日立 HEF-DC500 扇風機の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.41
最安値:¥11,340
日立 HEF-DC500 扇風機の商品概要、説明書、おすすめポイントや口コミ・レビュー・評価、シャープの他製品との比較などをまとめ、日立 HEF-DC500 扇風機がどんな人におすすめなのか評価しました。

HEF-DC500の基本スペック

  • 羽根径 : 30cm
  • 扇風機・タイプ : リビング扇
  • 扇風機リモコン・本体スイッチ : リモコン有
  • HEF-DC500のショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    価格
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    日立 HEF-DC500の商品情報

    日立 HEF-DC500の基本スペック

    日立(HITACHI)

    日立 扇風機 DCモーター リモコン付 風量6段階 やさしい微風(うちわ風) タッチキー操作 HEF-DC500

    価格:14,750円(税込)

    Amazonで詳細を見るビックカメラで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー日立商品名HEF-DC500
    寸法/サイズ37.0×37.0×73.5~95.0cm重量3.8kg
    羽根の枚数8枚羽直径30cm
    最大高さ95.0cm

    HEF-DC500のおすすめポイント

    やさしい風

    HEF-DC500なら、DCモーターの低速回転と8枚羽根により、風の切れ目の少ないやさしい風が楽しめます。

     

    やさしい風がほしいときには微風(うちわ風)、すぐに涼みたいときはパワフルな強風で、6段階の風量から選べます。また、風が自然に変化するリズム運転や段階的に風量が減っていくおやすみ運転モードにすれば、就寝時などでも安心です。

    タッチキーで快適操作

    本体の操作パネルは指でふれるだけで操作できるタッチキーで、6段階の風量や、切・入同時タイマー、また、減灯&消音キーやリズム運転/おやすみ運転のキーなどを快適に操作できます。

    省エネで音も静かなDCモーター

    HEF-DC500に搭載されているDCモーターは、ACモーターと比べて省エネです。さらにモーターの作動音も静かで、8枚羽根の効果も加わり静音性は抜群です。静かな部屋や、寝室でも快適に使用できます。

    日立 HEF-DC500の徹底レビュー(評価・口コミ)

    日立 HEF-DC500の悪い点をレビュー

    組み立てが必要

    購入後、箱から出してすぐには使えません。組み立てなければなりません。その作業が面倒だと思う人も多いかもしれませんね。そのような作業が苦手な人やご高齢の方などは、組み立てのいらないモデルを選ぶと良いかもしれません。

     

    ちなみに、組み立て後の継ぎ目などは滑らかです。しかし、逆の見方をすれば、組み立て式は分解して収納できるというメリットにもなりますね。

    コードが収納できない

    コードが収納できません。巻き取り式であったり、引っ掛けるフックがついていれば便利ですね。

     

    また、コードに関しては、短すぎるという意見も聞かれます。コード長は1.7mです。もっと長くて巻き取れるというのが理想でしょうか。

    リモコンがいまひとつ

    リモコンを本体に収納することはできません。かわりに柄にホルダーをつけて、それに架ける形式です。

     

    電池は家庭常備の乾電池ではなく、CR2025です。やはり急に電池が切れたとき乾電池なら安いし手に入れやすいですよね。しかし、これは、薄さ、コンパクトさと引きかえですね。

     

    また、暗い場所で手探りで操作するとき、リモコンが平坦で前後がわかりにくいという意見もあります。

    首の上下調節角度がせまい

    首の上下調節角度は、上方向約20°、下方向約10°です。サーキュレーターとして使ったり、あるいは洗濯物に風を当てたりといった使い方をすることを想定している人は、もっと調節角が広いモデルを検討したほうが良いかもしれません。

    首振りは開始した位置が基準

    上位機種では、首振りを開始すると自動的に本体の正面を首振りの中心にするように調整しますが、HEF-DC500の場合、首振りを開始した時点の位置が首振りの中心になるので、場合によっては首振り開始前に位置を調整しなければなりません。

    日立 HEF-DC500の良い点をレビュー

    作動音が小さい

    扇風機として、このHEF-DC500の作動音に不満を持つ人は、ほとんど居ないでしょう。寝室など音が気になる環境でも、快適に使用できます。

     

    6段階風量のうち、微風(うちわ風)や風量2で運転しているときは、環境によってはほぼ無音に感じるくらいです。古い扇風機から買い換えればちょっと驚くかも知れません。

    軽くて持ち運びしやすい

    重量約3.8k。サイズや機能を考えれば軽量です。しっかりした持ちやすい取っ手も付いていて持ち運び移動は楽です。

     

    意外と扇風機は移動させることも多いので、軽くて持ち運びしやすいのは大きなメリットですよね。

    安くて高機能

    DCモーターや8枚羽根など、風を送る機能については上位機種とあまり変わりがありませんのでお買い得だと思います。

     

    タッチ操作の操作キーで、6段階の風量をダイレクトで好みの風量にできるのはとても快適ですよ。また、切/入を同時にできるタイマーは9時間までできます。

     

    首振り角度が45°と70°と90°の3つの角度を選べるのも意外と役に立つものです。また、減灯&消音機能を使うと寝室などでは快適性がぐっとアップします。

     

    作りもしっかりしていますので、実売価格を考えればコストパフォーマンスは良いです、ぜひ、購入候補に入れて検討してみてください。

    操作パネルの掃除がしやすい

    組み立て式のため台座との組み立ての際の継ぎ目はありますが、操作パネル自体は平坦で凹凸や隙間がないので掃除がしやすくいつもきれいに使えます。

     

    操作パネルは床に近い位置にあるのでほこりなどが付きやすいですが、このHEF-DC500はパネルやその周辺が平坦なので掃除が簡単です。

     

    掃除がしにくいと、面倒なのでなかなか掃除しないものですが、掃除しやすいと気軽にするものです。パネルキーは指で操作するものなのでいつもきれいにしておきたいですよね。

     

     

    日立 HEF-DC500の口コミを集めました

    組み立て部品はリモコンを除き9個で簡単だが羽を止める部品の締まりが悪く、なかなか止まらないためどこまで回していいかわからなくなる(おそらく、かなり力を入れて回していると急激に重たくなるところがあり、そこが止める場所だと思う。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    組立作業は簡単なようですが、部品をどこまっで締め込んだら良いのか解りにくいというのはちょっと気になります。組み立て中に不具合が生じたりしたらいやですよね。

    リモコンはボタンを押し込むスタイルになっているのはいいが、平面的で暗いところでは前後の向きが判らないため手の感触で前後を判断することになる(どこかに凹凸など作り見えなくてもどちらが前か判るようにしてほしい) ・上記の理由からリモコンの操作パネルを照らすランプが欲しい ・ケーブルが収納できないため上部にフックが欲しい

    出典:https://www.amazon.co.jp

    リモコンに関してはあまりネガティブなレビューはありませんが、暗いところでは手の感触で前後が識別でければありがたいですね。さらに、コードも収納できればなおいっそう良いですよね。

    首振りは45度・70度・90度と3種類あるが、首振りをスタートさせた位置が基準になるため、正面を中心にして首を振るわけではない(場合によっては左右どちらか横と正面で往復を繰り返すかもしれない)

    出典:https://www.amazon.co.jp

    首振りを開始するときに、位置を調整しておかないとならないのはちょっと面倒かもしれません。首振りを開始すると自動的に首振りの中心を本体の中心にする機種もあるので、気になる人は、チェックしてください。

    完全に上を向いてほしいとまでは言わないが顎の上げ下げはもう少し幅が欲しい

    出典:https://www.amazon.co.jp

    本機種HEF-DC500は、首の上下調節角が上方向は20°ですが、サーキュレータとして使うとしたら不足かと思います。真上まで向けられれば使い道はいろいろ広がります。本機の上位機種は真上まで(90°)調節できますので、購入の際は検討してみてください。

    静かで、やさしい風が心地良い。機能性に優れている。買い得品だと思います。

    出典:https://www.biccamera.com

    とにかく静かだというレビューが多いです。強風では当然風切音などの騒音は出ますが、風量1、2での静音性には、皆さん満足しているようですね。寝室など音が気になる場所でも快適に使えそうですね。

    このHEF-DC500は性能劣らず、軽くて移動に便利、とても重宝しています。

    出典:https://www.biccamera.com

    重いのは安定感があって良いのですが、やはり軽くて持ち運びしやすいほうが便利ですよね。HEF-DC500は、軽くて、さらに持ちやすい大き目の取っ手が付いているので移動させやすいです。

    同程度の機能の物もいろいろ有りましたが、2万超えがほとんどでした。三菱・無印は2.5万~3万超え。 1万ちょっとでこの機能の物は全く見つかりませんでした。

    出典:https://review.kakaku.com

    DCモーター搭載で高機能、もちろん上位機種と比べると見劣りはしますが、予算が14,000円前後でしたら、購入候補ナンバーワンかもしれません。あとは、デザインの好みなどですね。

    組み立ての際の繋ぎ目などはあるものの、平面的で操作パネル部分の掃除が楽

    出典:https://www.amazon.co.jp

    掃除しやすいのはいいですよね。掃除しにくいと億劫になって掃除をしなくなりませんか。こまめに掃除して、気持ちよく使いたいものです。

    日立 HEF-DC500の関連商品と比較する

    HEF-DC500とHEF-DC6000の違い

    日立(HITACHI)

    日立 扇風機 DCモーター リモコン付 組み立て済 風量8段階 やさしい微風(うちわ風) タッチキー操作 上下向角度調節約90° 温度センサー風量自動切替 HEF-DC6000

    価格:17,374円(税込)

    で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    HEF-DC6000はHEF-DC500の上位機種です。

     

    DC500は使用を開始する前に組み立てなければなりませんが、DC6000は、組み立てが不要です。さらに、風量の調節風量調節に関しては、DC500では6段階なのに対しDC6000では、8段階となり、より細かな調節が可能になります。

     

    リモコン収納は、DC500がホルダーであるのに対し、DC6000では本体側面に収納できます。そして、最大高さは、DC500が約95cmであるのに対し、DC6000は約110cmです。

     

    上下方向角度調節が、上方向で、DC500が約20°であるのに対し、DC6000では約90°となり、ほぼ真上まで向けることができます。また、本体重量は、DC500が約3.8kgでDC6000が約5.2kg、コード長が1.7mに対し、2.2mです。

     

    リモコン機能にはかなり差があります。DC500の場合、リモコンで首振りに切り替えることはできますが、首振り角度の切り替えは、手動でなければできません。これに対し、DC6000では、首振り角度の切り替えもリモコン操作でできます。さらに、DC6000の場合、リモコンに「こっち向いてボタン」が付いており、首振り停止時には機体正面から左右90°ずつの範囲で調節でき、首振り時には左右45°ずつの範囲で首振りの中心を調節できます。

     

    HEF-DC500とHEF-DC80の違い

    日立(HITACHI)

    日立 扇風機 DCモーター リモコン付 組み立て済 風量6段階 やさしい微風(うちわ風) 軽量設計 HEF-DC80

    価格:11,980円(税込)

    ヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    HEF-DC80はHEF-DC500の下位機種にあたります。

     

    DC500は組み立てが必要ですが、DC80は組み立てが必要ありません。やはり、組み立てが面倒な人にとってはこれはネックになるかもしれません。

     

    首振り調節はどちらも手動のみですが、DC500が、45°、70°、90°の3パターンあるのに対し、DC80では、70°だけです。DC500には、風量が自然に変化するリズム運転と風量が段階的に減っていくおやすみ運転がありますが、DC80にはありません。

     

    タイマーは、DC500は入/切同時可能な、1~9時間まで1時間ごとなのに対し、DC80は、切タイマーのみで、1・2・4・6時間となります。さらに、本体の操作キーは、DC500がタッチキーなのに対し、DC80は、プッシュ式となっています。

    日立 HEF-DC500の総合評価

    日立(HITACHI)

    日立 扇風機 DCモーター リモコン付 風量6段階 やさしい微風(うちわ風) タッチキー操作 HEF-DC500

    価格:13,052円(税込)

    Amazonで詳細を見るビックカメラで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    日立リビング扇HEF-DC500について、商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめましたがいかがでしたでしょうか。

     

    DCモーター、8枚羽根など風を送る基本機能は上位機種とほぼ同じ。

    風量6段階、3段階から選べる首振り角度、切/入同時タイマー、減灯・消音機能、リズム運転・おやすみ運転と機能も充実しています。

    さらに、本体の操作パネルは、タッチキーでデジタル表示です。

     

    13,000円台~の実売価格は、お買い得感がありますね。

    予算が15,000円以下の人は、ぜひ購入候補に入れて検討してください。

     

    また、作動音が静かで満足しているというレビューが多いです。寝室用の扇風機を探している人には特におすすめします。

     

    後継機のHEF-DL900Aとはカタログスペックは全く同じで、見た目もほとんど変わりありません。価格差が2,000円から3,000円ありますからHEF-DC500はお買い得ですね。

     

    それでは。この記事も参考にしてぜひHEF-DC500の購入を検討してみてください。

    関連する商品

    扇風機の人気商品