アイロボット ブラーバ380J 掃除機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥17,980
アイロボット ブラーバ380j 床磨きロボットの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、アイロボット ブラーバ380j 床磨きロボットがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/01/25 更新

ブラーバ380Jのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

アイロボット ブラーバ380jの基本スペック

アイロボット(IRobot)

アイロボット 床拭きロボット ブラーバ380j 簡単操作 水拭き・乾拭き可能 急速充電 B380065

価格:37,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る ビックカメラで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー アイロボット(iRobot) 商品名 Braava 380j
寸法・サイズ 幅244mm×奥行216mm×高さ79mm 種類 ロボット掃除機

アイロボット ブラーバ380jのおすすめポイント

「水拭き」と「から拭き」の清掃モードでキレイに清掃!

ブラーバ380jは最先端のロボット掃除機で、水拭きとから拭きの2種類の清掃モードを搭載しています。

 

日々のホコリや皮脂汚れ、床の食べこぼしなどは水拭きの「ウェットモード」がしっかりと汚れを拭き取り、ホコリ、髪の毛などのはから拭きの「ドライモード」が対応してくれます。

フローリングやクッションフロアなど様々な材質の床も対応しています。

「キューブナビゲーション」で部屋全体をキレイに!

ブラーバ380jは「iAdapt2.0 キューブナビゲーションを搭載しています。

部屋の形状や家具の位置など部屋の全体を把握し、すみずみまでキレイにしてくれます。

 

また、付属の「NorthStarキューブ」を使用することにより、今部屋のどこを掃除しているのかなどの位置情報を正確に把握することができ、より効率的に掃除してくれます。

「ワンタッチ」で起動!操作カンタン!

ブラーバ380jは複雑な操作が入らず、ウェットモード、ドライモードそれぞれのアタッチメントをつけてボタン一つで掃除を開始してくれます。

 

掃除が終わったらブラーバ380jは自動でスタート位置に戻るため手間がかかりません。

外出中や家事など他のことをしているうちにキレイにします。

アイロボット ブラーバ380jの悪い点をレビュー

時間設定ができない

ブラーバ380jは時間設定ができないため掃除の時間を調節ができません。

なので帰宅時間に合わせて掃除を終わらせたりできないのが不便だと感じる方が多いです。

 

時間を設定できないので朝スイッチを入れて帰宅したら、濡れたシートがそのままで不衛生だと感じてしまう方もいました。

バッテリーの消耗が早い

ブラーバ380jを使用していてバッテリーの消耗が激しいと感じる方が多くいました。

電化製品で充電式のものはバッテリーが消耗してしまうのは仕方ないことですが、高い買い物のため残念と感じる方が多いようです。

落とせる汚れに限度がある

ブラーバ380jは水拭きができてホコリや汚れを落としてくれますが、時間が経ってこびりついてしまった汚れは落とすことができません。

 

使ってみて取り残しがあり、自分で拭かなければいけないのが手間だと感じる方が多いようです。

壁が傷つく

ブラーバ380jはセンサーが付いていて、家具や壁などをしっかりと避けて掃除してくれますが、センサーがうまく検知できず壁をすってしまって壁が傷ついてしまったという方がいます。

 

家を傷つけてしまうのは掃除機として大きな欠点と言えます。

アイロボット ブラーバ380jの良い点をレビュー

音が静か!

ブラーバ380jは静音性が高く、他のロボット掃除機と比べても静音性が高く満足しているという方が多いです。

夜寝るときにスイッチを入れても音が気にならず朝にはしっかりと掃除が終わっていて快適に過ごせるという意見もあります。

清潔感が保てる!

通常フローリングを水拭きすのは面倒で手間になってしまいますが、ブラーバ380jは手軽に水拭きしてくれるので清潔感がカンタンに保てると感じる方が多いようです。

 

面倒くさい掃除の手間を省いてくれます。

操作がカンタン!

通常ロボット掃除機は禁止エリアの設定や様々な設定が必要で使いづらいと感じる方が多いですが、ブラーバ380jはボタン一つでカンタンに操作できるため便利と感じる方が多いです。

 

特に高齢者の方でもカンタンに操作することができるので便利です。

アイロボット ブラーバ380jの口コミを集めました

時間指定できません。 朝回して出かけて帰ってくる間ぬれた雑巾はそのままの状態になるため、不衛生なかんじをうけました。

出典:https://www.amazon.co.jp

予約機能や時間指定ができないため、朝スイッチを入れて出かけ、家に帰ると拭いたままのクロスがそのままのため、不衛生に感じる方が多いです。

購入半年、それも使用頻度は週1回あるかないか(ルンバの方が使用頻度が高いので)ですぐに充電切れになった

出典:https://www.amazon.co.jp

バッテリーの消耗が早く長期的に何年も使用することができないのが残念という意見が多いです。 バッテリーの消費が早いのはデメリットですね。

しつこい汚れまでは落とせないので、結局自分で拭くこともあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

しつこい汚れまでは落とせないので自分で拭かなければいけない時が多く、不便と感じる方が多いようです。自分で拭かなければいけない点はデメリットです。

壁に当たっても進行方向をすぐに変えず何度も当たる、壁を擦るように動くことが多々あり、角や隅っこを綺麗にしてくれますが、壁に傷がつきます

出典:https://www.amazon.co.jp

壁にあった時そのまま壁をするように動いたりすることがあり、壁に傷がついしまう点が残念と感じる方が多いようです。壁際には少し注意した方が良さそうです。

作動音も静かなので夜中でも使う事ができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

静音性が高く、作動音が小さいという点で夜でも使えて便利という意見が多いです。 朝掃除が終わっていて気持ちいいという方もいます。

裸足で子どもたちが走り回っても 毎日拭き掃除が行き届いているので快適に過ごせるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

フローリングを毎日キレイに水拭きしてくれて、快適に過ごせるという意見が多いです。 汚れをしっかり落としてくれて満足している方が多いようです。

ボタン1つで部屋の隅から隅まで黙々と掃除してくれる姿には涙が出そうでした。笑

出典:https://www.amazon.co.jp

ボタン一つで掃除ができるため、操作がカンタンで使いやすいと感じる方が多いようです。 細かい設定も入らないので機械が苦手な方でもラクに掃除ができます。

今までは腰を屈めてかけていた、フローリング用ウエットシートや雑巾をしなくていいので体の負担が楽とのとこです

出典:https://www.amazon.co.jp

フローリングの水拭きは面倒で体への負担が多いです。なので、高齢者の方は自動で水拭きしてくれて助かっているという意見が多いです。

アイロボット(IRobot)

アイロボット 床拭きロボット ブラーバ380j 簡単操作 水拭き・乾拭き可能 急速充電 B380065

価格:37,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る ビックカメラで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー アイロボット(iRobot) 商品名 Braava 380j
寸法・サイズ 幅244mm×奥行216mm×高さ79mm 種類 ロボット掃除機

ブラーバ380jとブラーバジェット240の比較

アイロボット(IRobot)

ブラーバ240jet アイロボット 床拭きロボット 水拭き 雑巾がけ 静音 落下回避 花粉対策に

価格:29,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラーバジェット240はブラーバ380jの下位互換の製品です。

 

ブラーバ380jとブラーバジェット240の大きな違いは「最大床稼働面積の違い」「モード選択の有無」「サイズの違い」です。

 

ブラーバ380jは最大稼働床面積がドライモードで56畳、ウェットモードで20畳ですが、ブラーバジェット240はドライモードで15畳、ウェットモードで12畳となっています。

なので掃除面積の広さではブラーバ380jの方が優れています。

 

モード選択ですが、ブラーバ380jは市販のフローリングシートにも対応していて、自分でモードを選んで稼働させます。対してブラーバジェット240は専用のシートがあり、それを装着すると自動でモードを認識し、稼働します。市販のシートを使えるかは大きな違いと言えます。

 

サイズですがブラーバ380jよりブラーバジェット240の方が一回り小さいです。高さはブラーバジェット240の方が高いですが幅や高さは一回り小さいです。

なので、ブラーバジェット240は家具が多い家庭でもしっかりとコンパクトに掃除することができます。

 

また、ブラーバジェット240はジェットスプレーを搭載していて、ウェットモード中水を噴射して汚れを浮かせてからしっかり拭き取ってくれるため、よりキレイに拭き取ることができます。

 

その他スペックは大きな違いはありません。

 

価格ですがブラーバジェット240はブラーバ380jの下位互換の製品なので約1万円ほど安くなっています。

 

結論として、部屋がそこまで広くなく、低価格で抑えたいという方はブラーバジェット240をおすすめします。

ブラーバ380jとブラーバ371jの違い

アイロボット(IRobot)

アイロボット 床拭きロボット ブラーバ371j 簡単操作 水拭き・乾拭き可能 B371060

価格:33,240円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラーバ371jはブラーバ380jとほぼ同時期に発売されたモデルです。

 

ブラーバ380jとブラーバ371jの大きな違いは、「付属品の違い」です。

 

ブラーバ380jは付属品として「急速充電スタンド」が付属しています。この充電スタンドは約2時間ほどで本体を急速充電することが可能です。通常充電だと約4時間ほどかかるため、1日に2回以上使いたいという方は急速充電スタンドが便利です。

 

そして、ブラーバ371jは付属品として急速充電スタンドは付いでいませんが、「クリーニングクロス」が多目に付いてきます。

 

その他スペックの違いはほとんどなく、本体は同製品のようです。

 

価格としてはブラーバ371jの方が3000円前後安くなっています。

 

結論として、ブラーバ380jとブラーバ371jの違いは付属品の違いだけで、「急速充電スタンド」をとるか「クリーニングクロスの多さと価格の安さ」をとるかの2択です。

自分に合うものを選んでみてください!

アイロボット(IRobot)

アイロボット 床拭きロボット ブラーバ380j 簡単操作 水拭き・乾拭き可能 急速充電 B380065

価格:37,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る ビックカメラで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイロボット 床拭きロボットブラーバ380jの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

ブラーバ380jは水拭きやから拭きを自動でキレイにやってくれる優れた製品です。

操作もカンタンで、便利な面も多いです。

 

しかし、機能の面で他製品に劣っている面もあります。

 

評価としてブラーバ380jは、子供が多く、床がよく汚れてしまう家庭におすすめです。

 

ロボット掃除機は便利な反面価格も高いので慎重に選ぶことが必要な製品です。

特に自分の家にあった機種を選ばないとかえって不便になってしまうこともあります。

なので、しっかりと自分の家にあった規格のものを選んでみてください!