HTC Desire EYE 携帯電話・スマートフォンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.4
最安値:¥23,500
HTC Desire EYE の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、HTC Desire EYE がどんな人におすすめなのかを評価しました。

Desire EYEのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

HTC Desire EYE 携帯電話の商品情報

HTC Desire EYE の基本スペック

HTC

HTC Desire Eye SIMフリー スマートフォン レッド DESIRE-EYE-RD

価格:23,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーHTC商品名Desire EYE
キャリアSIMフリー発売時期2015年10月
RAM2GBROM(ストレージ容量)16GB
CPUSnapdragon 800 MSM8974CPUコア数クアッドコア
画面サイズ5.2 インチ解像度1920x1080
バッテリー容量2400 mAh前面カメラ画素数1300万画素
背面カメラ画素数1300万画素サイズ73.8x151.7x8.5 mm
重量154 gその他機能防水機能、Bluetooth 4.1、テザリング対応

HTC Desire EYE のおすすめポイント

1300万画素搭載+デュアルLEDフラッシュ

HTC Desire EYE はアウトカメラとインカメラの両方が1300万画素の画素数を誇ります。自分撮りをしっかりと楽しみたい人にとってはとても素晴らしい性能です。また両方のカメラに対して、デュアルLEDフラッシュが自動でフラッシュの調整をしてくれるため、自然な肌色を演出してくれるだけなく、暗い場所での撮影もきれいに行えます。

Eye Experience で写真の楽しみが増える

HTC Desire EYE は Eye Experience を搭載しています。Eye Experienceは写真の加工アプリなどを起動しなくても、リアルタイムで美肌効果を確認しながら撮影できたり、誰かとの顔の合成写真の撮影や、メインカメラとインカメラを同時に起動して撮影者と被写体を同時に撮影できる機能などを搭載しています。

防水防塵対応で安心して使用できる

HTC Desire EYE は防水と防塵にしっかりと対応しています。IPX7・IP5Xという規格ですので、万が一の水没にも耐えられるとされています。お風呂場などでの撮影も楽しむことができますし、濡れた手でスマートフォンを扱っても問題ありません。

HTC Desire EYE の徹底レビュー(評価・口コミ)

HTC Desire EYE の悪い点をレビュー

バッテリー消耗が激しい

バッテリーの消耗が激しいというレビューが見られます。HTC Desire EYE のバッテリー容量は2,400mAhです。バッテリー容量としては大きいほうですが、使用環境によっては電池の消費が速いと感じる方もいるのかもしれません。Bluetooth機能などをONにした状態だと電池消耗が通常よりも多くなるということもありますので、必要のないアプリや機能をOFFにすることも重要です。

本体がとても安っぽい

本体がとても安っぽいというレビューも見られます。本体の高級感や頑丈さを気にする方からのレビューです。Desire EYEはカメラ機能にこだわりがあり、本体に対して高級感の演出などはこだわられていないのかもしれません。防水や防塵はしっかりとされていますので、見かけではない部分はしっかりと丈夫に作られています。

プリインストールされているアプリが多すぎ

最初からプリインストールされているアプリが多すぎるというレビューです。中には端末の初期化を行ってもシステムだけで6.8GB/16GBも使っていたというレビューも存在します。Desire EYE はmicroSDを使用できますので、容量を気にされる方はメモリーカードの準備も忘れずに行ったほうがいいかもしれません。

HTC Desire EYE の良い点をレビュー

写真がきれいに撮れた

Desire EYE は写真をきれいに撮るために作られたスマートフォンといっても過言ではありません。特に自分撮りの比率が多い方にはとてもおすすめです。インカメラも1300万画素の性能を持っているため、写真画質に満足すること間違いありません。

数多くのカメラ機能搭載で楽しめる

Desire EYE は画素数のみならず編集機能も充実しています。Desire EYE には、美肌効果、フェイスフュージョン、Photo Booth、スプリットキャプチャというような、編集機能などが充実して搭載されています。写真編集アプリなどをダウンロードしなくても、初期でインストールされている機能で十分に楽しめるアイテムに仕上がっています。

防水対応で安心

防水対応で安心もできるというレビューも多くみられます。防水対応がしっかりと行われているため、水場での写真撮影や濡れた手での使用も全く問題ありません。どんな状況においても撮りたいときに撮れるという部分でとても人気があります。携帯端末に防水や防塵対策は必須です。

HTC Desire EYE の口コミを集めました

電池の減りは早いです。 ・1日に通話なし、お昼にちょっとネット使用で 残78% ・1日に通話約11回 お昼にネット      残38〜48% ※消費電力モードにすると約20%くらいUPするため、動画見なければ1日持つと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

電池の減りが早いという口コミです。具体的な電池残量を記載してくれています。スマートフォンのバッテリー消費は、裏で動いているアプリなどさまざまな要素によって変動します。どうしてもバッテリー消費が気になる場合は、モバイルバッテリーの携行も視野に入れた方がいいかもしれません。

容量が16GBと少ない事と、写真もある条件が揃うと綺麗に撮れますが、 iphoneの方が簡単に綺麗に撮れる感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

写真はきれいにとれるものの保存容量の少なさと他機種と比較して写真が高い満足度を感じないという口コミです。保存容量については、外部のメモリーカード対応なのでmicroSDカードにて対応は行えます。

いったん電源を落とすと4GとかHとかの記号が消えてしまい電波がつかめません。電源を切ると電波掴めなくなるのが頻繁に起こるから、値段からしたら購入は控えた方がいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

一度電源を落とすと再起動時に電波を受信しないという口コミです。SIMフリーの端末ということになっていますが、APNプリセットされていない格安SIMについては動作保証外の様です。購入されるSIM選びも慎重に行った方がいいかもしれません。

背面カメラについては良く撮れれば綺麗ではあるのですが正直なところピント合わせが他の機種に比べて精度が低い気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

メインカメラのピント合わせの精度が満足できていないという口コミです。カメラ機能がおすすめな機種ですので、高い期待度をもって購入された方からすると物足りない印象を抱く部分もあるのかもしれません。

画面も綺麗ですしスピーカーの音質も良いので動画鑑賞をよくする方にはお勧めできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

搭載されているステレオスピーカーに満足されているという口コミです。動画再生や音楽再生を楽しみときにスピーカー音質は重要なポイントですよね。ステレオスピーカーを搭載しているのでとてもクリアな音質を楽しめます。

androidはデザインがいまいちなものが多い中、 Desire Eyeはカラーリング、マットな質感など、個人的に目を惹かれるものがありました。 特にスカーレットはiPhoneユーザにもピンと来るものがあるのでは。

出典:https://www.amazon.co.jp

Desire EYE のデザインや肌触りにとても満足されているという口コミです。デザインや質感はそれぞれの好みの部分が大きいですが、デザインなどが気に入っているという口コミは多く見られています。常日頃持ち歩くスマートフォンですので、好きなデザインの端末を持ち歩いている方がいいですね。

ナビゲーションバーのボタン追加や位置変更が可能だったり、キーボードの位置やサイズ変更が可能だったり、通知から呼び出せるクイックアイコンを変更できたりと、かゆい所に手が届く多数の設定項目だと思います。これらの設定により片手操作が本当にやりやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

端末の操作性がとても高く使いやすいという口コミです。長く使う端末において端末の操作性というのは重要なポイントです。最初のうちは戸惑うことも多いかもしれませんが、機種操作になれたら使い勝手に対して満足を得られると思います。

実際使用してみての感想ですが、最新のスマホゲームをやらない限りは不満ありません。 ラインやウェブ検索をしていてカクつくなどはないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

基本的なスマートフォンの動作に対しては満足しているという口コミです。重い動作を必要とする3Dゲームなどは快適には行えないかもしれませんが、ゲームなどを行わずに日常使いであれば全く問題なく快適に使用できているかたが多いです。

HTC Desire EYE の関連商品と比較する

HTC Desire EYE と Desire 626 の違い

HTC

HTC Desire 626 SIMフリー スマートフォン ピンク DESIRE-626-PK

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HTC Desire EYE と Desire 626 ですが、基本スペックは Desire EYE の方が優れている機種です。ポイントを何点か紹介します。

 

まずはカメラ機能の違いです。 Desire EYE はアウトカメラとインカメラともに1300万画素を搭載していますが、 Desire 626 はアウトカメラこそ1300万画素搭載ですがインカメラは500万画素です。自分撮りなどでは圧倒的に写真のきれいさが変わってきます。またHTC Desire EYEはデュアルLEDフラッシュを搭載していますが Desire 626 は非搭載です。

 

防水と防塵に対してですが、 Desire EYE はIPX7・IP5Xとなっており対策はしっかりと施されています。それに対して Desire 626 は防水と防塵については公表されていません。防水や防塵機能を気にされる方は、Desire EYE を選ばれた方がいいと思います。

 

次にバッテリー容量です。Desire EYE は2400mAhのバッテリー容量に対して Desire 626 は2000mAhのバッテリー搭載となっています。スマートフォンを使用しているなかで電池残容量はとても気にするポイントだと思います。

 

画面の解像度とCPUについてですが、Desire EYEの解像度は1920×1080のフルハイビジョンですが、Desire 626は1280×720のハイビジョン対応です。またCPUについても、Desire EYEがSnapdragon 801を搭載しているのに対してDesire 626はSnapdragon 410を搭載しています。Desire EYEの方が処理速度は速い機種です。

HTC Desire EYE と J Oneの違い

htc au

HTL22 HTC J One ホワイト

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HTC Desire EYE とJ Oneの違いですが、本体サイズや液晶の大きさや見やすさバッテリー容量などは若干の違いはあるものの大きなさはありません。スペックについてはDesire EYEの方が優れている点があります。

 

一番大きな違いはカメラ機能です。アウトカメラですが Desire EYE は1300万画素に対してJ Oneは400万画素と900万画素もの違いがあります。写真のきれいさを計る1つの指標ですのでDesire EYEの方が圧倒的に優れていると言えます。インカメラについてもDesire EYE が1300万画素に対してJ One は210万画素です。写真を楽しみたい方は Desire EYE がおすすめです。

 

次はCPU性能の違いです。Desire EYEは4コアで2.3GHzに対してJ Oneは4コアで1.7GHzです。Desire EYEの方が処理速度が速く、アプリやゲームにおける快適度が大きく変わってきます。処理速度の快適さを求めるのであれば、Desire EYEの方がおすすめです。

HTC Desire EYE 携帯電話の総合評価

HTC

HTC Desire Eye SIMフリー スマートフォン レッド DESIRE-EYE-RD

価格:23,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HTC Desire EYE 携帯電話について、商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

デザインがとてもシンプルであり、SIMフリーな端末であること、写真撮影機能と編集機能が充実していること、インカメラが1300万画素と自分撮りにとても向いていること、防水・防塵対応も十分でさまざまなシーンで安心して使用できること。

 

以上のことから、SIMフリーの端末でシンプルでおしゃれな端末をお探しの方、写真撮影や写真編集を十分に楽しみたい方、写真撮影の中でも自分撮りを主に楽しみたい方、防水・防塵が万全でさまざまなシーンで写真を楽しめる端末をお探しの方は、HTC Desire EYE 携帯電話を一度試してみることをおすすめします。

関連する商品

携帯電話・スマートフォンの人気商品