壊れやすいエアコンは?【アイリスオーヤマ・シャープ】壊れにくいメーカーも!

エアコンは高価な家電なので、できれば壊れやすいものは避けたいものです。メーカーによって壊れやすい、壊れにくいといった違いがあるという声は多いです。そこで今回は、壊れにくいエアコンを買うために知っておきたいことを徹底解説します。平均寿命よりも長く使えるエアコンに出会ってください。

2021/10/11 更新

編集部おすすめの記事

エアコンは1度買うと、通常10年以上は買い替えない家電です。もちろんメーカーの推奨耐年数より長く使えることもありますが、壊れやすいエアコンに当たってしまうと想定よりかなり早く壊れてしまいます。

 

そのため、壊れやすいメーカーのものは避けたいという声がとても多くなっています。しかし、1度使ったことがあるメーカーでなければ壊れやすいかどうかを判断できないため、どこのメーカーがいいのか迷う方も多いでしょう。

 

そこで、今回の記事ではエアコンの壊れやすいメーカーについて解説します。大手メーカー以外のエアコンも含めて、壊れにくいかどうかを検証していきます。また、エアコンが寿命を迎える前に現れる症状についても解説するので、買い替えの目安にしてください。

買ってはいけないエアコンの特徴を解説します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

 

この3つをしっかりチェックし、壊れにくいエアコンを選びましょう。

部屋の広さに合わないエアコンを選ぶと、故障しやすくなってしまいます。エアコンに書いてある◯畳用というのは、この畳数まで使えますよというものです。つまり、その畳数を超えて使うと、常にフルパワーで稼働しなければならなくなります。

 

そのため、エアコンに負担がかかって壊れやすくなってしまいます。エアコンを選ぶ際には、価格も大事ですが必ず適用畳数を守るようにしましょう。

中古のエアコンを買うのは、壊れやすいエアコンに出会う可能性が高いのでおすすめできません。中古のエアコンは、以前使っていた人の使用状況が見えにくく使用年数以上のダメージが残っている可能性があります。例えば掃除の頻度・喫煙者の有無でダメージが変わります。

 

最悪の場合、すでに故障している可能性も否定できません。特に、個人間の売買で購入するのはリスクが大きすぎるので避けた方が無難です。

お掃除機能付きのエアコンは、故障の原因であるホコリや汚れを溜め込みやすいので注意しましょう。自動お掃除機能は、フィルターの汚れを自動でお掃除してくれるので、とても便利な機能です。しかし、ダストボックスのホコリやカビを取り除くお手入れが必要であることは変わりません。

 

お掃除機能付きのエアコンはお手入れ入らずだと認識してしまうと、汚れがたまってしまいます。また構造が複雑になっていることも、お掃除機能付きエアコンが壊れやすい原因の1つです。

エアコンを販売している有名メーカー6つの壊れやすさを検証していきます。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

 

購入を検討しているメーカーがあれば、しっかりとチェックしてください。

<シャープエアコンの不具合例>

  • 室外機のファンが回らない
  • ファンモーターの交換
  • 室外機からのガス漏れ

 

購入時の価格が安くても、壊れやすい部品があると購入をためらってしまいます。毎年新しいモデルが発売されているので、故障の有無を口コミで調べてから購入するのがおすすめです。

 

<東芝のエアコンの不具合例>

  • エアコン室外機のファンモーター故障
  • コンプレッサーの不具合
  • エアコン本体のサーミスターの不具合
  • 室外機が原因不明で止まる

 

10年程度前から修理業者の間では、これらの修理依頼が多いと言われています。多くの不具合が「原因不明」と判断されてしまうため、対応に困っているというユーザーもいます。東芝のエアコンを検討する際には、修理に関する口コミチェックを忘れないようにしましょう。

<アイリスオーヤマの不具合例>

  • ユーザーサポートに不安
  • ガス漏れ
  • 室外機からの異音

 

アイリスオーヤマはジェネリック家電の筆頭株ですが、エアコン内部は東芝のものと全く同じです。なぜなら、アイリスオーヤマのエアコンは東芝家電の親会社であるミデアグループ製だからです。こそのため、東芝製に不安がある方は選ばないことをおすすめします。

<日立エアコンの不具合例>

  • 水漏れ
  • 水飛び
  • 室外機の異音
  • 部品の破損

 

日立の白くまくんシリーズは、リコール対象になっていることから壊れやすいと言われています。リコール製品以外でも、上記の故障が多いという報告が口コミサイトで上がっています。日立のエアコンを選ぶ際には注意しましょう。

<コロナエアコンの不具合例>

  • フロントカバーの開閉部分が硬い
  • 無理に動かすと折れる

 

石油ファンヒーターで有名なコロナもエアコンを販売しています。以前と比べると不具合は減ってきていますが、それでも部品の故障報告は他メーカーよりも多いのが現実です。システム的なエラー報告は少ないですが、部品の不具合はいくつも口コミサイトで上がっています。冷房のみのエアコンのルーバーが手動であることも、故障を疑われる原因です。

大手家電量販店各社が出しているPB(プライベートブランド)も故障報告が多いとされています。

 

  • ノジマ「ELSONIC」
  • ヤマダ電機「HERB Relax」
  • ビックカメラ「TAG Label」

 

有名なのはこの3社です。どんな故障があるのかは、メーカーによって違いはありますが、まだまだ大手メーカーと比べると、時間が浅いのも事実です。大手メーカーと比較し悩んでいるのであれば、大手メーカーのエアコンがおすすめです。

壊れにくいエアコンを販売していると好評のメーカーをご紹介します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

抜群の安定感があると好評なのがPanasonicです。パナソニックはエアコンだけではなく、家電全般が壊れにくいと高評価を得ています。もちろん機能面でも魅力の多いPanasonicですが、壊れにくさが1番の魅力だという人もいます。

 

価格を基準にするとやや高めではありますが、安定して壊れにくい家電だという声が多いので、壊れにくいエアコンを求めている人におすすめのメーカーです。

世界的空調メーカーのダイキンが作るエアコンも、壊れにくいと評価が高いです。ダイキンは他メーカーのような家電メーカーではありません。空調家電に特化したメーカーなので、その技術力は群を抜いています。

 

また、エアコンの調子がいつ悪くなってもいいようにサポートセンターは24時間対応です。お部屋の換気ができるエアコンを販売していることもあり、今の時代に合っていると好評です。

富士通が販売しているノクリアシリーズは、使いやすさや壊れにくさで人気です。富士通は小さめのエアコン(6〜12畳用)の取扱いも多く、サイズを問わずに故障が少なめです。そのため、安心して使えるという方が多くいます。

 

修理依頼を受け付けているサポートセンターへもスムーズにつながるため、万が一エアコンに不具合が生じてもすぐに対応してもらえるのは魅力です。また、夏場の繁忙期でも数日で対応してくれたという声もあります。

三菱といえば霧ヶ峰シリーズが有名で、頑丈で長く使えるうえに保証期間も他社より長いのがメリットの1つです。10年経過していても修理可能なケースもあるので、買い替えが少ないとされているメーカーです。

 

また、上位モデルにはムーブアイが搭載されており、お部屋の温度をムラなく保つので快適に過ごせます。長くエアコンを使いたいなら三菱がおすすめです。

エアコンの寿命と壊れる前兆を解説します。エアコンの寿命がどのくらいなのか、壊れる前にはどんな症状が出るのかをお知らせするので、自分の家のエアコンの状態を考えながらご覧ください。

エアコンの寿命は平均で13〜14年と言われています。エアコンの耐用年数自体は10年なので、それを超えた分に関しては、使用頻度や使用環境に大きく左右されます。そのため、エアコンを20年以上使うことは不可能ではありません。

 

ただし、20年〜30年前のエアコンを使い続けるのはおすすめできません。なぜなら、今の省エネ対策がされているエアコンと比べて電気代が非常に高いからです。エアコンの寿命や買い替え時についてはこちらの記事をご覧ください。

エアコンが壊れる前兆には次の5つがあります。

 

  • エアコンの効きが悪い
  • エアコンの風が臭い
  • エアコン本体から水が漏れている
  • リモコン操作ができない
  • エアコン本体から異音がする

 

これらの異変を感じたら、修理または買い替えを検討しましょう。そのまま使い続けていると、壊れてしまって動かなくなります。エアコンが使えないと大変不便ですので、前兆が出てきた時点で症状を抑える対策が必要です。

後悔しないエアコンの選び方はこちらです。

 

  • 壊れないと評判のメーカーを選ぶ
  • コスパの良いモデルを選ぶ
  • 売れているモデルを選ぶ

 

もちろん他にも細かなポイントはたくさんあります。コスパのいいモデルと言ってもエアコンは高価な家電のため、購入後に後悔したくありません。そこで、買って後悔しないおすすめのエアコンをご紹介した記事をご覧ください。こちらの記事の中で、失敗しないエアコンの選び方やおすすめのメーカーなどをご紹介しています。

自宅で快適に過ごすためにエアコンは欠かせない家電です。高価なアイテムだからこそ、より壊れにくいものを選んでできるだけ長く使い続けたいものです。今回の記事を参考に、後悔しないエアコンに出会って快適な毎日を過ごしてください。