キャノン TM-200 プリンターの評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥142,800
キャノン TM-200 プリンターの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、キャノン TM-200 プリンターがどんな人におすすめなのか評価しました

TM-200のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

キャノン TM-200の商品情報

キャノン TM-200の基本スペック

キヤノン

キヤノン 3062C001 大判プリンター imagePROGRAF TM-200

価格:142,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーキャノン 商品名TM-200
寸法サイズ982x748x439 mm重量約41kg
最大用紙サイズA1最大給紙枚数50枚
機能多言語ポスター作成アシスト機能 折り返し両面機能 TMシリーズ共通プリンタードライバー

キャノン TM-200の純正インクカートリッジ

キヤノン

Canon 純正インクタンク マゼンタ PFI-102M

価格:4,300円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャノン TM-200に対応している純正のインクタンク(カートリッジ)です。純正のため、価格は高めですが、代替品でインク交換する際はリスクを伴うので、基本的には純正の使用をおすすめいたします。

キャノン TM-200の互換インクカートリッジ

INKUTEN

INKUTEN ( TM )互換インクカートリッジ交換Canon PGI - 1200 X L高イールド( 2ブラック, 1シアン、マゼンタ1 , 1イエロー) 5パックと互換性Canon Maxify mb2020、mb2050、mb2320、mb2350

価格:14,789円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャノン TM-200に対応している、インクカートリッジです。純正のカートリッジではないため安価ですが、故障時のメーカー保障が効かない場合があるので、注意が必要です。

キャノン TM-200のおすすめポイント

USBからダイレクトで印刷が可能

TM-200はUSBを挿して直ぐに印刷を行うことが出来ます。今まで面倒だった、USBメモリからの印刷もTM-200を使えばスムーズに行うことが出来ます。資料を何枚も印刷する、学生や研究者の方にとっては、非常にありがたい仕様ではないでしょうか。

「LUCIA TD」インク

TM-200は「LUCIA TD」インクを採用しています。従来のインクよりも表面張力が強いインクのため、インクが滲むことがなく、繊細かつ高い彩度でプリントすることを可能としています。マットなインクのため、速乾性にも優れています。

フルフロントオペレーション

TM-200は前面に機能を集合させた「フルフロントオペレーション」というデザインを採用しています。このデザインにより、置き場所のスペースにも困ることはありません。前面以外のスペースを気にすることなく設置できるので、家庭での使用にも向いているでしょう。

キャノン TM-200の徹底レビュー(評価・口コミ)

キャノン TM-200の悪い点をレビュー

値段が高い

TM-200はプリンターとしての基本的な機能の他に、様々な応用機能を備えており、UI的にもインテリア的にも高いデザイン性を発揮している良質な商品ですが、家庭用で使用するには少々、手を出し辛い価格設定となっています。

購入者が少ない

TM-200は優秀なプリンターなのですが、家庭用で使うには少々高めの価格となっています。そのため購入ユーザーが少なく、レビューもほとんどないので購入に至るまでの障壁や、購入後のセルフケアに関する情報が少ないのが少々、不便です。

特化した機能はない

TM-200は印刷や操作性に関しては非常に高水準で申し分のないプリンターなのですが、目玉の機能はこれといってありません。汎用的なプリンターではありますが、目玉の機能がなく20万円近い価格だと、少し魅力に欠ける印象です。

キャノン TM-200の良い点をレビュー

スピーディーなプリント

TM-200はマットで表面張力の強いインクを使用するのですが、従来のスタイルから使用するインクの特性に合わせたノズルやインク流路を一新しています。最適化されたインク噴射により、プリントスピードをより速くすることを可能としています。

静音性に優れている

TM-200は高速プリントを可能としたプリンターながら、静音性にも非常に優れております。プリンターは吸引ファン、カッター、用紙搬送、排気ファンなどから主に騒音が派生するのですが、TM-200はそれらを全て静音設計しています。

キャノン TM-200の関連商品と比較する

キャノン TM-200とTM-300の違い

キヤノン

キヤノン 3058C001 大判プリンター imagePROGRAF TM-300

価格:267,382円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TM-300はTM-200と同じキャノンから発売されているプリンターでTM-200の上位モデルとなる商品です。

 

TM-300とTM-200は、まずサイズが異なる点、次に最大用紙サイズが異なる点がデザインやスペック面に関して、大きく異なる点となります。

 

まずサイズが異なる点についてですが、TM-200は本体サイズが982x439x748 mm、本体質量が41 kgであるのに対し、TM-300は本体サイズが1289x1060x757 mm、本体質量60 kgがとなっています。

TM-200も大型の部類に入りますが、TM-300はより大型なのでオフィスでの運用がメインになってくるでしょう。

 

次に最大用紙サイズが異なる点についてですが、TM-200は最大用紙サイズがA1ノビであるのに対し、TM-300はA0ノビとなっています。

本体のサイズが大きくなった分、TM-300の方が大きいサイズに対応しています。

 

TM-300とTM-200の違いに関する総合的な評価についてですが、シリーズが同じということもあり、基本的な機能はほとんど変わりないです。消費電力も変わらないため、最大用紙サイズがA1ノビで問題ない場合は、わざわざTM-300を買うメリットは少ないでしょう。価格もTM-200の方が遥かに安いので、ご家庭での使用を考えられている方はTM-300よりもTM-200を購入すると良いでしょう。

キャノン TM-200とiPF610 plusの違い

キヤノン

キヤノン 大判プリンター imagePROGRAF iPF610 plus 8668B001

価格:192,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPF610 plusはTM-200と同じキャノンから発売されているプリンターです。

 

iPF610 plusとTM-200は、まず対応しているインク種類が異なる点、次に接続インテーフェースが異なる点、そしてサイズが異なる点がデザインやスペック面に関して、大きく異なる点となります。

 

まず対応しているインク種類が異なる点についてですが、TM-200は顔料だけの対応であるのに対し、iPF610 plusは顔料と染料対応可なっています。

TM-200よりもiPF610 plusの方が対応しているインク種類が多いので、互換インクのレパートリーも必然的に多くなります。これは使用的にはなかなか嬉しいメリットではないでしょうか。

 

次に接続インターフェースが異なる点についてですが、TM-200はUSB2.0 有線LAN 無線LANであるのに対し、iPF610 plusは有線LAN USB2.0となっています。

iPF610 plusの無線LANが使えない欠点は結構痛いですね。特にご使用の環境で既に配線がたくさんある場合は、少しでも無線LANで使用したいところなので、そういった方にとっては大きなデメリットといえるでしょう。

 

最後にサイズが異なる点についてですが、TM-200は本体サイズが982x439x748 mm、本体質量が41 kgであるのに対し、iPF610 plusは本体サイズが997x344x810 mm、本体質量が51 kgとなっています。

奥行はiPF610 plusの方が大きいので、寸法をしっかりと理解してから、購入すると良いでしょう。

 

iPF610 plusとTM-200の違いに関する総合的な評価についてですが、基本的な機能に変わりはないですが、iPF610 plusの無線LANが使えないので、TM-200の方が総合的に見ると良い商品と言えるでしょう。

キャノン TM-200の総合評価

キヤノン

キヤノン 3062C001 大判プリンター imagePROGRAF TM-200

価格:142,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TM-200について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

TM-200の商品概要についてですが、価格やスペック面を考慮した上で、どの世帯にも非常にお求めやすいタイプの商品といっても過言ではありません。

 

続いて、TM-200のおすすめポイントについてですが、やはり、「USBからのダイレクト印刷」と「「LUCIA TD」インク」と「フルフロントオペレーション」は、ご購入を検討する上で大事な要素になりますし、特に「フルフロントオペレーション」に関しては、置き場所を重要視する方にとって、ご購入の決め手だと言えるでしょう。

 

続いて、TM-200の口コミやレビューについてですが、Amazonや価格.comを見る限り、ポジティブなレビューの方が多い印象です。

レビューを見る限り、TM-200のご購入は満足できるものなのではないでしょうか。

 

最後に、TM-200の総合的な評価やおすすめ度合いに関してですが、デザイン面、スペック面、レビューの印象など、全ての要素を加味した上で、多くの方にとって非常に良い商品になるでしょう。

関連する商品

プリンターの人気商品