SONY SA-Z9R スピーカーの評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥27,468
SONY SA-Z9R スピーカーの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、SONY SA-Z9R スピーカーがどんな人におすすめなのかを評価しました。

SA-Z9Rのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

SONY SA-Z9Rの商品情報

SONY SA-Z9Rの基本スペック

ソニー(SONY)

ソニー SONY リアスピーカー HT-Z9F 専用 SA-Z9R

価格:27,468円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーSONY(ソニー)商品名SA-Z9R
用途タイプ-
形状-出力音圧レベル-
サイズ100x155x100 mm重量1 kg

SONY SA-Z9Rのおすすめポイント

HT-Z9Fと接続し、更なる臨場感を演出

HT‐Z9Fと接続して使用することで、さらに臨場感豊かな音声を楽しむことができます。 これにより、音に広がりや幅を持たせることができ、映画鑑賞やスポーツ観戦でもその臨場感を体験できることでしょう。 音質にこだわる方には、ぜひおすすめです。

ワイヤレスで接続が簡単

リアスピーカーの難点は、メインのスピーカーとの接続や設定が面倒なことです。 SA-Z9RとHT‐Z9Fの組み合わせなら、電源を入れると、ワイヤレスで自動接続をすることができ、面倒な設定を省くことができます。

シンプルで高級感のあるデザイン

黒くシンプルなデザインは、どんなインテリアにも調和しやすいデザインとなっています。また、HT‐Z9Fとの調和性も高く、まとまりのあるインテリアを実現することもできるでしょう。 シンプルなデザインのリアスピーカーを選びたい人におすすめです。

壁掛けにも対応できる

スピーカー本体の背面に、壁掛け用の穴が付いているため、壁に設置することもできます。 壁に設置すれば、スピーカーを置く場所に悩む必要がなくなるでしょう。 また、自由度の高いレイアウトを楽しむこともできるようになります。

SONY SA-Z9Rの徹底レビュー(評価・口コミ)

SONY SA-Z9Rの悪い点をレビュー

単体では音質は良くない

あくまでもHT‐Z9Fとのセット商品という位置づけの商品であるため、高いパフォーマンスを発揮するためには、HT‐Z9Fが必要となります。 そのため、単体での音質はそこまで良くないというレビューがいくつか見られました。

コンセントが必要

電源を入れるためには、付属の電源コードをコンセントにつなぐ必要があり、コンセントから遠い場所では設置がしづらいという意見がありました。 コードの長さも1.9mと決して長くはないため、追加で延長コードが必要になるケースもあり、不便だと感じることがあるようです。

価格が高い

SA-Z9R単体でのスペックに対して、値段が高いと感じる声が多くありました。 あくまでもHT‐Z9Fとセットで使用することで、本来のパフォーマンスを発揮できる商品なので、単体で購入するにはハードルの高い商品と感じるようです。

専用の設置台がない

背面に壁掛け穴が付属しているためか、専用の設置台が販売されておらず、設置に困ることがあるという口コミも見られました。 設置台がないことで、リアスピーカーをどう設置していいのか分かりづらく困った、というケースもあるようです。

SONY SA-Z9Rの良い点をレビュー

音に臨場感が出る

HT‐Z9Fと接続して使用することで、音に広がりを感じることができ、臨場感が出てよかったという口コミは多くみられました。 音質や音飛びも気になることなく、映像とともに、迫力のある音声を楽しむことができるようです。

ワイヤレスで簡単に接続できる

電源を入れてすぐに、自動で接続先のスピーカーを認識することができるため、面倒な設定や配線の必要がなくてよかったという口コミが多かったです。 ワイヤレスで簡単に設定できるのは、初心者にも安心の設計と言えるでしょう。

デザインが良い

HT‐Z9Fと同じ、黒いシンプルなデザインで、余計な付属品もなく高級感が感じられて良かったとの意見がありました。 HT‐Z9Fとの調和性も高く、インテリアにも馴染みやすいデザインで満足度が高いユーザーが多いようです。

SONY SA-Z9Rの口コミを集めました

リアスピーカー単体での音はこんなものかなぁ、、、って感じでした。サラウンドスピーカーとして映画鑑賞に使用すると価値を感じる事ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

HT‐Z9Fとセットという立ち位置の商品なので、単体での音質には満足度の低いユーザーが多いようです。 HT‐Z9Fと接続して、初めて本来のパフォーマンスを発揮できるのでしょう。

思ったよりもコンパクトでワイヤレスの為、設置も非常に楽です。設定もコンセントを挿したら勝手に認識してくれました。 それぞれにコンセントが必要なので設置場所が悩みました。 とても臨場感が増して映画鑑賞がますます楽しくなりました。 買って良かったです。

出典:https://www.biccamera.com

コンセントが必要になることで、設置場所に悩むという口コミはいくつか見られました。 HT‐Z9Fから電源を供給できるタイプなら、そこまで設置に悩む必要はなかったのかもしれません。

HT-Z9F買いついでに買ってしまった。 安いスピーカーをバナナのセット売りで高く買わせている感じ(ちょっと違うか) 無いよりあった方が良いけれど、なくてもよし。ちとコスパ悪い。そんなスピーカー

出典:https://www.amazon.co.jp

HT‐Z9Fとセットでないと、本来のパフォーマンスを発揮できないため、単体ではコストパフォーマンスの悪い商品とみられてしまうようです。 音質によほどのこだわりがなければ、リアスピーカーは買わなくても良いという意見もありました。

スピーカー間はワイヤレス接続で便利。臨場感を出すにはリアスピーカーはあったほうがよい。ちょっと高価。

出典:https://joshinweb.jp

リアスピーカーは、本体のスピーカーの補助的な役割を果たすものです。 補助的な立ち位置の商品にしては、値段が高いという印象が強いユーザーが多くいるようです。

Z9Fで視聴してた時に比べ臨場感がまったく違う!! さすがリアル5.1chサラウンド!音量を上げると映画館そのものです!! トップモデルのST5000も、Z9Fリアルサラウンドにはかないません・・・ アトモスの頭上からの音響も、こっちのサラウンドで聴いた方がリアルです。 コレで音楽も聴きましたが、4Kブルーレイのアトモスサラウンドの迫力はケタ違いに凄い!! 現在発売されてるサウンドバーセットでは最強システムです。

出典:https://www.amazon.co.jp

映画館のようなリアルサラウンドを自宅で楽しむことができる点が素晴らしいという評価が多かったです。4Kブルーレイと合わせることで、より迫力のある映像や音声を楽しむことができるでしょう。

HT-Z9Fを購入しそのままでも十分満足でしたが、やっぱりリアル5.1chを試してみたくなり購入しました 商品が届いてコンセントを繋げば即使えるのが良いです 煩わしい配線もなく、ワイヤレスってやっぱり偉大だなぁと感じました 唯一の不安だった音飛び?なども全然なく、しかもリアを追加したことによる映画とかの臨場感も感動するレベルでした もちろん金に糸目をつけないなら上はいくらでもあるでしょうが、コスパ的には十分見合っていると思います

出典:https://www.biccamera.com

面倒な配線や設定の必要がなかったのが良いというユーザーは多くみられました。HT‐Z9Fと接続して使用したときの、臨場感と音質の良さは、値段に十分に見合っているという見方もありました。

大人気のサウンドバーHT-Z9Fと同時に買いました。何といってもそのデザインがZ9Fにシンクロしていて、部屋のインテリアとしても雰囲気が良い。設置は電源コードを挿すだけで自動的に本体とペアリングするので超簡単です。本体リモコンのホームから詳細設定で距離を設定し、テストトーンを聴きながらすべてのスピーカーからの音が同じ大きさに聞こえるように音量レベルを調整すればセッティング完了となります。 電源コードは本体から外せないようなので、ラックの支柱の中を通せないのが少し残念でした。また、価格設定がやや高すぎる気がするので星一つ減らしましたが、品質的には満点です。いずれにしてもZ9Fの能力を完璧に引き出すには絶対必要なオプションと言えるでしょう。Z9Fと一緒に末永く愛用したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

デザインがHT‐Z9Fと調和することで、インテリアとしても満足度の高い商品であると評価が高かったです。設定がワイヤレスで簡単にできることも、高評価のポイントとしては高かったです。

Z9F専用のRスピーカーということで電源入れるだけの簡単設定。 小さいのにパワーがあって低音もしっかり効いている!!

出典:https://www.yodobashi.com

電源を入れてすぐに設定ができ、煩わしい配線の必要もないため、簡単という点は、満足度が高まるポイントなのでしょう。低温もしっかりしているという点も、音質にこだわるのであれば押さえておきたいポイントですね。

SONY SA-Z9Rの関連商品と比較する

SA-Z9R と SURROUND SPEAKERSの違い

BOSE(ボーズ)

BOSE SURROUND SPEAKERS ワイヤレスリアスピーカー ボーズブラック

価格:37,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BOSEから発売されているBOSE SOUNDBAR 500とBOSE SOUNDBAR 700のオプション用ワイヤレスサラウンドスピーカーです。ソニー SA-Z9Rと同じリアスピーカーという位置づけの商品として販売されています。 どちらも専用のサウンドバーにワイヤレスで簡単に接続して、迫力や臨場感のある音声を手軽に楽しむことができます。 口コミでは、BOSE SURROUND SPEAKERSは、専用のサウンドバー以外では互換性がないものもあるようなので、購入の際には気を付けておくのが良いでしょう。 サイズは、BOSE SURROUND SPEAKERSのほうが少し大きく、人によっては設置した後に圧迫感を感じる人もいます。よりコンパクトなリアスピーカーが欲しいという人には、SA-Z9Rをおすすめします。 また、BOSE SURROUND SPEAKERSは白と黒の2色展開となっています。白いスピーカーのほうがいいという場合には、BOSE SURROUND SPEAKERSがおすすめです。 販売している会社が違うので、安易な比較は難しいですが、口コミではどちらも音質は良く、リアスピーカーとしての性能は互角といったところです。 BOSE SURROUND SPEAKERSのほうが、値段が6000~7000円ほど高くなっているため、少しでも価格を抑えて購入したい場合には、SA-Z9Rが良いでしょう。

SA-Z9R と WX-051の違い

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハ ワイヤレスストリーミングスピーカー アンプ内蔵/Wi-Fi/Bluetooth/MusicCast対応 ブラック WX-051(B)

価格:47,816円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤマハから発売されているWX-051は、メインスピーカーとしても使えるコンパクトなワイヤレススピーカーです。ヤマハ独自のMusicCast対応のスピーカーと組み合わせることで、本格的なオーディオネットワークを作ることができるため、リアスピーカーとしても使用できると評価されている商品となります。 本来はメインスピーカーとしても使える商品なためか、価格はSA-Z9Rよりも高く4万円台で販売されているところがほとんどです。 コンパクトスピーカーとしても十分な音質で音声を楽しむことができ、メインとしても、リアとしても使っていきたいという人にはおすすめの商品です。 WX-051は3色展開となっており、インテリアに合わせて好きな色を選ぶこともできます。 欠点としては、同じヤマハのMusicCastに対応した商品でないと、リアスピーカーとしての機能は果たしにくい点です。 純粋にリアスピーカーとしてだけ使いたい場合には、SA-Z9Rをおすすめします。

SONY SA-Z9Rの総合評価

ソニー(SONY)

ソニー SONY リアスピーカー HT-Z9F 専用 SA-Z9R

価格:27,468円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー SA-Z9Rについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価をまとめました。 HT‐Z9F専用のリアスピーカーという記載が、公式ページにもあるように、HT‐Z9Fと組み合わせて使うことで、高いパフォーマンスを発揮してくれる商品です。 リアルサラウンドで音に更なる臨場感をもたらし、映画やスポーツ観戦などの映像をさらに迫力のあるものにしてくれます。 ワイヤレスのため接続も簡単で、煩わしい配線の必要もなく、リアスピーカーの導入が初めてだという人でも、簡単に接続することが可能です。 サウンドバーの補助的な役割を果たすスピーカーとしては、少々値段が高いと感じることがあったり、単体ではその性能を発揮することができなかったりという評価もしばしばみられ、導入をためらう人もいるようです。 HT‐Z9Fを持っている、または購入を検討しており、より臨場感のある音声を楽しみたいという人にはぜひおすすめの商品です。

関連する商品

スピーカーの人気商品