Etymotic Research ER4XR イヤホンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.5
最安値:¥39,800
Etymotic Research ER4XR イヤホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Etymotic Research ER4XR イヤホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

ER4XRのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

Etymotic Research ER4XR イヤホンの商品情報

Etymotic Research

【国内正規品/メーカー保証2年】Etymotic Research カナル型イヤホン BA型 ER4XR

価格:41,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーEtymotic Research商品名ER4XR
タイプカナル型装着方式両耳
プラグ形状 ミニプラグコード長(m)1.5
その他機能リケーブル対応

Etymotic Research ER4XR のおすすめポイント

低音が強化されていて躍動感あるサウンドを実現

ER4XR は低音を強化しリスニング用に最適化された、最上級のリスニングイヤホンです。低音を強化していますが、高い解像度はそのままに保たれていますので力強さに溢れた躍動感のあるサウンドが楽しめます。

アルミ製ボディでサウンドがクリア

ER4XR のボディには、アノダイズド加工という耐磨耗性や耐腐食性の向上のために表面に酸化アルミニウム皮膜を形成する加工が採用されています。製品の表面の加工がしっかりと施されているため、歪みの無いクリアなサウンドが実現できています。

圧倒的な遮音性

ER4XR はノイズを最大98%遮断するという最高クラスの遮音性が実現されています。装着時は周囲のノイズをほぼ遮音してくれています。そのため、音楽や動画などの音量を必要以上に上げることなく楽しめるため、耳にやさしいアイテムです。

Etymotic Research ER4XR の徹底レビュー(評価・口コミ)

Etymotic Research ER4XR の悪い点をレビュー

値段が高い

値段が高く同じ価格帯であればもう少し機能のいいアイテムを見つけられるのではないかというレビューです。人によって価値観や満足感は大きく変わります。実際に商品と手に取り、耳で聴いてから購入を検討することがおすすめです。

中高音域の音質が悪い

低音強化したモデルですが、低音を強化した分中高音域の聞こえが悪いというレビューも散見されています。スペック上は ER4SR などと変わりませんが、実際に装着した方のからの指摘があります。イヤホン購入は一度自分の耳で確かめてからの購入がおすすめです。

リケーブル対応ではあるが該当アイテムが少ない

リケーブル対応と公表されていますが、取付口に段差があり適合できるアイテムが少なく実質的にリケーブル出来ないというレビューも散見されます。感じ方は個人差がありますが、一周して純正が一番だったというレビューが存在するのも事実です。特に強いこだわりがなければ、製品を純正のまま楽しむのも悪くないかもしれません。

Etymotic Research ER4XR の良い点をレビュー

低音がしっかりときれいに聴こえる

商品のこだわりのポイントが低音強化ですので、製品の良さをストレートに感じているレビューが多く見られています。ER4SR と迷われた方も低音の臨場感の違いでから ER4XR に購入を決めた方もいます。一度購入前に自身で低音を感じてから購入されることをおすすめします。

原音の再現率が高い

音質がいいというレビューも多く見られますが、原音の再現率が高いという口コミも散見されています。音楽にこだわりを持たれている方かもしれません。ER4XR は高精度のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載しており、20Hz~16,000Hzの周波数帯において、90%以上の原音再現率を誇っています。

遮音性がとても高い

ER4XRの遮音性の高さについて高評価のレビューは多く見られています。外音や雑音が入らずにクリアな音質を楽しめることは、イヤホン選びの大きなポイントです。中には外で使用するには遮音性が高すぎて危険だというレビューもありました。確かに外出時には周囲に気を配る必要があります。

Etymotic Research ER4XR の口コミを集めました

装着感が非常に劣悪、コストパフォーマンスも悪い。リスニング限定ならばより良いイヤホンがあると思うし。

出典:https://review.kakaku.com

装着感が悪い点と、コストパフォーマンスが悪いという口コミです。装着感については人それぞれの好みがありますので、店頭で実際に装着体験されてから購入を検討した方がいいかもしれません。

エティモの低音をしっかり聴くにはラージの3段キノコの3段目までしっかりと挿入する必要があります。 小さいサイズの3段キノコをどんなに突っ込もうとエティモの低音は聴き取れません。

出典:https://review.kakaku.com

小型のイヤーパッドを使用していると100%の良さは引き出せないとの口コミです。イヤーパッドの適正な大きさは個人によって差があると思いますが、実際にさまざまなイヤーパッドを試して音質の違いを聴き比べてみるものいいかもしれません。

MMCX規格に準拠しておりリケーブル可能となっておりますが、取付口に段差があり実際のところ適合するケーブルは現状あまりありません 少なくともソニーのMUC-M2BT1との接続はできませんでした

出典:https://review.kakaku.com

公式のスペック表にもリケーブル対応となっていますが、取付口に段差があり適合するケーブルがあまりないとの口コミです。ケーブルの長さが1.5mと長すぎるという口コミもありました。現状、適合するケーブルの種類が少ないため既成の状態で使用するのがおすすめです。

【外音遮断性】 危ない。外での使用はやめましょう。

出典:https://review.kakaku.com

外音遮断性はとても高いという口コミです。しかしながら、遮断性が高くて外で使用すると外部の音が聞こえなくて危ない目にあったのかもしれません。音楽を楽しみながらの外出は楽しいものですが、日常の危険もありますので使用環境には注意して使用した方がいいですね。

特筆すべきは、全音域に渡ってキラキラした音に聞こえます。ギターの弦を交換した後のあの感じと言ったら、伝わるでしょうか? ボディが金属製なので、フィルターやチップの交換のときも安心です。大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ER4Sの派生形モデルのER4Pから買い替えられた方からの大満足の口コミです。全音域に渡ってきれいに聴こえるという評価です。低音がしっかりと聴こえることで他の音域も印象的に聴こえるという効果もありそうです。

まぁ素晴らしいの一言。クリアで、繊細で、キレがあって、ボーカルの細かな息遣いも聴こえて、女性ボーカルは艶があって、尚且つフラットで、ずっと聴いていたい気持ちになる。

出典:https://review.kakaku.com

音質に満足されているという口コミです。Etymotic Research社の製品はとても評判が高く満足度が高い商品が多いです。あまり音質にこだわらないという方も一度試してみると、音質に感動するかもしれません。

素晴らしいの一言です! ソースをありのままに描くフラットさを残しつつも、低音を持ち上げ、力強い音作りとなっています。一方、中高域ではボーカルはもちろん、ストリングスやギターも生々しいくらいの表現力があります。

出典:https://review.kakaku.com

低音も中高域も表現力のあるサウンドで満足しているという口コミです。低音強化モデルですので、低音を意識して聴いたときに本当の魅力が理解できるのかもしれません。

あまり目立たないが、それなりの高級感がある。その独特の外観から知る人は一目で分かるのも良い。

出典:https://review.kakaku.com

デザインが高級感があり気に入っているという口コミです。イヤホンはとても地味に感じるかたもいるかもしれませんが、さりげなくブランドロゴやデザインでおしゃれをできるポイントです。

Etymotic Research ER4XR の関連商品と比較する

Etymotic Research ER4XR と ER4S 違い

Etymotic Research

【国内正規品】 Etymotic Research イヤホン ER-4S-B

価格:37,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ER4S は2005年にEtymotic Research社から発売されたモニター系イヤホンです。2005年の発売以降お手頃な価格帯の派生モデルの発売はありましたが、ER4S の後継機にあたるモデルの発売はありませんでした。そして2016年、11年ぶりに後継機として発表されたのがER4SR と ER4XRです。ER4S と ER4XRの比較をしていきます。

 

ER4XR と ER4Sですが、Etymotic Research社の特徴とも言えるイヤーパッドの形状やアルミ製ボディは全く同じ形状で作成されています。再生周波数帯域20Hz~16kHz、インピーダンス45Ω、ノイズ減衰量35~42dB、最大出力音圧122dB SPL、感度98dBと基本性能まで全く同じです。

 

ER4XR と ER4S はスペック上は同じですが、一番大きな違いは低音が強く出ることです。低音の出し方のみが変化したモデルと言えます。ER4S の利用者からのリクエストの中で一番多かった低音強化に注力したモデルに仕上げられています。

 

 

Etymotic Research ER4XR と ER4SR の違い

Etymotic Research

【国内正規品/メーカー保証2年】Etymotic Research スタジオリファレンスイヤホン BA型 ER4SR

価格:37,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ER4XR と ER4SR は ER4Sの後継機として、2016年8月に発売された商品です。ER4S は大ヒットかつロングセラーの商品でしたので、待望の発売と期待しているかたが多かったアイテムです。ER4XR と ER4SR についてですが、基本スペックはほとんど変わりがありません。

 

ER4XR と ER4SR の違いについてですが、音の出し方に大きな違いがあります。ER4XR は低音がしっかりと聞こえるように作られており、ER4SR は原音のように聞こえるように作られています。ともにクリアな音質に聞こえるのは間違いないですが、同じ音楽を聴いても聞こえ方が大きく変わっています。

 

ER4XRではベースやドラムの音が前面に聴こえて圧倒されるというイメージをされてもいいかもしれません。バランスの良い低音をきれいに演出してくれます。対して ER4SRは中高音がクリアに聴こえるということが特徴です。ボーカルの小さな吐息まで聴こえるというイメージがぴったりかもしれません。

 

ER4XR は低音を楽しみたい方向け、ER4SR は中高音を楽しみたい方向けに分けられます。

Etymotic Research ER4XR の総合評価

Etymotic Research

【国内正規品/メーカー保証2年】Etymotic Research カナル型イヤホン BA型 ER4XR

価格:41,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Etymotic Research ER4XR イヤホンについて、商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

力強さに溢れた躍動感のあるサウンドが楽しめること

アルミ製ボディで外見も格好良く、歪みのないサウンドを楽しめること

遮音性がとても高く、音そのものを十分に感じられること

 

以上のことから、

 

・高解像度できれいな音質を楽しみたい方

・ドラムやベースのような低音をさらにしっかりと楽しみたい方

・ノイズキャンセル機能が充実しているイヤホンを探している方

 

そのような方は、Etymotic Research ER4XR イヤホンを一度試してみることをおすすめします。

関連する商品

イヤホンの人気商品