シャープ LC-50US45 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.8
最安値:¥86,184
シャープ LC-50US45 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、シャープ LC-50US45 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

LC-50US45のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

シャープ AQUOS LC-50US45の商品情報

シャープ AQUOS LC-50US45の基本スペック

シャープ(SHARP)

シャープ 50V型 液晶 テレビ AQUOS LC-50US45 4K HDR対応 低反射「N-Blackパネル」搭載 2017年モデル

価格:88,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーシャープ(SHARP)商品名LC-50US45
画面サイズ50 インチ画素数3840x2160
画質4K録画機能外付けHDD
寸法/サイズ1126x719x271 mm重量22 kg
機能自動録画機能省エネ性能(★~★★★★★)★★★

シャープ AQUOS LC-50US45のおすすめポイント

フロントオープンサウンドシステム

前方から声が聞こえるリフレクター構造と、開口率を高めるために、スピーカーネットをなくした前面開口の新機構により、クリアで音抜けの良いサウンドをダイレクトに届けることができる、「フロントオープンサウンドシステム」を搭載しています。

リッチブライトネス

独自の高効率LEDバックライトシステムにより、消費電力を抑えたまま画面輝度を高めることができる「リッチブライトネス」という機能を搭載しています。HDRコンテンツや地上デジタル放送などを明るくクリアな映像で表現することができます。

リッチカラーテクノロジー

LEDバックライトと色復元回路により、地上デジタル放送で使用されている色域(ITU-R BT.709)を超える豊かな発色を再現することができる、「リッチカラーテクノロジー」という機能を搭載しています。

シャープ AQUOS LC-50US45の徹底レビュー(評価・口コミ)

シャープ AQUOS LC-50US45の悪い点をレビュー

スピーカーレベルの柔らかい音は出ない

LC-50US45は「フロントオープンサウンドシステム」を採用しているので、一見音質が高そうに思えますが、あくまで音を前面に出す機能なので、音の厚みや柔らかさなどは従来のテレビと大差ないレベルと言われています。

4Kチューナーが搭載していない

LC-50US45は4K映像に変換した地上デジタル放送を映すことが可能な製品なのですが、地上デジタル放送を4K映像に変換するチューナーが付いていません。4K映像で地上デジタル放送を楽しむには、チューナーを別途購入しなければならないというデメリットがあります。

応答時間が若干長い

口コミを見る限り、LC-50US45のリモコン自体に対する評価は高かったものの、チャンネルや入力切替の応答時間が長いとのレビューがかなりありました。そこまで大きな問題ではないものの、毎日使うとなると少々面倒な部分となるのではないでしょうか。

シャープ AQUOS LC-50US45の良い点をレビュー

リモコンの操作性が高い

LC-50US45のリモコンに対する評価は、ほとんどのサイトで高評価が大半です。ボタンの大きさや感度だけでなく、直感的に操作方法を理解できるUIデザインの高さの評判もいいので、お子様でも問題なく使うことができるでしょう。

残像が少ない

4Kテレビの中にも、残像が多く画面が見づらい製品もあるのですが、LC-50US45の場合は残像がかなり少なくなっています。FPSなどをすると特にわかりやすいのですが、LC-50US45の画質はとにかくヌルヌル動くのでおすすめです。

スリムな本体デザイン

LC-50US45は50インチと大きい部類に入るテレビですが、サイズの割に圧迫感がないという声を口コミで多数散見します。本体の薄さだけでなく、スタンドもコンパクトなので、インテリアを壊す心配もないでしょう。

シャープ AQUOS LC-50US45の口コミを集めてみました

画質も音も満足していますが、リモコンがコンパクトなのは良いですが使いづらいのとテレビ台と音の機能の性か他社より重いです

出典:https://review.kakaku.com

今回紹介した製品は基本性能は低くないですが、スピーカー部分の形状から見てわかるように、音質はあまりよくありません。フロントオープンサウンドシステムにより前面からは聞こえるものの、やはり性能は他社製品には劣るようです。

他の方も書かれているようにPC接続時の応答性能が初期設定ではかなり悪く感じます。 しかしゲームモードにすればそれほどの遅延は感じなくなります。

出典:https://review.kakaku.com

今回紹介した製品の応答性能はあまり高くありません。ゲームモードでは改善するようですが、PC接続時に応答性能が低くなるのは、かなり大きいデメリットとなるのではないでしょうか。

音に関して良い/悪い両方の口コミがありましたが、一言で言うなら、迫力不足です。設定を変更しても音の広がりはなく迫力も無いので残念です。映画等はシアターシステムを利用しているので影響ありませんが、TV視聴ではガッカリです

出典:https://www.amazon.co.jp

今回紹介した製品の音質はあまりよくありません。スピーカー部分の大きさがあまりに小さいため、迫力には欠けるようです。スピーカーとの併用をおすすめします。

画質の良さと、音質のよさに満足。耐久性はまだ不明。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質が悪いという口コミもありますが、個人差はあるみたいなので、普通に地上デジタル放送を見る分には問題ないのかもしれませんね。耐久性に関しては、排熱構を定期的に掃除していれば、長く持つでしょう。

US45でこの価格はコスパ最高です。 野球中継のホームランシーンや、ゴルフの中継シーンでボールがブレる(2重、3重)ように 見えることがあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ホームランシーンやゴルフのショットのような高速で描写が変化する映像に対しては、残像が発生することがあるようです。高速に動く被写体には対応できないようです。

そりゃぁ有機ELに比べたら画質は落ちるでしょうよ…。が、そこは「腐っても鯛」的なSHARPの液晶!地デジでもBlu-ray再生でも、素人が観るには美しすぎます(*^^*) ONKYOさんと共同開発したスピーカーも、今まで使っていたCL-32H11の残念な音に比べたら月とすっぽんの差です。

出典:http://dalr.valuecommerce.com

今回紹介した製品は画質音質ともに高い水準のテレビなので、多くの方にとって良い商品となるでしょう。有機ELには劣るものの、高い画質には変わりなく、コストパフォーマンスも良いのでおすすめです。

50~55インチくらいで手ごろな4Kテレビを物色していました。17年式ですが、液晶は18年式のAJ1より良いものが使ってあり、ゲーム映像などは4Kらしくクリアに見えます。音もONKYOとのコラボで、これまで使っていたLGとは雲泥の差があり満足しています。

出典:http://dalr.valuecommerce.com

LGよりも映像表現に優れているということは、相当画質がいいということですね。ゲーム映像を4Kで、さらに50インチでとなると、相当な迫力になるでしょう。

おおむね満足です。ネットで調べるとまあすべてにおいて平均的なタイプかなと思い購入しましたが音質にかけては10年前のAQUOSに劣ります。まあ他社の4Kテレビも音質は問題ありみたいなので仕方ないのかな。画質、使い勝手は問題ありません

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

画質に関しては問題ないようですが、音質に関しては、やはりあまり良くないようです。前に出るだけで、決して音圧や柔らかさがあるわけでないので残念なポイントです。

シャープ AQUOS LC-50US45の関連商品と比較する

シャープ LC-50US45とLC-55US45の違い

シャープ(SHARP)

シャープ 55V型 液晶 テレビ AQUOS LC-55US45 4K HDR対応 低反射「N-Blackパネル」搭載 2017年モデル

価格:99,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LC-55US45はLC-50US45と同じシャープから発売されているAQUOSシリーズの4Kテレビです。

 

LC-55US45とLC-50US45は、「画面サイズ」「消費電力」「待機消費電力」において違いがあります。

 

画面サイズについては、LC-50US45は画面サイズが1126x719x271 mmであるのに対し、LC-55US45の画面サイズは1231x794x341 mmとなっています。

 

消費電力については、LC-50US45は消費電力が190 Wであるのに対し、LC-55US45の消費電力は220 Wとなっています。

 

待機消費電力については、LC-50US45は待機消費電力が0.3 Wであるのに対し、LC-55US45の待機消費電力は0.15 Wとなっています。

消費電力はLC-55US45の方が画面サイズが大きい分、消費が激しいですが、待機消費電力に関してはLC-50US45よりも、画面の大きいLC-55US45の方が優秀です。

 

LC-55US45とLC-50US45の違いに関する結論としては、待機時の省エネ性能に関してはLC-55US45の方が優秀で、コストパフォーマンスに関してはLC-50US45の方が優秀です。節約を重視する方にはLC-55US45を購入する方が得策だといえるでしょう。

シャープ LC-50US45とLC-50US5の違い

シャープ(SHARP)

シャープ 50V型 液晶 テレビ AQUOS LC-50US5 4K 低反射「N-Blackパネル」搭載 Android TV

価格:84,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LC-50US5はLC-50US45と同じシャープから発売されているAQUOSシリーズの4Kテレビです。

 

LC-50US5とLC-50US45は、「自動録画機能」「待機消費電力」において違いがあります。

 

自動録画機能については、LC-50US45は自動録画機能を搭載していますが、LC-50US5は搭載していません。

LC-50US5は好きな芸能人やアニメのキーワードを入力して自動で録画してくれないので、使う方にとっては大きな差になるのではないでしょうか。

 

待機消費電力については、LC-50US45は待機消費電力が0.3 Wであるのに対し、LC-50US5の待機消費電力は1 Wとなっています。

 

LC-50US5とLC-50US45の違いに関する結論としては、機能面に関してはLC-50US45の方が優秀で、コストパフォーマンスに関してはLC-50US5の方が優秀です。自動録画機能を重視する方にはLC-50US45を購入する方が得策だといえるでしょう。

シャープ AQUOS LC-50US45の総合評価

シャープ(SHARP)

シャープ 50V型 液晶 テレビ AQUOS LC-50US45 4K HDR対応 低反射「N-Blackパネル」搭載 2017年モデル

価格:88,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープ AQUOS LC-50US45 テレビについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

商品概要についてですが、価格やスペック面を考慮した上で、どの方にも非常にお求めやすいタイプの商品といっても過言ではありません。

 

続いて、おすすめポイントについてですが、やはり、「フロントオープンサウンドシステム」と「リッチブライトネス」と「リッチカラーテクノロジー」は、ご購入を検討する上で大事な要素になりますし、特に「リッチカラーテクノロジー」に関しては、映像の鮮鋭さを重要視する方にとって、ご購入の決め手だと言えるでしょう。

 

続いて、口コミやレビューについてですが、Amazonや価格.comを見る限り、ポジティブなレビューの方が多い印象です。

レビューを見る限り、LC-50US45のご購入は満足できるものなのではないでしょうか。

 

最後に、総合的な評価やおすすめ度合いに関してですが、デザイン面、スペック面、レビューの印象など、全ての要素を加味した上で、多くの方にとって非常に良い商品になるでしょう。

関連する商品

テレビの人気商品