血圧が測れるスマートウォッチ人気おすすめランキング10選

スマートフォンに同期させてアプリ操作やデータ入力が出来るスマートウォッチ。若者の間の流行かと思いきや、健康志向の方々の間でもヘルスケア目的で利用されています。そこで今回は、血圧が測れるスマートウォッチの人気おすすめランキング10選をご紹介します。

スマートウォッチで日常的に血圧測定ができる

スマートウォッチというと、スマートフォンと連動させて使うもので、なんだか難しいイメージがある、という方も少なくないかもしれません。確かに最先端の技術ですが、私たちの日常で誰にでも役に立つ大切な機能が備えられています。それが、健康管理です。

血圧や心拍数など測定が必要な方や、家庭用血圧計を使っている方は、毎日のその動作に煩わしさを感じたこともあると思います。スマートウォッチを使えば計り忘れも減り移動中などでもさっと測定することが出来るようになるのです。

ご自分用での購入もおすすめですが、贈り物としての需要も高まっています。お父様お母様へのプレゼントとして探されている方も多いかと思いますので、ここではそんな血圧測定の出来るスマートウォッチの選び方をご紹介します。

血圧の測れるスマートウォッチの選び方

色々なスマートウォッチが出ていますが、選び方のポイントも利用シーンによってさまざまとなっています。ここではそのいくつかのポイントをご紹介します。

対応OSを確認する

スマートウォッチとはデータをスマートフォンへ送信して使うものですので、ここの連携ができることが前提条件となっています。ご自分のスマートフォンに対応しているか確認が必要です。

iPhoneの方はiOS対応型を

まずはご自分のスマートフォンがiPhoneであるのかアンドロイドであるのかの確認から始めましょう。iPhoneのOSはiOSと言ってアップル社が開発しており、アンドロイドはアンドロイドOSというものが搭載されています。

例えばiPhone専用のスマートウォッチを購入した場合、スマートフォンがアンドロイドであると連携することができないといった不便が起きてきます。 ちなみに、アップル社が開発したスマートウォッチといえばアップルウォッチですが、血圧測定機能はついていません。

そのため、現在iPhoneを使っていて血圧を計りたいという方は、iOS対応の他社製スマートウォッチを選ぶ必要がありますので注意してください。残念ですが、アップルウォッチでは2019年の最新機種でも血圧は非対応ですので、今後に期待するしかありません。

Androidの方はAndroidOSの対応バージョンを確認

現在Androidスマートフォンをご利用の方は、Android対応のスマートウォッチであることが必要です。といっても、アップルウォッチ以外はほぼ全て対応していると思っても大丈夫ですので、次はOSのバージョンをチェックしましょう。

あまりにご利用のスマートフォンが古い場合、最新のスマートウォッチでは対応しない可能性があります。その場合は残念ながら、スマートフォン自体のお買い替えが必要になってくるかと思います。 

多機能で高額なスマートウォッチの中には、それ自体にOSが入っているものもあり、サムスン社の開発している「Tizen」はGalaxyユーザーの方には特におすすめです。が、値段帯ががらりと変わるので、血圧測定以外の利用用途も見出してからの方がいいでしょう。

性能面をチェックする

次に確認したいのは、いよいよスマートウォッチを選ぶときの基準となる性能面です。どんな性能が重要となってくるかポイントを見ていきましょう。

バッテリーの持ちを確認する

通常の腕時計とスマートウォッチの違う部分が、バッテリー内蔵というところです。腕時計はボタン電池やソーラー式で稼働しますので電池交換の手間は短くても数ヶ月で一回ですが、スマートウォッチは精密機器ですのでそうはいきません。

平均的には少し前の機種ですと5日〜10日ほど、最新の機種ですと最長15日間の利用のものまで出ています。とは言え絶対に充電は必要なので、スマートフォンと同じように、スマートウォッチも充電することになるということを、覚えておいた方がいいでしょう。

ちなみに、スマートウォッチの最大利用時間は利用頻度によってかなり変わってきます。そのため、血圧を朝晩計るだけの方と、日中でのスポーツや着信のお知らせなどスマートウォッチを最大限に利用しようと思っている方では、その差もかなり出てきます。

防塵・防水性能を確認する

スマートウォッチを持ったからには、血圧計として以上に健康管理の為にもスポーツでの利用も楽しみたいと思っている方も多いですね。日々のウォーキング・ジョギングや水泳、テニスサークルでの活動時なども大活躍します。

そんな時に、防塵・防水性能によってどんなスポーツが行えるかが変わってきます。 IPコードと呼ばれるものが、防塵・防水性能の等級となっており、「IP67」「IP58」などと表記されます。どこかで見たことがあるという方も多いですね。

防塵性能は0〜6で表示され、防水性能は0〜8となります。0は一番弱い保護されていない状態です。 数値の並び方は防塵・防水の順で、IPX(防塵)X(防水)といったように表示され、一般的に、防水7があれば水泳での利用も問題ないとされています。

搭載モードを確認する

せっかくスマートウォッチを買うのであれば、血圧計としてだけではなく、もっと多用途に使いたいという方も多いでしょう。そんな時に、搭載モードの確認を忘れないでください。 健康管理はもちろん、着信通知やNFC支払い機能は割と知られていますが、他にもあります。

スポーツモードが搭載されていても、スポーツの種類が細かく別れているものもありますので、ご自身の行うスポーツがあるかしっかりとチェックしましょう。また、レディースもののスマートウォッチでは、女性の方に嬉しい生理周期管理機能が搭載されているものもあります。

他にもカメラの遠隔操作や盗難防止機能、長座注意機能など色々な機能が付いているスマートウォッチもあり、同じ価格帯の機種であっても搭載機能に差がある商品もありますので、どんな機能が欲しいかはよく考えてから選んだ方がいいですね。

操作性はどうか

普段使いをするのであれば、操作性が大切になってきます。日々の繰り返しとなりますので、少しでも自分にあったストレスのない機種がいいですね。

タッチパネル式が簡単

スマートウォッチの中にはタッチパネル式のものがあり、直感的な操作が可能となっています。閲覧したい健康情報や項目を出す操作や、着信への返信などスマートウォッチならではのことが簡単に行えるので、スマートフォンをそんなに使わないという方にこそおすすめです。 

またタッチパネル機能のないものでも触れることで画面の切り替えは可能で、非常に安価に手に入れることができるというメリットがあります。またタッチ操作がない分文字盤にあたる部分も小さくおしゃれでさりげない利用ができるようになりますね。

測定や同期のみの使い方として、通常の腕時計と比べても見た目に違和感のないものが欲しいという方は後者を、しかしスマートウォッチ一つで測定から閲覧まで簡単にしたいという方は、前者のタッチパネル操作ができるタイプを選ばれるといいでしょう。

デザインで選ぶ

商品を選ぶ上でデザインはとても重要な要素の一つです。最新機種のスマートウォッチでは機能面で大きな違いはないので、デザインが特に重要となります。

ビジネスタイプかスポーティータイプか

スマートウォッチというとスポーティーなデザインのものが多いイメージですが、普段の仕事にも持って行こうと思うなら、職場でつけていて違和感がないデザインかどうかも考えなければなりませんね。

例えばスーツを着て仕事をするのに、あまりにスポーティーなデザインのスマートウォッチだと、アンバランスに見えてしまうかもしれません。 そんな場合は、ベルトが金属になっていて、昔ながらの腕時計と遜色のないデザインのものがおすすめです。

一見してもこれがスマートウォッチにはなかなか見えないので、ビジネスの場でも遜色なく使うことができますし、「実はこれで血圧や心拍数を管理している」と言ったら話のネタにもなります。スマートウォッチが気になっている方は案外多いようです。

女性向けレディースウォッチもある

スマートウォッチというと、おしゃれじゃないというイメージを持っている方もいるかと思いますが、最近ではベルトの色を多色展開させ、ピンクや赤などの可愛い色味のものや、細くデザイン性のあるブレスレット型金属ベルトの可愛い機種まで出ています。

また、女性向けの機能として先述の通り生理周期管理機能や排卵日予測、妊娠可能期間などを管理できるタイプもあります。ホルモンバランス周期はダイエットや美容とも密接に関係しますので、健康管理だけでなく美容目的の女性にもおすすめすることができます。

もちろん、スマートウォッチといえばカロリー消費や歩数計など女性であれば普段から気にするダイエット関連の情報も一眼でわかりますので、体型や体重を気にする方はコントロールの為にもお一つ持っておいていいかもしれませんね。

血圧が測れるスマートウォッチの人気ランキング10選

第10位RUNDOING

スマートウォッチ Q20

価格:4,999円(税込)

ベルトがおしゃれな丸型スマートウォッチ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーティーなスマートウォッチが多い中で、ベルトがスッキリとしておしゃれなタイプになります。一見しただけではこれがスマートウォッチだとは気付きません。スポーツシーン以外にも使うことができる、ビジネスにも普段使いやお出かけにもおすすめな機種です。

血圧計としては、最新の光学式センサーより、手首につけている間は24時間常に測定を続けてくれます。そのデータはスマートフォンのアプリへ送信され、常に数値として管理もできるようになっています。つけているだけで測定してくれているので、計り忘れがなくなります。

時計として利用する場合も、通常の時計盤としての表示も出来て文字が大きくとても見やすいです。これなら、普通の腕時計からの移行という方も違和感なく使うことができますので、贈り物としてプレゼントするのにもいい機種だと思います。

対応OSiOS 8.0/Android4.4以上防水防塵IP67
バッテリー駆動5-7日タッチパネル画面切り替えのみ
日本語説明書あり血圧測定常時
第9位Caruto

スマートウォッチ

価格:4,750円(税込)

女性向け可愛くおしゃれなスマートウォッチ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはこの通り、女性向け特化のおしゃれなデザインのスマートウォッチです。今までのありがちなスポーティーなデザインは自分に合わないし使いにくい、という女性にはこちらを強くお勧めします。

なんといっても、このデザインでしたら普通の腕時計と何も変わりません。普段使いや仕事、デート、ジム通いと利用シーンを問わないので、スマートウォッチとしてだけでなく普通の腕時計として使うことができる点がとてもいいです。

血圧計としては、はワンプッシュで計測するモードと、1時間ごとに計測する24時間モードと搭載されており、自分の好きな設定が可能となっています。使いやすいので女性へのプレゼントにも最適ですね。

対応OSAndroid 4.4以降、iOS 8以上防水防塵IP67
バッテリー駆動6-10日タッチパネル画面切り替えのみ
日本語説明書あり血圧測定1時間ごと/その場で
第8位HOKONUI

スマートウォッチ

価格:16,999円(税込)

イヤホンにもなって一人二役

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

なんとこちらは文字盤に当たる部分を取り外してワイヤレスイヤホンとして使うことのできる、最新機種となっています。イヤホンと時計の融合とは初めて見る方は驚くかもしれません。これによって、腕を上げなくてもその場で通話も可能となっています。

デザインもスマートで小さく目立たないので、大きく存在感のある時計は苦手な方でも使いやすくなっていますね。ジム通いやジョギングなど、スポーツをする方にはまさにぴったりではないでしょうか。

血圧計としては、10分ごとに自動的に測定しスマートフォンのアプリへ送られるようになっていて、もちろんその場でワンタッチ測定も可能となっています。老若男女つけやすいデザインですので人気のあるスマートウォッチです。

対応OSAndroid4.4/iOS 9.0以上防水防塵-
バッテリー駆動5~7日間タッチパネル画面切り替えのみ
日本語説明書あり血圧測定10分ごと/その場で
第7位TKTOP

スマートウォッチ

価格:3,899円(税込)

急速充電1時間のおしゃれなスマートウォッチ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの機種は、女性におすすめなおしゃれでファッショナブルなスマートウォッチです。ベルトの色が綺麗で、紫・黒・ピンクと展開していますので、ファッションを気にする女性から、ご年配の方にまでつけてて違和感なく使うことができます。

特筆することは充電時間の短さで、なんと急速1時間充電となっています。これならば夜寝る時の充電を忘れてしまっても、少しの空き時間を見つけて充電することが可能です。一般利用日数は5〜7日となっていますが、充電時間が短いので問題ありません。

血圧測定は常時10分ごとに自動的に計測され、数値が送信されるようになっています。以上数値になったらアラームが鳴りますので心配はありません。とても使いやすく価格も安いのでおすすめの機種です。

対応OSAndroid4.4/iOS 8.0以上防水防塵IP67
バッテリー駆動5~7日タッチパネル画面切り替えのみ
日本語説明書あり血圧測定10分ごと
第6位Semiro

スマートウォッチ

価格:5,880円(税込)

腕時計と遜色のないデザインで違和感なし

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは珍しい革ベルトタイプのスマートウォッチとなっており、ラバーベルトに抵抗のある方にはぴったりの商品となっています。男女問わず扱えるデザインで、文字盤もデジタル表示でなく針表示なので、まるで普通の腕時計のようです。

ちなみにこのベルトですが、交換用のラバーベルトもセットでついており、利用シーンに合わせて取り替えることができるようになっています。普段は仕事で使い、休日はスポーツにといった場合にはぴったりですね。

もちろん文字盤のデジタル表示もできますし、その際に日本語も対応していますので、まず戸惑うことなく安心して使うことができます。バッテリーも最大15日ととても機能のバランスがよく、おすすめできる機種です。

対応OSAndroid4.4/iOS 8.0以上(タブレットは非対応)防水防塵IP67
バッテリー駆動最大15日タッチパネル対応
日本語説明書あり血圧測定10分ごと
第5位Lenya

スマートウォッチ

価格:2,000円(税込)

とにかく安さ重視の方におすすめ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートウォッチという言葉をよく聞くけれど、どんなものかわからないから使ってみたい、という方におすすめする、とにかく価格の安いスマートウォッチはこちらになります。スマートウォッチが初めての方は、まずこちらからどんなものか慣れていったらいいと思います。

機能はごく一般的で、当然血圧測定もできます。バッテリー容量が大きくないので、その点の持ちがいいとは言えませんが、血圧測定だけ使う、夜のジョギングだけ使う、といった局所的な使い方であれば特に心配はいりません。

液晶画面も小さいので、ビジュアル面は寂しいかもしれませんが、値段を考えたら十分にコストパフォーマンスはいいと言えるでしょう。また保証期間は3ヶ月とのことですが、これも値段を考えたらこんなものかもしれません。

対応OSiOS 8.0/Android4.3防水防塵IP67
バッテリー駆動3〜5日タッチパネルなし
日本語説明書あり血圧測定30分ごと
第4位AMYSPORTS

ビジネススマートウォッチ

価格:6,599円(税込)

ビジネス利用に最適な金属ベルト

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはスーツを着る仕事でもスマートウォッチをどうしてもつけたい、という方に是非おすすめしたい機種となっています。この通り、金属ベルトで一見すると一般的な腕時計にしか見えません。ビジネスシーンでも雰囲気を壊すことなく着用出来ます。

スマートウォッチというとラバー素材のスポーティーなものが多く、このロレックスタイプのベルトは種類がとても少ないです。しかし会議中の着信確認などビジネスシーンで利用したい方も多いかと思いますので、この機種でなければならない、という方も多いかと思います。

また、金属ベルトですので耐久性もあります。ゴムのように擦り切れたり尖ったもので傷がつくということもないですので、長く使うことができますね。『ベルトをぶつけても傷一つ付いていなかった』という口コミも見受けられました。

対応OSAndroid4.4/iOS 9.0以上防水防塵IP68
バッテリー駆動10日タッチパネル操作可能
日本語説明書表記なし血圧測定1時間ごと
第3位ganzhou

スマートウォッチ

価格:3,899円(税込)

低価格で驚きのバッテリー性能

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは高機能なのにコストパフォーマンスが大変よく、多色展開をしているので男女問わずおすすめすることができるスマートウォッチとなっています。黒・ピンク・紫・赤・青・ホワイトグレー・ブラックゴールドという色展開で、とてもファッショナブルです。

『満充電して週に二日はジョギングモードを利用しても、10日くらいはもつ』という口コミがありますので、この価格帯の商品としてはとても使いやすいですね。低価格でバッテリーの持ちがいい商品をお探しの方には、まさにぴったりな機種となっています。

さらにIP68の防水加工がされていますので、スポーツ後のシャワーや丸洗い可能です。高価なスマートウォッチですと利用シーンによっては壊れることを想定して外す場合もあるかと思いますが、これならばどんどん身につけて使うことが出来ます。

対応OSIOS8.0 / Android4.4防水防塵IP68
バッテリー駆動日数表記なしタッチパネル画面切り替えのみ
日本語説明書あり血圧測定手動
第2位AMYSPORTS

スマートウォッチ

価格:5,588円(税込)

丸みのあるデザインがとてもおしゃれ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのシンプルかつ最低限であって高級感の漂うデザインは、飽きがこずいつまでもつけていられる、誰にでもおすすめできる商品です。バンドが白以外にピンク色もあるので、女性でも自然な様子でつけることが出来ます。

 画面が大きいので文字も見やすい上、こちらの商品は日本語表示も対応しているので、スマートウォッチが初めての方でもとても使いやすいです。また、待ち受け画面も自由設定が可能となっているので、好きな待ち受け画面に設定を変えることも出来ます。

ちなみに、『血圧測定をメインに10日ほど使用しているが、電池の残量は半分くらい』という口コミが見受けられましたので、血圧測定メインの利用でしたら、電池はかなり持つと思っても差し支えがありませんね。

対応OSAndroid 4.4以上、IOS 9.0以上防水防塵IP67
バッテリー駆動7日間タッチパネル画面切り替えのみ
日本語説明書あり血圧測定常時
第1位Paenoon

スマートウォッチ

価格:6,380円(税込)

タッチスクリーンで高機能

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはバランスよく高機能でコストパフォーマンスもいい、どなたにでもおすすめできるスマートウォッチとなっています。デザインはこの通り、アップルウォッチと通ずるものがありいかにもスマートウォッチという形をしていますね。

機能面も充実していることはもちろんのこと、フルスクリーンタッチでとても操作もしやすく、音楽再生機能もついているので、運動しながら音楽を流すということも出来てしまいます。また、最大稼働日数がとても長いのも特徴で、最大12日というのはトップクラスの部類です。

デザイン的にもとても評判が良く、この丸みを帯びたデザインが高級感があっていいという意見はとても多いです。スマートフォンのアプリもQRコードからすぐにダウンロードできますので、簡単高機能かつおしゃれがすぐに手に入るのはとても素敵です。

対応OSiOS8.2/Android4.4以上防水防塵IP68
バッテリー駆動最大12日タッチパネルフルスクリーン
日本語説明書あり血圧測定常時/その場で

まとめ

流行りのスマートウォッチでも血圧が測れるものをピックアップしましたが、いかがでしたでしょうか?機能自体には大きな差はないので、時計と同じ感覚でデザインで選んでもいいですね。お気に入りのスマートウォッチと出会えますように。