ビルトイン食洗機のおすすめ10選!購入時の注意点や人気メーカーは?

ビルトイン食洗機は、家事を時短するのに便利な家電です。記事ではビルトイン食洗機の選び方のチェックポイント・海外メーカーのビルトイン食洗機の注意点・ビルトイン食洗機設置、買い替えする際のどこで比較して業者を選べばいいかも紹介しています。ビルトイン食洗機購入の際は参考にしてください。

2022/04/29 更新

「ビルトイン食洗機を使用して10年、ついに寿命がきた」「新しいビルトイン食洗機を探さなければいけないけれど、どこで買ったらいいのかわからない…」このように、ビルトイン食洗機は情報が少なく、買い替え・故障時に困る電化製品ですよね。

 

特に最初の導入はハウスメーカーにおまかせで、ビルトイン食洗機の知識がないという方が多数です。しかも、高価な買い物になる上、導入の際に工事付随するため選ぶのも大変。

 

そこで記事では、設置の疑問も交えた食洗機の選び方のチェックポイント、海外・国産メーカーの違い、人気ランキングを解説しています。ぜひ参考にしてご自宅のシステムキッチンに合った食洗機を探してください。

食洗機のメリットを改めて考えましょう。

 

  • 時短になる
  • 節水できる
  • 衛生的
  • 手荒れの防止

 

1回に食器洗いにかかる時間は20分ほど。夕食後、食器洗いにかける時間を考えたら食洗機があるのは嬉しいですね。使用水量も手洗いと比べると1/9と節水ができるのもポイントが高いです。

 

食洗機は高温で洗浄するため衛生的です。また手荒れの原因の63%は食器洗いからとパナソニックが調べています。食洗機を普段から使っているなら、食洗機のない生活は考えられません。メリットを考えたら、食洗機が欲しいという方が増えているのも納得ですね。

ビルトイン食洗機とはどういうものなのでしょうか。食洗機には大きく分けて2つの方式があるので、その違いについて説明します。

卓上型はその名の通り、机やシステムキッチンの上に置いて使うタイプの食洗機です。大がかりな工事は必要なく、自分で買って置き、ケーブル等を接続すれば使えます。また、本体も安価であることが多いです。

 

一方、机やシステムキッチンの大きな面積を専有するため料理等の他の作業の邪魔になることがあります。大型のものが置かれる圧迫感や、ケーブルが這い回るのも見た目的にはあまりよろしくありません。また、騒音もビルトインタイプに比べると目立ちます。

 

さらに、手前に扉が開くタイプが主なので、本体の奥の方に食器を入れたり出したりするのは少々面倒です。

これに対し、システムキッチンの棚の一部に組み込んでしまうのがビルトイン型です。システムキッチンの棚に組み込めるので、閉じれば非常にすっきりします。作業場所となる机やシステムキッチンの天板を占有することもありません。

 

また、しっかりと密閉されるためか騒音も据え置き型に比べると小さいです。しかしながら、個人での取り付けは難しく業者に頼んで工事をする必要があります。本体価格の高さと相まって設置にはそれなりに費用が必要です。

 

ビルトインタイプを導入するとシステムキッチンの天板はスッキリしますが、システムキッチン内部の収納スペースは食洗機に占領される分狭くなることを考慮しましょう。また、引っ越しの際も再工事が必要になります。

ビルトインタイプの食洗機を選ぶ際の注意点を紹介します。ビルトイン食洗機は幅や高さが決まっています。お使いのシステムキッチンでビルトイン食洗機が設置できるか、購入の前に調べる必要があるので注意しましょう。

一般的に国産メーカーのビルトイン食洗機の主流は幅45cmと決まっています。幅60cmのものは海外メーカーが主流です。また、食洗機が設置できるシステムキッチンは、最初から食洗機のスペースが作られています。そのスペースに合わせて食洗機を選びましょう。

 

しかし、食洗機のスペースが作られていないシステムキッチンもあります。キャビネットが単体ユニットでないと大掛かりな工事が必要になり設置費用も高額になるので注意しましょう。

海外メーカーで人気のミーレも幅45cm・60cmと取り扱いがあります。45cmタイプはラインナップが少なく主流は幅60cmモデルにになります。海外メーカーの食洗機はオーダーメードのシステムキッチンで設置されることが多いのが特徴です。

 

日本のシステムキッチンはJIS規格により高さが、80・85・90・95cmと定められています。海外メーカーでもミーレは85cmに対応していますが、お使いのキッチンの高さが80cmの場合は入りません。

ビルトイン食洗機はキッチンに組み込むものなので慎重に選ぶ必要があります。ここではビルトイン食洗機の選び方について解説します。

 

最も大きな違いがあるのがドアの開き方です。ビルトイン食洗機には3つのタイプがあるのでそれぞれ解説します。

国内メーカーで多いのがドアがスライドして開くスライドオープンタイプで、本体をまるごとシステムキッチンからスライドして出します食器を出し入れする時に立ったままできるので姿勢が楽です。

 

また、国内メーカーで多い方式なので選択肢が比較的多くあります。一方、本体がまるごとスライドして出てくる構造上、どうしても庫内容量が少し小さくなります。また、食器を置くスペースは2段になっており、下から順番に詰める作業に慣れが必要です。

フロントオープンタイプは海外メーカが主流ですが、国産メーカーのリンナイからも販売されています。リンナイのフロントオープンタイプは価格も安く、国産メーカーということで人気のモデルです。フロントオープンタイプの食洗機は、ツインラックになっています。上下のカゴが独立してスライドするのが特徴。

 

食器のセットも出し入れも簡単にできます。フロントオープンタイプは本体の前面の扉を前に倒すことで開きます。フロントオープンタイプは1度に洗浄できる食器の数が多いことがメリット。大家族にはおすすめです。

最後がシステムキッチンの上部に蓋をもうけ、そこから出し入れをするトップオープンタイプのビルトイン食洗機です。このタイプの食洗機は昔は主流だったのですが、最近はほとんどのメーカーが新製品を出していないため、おそらく入手は困難です。

一度に洗うことのできる食器の数を示す容量も重要な要素の1つです。公式サイトに目安が書かれています。ただし、あくまで目安なので、大きめの食器を持っている場合はショールームなどで、きちんと入るのか試しましょう。

 

また、この容量は食器の容量なので、調理器具を合わせて洗いたいのであれば余分の場所が必要となります。なお、容量が大きくなるとシステムキッチンの占有部分が大きくなります。より多くの棚が使えなくなる点にも注意が必要です。

ビルトイン食洗機に備わっている搭載機能を紹介します。

 

搭載機能
  • 乾燥機能
  • 節水モード
  • エコモード
  • 洗剤無しコース
  • タイマー

 

乾燥機能が付いているモデルは食器を拭く手間が省けるのは嬉しいポイント。布巾を使わないことで、食洗機で洗った後の食器が清潔に保管できます。節水モードの付いたモデルなら水道料金の節約に。

 

洗剤なしコースはランニングコストを抑えられます。エコモードが付いているものだと電気代が抑えられます。搭載機能をうまく使って家計も時間も節約できるビルトイン食洗機はコスパのいいアイテムです。

次に代表的なビルトイン食洗機のメーカーとその特徴について解説します。もちろんこのほかにもメーカーはあるので、自分に合った製品を選びましょう。

パナソニックは日本で初めてビルトイン食洗機を開発した会社で、国内シェアも高いです。一度でもビルトイン食洗機の調査や見積もりをした方は、パナソニックが候補に入っていたのではないでしょうか。

 

パナソニックの特徴は、まず、節電・節水性に優れたエコナビを搭載している点です。エコナビは食器の汚れ具合、食器量、室内温度に合わせて最適な洗い方を自動的に判断する技術です。これにより必要な水の量を自動判断しその水を温めるエネルギーも節約することができます。

 

また、ドアをノックするとドアが自動で開いたり、酵素が働きやすい温度管理で洗剤の力を引き出すバイオパワー除菌があったりと、最新技術も盛りだくさんです。

コンロで有名なリンナイもビルトイン食洗機を出しています。リンナイの特徴は、まず、スライドオープンタイプだけでなくフロントオープンタイプも販売しているところです。日本ではなかなか見かけないのでフロントオープンにこだわりがある方はリンナイを選ぶのがいいかもしれません。

 

また、シャープとの協業でプラズマクラスターを搭載している機種もあり、浮遊カビ菌やニオイなどを抑制することができます。専用洗剤を使わずに重曹で汚れを分解するコースも搭載されており、人間にも自然にも優しい洗い方ができます。

ドイツのビルトイン食洗機メーカーであるミーレは根強い人気を誇っています。海外メーカーらしくフロントオープンでおしゃれな見た目は、憧れのシステムキッチンの一部にふさわしい風格を持っています。

 

ミーレには特許技術がいくつかあり、その中の1つが3Dカトラリートレイです。可倒式のピンが設置されており、それを下げることでカトラリーを収納できる仕組みになっています。また、洗浄プログラム終了後に自動的にドアが開くオートオープン乾燥も特許技術の1つです。

パナソニックはエコナビを搭載しています。洗浄モードを自動で判断するので節電・節水したい方におすすめ。洗い物に合わせてカゴを設置できるため、洗い物が増えてしまったときでも対応できます。

 

リンナイはプラズマクラスターや銀イオンカートリッジを搭載しているため、カビ菌やニオイを抑制し、お手入れの手間を軽減できるのが魅力。また、ドアタイプも選べるので見た目もこだわりたい方もおすすめです。

 

どちらのメーカーも洗浄機能・除菌力共に引けを取らない性能を兼ね備えているので迷ってしまう方も多いです。各ご家庭の状況も併せて最適な食洗機を選んで、少しでも家事の負担を軽減していきましょう。

1位
パナソニック

NP-45MD8S

価格:104,980円 (税込)

エコナビで省エネ!ディープタイプの大容量食洗器

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はパナソニックのM8シリーズ、ビルトイン食洗機です。バイオパワーを採用しているので、除菌効果は99%以上。手洗いでもなかなか落ちない汚れも持ちます。1番の特長は「エコナビ」を搭載していること。自動センサーで食器の汚れ具合を検知し、すすぎの回数をセーブして節水してくれます。節電にもつながるので、省エネ運転をしてくれるのは毎日使いに嬉しいポイント。

乾燥モードもあるので、手洗いにこだわりたい食器やキッチン用具の乾燥機としても使用することができます。ディープタイプなので背の高いものもラクラク収納。また、6人分の食器を1度に洗えるので、家族の多い方におすすめの商品です。
食器容量【人】
6 人分
標準総使用水量【L】
9L
運転コース
標準強力スピーディ予約乾燥節電
最大消費電力【W】
675W
2位
パナソニック

NP-45MS8S

エコナビ搭載で節水!6つのコースで食器をキレイに洗う

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

室温センサー・食器量センサー・汚れセンサーと3つのセンサーの連携による12パターンの細かいセンシングで、状況に最も適した運転制御を実現するエコナビ搭載。節水と省エネを自動最適化する食洗機です。食後すぐに食器を洗う標準コースや食後数時間経ってしまった時や油汚れの多い時用の強力コースの他に、スピィーディー・節電など、食器の汚れ方に合わせて6つのコースを選ぶことができます。

手洗いと比べて節水ができる上、家事の効率も上がるので忙しい方におすすめ。食器のみなら約40点、5人分まで洗うことができるので家族の多い家庭での使用に最適です。
食器容量【人】
5 人分
標準総使用水量【L】
9L
運転コース
標準強力スピーディ予約乾燥節電
最大消費電力【W】
675W
3位
パナソニック

NP-45MC6T

価格:95,700円 (税込)

ファミリーに最適◎調理器具もセットできる大容量食器洗い乾燥機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量ディープタイプのビルトイン食器洗い乾燥機です。庫内容量60Lと、同社ミドルタイプの1.5倍の容量。フライパンやお鍋のような大きめの調理器具でもセット可能です。食器点数44点・約6人分の食器に対応し、ファミリーに最適な仕様。プラネットアーム洗浄搭載で節水に効果的なのも嬉しいポイントです。

「キッチンカウンターの奥行き60cm以上」「現在の食洗機の幅が45cm」「現在の食洗機はキッチンカウンター下の設置」、以上の条件に合えば、当商品への買換えが可能です。多くのシステムキッチンに対応可能な仕様になっているため、買い替えをご検討中の方には詳細をチェックしていただきたい商品です!
食器容量【人】
6 人分
標準総使用水量【L】
9L
運転コース
標準強力スピーディ予約節電乾燥
最大消費電力【W】
875 W
4位
パナソニック

NP-45MD9S

価格:105,000円 (税込)

ストリーム除菌洗浄で洗うながら食器の除菌ができる!

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約6人分の容量で、食器なら48点洗うことができます。6つのコース搭載で、低温・標準・強力・スピーディ・予約・乾燥から最適なコースを選べます。ストリーム除菌洗浄は手洗いでは難しい50℃以上の高い水温と高圧水流により、食器をしっかり洗い上げながら除菌します。状況に最も適した運転制御を実現するエコナビは室温センサー・食器量センサー・汚れセンサーと3つのセンサーの連携による12パターンの細かいセンシングで手洗いよりも節水します。

6人分の食器が洗えるので家族での使用や、まとめ洗いにも最適。除菌もできるので、食器を清潔に洗いたいという方におすすめです。
食器容量【人】
6 人分
標準総使用水量【L】
9L
運転コース
標準強力スピーディ予約乾燥低温
最大消費電力【W】
675W
5位
三菱

EW-45R2S

価格:49,780円 (税込)

洗浄力・抗菌力抜群!静音設計にも優れたビルトイン食器洗い乾燥機

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗浄と乾燥のW抗菌で普段使いの食器をいつもきれいに衛生的に保ってくれるビルトイン食器洗い乾燥機です。ターボ噴射を採用しているので、ごはん茶碗・カレーがついたお皿・ひき肉をこねたボウルなどガンコな汚れもスッキリ

カラーナビ食器かごを採用。食器の種類ごとに入れる位置が分かれているので、スムーズにセットしたい方にピッタリ。約5人分の量をセットできるため、ファミリータイプをお求めの方におすすめです。また、静音設計によりいつでも気兼ねなく使えます。夜間使用したい方や、小さいお子様がいるご家庭にも最適です。
食器容量【人】
5 人分
標準総使用水量【L】
10L
運転コース
4コース(4〜5人・1〜3人・念入り・乾燥)
最大消費電力【W】
527W
6位
リンナイ

RKW-404A-SV

価格:63,800円 (税込)

食器をセットしやすい!引き出し式のビルトイン食洗機

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食器をセットしやすい設計のビルトイン食洗機です。庫内容量は41Lで食器約37点を収納できるファミリータイプとなっています。食器かごは引き出し式で、下かごには食器をセットしやすくする誘導ポジションサインを設置。また食器を固定するピンの長さを短くしたことで、食器の出し入れをストレスなくできるようにしました。

食器の出し入れをできるだけ簡単に行いたい方に特におすすめの1台です。また操作ボタンについては引き出しドアの上部にまとめて設置されているため、腰をかがめることなくラクに操作できます。キッチンの雰囲気をワンランク引き上げるスタイリッシュなデザインもポイントです。
食器容量【人】
5 人分
標準総使用水量【L】
10L
運転コース
標準念入り乾燥
最大消費電力【W】
865W
7位
パナソニック

NP-45VS9S

価格:91,800円 (税込)

ハイスタンダードモデル!ミドルタイプのビルトイン食器洗い乾燥機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2021年4月発売のビルトイン食器洗い乾燥機です。ストリーム除菌洗浄を搭載し、全コースの洗い・すすぎの工程で高温・高圧の水流で洗浄すると同時に、食器の除菌も可能。2種類のノズルから出る2種類の水流で汚れを落とすプラネットアームを採用し、高い洗浄力を備えています。

庫内容量40L・食器点数40点と、約5人分の食器に対応したミドルタイプの当商品は、ディープタイプほどの容量は必要でないというファミリーにぴったりです。また夫婦お2人暮らしであっても、品数を多く揃えた夕飯の後などに大活躍します。食器の後片付けに割かれる時間を省いて、くつろぎタイムを増やすことができますよ!
食器容量【人】
5 人分
標準総使用水量【L】
9L
運転コース
標準強力予約低温少量乾燥
最大消費電力【W】
675W
8位
三菱

EW-45L1SM

価格:86,609円 (税込)

食器の後片付けから解放!ファミリータイプの食器洗い乾燥機

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食器点数40点、約5人分のファミリータイプのビルトイン食器洗い乾燥機です。 シャワーミストで汚れをふやかし浮かす、プレ洗浄機能を搭載。さらに角度や方向が変わるターボ噴射で偏りなく洗浄します。除菌洗浄と除菌乾燥で、食器を清潔に保つことが可能です。また軽い力で簡単に引き出せるラクドアを採用し、主婦にやさしい設計となっています。

「毎日ご家族分の食器洗いがたいへん!」という主婦のみなさんにぴったりです。当商品を利用すれば、ごちそうさまの後、食器をセッティングするだけ。あとは乾燥まで自動で済ませてくれます。あいた時間は家族と一緒に、団らんを楽しめますよ!
食器容量【人】
5 人分
標準総使用水量【L】
10L
運転コース
5コース(標準エコあり・標準エコなし・念入り・低温・乾燥)
最大消費電力【W】
838W
9位
パナソニック

NP-45KD8A

価格:205,480円 (税込)

ファミリータイプの大容量・ビルトイン食器洗い乾燥機

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食器点数44点・庫内容積60Lと容量の大きなディープタイプの食器洗い乾燥機です。約6人分の食器に対応しておりファミリーでの利用にも十分なスペックです。たくさんの食器をセッティングして重くなった食洗機も、軽く2回ノックすればフルオープン。主婦にやさしい設計です。センターノズルのついた3Dプラネットアームとバイオパワー除菌により、強力な洗浄力を実現しています。

当商品は同社ミドルタイプよりも庫内容積が1.5倍あり、鍋やフライパンといった調理器具を庫内に納めることができます。そのためファミリーはもちろんのこと、調理器具も食洗機に任せてしまいたい夫婦お2人の世帯にもおすすめです!
食器容量【人】
6 人分
標準総使用水量【L】
9L
運転コース
標準強力スピーディ予約乾燥節電
最大消費電力【W】
675W
10位
パナソニック

NP-45VS7S

価格:82,500円 (税込)

先進の洗浄力と使いやすさを追求したビルトイン食洗機

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は先進の洗浄力と使いやすさを追求したハイクオリティ仕様のビルトイン食洗機です。プラットアーム洗浄とバイオパワー除菌の効果で洗浄性がさらに進化しました。洗浄酵素が最も活性化する温度まで洗浄液をヒーターで過熱、噴射して油脂や茶渋などの頑固な汚れをしっかりときれいに洗い流します。

また、上カゴが左右にスライドするムービングラックで食器のセット性も向上!3つの突起で食器をホールドするマルチピンもつき、お椀やボールもラクにセットでき使いやすさもアップしています。約6人分の食器類(44点)一気に洗うことができるので、大家族の食器洗いにおすすめです。
食器容量【人】
5 人分
標準総使用水量【L】
8L
運転コース
標準強力予約節電少量乾燥
最大消費電力【W】
675W

ビルトイン食洗機の世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
パナソニック
パナソニック
パナソニック
パナソニック
三菱
リンナイ
パナソニック
三菱
パナソニック
パナソニック
商品名
NP-45MD8S
NP-45MS8S
NP-45MC6T
NP-45MD9S
EW-45R2S
RKW-404A-SV
NP-45VS9S
EW-45L1SM
NP-45KD8A
NP-45VS7S
説明
エコナビで省エネ!ディープタイプの大容量食洗器
エコナビ搭載で節水!6つのコースで食器をキレイに洗う
ファミリーに最適◎調理器具もセットできる大容量食器洗い乾燥機
ストリーム除菌洗浄で洗うながら食器の除菌ができる!
洗浄力・抗菌力抜群!静音設計にも優れたビルトイン食器洗い乾燥機
食器をセットしやすい!引き出し式のビルトイン食洗機
ハイスタンダードモデル!ミドルタイプのビルトイン食器洗い乾燥機
食器の後片付けから解放!ファミリータイプの食器洗い乾燥機
ファミリータイプの大容量・ビルトイン食器洗い乾燥機
先進の洗浄力と使いやすさを追求したビルトイン食洗機
価格 104,980円 (税込) 95,700円 (税込) 105,000円 (税込) 49,780円 (税込) 63,800円 (税込) 91,800円 (税込) 86,609円 (税込) 205,480円 (税込) 82,500円 (税込)
リンク
食器容量【人】
6 人分
5 人分
6 人分
6 人分
5 人分
5 人分
5 人分
5 人分
6 人分
5 人分
標準総使用水量【L】
9L
9L
9L
9L
10L
10L
9L
10L
9L
8L
運転コース
標準強力スピーディ予約乾燥節電
標準強力スピーディ予約乾燥節電
標準強力スピーディ予約節電乾燥
標準強力スピーディ予約乾燥低温
4コース(4〜5人・1〜3人・念入り・乾燥)
標準念入り乾燥
標準強力予約低温少量乾燥
5コース(標準エコあり・標準エコなし・念入り・低温・乾燥)
標準強力スピーディ予約乾燥節電
標準強力予約節電少量乾燥
最大消費電力【W】
675W
675W
875 W
675W
527W
865W
675W
838W
675W
675W
リンナイ

RSW-404LP

価格:89,560円 (税込)

洗浄力だけでなく除菌力にもこだわったビルトイン食器洗い乾燥機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はスライドオープンタイプ・ビルトインタイプの食器洗い乾燥機です。重なった食器のすき間やカトラリーの細部などのすみずみまで均等に洗浄する「タワーウォッシャー」を採用。カゴには食器をセットする位置がひと目で分かる「ポジションサイン」が印字されているのは嬉しいポイントです。

菌まで洗い流す「除菌スチーム洗浄」やカビ菌・臭いを抑える「プラズマクラスター」を搭載。ただ洗浄力が高いだけでなく食器や食洗器をさらに衛生的に保ちたい方にピッタリ。操作ボタン横の液晶画面は文字が大きく見やすいので、視力に自信のないご年配の方にもおすすめです。
食器容量【人】
5 人分
標準総使用水量【L】
10L
運転コース
標準重曹念入りスピーディ乾燥クリーンキープ庫内洗浄
最大消費電力【W】
865W

海外製のビルトイン食洗機を導入する際の注意点を紹介します。

 

注意点
  • 価格が高い
  • 設置できる業者が限られる
  • 60cmサイズはシステムキッチンが対応してない
  • 乾燥機能がない
  • 延長保証が高額
  • 10年延長保証は77,000

 

海外メーカーのビルトイン食洗機は本体価格が高い上に工事費も高くなります。設置できる業者は基本的にはオーダーキッチンメーカーです。海外メーカーでも幅45cmモデルの場合は日本のシステムキッチンでも対応してますが、幅60cmモデルはシステムキッチンが対応していません

 

食洗機を設置するために、ユニットを外したり、隙間を塞ぐキャビネット造作などの手間とお金もかかります。乾燥機能は付いていません。延長保証も77,000円と高額です。海外メーカーの導入は高額になる傾向があります。

ビルトイン食洗機の設置する場合は、設置業者を探さなければいけません。家電専門店・ホームセンター・リフォームを業者・工務店・WEBなどで探します。設置費用はそれぞれで違うため注意が必要です。

家電量販店やホームセンターでビルトイン食洗機を購入した場合は、業者指定になることが多いため、価格設定が1番わかりやすいメリットがあります。購入したビルトイン食洗機と、ご自宅のキッチン環境によっても設置価格は変わります。

 

設置費用が明確にわかることで、高額な金額を請求されることはないので安心です。しかし設置業者を自分で探せないこと、設置業者を比較できないことはデメリットですね。

ビルトイン食洗機の一般的な取り付け方法をご紹介します。

 

ビルトイン食洗機設置方法
1
  • キャビネットを外す
2
  • 脚ユニットの設置
3
  • 給排水の分岐設置
4
  • 給湯(水)管の準備
5
  • 排水管の準備
6
  • ビルトイン食洗機本体セット
7
  • 給排水管の接続
8
  • 電源コンセントへの接続
9
  • 完成

 

ビルトイン食洗機の設置工事は、専門のリフォーム業者や工務店に依頼するのが安心ですが、設置料金は業者によって変わります。納得できる業者を探すには相見積もりを取るのがポイントです。

WEBで業者を探す場合は、多くの業者はビルトイン食洗機と工事費用をセット販売しています。ビルトイン食洗機を同時に購入することで、工事費も安くなるシステムが取られています。ビルトイン食洗機をネットで購入する場合は、設置工事費込の業者を探すのが安く購入できる方法です

 

ネットで本体・工事費込みで販売されているビルトイン食洗機の価格(モデル・業者によって金額は変わります)

メーカー セット価格 保証期間
パナソニック
  • 90,000円〜
3年
リンナイ
  • 70,000円〜
3年
三菱
  • 75,000〜
3年
ミーレ
  • 400,000円〜
-
ボッシュ
  • 350,000円〜
-

(価格は税込)

 

また、ビルトイン食洗機は条件をクリアすれば後付けも可能です。

ビルトイン食洗機の寿命は約10年と言われていますが、10年も経たず寿命を迎えることもあります。ですが、日々のお手入れによって10年以上使用できることもあるようです。

 

 

長年使用していて、以前よりも洗い残りが増えたり、水漏れが発生したりなど不具合が増えたらそろそろ寿命が来たかもしれません。修理を依頼しても型落ちで部品がなかったりすることがあるようなので定期的に点検することをおすすめします。

長年使用して、不具合が増えてくると交換を考えると思います。食洗機の交換には9万〜20万程と高額な費用が必要となります。また、同じタイプか以前と違う食洗機に交換したいかにもよって費用も大きく変わってしまうので寿命年数も踏まえて検討してください。

 

 

10年程使用している場合、修理するより思い切って交換を選んだ方が費用がかからないことがあります。修理したのにまた壊れてしまって交換となると費用も時間も倍近くかかってしまうかもしれません。交換するにあたって専門業者に相談して見積もりをしてもらうことが大切です。

さまざまなメーカーが製品を出しているビルトイン食洗機ですが、一度設置すると頻繁に交換するものではありません。機能や仕様面での選び方についてはこの記事を参考に、長く快適に使えるものを選んでください。