2022/03/16 更新

ソニー

ソニー テレビ KJ-43X8000Gの調査レポ

¥59,980 〜
(税込)
※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。
ソニー(SONY)

ソニー 43V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)Android TV 機能搭載BRAVIA KJ-43X8000G

Amazon での評価

(2024/05/03調べ)

価格:76,567円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
BRAVIA 型地上 BS 110度 CSデジタル 4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)Android TV機能搭載
画面サイズ
43インチ・推奨部屋サイズ4.5~6畳
画素数
3,840×2,160(4K)
画質
4K X-Reality PRO
録画機能
外付けHDD
寸法/サイズ
97.0×63.0×26.0cm
重量
15kg
機能
Android TV(TM) 機能搭載・ハンズフリー音声検索
省エネ性能(★~★★★★★)
★★★☆☆
気にいらない事が1か所あります。NAS(DTCPIP)に録画した古い1980年代の古い番組を見る時に「視聴中メニュー」→「ワイド切りかえ」メニューがない事です。設定メニューでも試してみましたが横長表示は戻りません。

出典: https://www.amazon.co.jp

最新技術を搭載している43X8000Gのワイド機能は、年代の古い番組には対応していない模様です。その場合は画面が強制的に横長に広がってしまうため、他のプレーヤーを経由して表示させる手間が必要となってしまうでしょう。
たしかに有機ELよりも黒い部分ははっきりしていない印象ですがそれでも十分すぎる画質でした。 Androidが搭載されており話しかけることでYouTubeの動画検索等もできるので便利。 ゲームはFPS等の速いものは有機ELに劣るもののアクションゲーム程度なら十分すぎるほどのグラフィックを保てます。

出典: https://www.amazon.co.jp

ゲームユーザーの中には、画質と共にゲーム利用時の操作性の良さを求める方も多いのではないでしょうか。43X8000Gはゲームモードを搭載しており、超解像エンジン「4K X-Reality PRO」は、ゲームでもその性能を充分に発揮すると言えそうです。
インターネット機能とかの余分なボタンがついているが使わないので余分 BSとCSのボタンが分離されていないので不便

出典: https://www.amazon.co.jp

ネットとの相互性の高いリモコンであるため、従来と同等の利便性を求める場合には不便な点も多いようです。シンプルに視聴、録画したいという方にとっては、多機能であることがマイナスに働く可能性も多々あるでしょう。
リビングに46型フルハイビジョンを置いていますが、寝室用にほしくなり、購入しました。室内用地デジアンテナだけつないでも、充分映っています。主にプライムビデオ映画鑑賞してますが、5~6年前購入のフルハイビジョンより高詳細。目が楽です。

出典: https://review.kakaku.com

43型の43X8000Gは、4.5~6畳での使用が推奨されているテレビです。最適視聴距離は93cmのため、寝室でベッドの上から視聴したいというユーザーにはおすすめの機種であると言えるでしょう。
このTVがAndroid TVのおかげでiOSのデバイスからでもSpotifyやNetflix、プライムビデオはキャストして簡単にリモート再生できるのは期待していなかった分、とても便利に感じました。これまではApple TVを使っていたので、出番がなくなりました。

出典: https://www.biccamera.com

今や映像コンテンツは、NetflixやAmazon Prime Video、You Tubeとそれぞれの好みに合わせ多様性を見せていますよね。43X8000Gは、それらのコンテンツで視聴できる映画やドラマといった映像を、より美しい画質で楽しめることが何よりのメリットであると言えそうです。
アンドロイドTVの設定が非常に簡易で、驚いています。還暦を過ぎた自分でも簡単に出来ました。いい買い物をしたと思います。

出典: https://shopping.yahoo.co.jp

使用前の設定は、電化製品購入後の心配のひとつでもありますよね。還暦を過ぎた方でも簡単に設定できたという口コミは、電化製品に苦手意識を持つ方にとっても心強いのではないでしょうか。
機能も多くなって良くなっていますが、番組表の出方が遅く少しじれったくなります。音はやはり低音がいまいちなので、外付けのオーディオ機器を購入しようと思っています。

出典: https://www.amazon.co.jp

音質の不満は、薄型テレビによく見られるデメリットです。美しい画像と共に迫力ある音質を求められる型は、外付けのサウンドバーの購入を検討する必要もありそうです。
6年前のBRAVIAから変え買いました。画像は最高に綺麗です!進化していました。

出典: https://www.amazon.co.jp

フルハイビジョンの4倍高精細となる4Kテレビの登場により、従来のテレビからの買い替えを希望される方も増えています。43X8000Gは、そういったユーザーの目から見ても、明らかに進化を遂げた機種であると言えるでしょう。
ソニー

KJ-43X8500G

Amazon での評価

(2024/05/02調べ)

価格:11,990円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K画質へアップコンバートで綺麗な映像を楽しめる液晶テレビ

オーディオメーカーであるソニーの独自技術「ドルビーアトモス」に対応しており、テレビ本体のスピーカーで前後左右だけでなく高さ方向にまで自由自在に音の表現が可能になります。超解像度エンジンの「4K X-Reality PRO」搭載でテレビ番組やネット動画などあらゆる映像を4K画質にアップコンバートできますよ。

録画は外付けHDDタイプで、裏番組録画可能な優れもの。AndroidTV機能搭載でYouTubeやNetflixなど好きなアプリを追加して楽しめるスマートテレビです。さまざまな映像を4K画質へアップコンバートできるので、より美しい映像でデータを残したい方や映像を楽しみたい方に最適なテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数
3840x2160
HDR方式
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能)
-
倍速機能
モーションフローXR240
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
139 W
年間電気代【円】
3618 円
ソニー

KJ-43X7500F

Amazon での評価

(2024/05/03調べ)

価格:98,900円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AndroidTV底値クラスのコスパテレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2018年のソニーの4K液晶スタンダードモデルです。現在の8000Gシリーズの前型モデルにあたります。43インチのAndroidTVというモデルの中では群を抜いてコスパが高く、画面が暗いという欠点はあるもののそれを補って余りあるネット対応という魅力が光る製品です。2020年現在ではなかなか手に入れるのは難しいですが、価格と性能のバランスが非常に良く取れた逸品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数
3840x2160
HDR方式
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能)
-
倍速機能
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
107 W
年間電気代【円】
2484 円
ソニー

KJ-43X8500F

Amazon での評価

(2024/05/02調べ)

価格:148,000円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

9000よりお求めやすいロングセラーテレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

8500Gの旧モデルです。こちらは4Kチューナーの有無が大きな違いになっているため、BS放送をそもそも視聴しないという方であれば大きな違いはなく、お求めやすくなっている製品になります。9000Fより画面の明るさが暗いため、夜景のシーンや暗い場面の多い日本映画などでは若干見づらさを感じることがあるかもしれませんが、ソニーの特徴のVAパネルによる画面のくっきりさというのはコチラの製品でもしっかりと活きています。
Fモデル辺りからAndroidTVの動作も非常に安定してきているため、ネット動画を視聴するのも楽なのがポイントです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数
3840x2160
HDR方式
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能)
-
倍速機能
モーションフローXR240
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
132 W
年間電気代【円】
3186 円
ソニー(SONY)

ソニー 43V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)Android TV 機能搭載BRAVIA KJ-43X8000G

Amazon での評価

(2024/05/03調べ)

価格:75,801円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー BRAVIA KJ-43X8000G テレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

43X8000Gは、BRAVIA 4K液晶テレビのベーシックモデルとも言える機種です。色再現領域を拡大するトリルミナスディスプレイに対応し、美しい画質を再現することが可能となっています。

 

上位シリーズである43X8500Gとはチューナーの有無が大きな違いとなるため、チューナーを必要とされない方には、納得いく価格でお求め出来るモデルとなるでしょう。

 

上位モデルと同等にAndroido TV機能が搭載されており、普段スマートフォンやタブレットと同等のコンテンツをテレビ画面で楽しみたいという方には、特におすすめです。

 

低価格でありながら必要なスペックを搭載した4K液晶テレビは、買い替えや2台目のテレビとしても最適です。ぜひ購入の検討に入れてみて下さい。