【10分で選べる】サウンドバーの最強おすすめ15選|ソニー・ヤマハなど新製品も紹介

映画やゲームを迫力あるサウンドで楽しめる、サウンドバーが人気です。テレビに繋ぐほかに、Blutoothスピーカーとしてもスマホやタブレットの音楽を楽しめる、そんなサウンドバーを詳しくご紹介します。後悔しないおすすめのサウンドバー15選も、ぜひ参考にしてください。

2023/01/14 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

サウンドバーはWi-FiやBluetoothに連動すると使い勝手が大きく広がります

 

特におすすめはWi-Fi対応で、音楽のストリーミングサービスに直接接続できるなら、テレビを見ない時間でも常に室内で音楽が楽しめます。

 

1位
ソニー

HT-X8500

本商品は、本体中央にデュアルサブウーファーを搭載したサウンドバーです。コンパクトさと低音の迫力を両立させるために前面に配置。また、ユニットを2個にすることで、小型ながらもパワフルな低音の再生を実現しました。ソニー独自の技術で臨場感に溢れる立体的な音を楽しめますよ。

さらに、最新の音声フォーマットである「ドルビーアトモス」・「DTS:X(R)」に対応しているので、音に包み込まれる感覚を味わえます。場所を選ばないスリムなサイズも嬉しいポイント。テレビ周りをスッキリさせたい方にもおすすめしたい商品です。
タイプ
サウンドバー
チャンネル数 
2.1 ch
サラウンド最大出力
80 W
ウーハー最大出力
80 W
4K伝送 
60p対応
リモコン 
壁掛け対応
別売
DolbyDigital
Dolby Atmos
DTS
2位
デノン

DHT-S216

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応したサウンドバーです。そのため、後方や頭上などさまざまな方向から音に包まれる体験が可能となっています。サウンドモードはMusic・Movie・Nightの3種類に加えて、原音に脚色を加えずストレートに再生する「Pureモード」を搭載している点もポイント。

また、本体サイズは高さ66mmのスリムなデザインでスペースを取らないだけでなく壁掛けにも対応しています。多彩なモードを選べて省スペースなサウンドモードをお求めの方におすすめの1台。さらに、Bluetoothに対応しているためワイヤレスでスマホ・タブレット・パソコンなどと接続できます。
タイプ
サウンドバー
チャンネル数 
2.1 ch
サラウンド最大出力
-
ウーハー最大出力
-
4K伝送 
60p対応
リモコン 
壁掛け対応
別売
DolbyDigital
Dolby Atmos
-
DTS
3位
ソニー

HT-S100F

本商品はシンプルな1本バータイプのサウンドバーです。疑似5.1chを再現する「S-Force フロントサラウンド」や「S-Master」で原音を忠実に再現しています。また、Bluetoothで接続に対応。そのため、スマホやタブレットからも音楽を楽しめます。幅は90cmなので、43~49インチのテレビにおすすめです。

さらに、ケーブルの接続もARC対応のテレビにつないで、HDMIケーブル1本で簡単にできる仕様も魅力の1つ。テレビの音を手軽にランクアップしたい方にもピッタリな商品です。ボイスモードでは人の声を聴きやすく、ナイトモードでは深夜でも小音量で明瞭感あるサウンドを楽しめる、ソニーならではの機能が満載です。
タイプ
サウンドバー
チャンネル数 
2 ch
サラウンド最大出力
100 W
ウーハー最大出力
-
4K伝送 
-
リモコン 
壁掛け対応
別売
DolbyDigital
Dolby Atmos
-
DTS
-
4位
ソニー

サウンドバー HT−S350

この2.1chスピーカーの最大の特徴は、230Wの高出力にあります。出力の大きさは音質の良し悪しを左右する大事な要因の1つですが、これだけ余裕のある出力によるサウンドを、リーズナブルな価格で楽しめます。ソニーの独自技術「S-Force PROフロントサラウンド」によって前方のスピーカーのみで仮想的にサラウンド音場を再現しており、設置する場所の広さ、位置に関わらずサラウンドを体験できます。ワイヤレスサブウーファー、リモコン付属、Bluetooth機能搭載など、機能満載の2.1chスピーカーとなっています。
タイプ
サウンドバー
チャンネル数 
2.1 ch
サラウンド最大出力
130 W
ウーハー最大出力
100 W
4K伝送 
-
リモコン 
壁掛け対応
別売
DolbyDigital
Dolby Atmos
-
DTS
-
5位
レイザー

Leviathan(RZ05-01260100-R3A1)

ゲーム好きな方のために作り込まれたスピーカーです。サブウーファーの低音も奥行きがあり、ゲーム体験をより一層楽しめるサウンドを提供してくれます。スマートな形状となっているので、設置場所にも困らず簡単に設置できますよ。5.1chだからこその臨場感やサラウンドを体験できます

全ての方向から音が聞こえるイメージなので、ゲームをもっとリアルに楽しみたい方におすすめです。また、音の方向・ドッシリと聞こえる低音・キャラクターのセリフの聞こえやすさなどに特化した商品をお探しの方にもぜひ手に取ってもらいたい商品です。
タイプ
5.1ch サラウンドサウンドバー
チャンネル数 
5.1 ch
サラウンド最大出力
30 W
ウーハー最大出力
30 W
4K伝送 
-
リモコン 
-
壁掛け対応
-
DolbyDigital
Dolby Atmos
-
DTS
-
BOSE(ボーズ)

TV Speaker サウンドバー

人気のBOSEのサウンドバーです。コンパクトなボディから繰り広げられる重低音がBOSEの特徴ですが、さらに「BASS」ボタンで低音がアップします。また、リモコンのBluetoothボタンで簡単にペアリングでき、スマホやタブレットから好きな音楽も聞き放題です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
BOSE(ボーズ)
型番
TV Speaker
チャンネル数
2 ch
HDMI端子
入力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
594x56x102 mm
本体重量
2 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
-
サブウーファー重量
-
その他
Bluetooth
JBL(ジェービーエル)

BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー

2021年2月に発売された、JBL最新の高級モデルです。チャンネル数は5.0chで最大出力250W(5×50W)の)大迫力のほか、最新サラウンドのDolby Atmosに対応し立体的な音響効果が楽しめます。また、スピーカー内部の空気振動を利用して重低音を増幅させる4基のパッシブラジエーターを搭載し、迫力のある重低音が響きます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
JBL(ジェービーエル)
型番
BAR 5.0 MultiBeam
チャンネル数
5 ch
最大出力
250 W
HDMI端子
入力端子:1系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
709x60.5x100.5 mm
本体重量
2.8 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
-
サブウーファー重量
-
その他
Dolby Atmos、自動音場補正、HDR対応、Wi-Fi、Blurtooth
ソニー(SONY)

サウンドバー HT-X8500

2019年4月に発売のされたソニーの人気サウンドバーです。ソニー独自のバーチャルサラウンド技術で立体音響を実現します。さらに、最新フォーマットの「ドルビーアトモス(R)」「DTS:X(R)」にも対応し、ネット配信やUltra HD Blu-rayをよりリアルなサウンドで楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取り扱い説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY
型番
HT-X8500
チャンネル数
2.1 ch
最大出力
160 W
HDMI端子
入力端子:1系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
890x64x96 mm
本体重量
3.1 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
-
サブウーファー重量
-
その他
4K伝送、ハイレゾ、Dolby Atmos、DTS:X
ヤマハ(YAMAHA)

サウンドバー YAS-209(B)

ヤマハのサブウーファー付き2ユニットタイプのサウンドバーです。5.1chで最大出力200Wの迫力ある重低音が人気です。また、本体に音声コントロール用のマイクを搭載し「Amazon Alexa」の音声アシスタント機能にも対応しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ヤマハ(YAMAHA)
型番
YAS-209(B)
チャンネル数
5.1 ch
最大出力
200 W
HDMI端子
入力端子:1系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
930x62x109 mm
本体重量
2.7 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
191x420x406 mm
サブウーファー重量
7.9 kg
その他
DolbyDigital、DTS Virtual:X、ハイレゾ、Bluetooth、Wi-Fi、4K60p対応
BOSE(ボーズ)

Smart Soundbar 300 サウンドバー

2021年1月発売のBOSEサウンドバーです。5つのフルレンジドライバーから繰り広げられる音の広がりと独特の重低音が特徴で、ボディは艶消しブラックで繋ぎ目なしのスッキリとシンプルな仕上がりです。また、Wi-FiやBlutoothに対応しSpotifyやスマホの音楽を楽しめたり、Amazon AlexaとGoogleアシスタント搭載でハンズフリーで操作ができたりします。

 

取り扱い説明書はこちら

メーカー
BOSE(ボーズ)
型番
Bose Smart Soundbar 300
チャンネル数
-
最大出力
-
HDMI端子
入力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
695x56x103 mm
本体重量
3.2 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
-
サブウーファー重量
-
その他
Bluetooth、Wi-F、iAirPlay対応
ソニー(SONY)

サウンドバー HT-G700

2020年6月に発売のソニー2ユニットサウンドバーです。3.1に最大出力400Wの高出力は大画面の迫力をさらに引き立てる音場を繰り広げます。また、「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」といった最新の3Dサラウンドにも対応もするほか、BlurtoothでスマホやPCからも音楽を飛ばして楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
型番
HT-G700
チャンネル数
3.1 ch
最大出力
400 W
HDMI端子
入力端子:1系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
980x64x108 mm
本体重量
3.5 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
192x387x406 mm
サブウーファー重量
7.5 kg
その他
Dolby Atmos、DTS:X、4K60p対応、Bluetoothm

3〜7万円のミドルクラスのサウンドバー比較表

商品画像
メーカー
BOSE(ボーズ)
JBL(ジェービーエル)
ソニー(SONY)
ヤマハ(YAMAHA)
BOSE(ボーズ)
ソニー(SONY)
商品名
TV Speaker サウンドバー
BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー
サウンドバー HT-X8500
サウンドバー YAS-209(B)
Smart Soundbar 300 サウンドバー
サウンドバー HT-G700
説明
BOSE特有のコンパクトボディからの重低音
最新機能を搭載したJBL高級モデル
ソニーの売れ筋サウンドバー
5.1chの本格スピーカー「DTS Virtual:X」にも対応
Amazon Alexa、Googleアシスタントを搭載
最大出力400Wのソニー最新のサウンドバー
リンク
メーカー
BOSE(ボーズ)
JBL(ジェービーエル)
ソニー(SONY
ヤマハ(YAMAHA)
BOSE(ボーズ)
ソニー(SONY)
型番
TV Speaker
BAR 5.0 MultiBeam
HT-X8500
YAS-209(B)
Bose Smart Soundbar 300
HT-G700
チャンネル数
2 ch
5 ch
2.1 ch
5.1 ch
-
3.1 ch
最大出力
250 W
160 W
200 W
-
400 W
HDMI端子
入力端子:1系統 (ARC対応)
入力端子:1系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
入力端子:1系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
入力端子:1系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
入力端子:1系統 (ARC対応)
入力端子:1系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
594x56x102 mm
709x60.5x100.5 mm
890x64x96 mm
930x62x109 mm
695x56x103 mm
980x64x108 mm
本体重量
2 kg
2.8 kg
3.1 kg
2.7 kg
3.2 kg
3.5 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
-
-
-
191x420x406 mm
-
192x387x406 mm
サブウーファー重量
-
-
-
7.9 kg
-
7.5 kg
その他
Bluetooth
Dolby Atmos、自動音場補正、HDR対応、Wi-Fi、Blurtooth
4K伝送、ハイレゾ、Dolby Atmos、DTS:X
DolbyDigital、DTS Virtual:X、ハイレゾ、Bluetooth、Wi-Fi、4K60p対応
Bluetooth、Wi-F、iAirPlay対応
Dolby Atmos、DTS:X、4K60p対応、Bluetoothm
ヤマハ(YAMAHA)

ホームシアタースピーカー YSP-2700

2016年発売のヤマハの7.17.1chサウンドバーです。「デジタル・サウンド・プロジェクター技術」によって壁に音を反射させて、壁から音が聴こえます。また、4KUltra HD Blu-rayのHDR映像や4K/60p映像信号の伝送にも対応し、HDMIケーブル1本でテレビと接続できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ヤマハ(YAMAHA)
型番
YSP-2700
チャンネル数
7.1 ch
最大出力
108 W
HDMI端子
入力端子:3系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
944x51x154 mm
本体重量
4 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
434x129x353 mm
サブウーファー重量
7.9 kg
その他
DolbyDigital、4K60p対応、Bluetooth、Wi-Fi
ソニー(SONY)

サウンドバー HT-ST5000

7.1.2chで最大出力800Wのソニー最高級のサウンドバーです。最新サラウンド立体音響の「Dolby Atmos」や「DTS:X」に対応のほか、ハイレゾ音源も再生できます。また、4K信号や高輝度信号のHDRも4Kテレビへそのまま伝送可能。こちらは2021年7月に後継機が発表になり、価格が下がった今とても狙い目です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
型番
HT-ST5000
チャンネル数
7.1.2ch
最大出力
800 W
HDMI端子
入力端子:3系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
1180x80x145 mm
本体重量
8.8 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
248x403x426 mm
サブウーファー重量
14.5 kg
その他
Dolby Atmos、DTS:X、ハイレゾ、4K60p対応、Bluetooth、Wi-Fi
ソニー(SONY)

サウンドバー HT-A7000

こちらはソニーの新型サウンドバーでフラッグシップモデル。7.1.2chのサラウンドでイネーブルド(天井)スピーカーもバーチャルで表現します。さらにサブウーファーがセパレートではなく一本にまとまっているのが特徴で、「より手軽にすっきりと」させたいニーズに応えました。また、別売りでさらにサブウーファー2種とリアスピーカーがあるため、拡張して音質をさらにアップさせたい場合にも対応。期待の新製品です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ソニー(SONY)
型番
HT-A7000
チャンネル数
7.1.2
最大出力
-
HDMI端子
入力端子:2系統 出力端子:1系統 (ARC対応)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)
1300x80x142 mm
本体重量
8.7 kg
サブウーファーサイズ(幅×高さ×奥行)
-
サブウーファー重量
-
その他
Bluetooth・Wi-Fi・Spotify・DolbyDigital・Dolby Atmos・DTS:X