ソニー KJ-65X8550H テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥175,000
ソニー KJ-65X8550H テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー KJ-65X8550H テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/01/25 更新

KJ-65X8550Hのバリエーション

シリーズ

KJ-65X8550H

ソニー

KJ-65X8550H

175000円〜

ランク王編集部

あらゆる映像を美しく表現する4K液晶テレビ

色を鮮やかにハイコントラストで表現する「HDR X1」を搭載した液晶テレビです。地上放送からネット動画まで、あらゆる映像を高精細にアップコンバートする「4K X-Reality PRO」を搭載しているので、お気に入りの番組・動画・映画をより美しい画質で楽しめます。

また、独自の音響技術「アコースティックマルチオーディオ」は、映像の中から音が聴こえてくるような臨場感を演出。音質はクリアなので自然な音を堪能できます。さらに、ネット動画アプリのインストールが可能で、NetflixやYouTubeをテレビで手軽に楽しめます。音声検索可能なGoogleアシスタントにも対応しており、快適な操作性を求めている方にも魅力的な1台です。

KJ-65X8550Hの基本スペック

HDR  対応 画面サイズ【V型(インチ)】 65 V型(インチ)
年間消費電力量【kWh】 181 kWh 画素数(縦) 3840x2160
HDMI端子数 4端子ARC対応 Netflix対応
種類 液晶テレビ パネル性能 4K
倍速機能  モーションフローXR240 1V型(インチ)あたりの価格【円】 2434 円
BS 4K 110度CS 4K
地上デジタル BSデジタル
110度CSデジタル BS 4K数 2
110度CS 4K数 2 地上デジタル数 2
BSデジタル数 2 110度CSデジタル数 2
録画機能 外付けHDD Android TV
YouTube Amazonプライム・ビデオ
DAZN FOD
dTV ひかりTV
ひかりTV4K TSUTAYA TV
Hulu U-NEXT
Rakuten TV TELASA
Chips!TV 有線LAN
無線LAN Bluetooth
Wi-Fi Direct対応  ホームネットワーク機能 ソニールームリンク
DTCP-IP  USB端子 3
コンポーネント入力 光デジタル音声出力端子 1
LAN端子 1 ヘッドホン出力端子
消費電力【W】 210 W 待機時消費電力【W】 0.5 W
リモコン(音声操作) スマートスピーカー連携 Google アシスタントAmazon Alexa
ゲームモード 重量 【kg】 26.3 kg
年間電気代【円】 4887 円

KJ-65X8550Hのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

ソニー KJ-65X8550Hの基本スペック

ソニー

KJ-65X8550H

価格:175,000円 (税込)

あらゆる映像を美しく表現する4K液晶テレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色を鮮やかにハイコントラストで表現する「HDR X1」を搭載した液晶テレビです。地上放送からネット動画まで、あらゆる映像を高精細にアップコンバートする「4K X-Reality PRO」を搭載しているので、お気に入りの番組・動画・映画をより美しい画質で楽しめます。

また、独自の音響技術「アコースティックマルチオーディオ」は、映像の中から音が聴こえてくるような臨場感を演出。音質はクリアなので自然な音を堪能できます。さらに、ネット動画アプリのインストールが可能で、NetflixやYouTubeをテレビで手軽に楽しめます。音声検索可能なGoogleアシスタントにも対応しており、快適な操作性を求めている方にも魅力的な1台です。
メーカー SONY(ソニー) 商品名 KJ-65X8550H
画面サイズ 65V型(インチ) 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1450x900x312mm 重量 26.3 kg
機能 Google アシスタント・Amazon Alexa等 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★☆☆

ソニー KJ-65X8550Hのおすすめポイント

あらゆる映像を高画質で楽しめる

高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載しており、高精度・高コントラスト・豊かな色彩で映像を楽しめます。また、地上放送やネット動画などを4K画質にアップコンバートする「4K X-Reality PRO」を搭載しているので、さまざまな映像をより美しく再現可能です。

一体感のある音と映像

画面下部にフルレンジスピーカーを、背面上部にトゥイーターを搭載しているので、映像と音の一体感があるテレビです。また、立体音響技術「ドルビーアトモス」にも対応しているので、臨場感のある音響を楽しめます。

アプリをインストールできるAndroid TV機能

Android TV機能を搭載しているので、動画アプリをインストールできます。NetflixやYouTubeなどの動画アプリを高速起動でき、気軽にネット動画を楽しむことが可能です。ネット動画アプリ以外にも、ゲームやショッピングなどの好きなアプリを自由に追加して使用できます。

ソニー KJ-65X8550Hの悪い点をレビュー

暗部の表現がイマイチ

映像の色合いが気になるという声がありました。特に、暗部の表現がイマイチに感じるようです。本商品は有機ELテレビではなく液晶テレビのため、有機ELテレビに比べると黒の表現が苦手。有機ELテレビの表現力に慣れていると、画質が物足りないと感じるかもしれません。

音に違和感がある

音に違和感を抱いたという声がありました。ただ、「重低音が強すぎる」「中低音の伸びが悪い」と意見がさまざまあったので、好みによるところかもしれません。どうしても音質が気になる場合は、自分で好みのスピーカーを取り付けるのも一つの方法です。

リモコンが使いにくい

リモコンが使いにくいという声が見受けられました。本商品はさまざまな機能が搭載されているため、リモコンのボタンがたくさんあります。シンプルなテレビを使い慣れた方にとっては、リモコンが使いにくく感じるかもしれません。

実際のクチコミ

全て平均点を超えて来る。大きく上回る事は無いけれど、下回る事もない。例えば画質。鮮やかですが、映画の暗部はイマイチ。だけど困る程じゃない。例えば音質。テレビスピーカーとしては頑張っている方ですが、こもりがち。でも気になる程じゃない。例えば、リモコン。直感的では無いが慣れればどうと言う事は無い。

出典:https://www.amazon.co.jp

不満足な点はリモコンです。 使いこなせていないだけかもしれませんが、ボタンが一杯あり直感的に分かりにくいです。 ネット動画に一発でいけるボタンが複数用意されていますが利用していないサービスも多いので不要です。Amazonプライムビデオのボタンないし。

出典:https://www.amazon.co.jp

薄型ボディに閉じ込められた極小SPなので KDS-60A2500の各CH10L程度のボックスがあったものと比較すると中低音がでないし伸びがない。

出典:https://review.kakaku.com

ソニー KJ-65X8550Hの良い点をレビュー

画質が良い

コントラストがはっきりしていて視野角も広いと、画質が高評価です。地デジも4Kと同じくらいの画質で再現されるので、満足感があります。動画も高画質で再生されるため、ネット動画が好きな方にもぴったりのテレビです。

迫力ある音響に満足

音質に満足という声も多数見受けられました。映画やネット動画、ゲームまで、大迫力の音響を楽しめます。「音が画面から聞こえてくるみたい」という口コミも。臨場感のある音を再現できるので、没入感も得られます。

ゲームも滑らかな映像で楽しめる

ゲームをプレイする人からも高評価でした。「ヌルヌルと動く」「遅延が発生しない」と好評なので、FPSやアクションゲームなどスピードを重視するゲームをプレイする方にもぴったり。ゲーム用のテレビを探している方にもおすすめのテレビです。

実際の口コミ

ガツンとクッキリコントラスト、横から見ても全然いけるじゃないすか!1番差が出たのは地デジ放送と前から録画してたデータ、4k放送と遜色なくビックリしました。値段の差はこんな所にはっきり出るんですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質がいいので、音もいつも見ていた音量にすると迫力があってこわいくらい。 映画やドラマもすごく綺麗に見られて嬉しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

ps4 pro でHDRを使いたかったので。倍速パネルなので目が疲れません。 ハイセンスの時は、SMR使用時はヌルヌル動きますが遅延が発生するのでやりにくい。ゲームモードにすれば良いのですが、物足りません。ブラビアはゲームモードでもヌルヌルHDRで見やすく画質も良く遅延なし!

出典:https://www.amazon.co.jp

KJ-65X8550HとKJ-65X9500Hの違い

ソニー

KJ-65X9500H

価格:265,000円 (税込)

ソニー独自技術で圧倒的な高画質と音響が味わえる4Kテレビ!

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー独自の高画質技術で、まばゆいほどの鮮やかさと美しい映像を実現した4K液晶テレビです。斜めからでも正面と同じ高画質で見られる「X-Wide Angle」を搭載しています。また、サウンドポジショニング トゥイーター専用のアンプを採用しており、背面と下部の4つのスピーカーから臨場感あふれる音響を楽しめるのも魅力です。

さらに、倍速駆動パネルと独自のバックライト制御で、激しい動きもなめらかに表現。特に、スポーツやアクション映画の視聴には最適です。枠と台座が無いスッキリと枠と台座がないおしゃれなデザインは、VGP・4K液晶テレビ部門で金賞を獲得しました。インテリアにこだわりたい方も大満足の製品です。

KJ-65X8550Hは2020年6月、KJ-65X9500Hは2020年5月にソニーから発売されたテレビです。KJ-65X9500HはKJ-65X8550Hの上位モデルにあたり、価格が50,000円ほど高くなっています。大きく違う点は、パネル性能です。

 

KJ-65X9500Hには高画質プロセッサー「X1 Ultimate」・被写体に合わせた画像処理機能「オブジェクト型超解像」・ノイズ低減機能「デュアルデータベース分析」などが搭載されており、より美しい映像の再現を可能としています。そのため、より美しい映像を求めている方はKJ-65X9500Hがおすすめです。

 

ただし、USB端子の数がKJ-65X8550Hが3個でKJ-65X9500Hは2個となっているので、さまざまなツールを接続したい方はKJ-65X8550Hが便利に感じるかもしれません。また、KJ-65X8550Hのほうが省エネ性能も高いため、コストパフォーマンスを重視するならKJ-65X8550Hを選ぶといいです。

KJ-65X8550HとKJ-65A8Hの違い

ソニー

KJ-65A8H

価格:289,000円 (税込)

限りなく美しい高画質映像を堪能できる4K有機ELテレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は地上波放送でもネット動画でも、あらゆるコンテンツ映像を高精細な4K映像に作り替える、「4K X-Reality PRO」を搭載した65型4K有機ELテレビです。従来品と比べて、リアルタイム処理能力が約2倍になった高画質プロセッサーがノイズを低減。被写体それぞれに合わせた超解像処理により、高コントラストの美しい映像を堪能できます。

また、画面そのものから音が出る高音質技術を採用しているので、映画館のような臨場感を味わえるのも魅力。さらに、Android TV機能を搭載し豊富なネット動画アプリが気軽に楽しめるので、テレビもネット動画も美しい4K映像で観たい方におすすめのモデルです。

KJ-65A8HはKJ-65X8550Hと同時期にソニーから発売されたテレビです。KJ-65X8550Hは液晶テレビですが、KJ-65A8Hは有機ELテレビとなっています。そのため、パネル性能に関してはKJ-65A8Hのほうが上回っており、価格もKJ-65X8550Hの2倍近いものとなっています。

 

また、KJ-65A8H「アコースティック サーフェス オーディオ」という画面そのものから音が出る機能を搭載しています。そのため、KJ-65X8550Hよりもさらに没入感のある音響を楽しむことが可能です。

 

スペック面でKJ-65X8550Hが上回っているのは省エネ性能のみとなっているので、高性能なテレビが欲しい方はKJ-65A8H、コストを抑えたい方はKJ-65A8Hを選ぶのがおすすめです。

ソニー

KJ-65X8550H

価格:175,000円 (税込)

あらゆる映像を美しく表現する4K液晶テレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色を鮮やかにハイコントラストで表現する「HDR X1」を搭載した液晶テレビです。地上放送からネット動画まで、あらゆる映像を高精細にアップコンバートする「4K X-Reality PRO」を搭載しているので、お気に入りの番組・動画・映画をより美しい画質で楽しめます。

また、独自の音響技術「アコースティックマルチオーディオ」は、映像の中から音が聴こえてくるような臨場感を演出。音質はクリアなので自然な音を堪能できます。さらに、ネット動画アプリのインストールが可能で、NetflixやYouTubeをテレビで手軽に楽しめます。音声検索可能なGoogleアシスタントにも対応しており、快適な操作性を求めている方にも魅力的な1台です。

ソニー KJ-65X8550H テレビの種類について、商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、評価・口コミ・レビュー、他製品との比較をまとめました。ソニー KJ-65X8550Hは美しい映像と臨場感のある音響を楽しめる4K液晶テレビです。アップコンバート機能もあるので、地デジやネット動画も高画質で堪能できます。

 

しかし、液晶テレビであるソニー KJ-65X8550Hは、有機ELテレビと比べると画質が見劣りしてしまいます。また、音響は低音が強調されているので、人によってはこもって聴こえてしまうかもしれません。さまざまな機能がついているので、シンプルなテレビを使い慣れた方は、慣れるまでに時間がかかる可能性もあります。

 

ソニー KJ-65X8550H テレビは液晶テレビの中でも高評価の多いテレビです。「有機ELテレビを購入するほど予算に余裕がない」「画質のいい液晶テレビが欲しい」といった方におすすめのテレビです。