SONY KJ-49X8500F テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.4
最安値:¥83,800
ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー ブラビア KJ-49X8500Fがどんな人におすすめなのかを評価しました。

KJ-49X8500Fの基本スペック

  • 説明 : 年間消費電力量122kWhで省エネ達成率183%を実現した地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ。4個のHDMI入力端子を装備するほか、DLNA機能にも対応しています。
  • KJ-49X8500Fのショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの商品紹介

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの基本スペック

    ソニー(SONY)

    ソニー SONY 49V型 液晶 テレビ ブラビア 4K Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2018年モデル KJ-49X8500F B

    価格:89,085円(税込)

    Amazonで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーソニー(SONY)商品名ソニー 液晶テレビ ブラビア KJ-49X8500F(ブラック系・シルバー系)
    画面サイズ49インチ画素数3,840×2,160(4K)
    録画機能外付けHDD録画寸法・サイズ幅1098mm×高さ703mm×奥行279mm(テレビスタンド含む)
    重量13.7kg(テレビスタンド含む)機能 Android TV 機能
    省エネ性能★★★☆☆

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの壁掛け

    Sony

    ソニー 壁掛けユニット(ソニー BRAVIA用) SU-WL450

    価格:8,820円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ソニーのブラビア対応の壁掛け金具としてSU-WL450という商品があり、KJ-49X8500Fの取り付けも可能となっています。 値段も低価格で、場所もほとんどとらないため、多くのユーザーから好評のようです。

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fのおすすめポイント

    4K高画質プロセッサー搭載で最適な画像処理を実行

    4K映像の画質を最大限に高める4K高画質プロセッサー「HDR X1(エイチディーアール エックスワン)」を搭載しているため、高画質を構成する精細感、色の鮮やかさ、コントラストの3要素を向上させるそれぞれの高画質機能を細かくコントロールします。

    動きをなめらかに描画する「倍速パネル」を搭載

    倍速パネルを搭載したことにより、1秒間に60コマの映像のコマとコマの間に1コマの映像を新たに生成することで120コマにしてくれます。これにより、残像感が低減され、動きの速いスポーツ番組や映画のシーンなどにおいてよりなめらかな映像を実現します。

    Android TV 機能を搭載

    Android TV 機能を搭載することにより、多くの機能を体感できます。例えば、リモコンに話しかけるだけで、自分が見たい映画や番組を検索し、視聴することができます。また、Google アシスタント 搭載のスマートスピーカーと連携させることで、チャンネル切替や音量調節などをハンズフリーで行うことができます。

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの徹底レビュー(評価・口コミ)

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの悪い点をレビュー

    リモコンの操作性に不満

    KJ-49X8500Fの付属のリモコンで操作を行った際に、チャンネルの切り替え時に遅延が発生する、録画の早送り、巻き戻しの操作性が良くないという声が多々挙げられています。また、様々なネット動画サービスを利用する方向けのデザインとなっており、テレビ番組を視聴するだけのユーザーには必要ないボタンが多いとの声もあるようです。

    番組視聴中に無音になることも

    外部入力、レコーダーで録画番組や、ディスクメディアを視聴している際にチャプタースキップをした後に音が無音になる症状が稀に起こるそうです。メーカー側は「仕様であり不良ではない」との回答ですが、若干の初期不良があるのかもしれません。

    全体的な操作がややもっさりしている

    KJ-49X8500Fでは、チャンネルの切り替えだけでなく、Netflixなどのネット動画視聴中に画質や音質変更のメニューを開く際など、操作が少し遅いようです。定期的にアップデートなどがあるようなのですが、あまり改善は見られないようです。

    録画中の番組を始めから見ることができない

    KJ-49X8500Fでは、今現在録画を行っている番組を視聴する際、その番組を始めから視聴することができず、録画が終了するまで待たなければならないという点で、多くのユーザーからストレスを感じるという声が上がっているようです。

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの良い点をレビュー

    とにかく高画質

    KJ-49X8500Fは、倍速パネルや4K高画質プロセッサーを搭載していることにより、テレビ番組はもちろん、BSの4K番組、インターネット動画、そしてゲーム映像全てが高画質で満足のいく映像だという声が多く上がっています。

    様々な配信サービスを利用できる

    KJ-49X8500Fでは、「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」「AbemaTV」「YouTube 」などのネット動画配信サービスを簡単に利用できます。また、リモコンに「ネット動画ボタン」を搭載していることで、ワンプッシュで様々なサービスを利用できることが良い評価となっているようです。

    話しかけるだけで操作ができる

    リモコンの「 Google アシスタント 」ボタンを押して気になるワードを話しかけるだけで、番組や動画を探し出すことや、録画予約などを行えるという点が非常い好評のようです。また、スマートスピーカーを接続して、ハンズフリーで操作を行うユーザーも多くいるようです。

    デザインがスタイリッシュ

    KJ-49X8500Fのカラーはブラック系とシルバー系が用意されており、ご家庭のお部屋に合ったカラーを選べ、また画面以外の部分を最小限にすることでより映像に没入することができるという点が好評だという方が少なからずいらっしゃいました。

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの口コミを集めました

    今までps4に繋いで入力切替してyoutubeやらアマゾンプライムやら見ていたのですが、ボタン一つですぐにうつります!! 最高としか言いようがないテレビ… 画質はかなりいいです!

    出典:https://www.amazon.co.jp

    リモコン自体にネット動画ボタンが配信サービス別に取り付けられているということで、すぐに動画を視聴することができるという点がとても便利ですよね。また、画質もとても満足なようですね。

    まず画質が本当に素晴らしい。とにかく綺麗。 あと倍速機能が優秀なので、カクカクする動画やゲームもヌルヌル動くので快適です。 YouTubeやAmazonプライムビデオも大変綺麗で、特に4K動画を観たときはあまりにも綺麗すぎて鳥肌たちましたw 今まではPS4からYouTubeやAmazonプライムビデオを起動して観ていたのですが、BRAVIA単体をネット接続して単体で観れるのも良いですね。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    こちらのユーザーも画質にとても満足されているようです。倍速パネル等の搭載により一般的なテレビ番組だけでなく、ネット動画やゲームにおいても最高の画質を演出してくれるようです。

    Androidが搭載されておりAndroidスマホとの連携には感動した。初期設定は連携させたスマホで行えスマホで見ていたYouTubeをブラビアで再生もできるし”OK Google"もできてしまう。インターネットで映画なりドラマを見る世の中でこのテレビは完成しているといえる。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    Android TV 機能を搭載しているという点は、多くの方に好評なようですね。手持ちのスマートフォンをリモコン代わりに操作することや、スマートフォンで見ていた動画をテレビに映すことができたりとその機能は多岐にわたっています。

    アンドロイドなのでグーグルアカウントが必要だと思っていましたが、地デジや録画番組、ユーチューブ、プライムビデオを使用するだけなのでアカウント設定無しで使えています。 音声操作や検索機能もありますが、私はグーグルホームを持っていますし、いちいちリモコンでボタンを押してから音声操作するのも面倒、リモコンでやったほうが早いです。スマホもタブレットもあるので、これからも音声操作や検索は使うことないでしょう。 価格的にも安いですしとてもバランスのよいテレビだという感想です。

    出典:https://review.kakaku.com

    グーグルアカウントの登録をしなくとも利用することができるようですね。また、ユーザーによっては、音声で操作するよりもリモコンで操作する方が便利という声もあるので、操作はやはりユーザーの好みで使い分けるのがいいですね。

    縁フレームが細く、脚とのデザインのバランスが良いです!画面は大きくなりましだか、専有スペースはほとんど変わりませんでした。

    出典:https://review.kakaku.com

    やはり、デザインが良いという意見が多く上がっていますね。フレームの縁部分がとても細くなっており、脚とのバランスが良いようです。また、場所もあまりとらないため、様々な箇所に取り付けができそうです。

    【画質】 流石は4Kで大満足です。通常番組もとても綺麗。4KはYouTubeで位しかまだ見れないけど。 【音質】 これが一番の不満。以前のものと比べたら少し篭った様な感じと低音が物足りない。ホームシアターを検討すべきかな?

    出典:https://review.kakaku.com

    ユーザーの不満点で最も多かった点が音質の問題ですね。多少音声がこもって聞こえるようです。そのため、ユーザーによっては外部スピーカーを別途購入し、高音質で映像を楽しむという方も多いようです。

    録画予約について予約番組を忘れたとき確認ができない。また予約の取り消しができない。  USBの外付けHDDで先日付の番組を予約したが、予約番組の確認ができなかった。 以前使っていたテレビレコーダーでは予約番組を確認、取り消しできた。

    出典:https://www.biccamera.com

    録画予約の確認ができない、また予約した番組の取り消しが行えないという欠点があるようですね。こちらはユーザーによってはかなりの不満点となってしまい、気になるという方は、別のテレビの購入が望ましいかもしれません。

    みなさんも言っているように外部スピーカーなどを使わないかぎり音質は期待しないほうがいいです。 映像の方は画質重視で選んだので綺麗ですが、映画のエンドロールのように一定の速度で上下左右に流れるような映像になったとき、画面がブレまくってとてもじゃないが見てられません。 特にアニメなどを見てるときはそういう映像が多かったので酷かったです。 今までは動画性能が960スピードと高いものを使っていたので、こういった問題は気にしたこともなかったので残念でした。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    やはり音質においてこだわりのあるユーザーからは、音質面で多くの不満があるようです。そのため、特に音質は気にしないという方には問題はないのですが、より高音質で¥を求める場合は、外部スピーカーが必須なのかもしれませんね。

    ソニー(SONY)

    ソニー SONY 49V型 液晶 テレビ ブラビア 4K Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2018年モデル KJ-49X8500F B

    価格:89,085円(税込)

    Amazonで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーソニー(SONY)商品名ソニー 液晶テレビ ブラビア KJ-49X8500F(ブラック系・シルバー系)
    画面サイズ49インチ画素数3,840×2,160(4K)
    録画機能外付けHDD録画寸法・サイズ幅1098mm×高さ703mm×奥行279mm(テレビスタンド含む)
    重量13.7kg(テレビスタンド含む)機能 Android TV 機能
    省エネ性能★★★☆☆

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの関連商品と比較する

    KJ-49X8500FとKJ49X7500F の違い

    ソニー(SONY)

    ソニー SONY 49V型 液晶 テレビ ブラビア 4K Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2018年モデル KJ-49X7500F

    価格:79,780円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    KJ-49X7500FはKJ-49X8500Fと同時期の2018年6月に発売された商品で、KJ-49X8500Fの下位互換の商品となっています。 両製品の機能面の違いはほとんど見られません。KJ-49X7500Fにおいても、Android TV 機能等が搭載されており、スマーフォンと接続することで、より便利に利用することができたり、様々なネット動画配信サービスを利用することが可能となっています。 一方で、KJ-49X8500Fと比較した場合のKJ-49X7500Fの特徴として、「4K高画質プロセッサー」「トリルミナスディスプレイ」「等倍速パネル」等の映像をより高画質にするための機能が非搭載となっている点にあります。 そのため、最高画質の映像をテレビ番組や、ネット動画、そしてゲーム映像で体感したいという方に関しては、KJ-49X8500Fの購入が望ましいのではないでしょうか。 しかし、KJ-49X7500Fの方が、1万円ほど安く購入が可能ということもあり、最高画質までは求めないが、高画質な映像を低価格で体感したい、なるべく費用を抑えたいという方には、KJ-49X7500Fの購入をおすすめします。

    KJ-49X8500FとKJ-49X9000F の違い

    ソニー(SONY)

    ソニー SONY 49V型 液晶 テレビ ブラビア 4K Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2018年モデル KJ-49X9000F

    価格:105,055円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    KJ-49X9000Fは、KJ-49X8500Fと同じく2018年6月に発売された商品であり、KJ-49X8500Fの上位互換の商品となっています。 こちらの製品もKJ-49X8500Fと機能面において大きな違いはありません。そのため、機能性で比較する必要は一切ないようです。 では、両製品なのですが、KJ-49X9000FはKJ-49X8500F以上の高画質な映像を実現しているようです。 KJ-49X9000Fは、LEDバックライトを液晶パネル下に配置することで、映像全体を小さなブロックに分けてコントロールし、明暗のきめ細かな描写を可能にする「直下型LED部分駆動」を搭載しました。そのため、暗いシーンでも奥行や微妙なディテールまで追求しているようです。 また「X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジプロ)」を搭載したことで、映像の暗い部分の電流を明るい部分に集中させて、消費電力を増やすことなく、これまで表現できなかったつややかな輝きを実現しました。 以上のことから、多少高額になりますが、現状の最高画質の映像をご家庭で体験したいという方には、とても満足できる商品であり、ご購入をおすすめします。

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの総合評価

    ソニー(SONY)

    ソニー SONY 49V型 液晶 テレビ ブラビア 4K Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2018年モデル KJ-49X8500F B

    価格:89,066円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ソニー ブラビア KJ-49X8500Fの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。 Android TV 機能を搭載したことで、スマートフォンなどの端末でテレビの操作を行えたり、音声で、番組検索や予約を行える点は便利ですよね。 また、4K高画質プロセッサーや倍速パネルの搭載によって、従来の4K映像を更なる高画質映像にし、スピード感のある映像をいかんなく発揮してくれることでしょう。 現状でもKJ-49X8500F以上の画質を誇るテレビも発売されていますが、あまりテレビにお金をかけたくないけどある程度高画質なテレビを求めるユーザーには最適な商品ではないでしょうか。 また、このほかにも様々な機能を搭載したテレビもございますので、コスト面や機能面を見比べて、自分だけのテレビを見つけてみてください。

    関連する商品

    テレビの人気商品