シャープ 8T-C60BW1 テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥35,800
SHARP(シャープ) 8T-C60BW1 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、SHARP(シャープ) 8T-C60BW1 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/07/19 更新

ランク王編集部

新エンジンMedalist Z1ですべてが8Kに

4Kの4倍の超高画質を楽しめる8K対応液晶テレビです。3300万画素の高解像度とメガコントラスト機能により、息を呑むほどの圧倒的な高画質が目の前に広がります。さらに「リッチカラーテクノロジープロ」を採用しているため、10億色の色彩を生み出せます。そのため、より豊かな色で映像を楽しむことが可能になりました。

また、視覚に入りやすい赤色を細分化することで、艶やかさや色の奥行きがリアルに再現されています。さらに、新エンジン「Medalist Z1」によりすべての映像を8Kに変換可能なためリアルな映像が感じられます。シャープの映像テクノロジーが詰まった8T-C60BW1は、最高峰の映像美を満喫したい方に楽しみたい方におすすめです。

8T-C60BW1の基本スペック

種類 液晶テレビ 画面サイズ【V型(インチ)】 60 V型(インチ)
パネル性能 8K 画素数(縦) 7680x4320
HDR  対応 HDR方式  HDR10HLG
LEDバックライト 直下型LEDエリア駆動 倍速機能  スキャンスピード
1V型(インチ)あたりの価格 2992 BS 4K
110度CS 4K 地上デジタル
BSデジタル 110度CSデジタル
BS 4K数 2 110度CS 4K数 2
地上デジタル数 3 BSデジタル数 3
110度CSデジタル数 3 録画機能 外付けHDD
早見再生【倍速】 1.5 倍速 Android TV
YouTube Amazonプライム・ビデオ
Netflix対応 DAZN
dTV ひかりTV
ひかりTV4K TSUTAYA TV
Hulu U-NEXT
Paravi TELASA
有線LAN 無線LAN
Bluetooth ホームネットワーク機能
DTCP-IP  HDMI端子数 5端子ARC対応
USB端子 1(USBハードディスク用)1(USBメモリー(写真/音楽/動画)用) 光デジタル音声出力端子 1
LAN端子 1 ヘッドホン出力端子
消費電力【W】 510 W 待機時消費電力【W】 1 W
リモコン(音声操作) スマートスピーカー連携 Google アシスタント
幅x高さx奥行 【mm】 1356x871x290 mm 重量 【kg】 36.5 kg
省エネ評価 ★★ 年間消費電力量【kWh】 290 kWh
年間電気代【円】 7830 円

8T-C60BW1のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

シャープ 8T-C60BW1の基本スペック

シャープ

8T-C60BW1

価格:35,800円 (税込)

新エンジンMedalist Z1ですべてが8Kに

amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kの4倍の超高画質を楽しめる8K対応液晶テレビです。3300万画素の高解像度とメガコントラスト機能により、息を呑むほどの圧倒的な高画質が目の前に広がります。さらに「リッチカラーテクノロジープロ」を採用しているため、10億色の色彩を生み出せます。そのため、より豊かな色で映像を楽しむことが可能になりました。

また、視覚に入りやすい赤色を細分化することで、艶やかさや色の奥行きがリアルに再現されています。さらに、新エンジン「Medalist Z1」によりすべての映像を8Kに変換可能なためリアルな映像が感じられます。シャープの映像テクノロジーが詰まった8T-C60BW1は、最高峰の映像美を満喫したい方に楽しみたい方におすすめです。
メーカー SHARP(シャープ) 商品名 8T-C60BW1
画面サイズ 60型 画素数 7680×4320
画質 8K・HDR 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1356×871×290mm 重量 36.5kg
機能 VODサービス対応・Google アシスタント対応・無線LAN・Bluetooth 省エネ性能(★〜★★★★★) ★★

シャープ 8T-C60BW1のおすすめポイント

8K画像処理エンジン「Medalist Z1」搭載

8T-C60BW1には、最先端の8K画像処理エンジン「Medalist Z1」が搭載されています。フルハイビジョンの16倍、4Kの4倍の超解像度の高画質が目の前に広がります。息をのむ絶景も躍動感ある映画やスポーツも8T-C60BW1なら、よりリアルに視聴可能です。

「リッチカラーテクノロジープロ」で10億色を再現

10億色の色彩を使い分けるリッチカラーテクノロジーによって、豊かで繊細な赤色を再現できるようになりました。目に入りやすい赤色を細かく分けることで、鮮やかでツヤのある映像美を楽しめます。8T-C60BW1は、他とは違う画面の輝きを味わいたい方におすすめです。

「8Kスポーツビュー」で快適なスポーツ観戦可能

8T-C60BW1には「8Kスポーツビュー」も搭載されています。フィールドやスタンドではなく、選手にフォーカスして映し出すので、1人1人のパフォーマンスに集中できます。画面の切り替わりが多いスポーツ中継でも、ボヤケや残像感の少ない滑らかな映像を視聴可能です。

シャープ 8T-C60BW1の悪い点をレビュー

画面にバックライトの影が映る

バックライトの影は、かなり目立つものではないため、気になる方と全く気付かない方もいるかもしれません。特に立ち上げ時や単色時にバックライトの影が目立つようです。バックライトの影は絶対に避けたい方は、バックライトなしの有機ELパネルがおすすめです。

HDMI2.1端子が一系統しかない

8T-C60BW1には、HDMI2.1が搭載されています。しかし、HDMI2.1端子は入力6の1つにしか接続できません。HDMI2.1端子を複数挿せると勘違いしていると購入後に後悔してしまいます。HDMIケーブルの接続を考えている方は、事前に入力可能数を確認しましょう。

音圧が物足りない

8T-C60BW1にはワイドエリア サウンドシステムやダブルウーハー、Eilex PRISM、VIR Filterが採用されているため、音質には定評があります。しかし、スピーカーの斜傾構造によって、音圧が弱いと感じるかもしれません。

実際の口コミ

他のレビューにあるように画面全体が単色な色の場合、部分駆動用バックライトの区切りによる影で縦筋の模様が見えます。これは気になる時はめちゃ気になります。

出典:https://review.kakaku.com

 

デザインや音質ほか、機能性はとくに問題無かったのですが、画面に多数の薄暗い影のような縦筋が多数あるのを購入翌日に発見し、シャープお客様センターへ連絡。約一週間ほどシャープ担当者とやり取りし、合計三台の新品を確認した所、個体毎に多少程度に差があるものの、いずれにも薄暗い縦筋が視認できた。担当者の話しでは、直下型LEDバックライトの影だそうで、この機種の宿命らしいです。購入検討中の方はご注意ください。

出典:https://review.kakaku.com

 

まだ8Kテレビの一般普及の黎明期だからでしょうか、HDMI2.1の端子が1系統しかないのが残念です。そういえば以前使っていた東芝4Kの58Z9XもHDMI2.0初搭載で1系統しか無かったですね・・

出典:https://review.kakaku.com

 

音質は悪くはないと思いますが物足りなさは否めません。サウンドバーなどを追加すればいいと思います。DENON DHT-S216を繋いで使っていますが電源の連携も音質もバッチリです。

出典:https://review.kakaku.com

 

シャープ 8T-C60BW1の良い点をレビュー

画質がいい

新8KエンジンMedalist Z1には、アップコンバート機能が搭載されているため、2K映像も3300万画素の超高画質を楽しめます。また、リアリティ復元アップコンバート機能で失われた情報信号を復元し、映像本来の姿で視聴可能です。

コスパがいい

テレビの価格帯が下がっているとはいえ、8K対応テレビが20万を切るのはかなりお得です。しかも、画面サイズは60インチの大型なため、迫力映像を自宅で満喫できます。HDMIやUSBなどの接続端子も充実している高コスパのテレビです。

8Kチューナー非搭載の8K対応モデルでお得

8T-C60BW1は8K対応テレビで、8Kチューナーは内蔵されていません。8K放送が一般的になれば別途チューナーを接続できます。しかし、口コミにもあるように通常の2K放送も格上の高画質で視聴できるため、4K対応よりも8K対応テレビの方がお得です。

実際の口コミ

超高精細8K画面の画質は、クリアな映像でリアルな臨場感があります。2Kと4K両方で放送している番組を見較べても、4K映像は当然の如く、地デジ放送の映像も引けをとらず2Kらしからぬ驚きの高画質なのです。これはMedalist Z1という8K画像処理エンジンの貢献も大きいのでしょう。古い2K映像でも8K画面用に最適化され、不思議なほど粗さもノイズも感じない高精細映像になります。この8K画面で見る地デジ放送の画像は本当に感動を覚えるほど綺麗で、他のレビュワーの方も高く評価されている通り、それがBW1の特筆すべき魅力です。

出典:https://review.kakaku.com

 

画質はいいと思います。地デジ映像でも120%満足です。初期設定では色が濃くて明るすぎる感じがありましたが調整により疲れない程度に鮮やかで自然な映像にできました。地デジ放送でもきめ細かくて粗さのないくっきり画像が美しいです。

出典:https://review.kakaku.com

 

コスパは最高だと思います。8Kチューナーを省いた8K対応テレビという割り切りがいいです。地デジやスカパーの番組、2K4K放送を観るのに8K対応は不要だと考えるのは間違いだと実感させてくれる説得力があります。有機ELパネルもいいですが8K液晶パネルもあっぱれで、映像は一味違います。

出典:https://review.kakaku.com

 

8K対応でも8Kチューナー非搭載のモデル。一見無駄のようでも無駄じゃない。テレビは毎日使っているが地デジ放送など2K映像以外はほとんど視聴しないという人にこそお薦めしたいテレビです。50〜55インチでそこそこの画像が見られればいいと思う人も多いと思いますが、毎日見るテレビなら、このテレビを見ないのは勿体ないくらいです。地デジ放送の画面を見れば一目瞭然。2Kや4Kが限界のパネルとは2Kの映像でも写りが違いますから。8Kチューナーレスの8K対応モデルはお買い得だと思います。実際に映像を見たら納得できることでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

8T-C60BW1と8T-C60AX1の違い

シャープ(SHARP)

8T-C60AX1

価格:300,320円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

  

8T-C60AX1と8T-C60BW1の違いは、8Kチューナーの有無です。8T-C60AX1は、8Kチューナー内蔵の8Kテレビで、8T-C60BW1は8Kチューナーが内蔵されていない8K対応テレビです。

 

また、8T-C60AX1には、照明や背景の映り込みが少ない「N-Blackパネル」が採用されています。8Kの魅力である高精細や広色域を活かせる高性能パネルなので、8Kの高画質映像をさまざまな設置環境で味わうことが可能です。

 

そして、両機種の搭載エンジンも異なります。8T-C60AX1には「AQUOS 8K Smart Engine PRO」が搭載されており、8T-C60BW1のエンジンは「Medalist Z1」です。両エンジンとも高精細8Kアップコンバートに対応しています。

8T-C60BW1と4T-C60DN1の違い

SHARP(シャープ)

4T-C60DN1

価格:230,999円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4T-C60DN1は8T-C60BW1の下位モデルです。大きな違いはパネル性能。4T-C60DN1は4Kテレビなので、8K映像は視聴できません。しかし、4T-C60DN1には4K超解像アップコンバート機能が搭載されているため、地デジ映像も高画質で視聴できます。

 

そして、4T-C60DN1はAndroid TVです。ご自分の好きなアプリをテレビ本体にダウンロードできます。スマホと同じように生活に密着したアプリや動画アプリをダウンロードすれば、テレビでも操作が可能です。

シャープ

8T-C60BW1

価格:35,800円 (税込)

新エンジンMedalist Z1ですべてが8Kに

amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kの4倍の超高画質を楽しめる8K対応液晶テレビです。3300万画素の高解像度とメガコントラスト機能により、息を呑むほどの圧倒的な高画質が目の前に広がります。さらに「リッチカラーテクノロジープロ」を採用しているため、10億色の色彩を生み出せます。そのため、より豊かな色で映像を楽しむことが可能になりました。

また、視覚に入りやすい赤色を細分化することで、艶やかさや色の奥行きがリアルに再現されています。さらに、新エンジン「Medalist Z1」によりすべての映像を8Kに変換可能なためリアルな映像が感じられます。シャープの映像テクノロジーが詰まった8T-C60BW1は、最高峰の映像美を満喫したい方に楽しみたい方におすすめです。

SHARP(シャープ) 8T-C60BW1テレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

8K対応テレビ、8T-C60BW1には8K画像処理エンジンMedalist Z1や10億色を再現するリッチテクノロジープロ、8Kスポーツビュー機能が搭載されています。他にも全ての映像を8Kレベルに引き上げる、8Kアップコンバート機能も人気です。

 

自宅のテレビが見違えるほどの高画質になる8T-C60BW1は、最高峰の映像技術で毎日のテレビや映画を満喫したい方におすすめです。しかし、HDMI2.1端子の数に不満を感じる方もいます。とはいえHDMI2.1に対応するテレビはまだ多くありません。HDMI2.1端子が1つあるだけで評価は高いでしょう。