ソニー KJ-85X9500G テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥385,000
ソニー KJ-85X9500G テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー KJ-85X9500G テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/09/13 更新

ランク王編集部

なめらかな動きを実現する85インチの大型4K液晶テレビ

BS4K/110度CS4K放送対応のチューナーを2基搭載した、85インチの大型液晶テレビです。圧倒的な映像分析能力を有した高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載し、あらゆる映像をHDR相当の高画質にアップコンバートすることができます。

また、LEDバックライトを細かくコントロールすることで、暗いシーンでも鮮やかに再現可能です。さらに、「X-Motion Clarity」搭載により、動きの速いシーンでも、くっきりとした臨場感のある映像表現を可能にします。大画面で迫力ある高画質を楽しみたい方におすすめです。

KJ-85X9500Gの基本スペック

種類 液晶テレビ 画面サイズ【V型(インチ)】 85 V型(インチ)
パネル性能 4K 画素数(縦) 3840x2160
HDR  対応 HDR方式  HDR10ドルビービジョンHLG
LEDバックライト 直下型LED部分駆動 倍速機能  倍速駆動パネル
1V型(インチ)あたりの価格【円】 4346 円 BS 4K
110度CS 4K 地上デジタル
BSデジタル 110度CSデジタル
BS 4K数 2 110度CS 4K数 2
地上デジタル数 2 BSデジタル数 2
110度CSデジタル数 2 録画機能 外付けHDD
Android TV YouTube
Amazonプライム・ビデオ Netflix対応
DAZN FOD
dTV ひかりTV
ひかりTV4K TSUTAYA TV
Hulu U-NEXT
Rakuten TV TELASA
Chips!TV 有線LAN
無線LAN Bluetooth
Wi-Fi Direct対応  ホームネットワーク機能 ソニールームリンク
DTCP-IP  HDMI端子数 4端子ARC対応
USB端子 3 光デジタル音声出力端子 1
LAN端子 1 ヘッドホン出力端子
消費電力【W】 430 W 待機時消費電力【W】 0.5 W
リモコン(音声操作) スマートスピーカー連携 Google アシスタントAmazon Alexa
ゲームモード 幅x高さx奥行 【mm】 1910x1179x412 mm
重量 【kg】 49 kg 省エネ評価 ★★
省エネ基準達成率【%(2012年度)】 126 %(2012年度) 年間消費電力量【kWh】 365 kWh
年間電気代【円】 9855 円

KJ-85X9500Gのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

ソニー KJ-85X9500Gの基本スペック

ソニー(SONY)

KJ-85X9500G

価格:376,200円 (税込)

なめらかな動きを実現する85インチの大型4K液晶テレビ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー SONY(ソニー) 商品名 KJ-85X9500G
画面サイズ 85インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1910x1179x412mm 重量 49kg
機能 リモコン(音声操作)・スマートスピーカー連携・ゲームモードなど 省エネ性能(★~★★★★★) ★★

ソニー KJ-85X9500Gのおすすめポイント

大画面ながらスタンド・壁掛けのどちらでも設置可能

85インチの大画面でありながら、付属の標準スタンドを利用したテレビ台への設置はもちろん、壁掛けタイプとしても設置可能です。壁掛けタイプとして設置する場合は、専用の壁掛けユニット・金具を使用します。設置場所に合わせて設置方法を選べるのは大きなメリットです。

速い動きもなめらかに再現する倍速駆動パネル

倍速駆動パネルを搭載しているので、スポーツ・ゲームなど、動きの速い映像もなめらかに再現することができます。また、ソニーの新技術であるX-Motion Clarity搭載により、バックライトをコントロールし、画面の明るさを保ったまま残像感を抑えることが可能です。

お使いのデバイスからお手軽にミラーリングできる

「Chromecast」対応により、お使いのスマホの画面をそのままテレビにミラーリングすることができます。また、テレビに動画を映している間に、スマホでは別の作業も可能です。さらに、AirPlay2に対応しているので、iPhone・iPad・MacなどのApple製デバイス上の動画・音楽・写真などを簡単に再生できます。

圧倒的な高画質機能

従来の4K高画質プロセッサーの2倍のリアルタイム処理能力を有した「X1 Ultimate」により、高精細・高画質で、HDR相当の高コントラストを実現します。また、被写体ごとに最適な精細感で再現する「オブジェクト型超解像」やノイズの少ない映像を再現する「デュアルデータベース分析」など、高画質機能が充実。85インチの大画面と相まって、迫力ある高画質が楽しめます。

ソニー KJ-85X9500Gの悪い点をレビュー

暗い映像が見えにくい

十分な発色のきれいな画質であるという方が多い一方で、暗い映像の再生に不満を持っている方が見受けられます。また、明るい部分との差が大きく、暗いところは見えにくく、白系が入るとまぶしいほどに明るいようです。

稀に不具合が起きる

稀に電波が受信できない・画面が真っ黒のまま動かない・映像が乱れる、などの不具合があるようです。アップデートや初期化などで改善したという声もありますが、サポートが不親切であったとの声も見受けられます。

低域がスカスカで物足りない

とても高音質と喜びの声が多い一方で、音質に関するネガティブな意見が見受けられます。薄型テレビなので仕方ないですが、低域がスカスカで物足りないという声が多いです。しかし、イコライザー機能で低域を持ち上げることで、ある程度緩和されたという声もあります。

実際の口コミ

画質ですが、とても明るく、全ての色がキツイです。それでいて、暗い影の色は暗くて黒いだけです。 地上デジタル放送は、明る過ぎるので、暗く設定して見ていると、暗い部分が、赤黒いもやがかかります。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

画質はまぁ、文句ないんですが、表題通り上部ベゼルからバックライトの光漏れがあります。 設置後に気付いたので非常にがっかり。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

画像は正面から見ると綺麗だけど、 少し横から見ると白っぽさを感じる。音質は普通。少し期待はずれ。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

ソニー KJ-85X9500Gの良い点をレビュー

85インチの大迫力画面

85インチの画面に大満足との声がとにかく目立ちます。映画・コンサート映像・スポーツなど、あらゆる映像が大迫力で見れるのが魅力です。また、大画面故に、まるで自分がその場にいるような臨場感を味わうことができて嬉しいとの声もあります。

豊富な対応アプリと優れた操作性

Android TVなので、さまざまなアプリを追加して楽しむことができるだけでなく、それらを快適に使用できると称賛されています。対応アプリが豊富で、リモコン一つでサクサク操作でき、アプリは高速で起動するのでストレスフリーです。

低遅延の素早いレスポンス

ゲームプレイ時に遅延が少なく快適であるとの声が多数見受けられます。シビアなレスポンスが求められるゲームでも、快適にプレイできたと満足の声が多いです。大画面で快適にプレイできるので、一般的な視聴のほか、ゲームユーザーにも適しているようです。

実際の口コミ

85インチのインパクトは想像以上で、早速格闘技やスポーツを見てみましたが、臨場感がハンパないですw会場のLIVE感というか実在感を感じるくらいでこれは大画面ならではだと思います。映画も素晴らしくて、 映画館に行く頻度が減りそうなレベルですw

出典:https://review.kakaku.com

 

画質は文句なしです。元々持っていたAmazon echoとも親和性が高く、リモコンもサクサクで操作性も非常に良かったです。対応するアプリも非常に多く、まだ使いこなせていないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

XboxOneXでフォルツァホライゾン4やモータルコンバット11 などをプレイしてみましたが、遅延は少なくX9000Fより良い感触です。海外レビューでも今までのソニーの4K TVで最も入力遅延が少ないと高評価なのも納得です。ゲームユーザーにも自信を持って推奨出来るレベルです。

出典:https://review.kakaku.com

 

KJ-85X9500GとKJ-65X9000Fの違い

ソニー

KJ-65X9000F

価格:195,800円 (税込)

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KJ-85X9500Gは、2019年発売のX9500Gシリーズで、前モデルにX9000Fシリーズがあります。X9000Fシリーズ中最も大画面のモデルが65インチのKJ-65X9000Fです。1世代の違いですが、性能などは大きく異なっています。まず、画面サイズはどちらもシリーズ中最大ですが、85インチと65インチで、KJ-85X9500Gの方が大きいです。

 

また、KJ-85X9500GがBS4K/110度CS4Kチューナー内蔵であるのに対し、KJ-65X9000Fは搭載していません。価格はKJ-65X9000Fの方が安いですが、プロセッサーをはじめとした高画質機能も大きく進化しているので、画質・性能を重視するなら、後継機のKJ-85X9500Gがおすすめです。

KJ-85X9500GとKJ-65X9000Fの違い

ソニー(SONY)

KJ-75X9500H

価格:323,000円 (税込)

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

X9500Gシリーズの後継機が、2020年発売のX9500Hシリーズです。この中でも、KJ-85X9500Gと同様、シリーズ中最大のサイズが、75インチのKJ-75X9500Hで、画面サイズは小さくなっていますが、性能が向上しています。画質面では特に大きな違いはありませんが、音響関連が進化をしています。

 

X9500Hシリーズは、X9500Gシリーズのサウンドシステムであるアコースティック マルチ オーディオに、ツイーターとフルレンジスピーカーにそれぞれ専用のアンプを使用し、音圧・定位感を強化。その他にも音質面が大幅に向上しているので、音質重視の方はワンランク上のX9500Hシリーズがおすすめです。

ソニー(SONY)

KJ-85X9500G

価格:376,200円 (税込)

 

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー KJ-85X9500G テレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

ソニー KJ-85X9500Gは85インチの特大画面で大迫力の映像を楽しむことができます。また、TVスタンドのほか、壁掛けにも対応しているので、設置場所に合わせた使い方が可能です。

 

お使いのデバイスとのミラーリングや、AndroidTV機能により、さまざまなアプリを楽しむことができます。一方で、暗い映像の再現は苦手で、不具合がやや多いというデメリットも。KJ-85X9500Gの評価としては、大画面で迫力ある高画質を楽しみたい方におすすめのモデルです。

 

テレビは自分に一番合った価格・性能バランスの製品を見つけることが重要です。自分にぴったりの機種を探してみてください。