日立 BW-V80C 縦型洗濯機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥64,200
BW-V80Cは、BW-V80Bの新型モデルで2018年6月中旬に発売された日立のビートウォッシュシリーズの新型モデルの簡易乾燥機能付洗濯機です。BW-V80Cは、前機種より進化し洗浄力がアップした新ナイアガラビート洗浄を搭載しています。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

ロングセラー縦型洗濯機の決定版

縦型の洗濯機で非常に大きなシェアを獲得している、日立のビートウォッシュです。「叩いて洗う」の名の通り、パルセーターの形に工夫がなされ、洗濯時の水流の渦に波の動きが発生。波と波がぶつかり合う際の衝撃によって衣類に叩き洗いの効果をプラスし、皮脂などの繊維に染み込んだ油汚れ落ちが非常に良い機種として知られています。また、ナイアガラ洗浄という大流量の水を循環させて流し込むことにより洗いムラを劇的に少なくしてくれるという点も見逃せないポイントです。

BW-V80Cの徹底分析

設置について

幅x高さx奥行き

608×1000×610mm

防水パンサイズ

530mm

  • 標準より大きい
  • 標準程度
  • 標準より小さい

解説

標準サイズは、幅約640mm×奥行約640mm×高さ約1050mmなので、少し小さくて背が高いと言えるでしょう。洗濯機のサイズだけでなく、受け皿である防水パンのサイズも考慮する必要があります。

防水パンについて、一般的に幅640㎜×奥行640㎜はマンションなどでよく設置されているサイズで標準サイズと言われています。

BW-V80Cの防水パンのサイズは奥行き530mm以上であれば設置できるので、本体サイズの割に防水パンのサイズは比較的小さく設置しやすいと言えます。

 

また、防水パンにはフラットタイプや隅が出っ張っているタイプなどがありますが、洗濯機の内寸よりも大きな洗濯機は設置できないので、防水パンのタイプ,サイズは注意して検討する必要があります。

使用人数について

洗濯容量

8kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

乾燥容量

-kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

解説

1人当たり1日分の洗濯物は1.5Kgが目安と言われています。

BW-V80Cは、洗濯容量が8kgと比較的大きめで毎日洗濯をする場合は4人世帯で十分使用可能です。2人世帯であれば洗濯を2日に1回に抑えることも可能ですね。

洗浄力について

洗浄方式(機能)

ナイアガラビート洗浄

解説

メーカーや機種によって洗浄方式が異なるため、機種ごとの特徴を知ることでより自分に合った洗濯機を見つけることができるでしょう。

 

BW-V80Cはナイアガラ ビート洗浄という洗浄機能を搭載しており繊維の奥まで洗浄するため、臭いや汚れ落ちが期待できます。

実際に口コミからも、洗浄力の高さが十分に確認できました。

洗濯容量が大きいので、毎日の洗濯物だけでなく、カーテンやシーツをキレイに保ちたい方にお勧めしたい商品です。

使ってみて驚いたのは汚れ落ちです。レースのカーテンが真っ白に洗い上がりました。

出典:https://review.kakaku.com

静音性について

騒音レベル(洗濯時/脱水時/乾燥時)

32/38/-dB

解説

洗濯機の運転音に関して、一般的に45db以下だと静かだと言われています。

AW-10SV8は洗濯時32db、脱水時38dbのため、比較的静かと言えます。

レビューでも、静かという声が見られたので、夜間に洗濯をする方に向いていると言えるでしょう。

非常に静かで大満足です。

出典:https://review.kakaku.com

仕上がりについて

乾燥方式

-

  • シワになりにくい
  • 縮みにくい
  • フワフワ
  • 臭いにくい

解説

AW-10SV8には脱水を助ける簡易乾燥機能が付いていて、洗濯物の干し時間の短縮が期待できそうです。また、洗濯物が絡みづらいとの口コミも見られます。洗濯物を干す時の手間を省きたいという方に向いていると言えるでしょう。

洗濯物が全く絡んでいなくて「洗濯機を回し忘れた?」と勘違いするほど。とっても取り出しやすいです。

出典:https://review.kakaku.com

【大人気】乾燥機付き洗濯機おすすめ7選 | 選び方と活用方法を一挙紹介

衛生面について

洗濯槽(構造)

-

  • 汚れがつきにくい
  • 黒カビ抑制

洗濯槽(素材)

-

  • 黒カビ予防

自動おそうじ

  • 洗濯槽の汚れ除去

解説

洗濯槽の清潔さは洗濯槽の構造や素材などが影響します。

本機種はステンレス槽ですが、自動おそうじ機能を搭載しているので、黒カビが発生しにくいということに期待出来そうです。

ただ、長く使用していると汚れが溜まるため、槽洗浄を定期的にする必要があります。

カビの発生に悩まされることが多い方は、検討してみてもいいかもしれません。

水量について

乾燥方式

-

  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時冷却水が不要

標準使用水量(洗濯時)

92L

解説

洗濯時標準水量は一般的に洗濯物1kgに対して水10Lが標準だと言われていますが、ほとんどの縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて水量が多いです。

ランク王の縦型洗濯機の標準使用水量の基準は洗濯物1kgに対して水13Lですので、BW-V80Cは、洗浄力があって比較的節水タイプであると言えます。水道代を抑えたいという方に向いていると言えるでしょう。

その他利便性について

洗剤・柔軟剤 自動投入

-

  • スマホでの予約

スマホ連携

-

  • 運転状況確認

解説

洗濯機は使用頻度が高く、長く使用するため、家族にとって使いやすいかどうかという視点で検討することで、生活の質を向上させる事が出来るでしょう。

BW-V80Cは、簡単操作のボタン式パネルで、使いやすい洗濯機と言えます。

使いやすさと、つけおき洗いコースなど便利なコースがあらかじめ設定されているので、色々な使い方で洗濯物に合わせた洗い方を選べます。衣類に合わせた洗濯方法で簡単に洗濯をしたいという方に向いていると言えるでしょう。。

BW-V80Cのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

乾燥機能も重視したい方はドラム式にランクアップ

日立
BD-SX110E
227,990円〜

デュアルウォッシュでとにかく洗濯の質を求める方はこちらもおすすめ

LG
DULW18H3WJN
0円〜

日立 BW-V80Cの基本スペック

日立(HITACHI)

日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ 8kg 上開き ホワイト BW-V80C W

価格:68,799円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立 商品名 BW-V80C
寸法・サイズ 幅608×高さ1000×奥行610mm 機能 カビ取り機能、自動お掃除
洗濯方式 縦型洗濯乾燥機 洗濯容量 8kg

日立 BW-V80Cのおすすめポイント

予洗いの手間を減らす

高い洗浄力の新「ナイアガラ ビート洗浄」によって予洗いの手間を減らすことができます。

洗剤の種類をセンサーで見極めることができ、それぞれに合った洗い方を実現できます。

 

これによって、落ちにくかった食べ物の油汚れまですっきりと洗うことができます。

おいそぎコースが便利

「おいそぎ」コース(洗濯から乾燥まで)によって1,5kg分の衣類を約98分で洗って乾かすことができます。

高効率な乾燥制御の開発により、洗濯から乾燥までの所要時間がさらに短縮しました。

 

加えて、糸くずに触らなくてもケースをスライドさせると糸くずがサッと剥がれます。

黄ばみ除去ができる

「つけおき」ナイアガラ ビート洗浄で高濃度洗浄液にじっくりとつけおきしながら、「ビートウィニングX(回転羽)」で衣類を優しく動かして皮脂汚れの酸化による黄ばみまで落とすことができます。

自動おそうじ機能

自動おそうじ機能で洗濯槽を除菌・黒カビを抑えます。

洗濯のたびに洗濯槽の見えない部分の汚れを洗ってくれます。

日立 BW-V80Cの悪い点をレビュー

表示時間の誤差

洗濯している時間が表示時間よりもかかるみたいです。誤差の範囲は20分ほどです。

修理をした人もいましたが、表示時間の誤差に変わりはなく、業者の人がいうには、現ソフトがそういうものでしょうがないものだということです。

音がうるさい

試運転してみて振動と音がすごいみたいです。マンションで夜中に洗濯ができそうにないほどうるさいと口コミでありました。

 

音が上部から漏れ、振動が大きいので新しい洗濯機とは思えないほどです。

デリケート洗いは追加オプションがいる

デリケート洗いをするにはオプションの蓋を買う必要があるため不便です。

説明書を読んで初めて気づく人が多いみたいです。オプションの蓋でも高いので、最初からつけてもらいたいですね。

日立 BW-V80Cの良い点をレビュー

デザインと使いやすさ

清潔感のあるデザインでガラストップの天板やシンプルな操作パネルでまとまっています。

 

操作は簡単で複雑な設定はいらないみたいです。

汚れや洗剤がついてもタオルでさっと拭けば簡単に落ちます。

 

前もって必要な機能を設定しておく必要はありますが、スタートボタン一つで洗濯ができます。

 

洗濯槽の底部分が高めなので楽な体制で取り出すことができます。

静音性が高い

非常に静かという人が多かったです。モーター音は気にならない程度で水がパシャパシャがかすかに聞こえてくる程度です。振動もありません。

 

静かなので、夜でも気兼ねなく使うことができます。

自動ほぐし機能

洗濯し終わったあと、取り出すときに洗濯物同士が絡まって取り出しづらいですよね。

この「自動ほぐし機能」を使うと洗濯物が絡まることがなく、楽に取り出せます。

洗濯量が多くても絡まないみたいなので便利です。

日立 BW-V80Cの口コミを集めました

以前に使用していた日立の洗濯機が、壊れたので新規に同じ日立の洗濯機を選びました。 洗濯機は、歴代、日立を使ってましたので使用方法などは同じで直ぐに使用できました。 試運転で洗濯をしてみてビックリ‼洗濯機が踊っている。 凄い振動と音、、これではマンションで夜中に洗濯ができませんね。 苦情の嵐となります、、以前の日立(13年前)の方が断然に静か、床が抜けないか心配になります。 前に音がうるさいとの書き込みが有りましたが、そんな事は無いと思い使ってみたところ、まさしく振動と音の嵐でした。

出典:https://review.kakaku.com

音がうるさすぎるとの口コミです。ここまでうるさいと夜間に洗濯する人は不便ですね。 13年前の洗濯機と比べてうるさくなった原因はわかりませんが、買うときに要チェックですね。

購入して1か月足らずですが 洗濯にかかる時間が表示時間より20分プラスにかかります 予約時間を設定するのも大変です もう一つ 洗濯工程が脱水まで終わっているのに電源は落ちてますが洗濯槽が回り続けて止まりません 修理して頂きましたが ソフトのアップデートで洗濯槽が回り続ける事は無くなりましたが 表示時間の誤差は変わりませんでした 業者さんいわく 現ソフトがそう言う物だと言われしょうがないそうです 改善してほしいです

出典:https://review.kakaku.com

表示時間の誤差は直して欲しいですね。用事がある時など逆算して洗濯をしなければならないので不便です。 予約時間の設定が大変そうです。

デリケート洗いには、オプションの蓋を買わなければならないと説明書を読んでから知ったのが悲しい。お高いし、付いていたら良かったのに、と未だに思う。 洗濯槽洗浄のON/OFFが面倒くさいが、付けたままだととても時間がかかるので最後だけ付けたほうが良い。 ナイアガラすすぎを楽しみにしていたけど、時間と水量がかかるため滅多に使わなくなった。 (水量は注水2回と同量。しかしナイアガラすすぎのほうが洗剤残りが少ないので、そちらをメーカーさんは勧めています) 脱水は6分だと乾きにくいが、かといって9分にしたら時間がかかる。

出典:https://review.kakaku.com

デリケート洗いには別にオプションの蓋を買う必要があります。説明書を読まないとわからないみたいですが、買うと高いみたです。デリケート洗いのコースがあるなら、最初からつけてくれてたらいいのにと思ってしまいます。

音が上部から洩れるし(蓋に穴が開いている)、振動は大きいしとても新しい洗濯機とは思えない。 タイマーは1H単位でしか設定出来ない。(他のメーカーは知らない) せめて30分単位で設定出来て欲しい。 8セグLEDでも表示出来るのにやらないのは設計に主婦の意見を取り入れていないんだろうと思う。 槽乾燥してもしっかり乾燥出来ていない。

出典:https://review.kakaku.com

こちらも音がうるさいとの口コミです。振動もそれなりにあるみたいです。 タイマーが不便みたいで、1時間単位しか設定できないみたです。 洗濯槽乾燥してもしっかり乾燥できないみたいです。

毛玉を捨てる際に毛玉へ触れなくて済む機構や、洗った後にふんわり洗濯物がほぐれる機構など細かい配慮が行き届いた製品です。 購入後、しっかりと目的の機能を"ON"にすることを忘れないことが本製品を有効活用する秘訣です。

出典:https://review.kakaku.com

糸くずを触れずに捨てれるのはいいですね。目的にあった機能を設定しとく必要があるみたいです。

夜間使用が多く、音が気になるが、思いのほか静香で満足です。購入に際しては、量販店で現物を確認したが、やはり値段が高く、価格ドットコムにての購入となりました。

出典:https://review.kakaku.com

音が静かだという口コミです。夜間でも使える静かさということで、夜間に洗濯する人にはおすすめです。 値段は高いですが、量販店よりネットの方が少し安いみたです。

洗濯後の『自動ほぐし機能』が搭載されており、洗濯量が多くても、タオル等が絡まず取り出しやすい。 また、洗濯槽の底部分が高めに設定されていふため、楽な体制で取り出す事が出来る。

出典:https://review.kakaku.com

自動ほぐし機能がついていて、とても便利そうな機能です。 洗濯すると洗濯ものが絡まって取り出しづらいですが、この機能を使えばそのストレスから解放されそうです。

フルマークの成績としました。 最後に風呂をでた者が残り湯を使った洗濯をスタートする運用にしました。 洗濯物の量により変化しましすが、完了まで、我が家の場合、最短で30分、だいたい45分ぐらいになります。 残り湯はゆすぎ1までの場合とゆすぐ2までの場合を試しましたが、フルに活用しても問題なしとの判断に至っています。 壁を隔てた隣の部屋が寝室ですが、テレビを見ながらくつろぐことができます。完了時のメロディーが鳴ったことは確認できます。 洗い落ち、静粛性、経済性ともとても満足な製品に巡り合えました。

出典:https://review.kakaku.com

全てにおいて高評価の口コミです。お風呂の残り湯で洗濯をした結果の口コミで、洗濯終了までが従来の洗濯機よりも早いみたいです。

レビューに音と振動が大きいとのコメントがあり、届くまで不安でしたが、問題ありませんでした、というか音も振動も個人的にはとても静かに感じます(⌒-⌒; )以前の洗濯機は『ゴーー』という感じの音でしたが、こちらは『シューー』という感じの音です♪夜でも気兼ねなく使えます、10年間の進化を感じました♪

出典:https://review.kakaku.com

こちらも音が静かで高評価の口コミです。夜使っても静かなのがいいですね。 レビュー・口コミに音が大きいとありましたが、そこまでうるさくないとの口コミが多いです。

日立のドラム式と迷っています。梅雨や花粉の時期にタオルやバスタオルを乾かすのに使う程度であればこちらの簡易乾燥機能でも十分ですか? 節水に関してはやはりドラムのほうが節水になりますか?

出典:https://bbs.kakaku.com

BW-V80Cは簡易乾燥機能がついていますが、簡易乾燥機能は洗濯槽を乾燥させるための送風と考えるべきで、洗濯物が完全に乾くことはないです。

日立(HITACHI)

日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ 8kg 上開き ホワイト BW-V80C W

価格:68,799円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立 商品名 BW-V80C
寸法・サイズ 幅608×高さ1000×奥行610mm 機能 カビ取り機能、自動お掃除
洗濯方式 縦型洗濯乾燥機 洗濯容量 8kg

BW-V80CとBW-V80Bの違い

PC FREAK

HITACHI 日立 全自動洗濯機 洗濯8kg ビートウォッシュ BW-V80B-W ホワイト 即納・送料無料

価格:99,800円 (税込)

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BW-V80CはBW-V80Cの後継モデルになります。

この二つの違いは、まず一つ目は洗濯時間の違いになります。

BW-V80Bが35分に対してBW-V80Cは33分と早くなっています。朝の2分は主婦の人には大きい違いです。

 

二つ目はBW-V80Bの洗濯コースにあった「すすぎ1回」と「念入り」がBW-V80Cに受け継がれることは無く、BW-V80Cには「液体洗剤」が追加されました。

 

そのほかの、洗濯容量、静音性、消費電力などにそこまで違いはありません。

カラー展開も同じ、ホワイト・シャンパンの展開です。

 

価格はBW-V80Bの方が2万ほど高くなります。

 

BW-V80Cはランキングで1位を獲得していますが、BW-V80Bの方が満足度・使いやすさ・静音性・サイズ・機能な評価が高いです。

BW-V80CとBW-V70Cの違い

BW-V70C-A(ブル-) ビ-トウォッシュ 全自動洗濯機 上開き 洗濯7kg

価格:64,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BW-V80Cは洗濯容量8kgに対しBW-V70Cは洗濯容量が7kgになります。

カラーはブルーの1色展開になります。

 

大きさも変わってきて、幅が7cmほど変わってきます。

BW-V80Cが約60cmに対してBW-V70Cは幅53cmのコンパクトタイプになります。

 

機能性、価格などに大きな違いはありません。

BW-V80CとBW-V80Eの違い

Joshin web

(標準設置 送料無料) 日立 8.0kg 全自動洗濯機 シャンパン HITACHI ビートウォッシュ BW-V80E-N 返品種別A

価格:127,440円 (税込)

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BW-V80Eは2019年6月8日発売の新型になります。発売前ですので、口コミ・レビュー・評価はまだありません。

ネットで公表している情報を元にBW-V80Cと違う点をみたいと思います。

 

まず、カラーはシャンパン・シルバー・ホワイトの三色展開になります。

 

そして、洗い方や時間を自動で判断する「AIお洗濯」機能が追加し細かな設定もおまかせできます。共働き世帯や高齢化を背景に洗濯も時短を求めた洗濯機になります。

 

「おいそぎ」コースが新しくなって追加しました。軽い汚れの衣類をさっと洗えるように1,5kgを約10分で洗濯ができます。

 

また、お客様の要望から生まれた「低温乾燥」コースが追加し、衣類ケアに配慮した機能になっています。

 

BW-V80Cにはない機能が次々と追加されて、使い勝手の良い洗濯機になりそうです。

今の情報では、そのほかのサイズ、洗濯容量など変更はないみたいですね。

 

気になる人は、公式ホームページを要チェックです。

日立(HITACHI)

日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ 8kg 上開き ホワイト BW-V80C W

価格:68,799円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立 商品名 BW-V80C
寸法・サイズ 幅608×高さ1000×奥行610mm 機能 カビ取り機能、自動お掃除
洗濯方式 縦型洗濯乾燥機 洗濯容量 8kg

日立 洗濯機 BW-V80Cの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

BW-V80Cは大人数分の洗濯をするご家庭におすすめです。

標準洗濯が33分は洗濯機の中でも早い方だと思います。機能性、デザイン性は申し分ないです。

 

価格も比較した中ではBW-V80E以外はどれもあまり変わらないかなという印象で、機能性や使い勝手を求めるならBW-V80Cで決まりだと思います。

 

新型のBW-V80Eは販売前なのですが、「AIお洗濯」の機能が気になります。

価格が新型ということもあり約13万ほどしますが、発売してからBW-V80Cと比べて考えるのもいいかと思います。

 

BW-V70Cは少人数用のコンパクト洗濯機になるので、洗濯スペースがそんなに取れない人におすすめです。

 

BW-V80Bは洗濯時間が2分ほど遅く機能性もBW-V80Cと変わらないのに価格が高いのでおすすめはしません。

 

この記事を参考にご自身でも製品や口コミを検索して頂きご自身にあった洗濯機を選んでみてください。

関連する商品

縦型洗濯機の人気商品