

 

センタースピーカーの設置場所や製品ランクで音がこもることもあります。ですので、優れたセンタースピーカーを設置することは、サラウンド再生の音質を飛躍的に向上してくれることにもなります。

テレビとの接続方法は?

センタースピーカーとテレビを接続するには、アンプが必須です。その他にも光デジタルケーブル・HDMIケーブル・スピーカーケーブルが必要。接続方法としてテレビとAVアンプを、スピーカーケーブルでつなぎ、センタースピーカー入力端子にAVアンプと接続します。

 

接続をする場合は、スピーカーケーブルの先端をよじりアンプとスピーカーそれぞれの接続端子に確実に固定しましょう。最後に、テレビとAVアンプにHDMIケーブルまたは光デジタルケーブルのどちらかで接続をして完了です。

 

テレビ本体自体にセンタースピーカーモードが搭載されているモデルもありますが、ほとんどのテレビには付いていません。センタースピーカーモードが搭載されていないテレビであれば、ここで紹介した方法で接続できます。

センタースピーカーが邪魔?置き場所の工夫

センタースピーカーの置き場所はスクリーンの下に置くのが一般的です。フロントスピーカーのツイーターの高さからも大きく下がることに。したがって、映画の台詞のような音声はスクリーンの下側に向かって発せられます。

 

センタースピーカーを高い位置に置きたい場合は、テレビの位置も上げないと十分な音質を得られません。床に直接置いたり天井に吊るすのはNGです。テレビの前にラックを置いて設置をする方法もありますよ。

 

また、センタースピーカーのサイズが大きくなればなるほど、ラックの形状も設置の自由度も制限されます。センタースピーカーを理想に近い形で設置できれば、音質や臨場感も上がるため自由度とはトレードオフとなるでしょう。

ここではセンタースピーカーを購入した後の、良い口コミと悪い口コミをピックアップして紹介をいたします。これからセンタースピーカーを購入検討している方は、ぜひ参考にしてください。

16センチフルレンジブックシェルフスピーカーから買い替え。 コンパクトな製品なので、スペース的にはかなり楽になったけど、音質はどうか。 たくさんスピーカーを並べるのが今の流行だけど、音は悪くなっているみたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

スピーカーの音をバランスよくするのは難しいですよね。スピーカーを置く場所の広さやメーカーの相性もあるので、色々試すのもいいでしょう。

電源を入れた時と入力を変えた時なでにその度大音量で案内ナレーターが流れます。隣の部屋で寝ている家族にも聞こえるぐらいの爆音です。 いくつかの製品で、この設定を採用している物がありますが私の使用目的としては、使えません。

出典:https://www.amazon.co.jp

スピーカーの仕様で、案内ナレーターがついているスピーカーもあります。音量が調節できないのは、辛い所ですね。音量が変更できないかメーカーに連絡するのがいいかもしれません。

bluetooth5で繋いでます。トランスミッターの性能もあると思いますが音は少し遅れます。動画を見ていても音源側を消音すれば気にならないくらいに慣れます。音はこもり気味です。

出典:https://www.amazon.co.jp

bluetoothで接続をして音声が遅れるのは非常に残念ですね。しばらく使って様子を見るしかないかもしれませんね。実際に購入してみないと音質が分からないのは、スピーカーの不安要素の1つです。

すごく、大きいです(サイズ) だからこその余裕のある音を届けてくれます 言うまでもなく、セリフやヴォーカルは効果音、演奏に紛れずハッキリと聴けるようになります

出典:https://www.amazon.co.jp

センタースピーカーの不要論なんて言葉もありますが、実際に試して満足のいく効果が表れるのであれば、センタースピーカーってすごい必要なんだと実感しますよね。

サウンドは満足! 映画、TVではセリフがハッキリ、 CDやiPodでもフロントスピーカーに加えて臨場感増しました!

出典:https://www.amazon.co.jp

自分が満足いくスピーカーに出会えるのは、すごく嬉しいことですよね。スピーカーは組み合わせ次第で、音質がさらに向上するので色々と試すのもいいです。

これまでは2.1chでAmazonビデオの鑑賞をしてましたが、システムを新しく買い換えたついでにセンタースピーカーを購入。結果は最強! 当然のように台詞が明瞭になるし、一番違いを感じるのはフロントスピーカーやリアスピーカーからこれまで明瞭に聞き取れなかった音が降ってくる感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

センタースピーカーを使って感じるのは、聴き取れなかった音を明瞭に聞き取れるようになる部分です。テレビに付属しているスピーカーでは、小さい声が聞き取りにくいので映像に没入するのは難しいことがあります。映画や音楽を楽しむには、センタースピーカーは必需品といってもいいでしょう。

今すぐ見る!センタースピーカーのおすすめ15選

さまざまな種類・メーカーがあるセンタースピーカー。実際に購入を検討している場合に、どのメーカーを選べばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。ここではスピーカーの世界において、代表的なブランドを紹介いたします。ぜひ検討の材料にして頂ければと存じます。

 

  1. 北欧の有名ブランドのダリ(DALI)
  2. デザイン性も優れたヤマハ(YAMAHA)
  3. 臨場感ある音を楽しめるオンキヨー(ONKYO)

北欧の有名ブランドのダリ(DALI)

ダリは北欧を代表する高級スピーカーブランドです。ダリは1983年、ピーター・リンドルフによりデンマークで創業されました。高級家具のような高品位な外観と、厳選されたパーツの性能を最大限に発揮された高い技術力は世界中のスピーカーファンから定評があります。

 

欧米ではエントリーモデルからハイエンドスピーカーまで幅広いモデルと揃えているとして高い地位を築いているダリ。何といっても、原音に近い繊細な音を楽しめるのが大きな特徴の1つです。

 

また、ドライバーユニットとネットワーク回路がしっかりとマッチングするように開発され、サウンド伝送時の音質劣化が低く抑えられています。さらに、インピーダンス特性がフラットでアンプに優しい設計であるところも大きなポイントです。

今すぐダリのおすすめセンタースピーカーを見る

デザイン性も優れたヤマハ(YAMAHA)

ヤマハは静岡県浜松市に拠点を置く、1887年創業の楽器・音響機器メーカーです。楽器のトップブランドとして世界中にファンがおり、ギターやドラム、ピアノなど幅広い製品を取り扱っています。中でもピアノ製造は世界首位のシェアを持っていることでも有名です。

 

ヤマハのセンタースピーカーは、音楽表現に強いのが特徴で楽器やボーカルがハッキリと聴き取れることで定評があります。中級機以上のモデルはハイレゾにも対応していることが多いので、高音質に強いこだわりがある方に人気です

 

ヤマハのセンタースピーカーは高品位でデザイン面も評判が高く、同社のグランドピアノと同じ黒鏡面ピアノフィニッシュが施されています。

今すぐヤマハのおすすめセンタースピーカーを見る

臨場感ある音を楽しめるオンキヨー(ONKYO)

大阪中央区に本社を構えるオンキヨー。1946年創業の音響機器メーカーで、スピーカーやアンプなどの音響機器以外に、ホームシアターシステムやポータブルプレイヤーなどの幅広いジャンルの製品を販売しています。オンキヨーのセンタースピーカーは、ホームシアターシステムの一部として製造しているのが大きな特徴の1つです。

 

オンキヨーのスピーカーを追加することにより、ホームシアターシステムの構築も可能なので、段階的に音質を向上することができるのも評判が高い理由の1つと言えるでしょう。今後、シアターサウンドを導入して、臨場感あふれる音質を楽しみたい方にぴったりのメーカーです。

今すぐONKYOのおすすめセンタースピーカーを見る

センタースピーカーは価格や種類サイズなどピンからキリまであります。しかし失敗をして使わなくなると、粗大ごみのようになってしまうケースは少なくありません。ここではセンタースピーカーの選び方と気を付けるべき要点も含めて紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

 

  1. サイズは置き場所を考えて
  2. 色や材質も重要!
  3. スピーカーユニットの数で選ぶ
  4. アンプに接続するならインピーダンスをチェック
  5. 出力音圧レベルをチェック
  6. 設置目的に適した商品かは口コミをチェック

サイズは置き場所を考えて

センタースピーカーを選ぶ時はサイズに注意が必要です。テレビの横幅よりもスピーカー本体の横幅の方が大きくなると、正面中央の音が強調されて左右スピーカーの音がハッキリと聴き取れなくなります。テレビの横幅よりコンパクトなタイプを選ぶといいでしょう。

 

また、置き場所のことを考えて選ぶのも重要。センタースピーカーは、テレビの中央下やテレビ台のスペースに置くのが一般的です。サイズが大きいと画面の一部が重なり映画の字幕が見えにくかったり、テレビ台に収納ができなかったりします。事前にテレビ台の収納幅やスピーカーサイズを把握して購入をしましょう。

色や材質も重要!

センタースピーカー選びでは色や材質も考えましょう。テレビ画面の下に置くスピーカーは、テレビ視聴中も目に付きやすいです。あまりにも派手な色合いや、光沢が際立つ素材のスピーカーだと折角の映画に集中できない可能性もあります。

 

映画やドラマを集中して見たいときは、木目模様や黒色・茶色など落ち着いた色合いの光沢目立ちにくいデザインの機種を選ぶのがおすすめです。単純に好きなデザインで選ぶのもいいですが、購入後に後悔しないように注意しましょう。

スピーカーユニットの数で選ぶ

スピーカーユニットは音の信号を振動させるパーツのことです。スピーカーユニットの形や大きさによって、再生する音域が異なりますよ。このスピーカーユニットの組み合わせ方によって、音質も変わります。ここでは、スピーカーユニットの数で選ぶ方法を紹介します。

フルレンジスピーカーは手に取りやすい

フルレンジスピーカーは1つのユニットから音を出力させるシンプルなスピーカーです。低中高音域まで同じスピーカーで出します。これが複数付いている場合がありますが、同じ種類であればフルレンジスピーカーです。

 

低音・中音・高音を1つのユニットで再現するため、音域が狭いデメリットがあります。しかし、手頃な価格が多いのでビギナーがお試し感覚で使うには非常におすすめです。

 

今後スピーカーをフルセットで購入しようと考えているのであれば、フルレンジスピーカーではなく次に紹介する2WAYや3WAYタイプを検討しましょう。

バランスのいい2WAYスピーカー

2WAYスピーカーは中音域と高音域の2種類を別々にカバーするスピーカーユニットです。センタースピーカーを含むオーディオスピーカーは2WAYタイプを採用しています。バランスのいい音響効果を楽しめるので単体使用したい場合にもおすすめです。

 

2WAYスピーカーは中音域を補強するスピーカーと、高音域を補強するツイーターが搭載されています。映画やドラマ、ゲームなどにある小さなセリフやボーカルメインの曲で高音表現も明瞭に聴き取れるようになりますよ。映画やドラマ、音楽やゲームなど多くの環境で満足することができるでしょう。

高音質な3WAYスピーカー

3WAYスピーカーは、低音域・中音域・高音域をそれぞれ別々に出力可能なスピーカーユニットで構成されているタイプそれぞれのユニットが専門の音域を受け持っているので、低音域から高音域まで質が高いサウンドを響かせることが可能です。

 

何と言っても重低音をよく強調することができて、ベースやドラムなどの重低音や映画の爆発シーンの音が大迫力で表現されるので、高い没入感で映画や音楽の世界に入り込むことができます。

 

他のスピーカーユニットと比べると価格は高めですが、ハイクオリティなサウンドが表現できるので、臨場感や高音質にこだわりたい本格派には非常におすすめなタイプです。

アンプに接続するならインピーダンスをチェック

インピーダンスとは電気抵抗値のことで、「Ω」の単位で表します。アンプとスピーカーを接続する場合はアンプのインピーダンスを確認しておき、アンプよりスピーカーの方がインピーダンスの値が高くなるものを選びましょう。

 

逆の組み合わせになるとスピーカーに負担がかかり故障の原因になることもあります。アンプについては下記の記事で詳しく解説していますよ。興味がある方はあわせてチェックしましょう。

出力音圧レベルをチェック

出力音圧レベルは、スピーカーやヘッドフォンのボリュームと聞こえやすさを表す重要な指標の1つです。音楽信号を入力したスピーカーが再生する音のレベルを示す数値はdb(デシベル)という単位で表現されますが、dbの数値が高いほど出力の能率が良くなります。

 

出力音圧レベルでスピーカーを選ぶ場合に、テレビの音声用としてなら75db以上、ホームシアター用なら85db以上を選ぶといいでしょう。この数値以下の場合は音が聞こえづらくなります。

 

ご自身が、どのような目的用途でセンタースピーカーの購入を考えているのかじっくりと検討したうえで選ぶようにしましょう。

設置目的に適した商品かは口コミをチェック

センタースピーカーは設置する目的によって、適した音質は変わります。音楽鑑賞であれば、音の通りがいいもの、映画鑑賞の場合はセリフをはっきり聴き取れることが重要です。この場合は、センタースピーカーが大きな役割と担っています

 

しかし、音質は実際に聞いてみないと判断しかねる部分も。音楽鑑賞したときのボーカルの聞こえ方や響き具合、映画鑑賞であれば小さいセリフが聞こえにくいなどのような口コミをネットショップなどから、探してみるとスピーカーも選びやすくなるでしょう。

 

いずれはホームシアターとして組み上げる予定があるのならば、全スピーカーの音質を合わせることが大切。メーカーを統一すれば音質も合うことが多いので、同一の音響メーカーの商品から選ぶのがおすすめです。

人気のおすすめセンタースピーカーを15選紹介します。気になるメーカーや好みのメーカーがある方は下のリンクをクリックして確認しましょう。

 

  1. DALI
  2. YAMAHA
  3. ONKYO
  4. JBL
  5. DENON
  6. その他の人気メーカー

DALI

ここでは北欧を代表するスピーカーブランドである「DALI(ダリ)」のセンタースピーカーを2選紹介いたします。

ダリ

センタースピーカー SPEKTOR VOKAL

価格:23,049円 (税込)

高級家具のような美しいフォルム

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級家具を思わせる美しいフォルムと北欧デザインが光る、高性能な2WAYタイプのセンタースピーカーです。DALIのトレードマークでもある「ウッド・ファイバー・コーン」を採用しており、コーンからの不要な振動を最小限までに抑えながら、良好な低音質を再現しています。

 

またシルクドーム・ツイーターの搭載により、中音域に近い高音域部分の音を美しく奏でてくれるのも大きな特徴です。スピーカーのスイートスポットが広く設計されているのもポイント。正面中央から離れても明瞭なサウンドが得られるので、複数人で映画を見る際にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ダリ 商品名 SPEKTOR VOKAL
外形寸法 152mm×435mm×204mm ツイーター 25mmソフトドーム
ウーハー 115mm×2 重量 5.3kg
ダリ

OBERON VOKAL

価格:47,520円 (税込)

ライブのようなサウンドをご自宅で!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質なサウンドを堪能することができる、2WAYスピーカーです。ダリを代表する「ZENSOR」の後継機がこちらの「OBERON」シリーズ。対応するスピーカーを追加することで、極上のサウンドを楽しむことができます。

 

29mm径のソフトドームツイーターと、130mm径のSMC内臓ウッド・ファイバー・コーンと搭載しています。音質はクリアで映画やライブのサウンドを響かせることができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ダリ 商品名 OBERON VOKAL
外形寸法 52 x 36.5 x 25.5 cm ツイーター 29mm
ウーハー 130mm×2 重量 8.5 Kg

YAMAHA

ここでは世界で大人気の国産メーカーヤマハが誇るセンタースピーカーをおすすめ2選紹介いたします。独創的なデザインが多くインテリアとしても人気が高いです。また音質のレベルも非常に高いので、世界中のスピーカーマニアを魅了し続けています

ヤマハ(YAMAHA)

スピーカーシステム NS-C700BP

価格:37,880円 (税込)

セリフや歌声を忠実に再現

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャビネット内部の平行面を少なくするとともに、伝統的な「曲げ練り」の技法を用いて天面をラウンドフォルムに仕上げた、スタイリッシュで個性的な外観デザインを採用。これにより、キャビネット内部の定在波やキャビネット表面の回折現象を抑えた、クリアな再生音を実現しています。また、ヤマハのグランドピアノと同等の黒鏡面ピアノフィニッシュを採用しました。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ヤマハ(YAMAHA) 商品名 NS-C700
外形寸法 500x170x170 mm ツイーター 3cmアルミドーム型
ウーハー 13cmコーン型x2 重量 7.0kg
ヤマハ

NS-C210

価格:2,510円 (税込)

音質・コスパが高いおすすめの1台

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤマハが製造販売するコスパ抜群のセンタースピーカーです。エントリーモデルにも関わらず、ツインドライブ構成のアルミコーン型ウーファーを搭載しています。バランスドーム型のツイーターも搭載しており、ワイドレンジ再生にも対応していますよ。これからセンタースピーカーを購入したいと検討中の方にもおすすめできるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ヤマハ 商品名 NS-C210
外形寸法 34 x 13.2 x 10.5 cm ツイーター 2.2cmバランスドーム型
ウーハー 8cmコーン型 重量 2.0kg
ヤマハ(YAMAHA)

センタースピーカー NS-C500

価格:26,486円 (税込)

黒鏡面ピアノフィニッシュを施した美しいスピーカー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ再生にも対応する、2WAYタイプのスタイリッシュなセンタースピーカーです。音の歪みを抑えることでクリアな再生音を実現しています。高性能ユニット群の性格を十分に生かせる構造となっているので、音の響きと静けさをしっかりコントロールしてくれます。またボーカル帯域は、豊かでバランスの良い中音域と高音域を表現しているので、音楽鑑賞にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ヤマハ 商品名 NS-C500
外形寸法 44.8 x 16.4 x 15.2 cm ツイーター 3cm
ウーハー 12cm 重量 4.7 Kg

ONKYO

ここでは大阪に本社を構えるメーカーONKYO(オンキヨー)のセンタースピーカーを3選紹介いたします。

オンキヨー(Onkyo)

センタースピーカーシステム D-109XC

価格:15,800円 (税込)

上位機種も驚きの高音質

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なシアターサウンドを凝縮した、2WAYタイプのセンタースピーカーです。オンキヨー独自の「N-OMFコーン・ウーファー」をサイズダウンして搭載しています。価格がリーズナブルで、上位機種にも負けない音質と臨場感で映画や音楽を楽しめます。ツイーターには評判の高いバランスドーム型振動板を採用しています。可聴領域も80khzという超高音域まで再生可能なので、ライブ感のある音楽を楽しむことができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ONKYO 商品名 D-109XC
外形寸法 12.8 x 27.5 x 10.2 cm ツイーター 2cmバランスドーム
ウーハー 8cm N-OMFコーン×2 重量 4.6kg
オンキヨー(Onkyo)

センタースピーカーシステムD-309XC

価格:27,000円 (税込)

臨場感豊かな低音サウンド

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なサウンドを楽しむことができる、2WAYタイプのセンタースピーカーです。ウーファーユニットにはオンキヨーが開発した「N-OMF振動板」を搭載しているので、ノイズを軽減してクッキリとした低音再生を表現しているのが特徴。最先端技術による「リングツイーター」を搭載しているところもポイントです。同シリーズのスピーカーやウーハーを追加すると素晴らしく豊かな臨場感を楽しむことができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ONKYO 商品名 D-309XC
外形寸法 15.4 x 41.8 x 14.3 cm ツイーター 3cmリング
ウーハー 10cm N-OMFコーン×2 重量 4.7kg
オンキヨー(Onkyo)

センタースピーカーシステム D-11C

価格:16,800円 (税込)

全体的なバランスが素晴らしい1台

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽のボーカルや映画のセリフがはっきりと聴き取れる、2WAYタイプのセンタースピーカー。ツイーター振動板にはリアルなセリフやヴォーカルの再現力が素晴らしいと評判が高いです。同メーカーのフロントサラウンドシステム「HTX-11」を別途追加すると、5.1chサラウンドも対応できます。8cm口径のA-OMFコーンウーファーやドーム型のツイーターも採用しているので、低音域から高音域までバランスよく表現することが可能です。

 

扱説明書はこちら

メーカー ONKYO 商品名 D-11C
外形寸法 27.3 x 10.3 x 10.1 cm ツイーター 2cm バランスドームツィーター
ウーハー 8cm A-OMFコーンウーファー 2個 重量 1.2kg

JBL

JBL

STAGE A125C

価格:20,574円 (税込)

躍動感あふれるサウンドクオリティ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JBL Stageは、自宅のリビングでライブコンサートそのままの興奮を味わうことができる先進のホームステレオ/ホームシアタースピーカーシステムです。ハイデフィニションWaveguideサウンドデザインの25mmアルミドーム型ツイーターと、奥行きのあるJBL独自の低音域を生み出す203mmウーファーが、高音域から低音域までの音楽情報を再現。ピュアなサウンドを作り上げます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー JBL 商品名 STAGE A125C
外形寸法 469x190x240 mm ツイーター 2.5cmアルミドーム型
ウーハー 2ウェイ・デュアル 13.3cm 重量 7.95kg
JBL

STUDIO 625C

価格:44,214円 (税込)

鮮明かつ詳細にサウンドを再現

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホームステレオやホームシアターにもライブコンサートや映画館のような性格なサウンドを求める方におすすめのセンタースピーカー。モダンですっきりしたデザインになっていて、スタイリッシュなだけでなく設置も簡単です。鮮明かつ詳細にサウンドを表現するコンプレッションドライバーを採用しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー JBL 商品名 STUDIO 625C
外形寸法 440 × 190 × 190mm ツイーター -
ウーハー 133㎜ PolyPlasウーファー x 2 重量 8.6 kg
JBL

Bar Studio

価格:17,500円 (税込)

センタースピーカーとして使えるサウンドバー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JBLサラウンドサウンドで、映画を臨場感のある音で見ることができます。追加のケーブルやスピーカーは必要ありません。また、お使いのどのモバイルデバイスからでもBluetoothを利用したワイヤレスで、すべての音楽を再生することができます。また、主要なメーカーのテレビリモコンに対応しているので、お手持ちのリモコンで操作できるのもうれしいポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー JBL 商品名 Bar Studio
外形寸法 614 x 58 x 86 (mm) ツイーター 38mm径 × 2
ウーハー 50mm径 × 2 重量 1.4kg

DENON

デノン(Denon)

センタースピーカー SC-C37M

価格:13,109円 (税込)

クリアでありながら迫力のあるサウンドを実現

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピアノブラック・フィニッシュと天然木突き板セミグロス・フィニッシュの2色をラインアップしたミドルクラススピーカーシステムです。ウーハーユニットには広帯域にわたり正確なピストンモーションを実現するD.D.L.(Denon Double Layer)コーン・ユニットを搭載。

 

さらに、ダブルウーハー搭載モデルには互いのエッジの向きを逆向きに装着することでスピーカー駆動時に発生する高調波歪を打ち消すP.P.D.D. 方式を採用し、クリアでありながら迫力のあるサウンドを実現します。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー デノン(Denon) 商品名 SC-C37
外形寸法 320x100x178 mm ツイーター 2cmソフトドーム形
ウーハー 8cmコーン形 x 2 重量 2.5 kg
DENON

センタースピーカー SC-C17

価格:8,400円 (税込)

高品位のピアノブラック・フィニッシュでお部屋がオシャレに

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格にも関わらずハイレゾ再生に対応する、2WAYタイプスピーカーです。リーズナブルなエントリーモデルにも関わらず、CDではカバー出来ない高音域や細やかな音をしっかり再現できるので、高品質な音楽鑑賞を楽しむことができますまた、「ソフトドームツイーター」と「D.D.L.コーン・ウーハーユニット」を搭載しているので、中音域は艶があり、広い音域も正確に再現することが可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー DENON 商品名 SC-C17
外形寸法 13 x 25 x 7.5 cm ツイーター 2cmソフトドーム形
ウーハー 5.7cmコーン形 x 2 重量 1.4 kg

その他のメーカー

上記で紹介したメーカー以外の大人気のスピーカーブランドもぜひ参考にしてください。スピーカーを販売しているメーカーは非常に多くあり、有名メーカーが全て高額とは言い切れません。また、価格が安くても素晴らしい音質のモデルもありますよ。

ソニー

センタースピーカー SS-CS8

価格:10,450円 (税込)

ありのままの音楽表現を楽しめる

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

癖のない高品質な音質が楽しめる2WAYスピーカーがこちら。振動板に独自素材の「MRC」を採用した100mm径ウーファーユニットを搭載しています。滑らかな中音域とクリアで力強い低音域を表現することが可能です。25mm径ソフトドームツイーターは、ディフラクションの影響が軽減されているのも特徴で、会話音も濁りなく再生でき、映画やドラマのセリフを聴き取ることができます。

 

スペック詳細はこちら

取り扱い説明書はこちら

メーカー ソニー 商品名 SS-CS8
外形寸法 22 x 43 x 14.6 cm ツイーター 25mmソフトドームトゥイーター
ウーハー 100mm 重量 5.8 kg
Pioneer

センタースピーカー Theater SP-C22

価格:21,036円 (税込)

映画館並みの立体音響が楽しめる

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

好きな映画を本格的なサウンドで楽しんで鑑賞したい方におすすめの、2WAYタイプセンタースピーカーです。ホームシアターの本場でもあるアメリカで映画ファンのために開発されたTheater Blackシリーズ。パワフルな音響効果で映画鑑賞を楽しめるでしょう。暗くした室内に溶け込むマットブラックのキャビネット仕様は、映像から光の反射を抑えられるので映画以外にドラマにも最適といえます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Pioneer 商品名 SP-C22
外形寸法 21.5 x 46 x 18.1 cm ツイーター 2.5cm高効率ソフトドーム型
ウーハー 10cm×2 重量 6kg

センタースピーカーの比較表一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:5117033の画像

    ダリ

  • アイテムID:5117052の画像

    ダリ

  • アイテムID:5725473の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • アイテムID:5117081の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • アイテムID:5117100の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • アイテムID:5117107の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • アイテムID:5117615の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • アイテムID:5117619の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • アイテムID:5725476の画像

    JBL

  • アイテムID:5725488の画像

    JBL

  • アイテムID:5725511の画像

    JBL

  • アイテムID:5725520の画像

    デノン(Denon)

  • アイテムID:5117633の画像

    DENON

  • アイテムID:5117630の画像

    ソニー

  • アイテムID:5117648の画像

    Pioneer

  • 商品名
  • センタースピーカー SPEKTOR VOKAL
  • OBERON VOKAL
  • スピーカーシステム NS-C700BP
  • スピーカーシステム NS-C210B
  • センタースピーカー NS-C500
  • センタースピーカーシステム D-109XC
  • センタースピーカーシステムD-309XC
  • センタースピーカーシステム D-11C
  • STAGE A125C
  • STUDIO 625C
  • Bar Studio
  • センタースピーカー SC-C37M
  • センタースピーカー SC-C17
  • センタースピーカー SS-CS8
  • センタースピーカー Theater SP-C22
  • 特徴
  • 高級家具のような美しいフォルム
  • ライブのようなサウンドをご自宅で!
  • セリフや歌声を忠実に再現
  • 音質・コスパが高いおすすめの1台
  • 黒鏡面ピアノフィニッシュを施した美しいスピーカー
  • 上位機種も驚きの高音質
  • 臨場感豊かな低音サウンド
  • 全体的なバランスが素晴らしい1台
  • 躍動感あふれるサウンドクオリティ
  • 鮮明かつ詳細にサウンドを再現
  • センタースピーカーとして使えるサウンドバー
  • クリアでありながら迫力のあるサウンドを実現
  • 高品位のピアノブラック・フィニッシュでお部屋がオシャレに
  • ありのままの音楽表現を楽しめる
  • 映画館並みの立体音響が楽しめる
  • 価格
  • 23049円(税込)
  • 47520円(税込)
  • 37880円(税込)
  • 2791円(税込)
  • 26486円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 27000円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 20574円(税込)
  • 44214円(税込)
  • 17500円(税込)
  • 13109円(税込)
  • 8400円(税込)
  • 10450円(税込)
  • 21036円(税込)
  • メーカー
  • ダリ
  • ダリ
  • ヤマハ(YAMAHA)
  • ヤマハ
  • ヤマハ
  • ONKYO
  • ONKYO
  • ONKYO
  • JBL
  • JBL
  • JBL
  • デノン(Denon)
  • DENON
  • ソニー
  • Pioneer
  • 商品名
  • SPEKTOR VOKAL
  • OBERON VOKAL
  • NS-C700
  • NS-C210
  • NS-C500
  • D-109XC
  • D-309XC
  • D-11C
  • STAGE A125C
  • STUDIO 625C
  • Bar Studio
  • SC-C37
  • SC-C17
  • SS-CS8
  • SP-C22
  • 外形寸法
  • 152mm×435mm×204mm
  • 52 x 36.5 x 25.5 cm
  • 500x170x170 mm
  • 34 x 13.2 x 10.5 cm
  • 44.8 x 16.4 x 15.2 cm
  • 12.8 x 27.5 x 10.2 cm
  • 15.4 x 41.8 x 14.3 cm
  • 27.3 x 10.3 x 10.1 cm
  • 469x190x240 mm
  • 440 × 190 × 190mm
  • 614 x 58 x 86 (mm)
  • 320x100x178 mm
  • 13 x 25 x 7.5 cm
  • 22 x 43 x 14.6 cm
  • 21.5 x 46 x 18.1 cm
  • ツイーター
  • 25mmソフトドーム
  • 29mm
  • 3cmアルミドーム型
  • 2.2cmバランスドーム型
  • 3cm
  • 2cmバランスドーム
  • 3cmリング
  • 2cm バランスドームツィーター
  • 2.5cmアルミドーム型
  • -
  • 38mm径 × 2
  • 2cmソフトドーム形
  • 2cmソフトドーム形
  • 25mmソフトドームトゥイーター
  • 2.5cm高効率ソフトドーム型
  • ウーハー
  • 115mm×2
  • 130mm×2
  • 13cmコーン型x2
  • 8cmコーン型
  • 12cm
  • 8cm N-OMFコーン×2
  • 10cm N-OMFコーン×2
  • 8cm A-OMFコーンウーファー 2個
  • 2ウェイ・デュアル 13.3cm
  • 133㎜ PolyPlasウーファー x 2
  • 50mm径 × 2
  • 8cmコーン形 x 2
  • 5.7cmコーン形 x 2
  • 100mm
  • 10cm×2
  • 重量
  • 5.3kg
  • 8.5 Kg
  • 7.0kg
  • 2.0kg
  • 4.7 Kg
  • 4.6kg
  • 4.7kg
  • 1.2kg
  • 7.95kg
  • 8.6 kg
  • 1.4kg
  • 2.5 kg
  • 1.4 kg
  • 5.8 kg
  • 6kg

いかがでしたでしょうか。この記事では、センタースピーカーのおすすめと選び方について詳しく紹介を致しました。センタースピーカーにはさまざまな種類があります。この記事を参考にして、ピッタリのセンタースピーカーを選んでください。

# おすすめ