ソロキャンプでおすすめのランタン9選!特徴や選び方もご紹介

ソロキャンプに欠かせないランタンですが、種類が豊富でどれを選べば良いのか迷いますよね。そこでこの記事では、ソロキャンプで使いやすいランタンの特徴や種類・選び方について詳しく解説します。また、ソロキャンプでおすすめのランタンを9選ご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

2021/10/21 更新

大自然の中で安全に過ごすキャンプでは、光源となるランタンの使用が必須です。しかしランタンにはさまざまな種類があり、ソロキャンプにはどのランタンが適しているのか選ぶのは難しいですよね。

 

ランタンを選ぶポイントは光量や機能面などがありますが、ソロキャンプの場合は荷物をコンパクトにするためにも大きさや重量などの確認も必要です。この記事では、ソロキャンプにおすすめなランタンの種類や、明るさなどの選び方について解説します。

 

また、各メーカーから販売されているランタンの中でおすすめの9選もご紹介します。自分好みのランタンを見つけて、ソロキャンプの時間をより一層充実させてくださいね。

キャンプに欠かせないランタンは、本体のサイズだけではなく明るさや使い勝手も考慮して選ぶことが大事です。自分のキャンプスタイルに合うランタンを見つけるためにも、ソロキャンプに適したランタンの種類とランタンの特徴を確認してください。

ガスを燃料とするガスランタンは、光量が大きいので明るいという特徴があります。また、ガスランタンは火力調整バルブを開いて着火ボタンを押すだけの単な操作で点火できるので、キャンプ初級者にもおすすめですよ。

 

燃料となるガス缶の容量を大きいものにすれば、その分連続使用時間も長くなります。ガスランタンはテント内では使うことはできませんが、虫除け効果があるので屋外の使用に適しています。

キャンドルをセットして使うキャンドルランタンは、1本のキャンドルに火を灯して使用する、とてもシンプルで味わいのあるランタンです。静かに照らしてくれるのでキャンプ場の雰囲気を損いません。また、キャンドルランタンはコンパクトで軽量なので持ち運びに便利です

使用電力が電池のランタンは、電池の予備さえ準備しておけば連続使用が可能です。充電池を使用すれば、繰り返し使えるのでランニングコストも抑えられますよ。電池式ランタンは安定した明るさを保てる上、熱を持たないのでテント内で使用することが可能です。

 

太陽の光で充電して使用するソーラーランタンは、電源の確保が難しいアウトドアでの使用におすすめなランタンです。太陽の光さえあれば灯りが確保ができるので、燃料を持ち運ぶ手間も省けます。

 

また、ソーラーランタンは、折りたたみ式でコンパクトな物や防水機能を備えた机上タイプなど、種類が豊富なのも特徴です。

ソロキャンプでランタンを使う時には何を重視して選べば良いのでしょうか。ここからは、ソロキャンプに最適なランタンを解説します。

ランタンには明るさの幅があり、自然の雰囲気を邪魔しない落ち着いた明るさのものから、しっかり周りを照らしてくれる光量が大きいタイプまであります。ソロキャンプでは照らすスペースも広くは必要ないためテントの大きさと活動スペースにあった明るさのランタンを選びましょう。
 
 
ソロキャンプで1人で使用するならば、200~400ルーメンの明るさがあるランタンを目安に選ぶと良いでしょう。定員が1〜2人用のテント内でしたら200ルーメンでも十分な明るさを得られます。
 
ランタンを分けて使いたいという場合は、150ルーメン程度のランタンが2つあれば十分な明るさになりますよ。ガスランタンなどの燃料を使うランタンの場合は、90W前後あれば明るく過ごせます。
 

ランタンは薄暗くなる夕方~夜、早朝などにも使うので明るさを調節できるタイプがおすすめです。明るさを調整することで、キャンプの雰囲気を邪魔することなく過ごせます。ランタンによって調整できる幅が違うので、購入前に確認しましょう。

ランタンには、灯りをつけっぱなしでどのくらいの時間使えるのかを表す連続点灯時間というものがあります。曇りの日など明るさが長時間必要な場合もあるので連続点灯時間が長いランタンを選ぶと安心ですね。
 
明るさを調節できるランタンは、明るさによって連続点灯時間が変わってくるので、明るさの調節機能とともに連続点灯時間もしっかり確認しましょう
 
ランタンはテーブルに置いたりフックに吊るして使うだけではなく、手に持って使うこともあるので、負担にならないためにもサイズや重さにも注目することがポイントです。ランタンの形状によって大きさや重さも異なるので、自分のキャンプスタイルに合ったサイズのランタンを選びましょう。
 

ランタンは目的地にたどり着くまで負担なく持ち運べるかも大事なポイントです。デザインを重視して重くて大きいランタンを選んでしまえば、移動だけで疲れてしまいます。特にソロキャンプの場合は荷物をコンパクトにするためにも、持ち運びが楽にできるサイズのランタンを選びましょう。ランタンの中には、コンパクトに折り畳めるものもあるのでおすすめです。

ランタンは、本体だけではなくバッテリーの重さも考慮して選ばなければなりません。充電式はバッテリーを内蔵しているため、本体の重さの中に燃料の重さも含まれていますが、電池を使用するランタンの場合は、電池の重さもプラスして考える必要があります。

 

単1電池は1本あたり約130gで単4電池は1本あたり11gですが、予備を含めると本数が必要です。また、連続点灯する場合は電池だけでも重さが出てしまいます。

 

また、ガスランタンはガス缶・ガソリンランタンはホワイトガソリンが必要です。どのタイプのランタンを使用する場合でも、燃料などを含めた重さをあらかじめ計算しておきましょう。

ランタンは、調光のほかに調色機能があるものもあります。暖かく温もりがある暖色や、昼間のように明るい白色灯、キャンドルのように炎の揺らぎを演出する機能もあります。調色機能によって得られる灯りが変わるため、シーンに合わせて使うことができますよ。

 

また、非常時灯機能が備わっているランタンは、万が一の時に非常時灯で周りに知らせることが可能です。他にも虫除けなどあると嬉しい機能もあるのでご紹介します。

ランタンは、照明器具としてだけではなくスマートフォンを充電できる機能や、Bluetoothで音楽を楽しめるタイプあります。ランタン1台あれば、スマートフォン用の充電器を持ち運ぶ必要もありません。光だけではなく音楽も演出してくれるランタンがあれば、いつもとは違った雰囲気のアウトドアを楽しめますよ。

黄色系の光には虫が集まりにくくランタンの明かりを黄色系にすることで虫除け機能の効果が期待できます。また、ランタンの周りにあるグローブと呼ばれる透明カバーをオレンジやイエローに付け替えられるモデルもあります。
 
また、虫が好むUV紫外線で誘引して電撃殺虫器で殺虫したり、蚊や虫が嫌がる波長を出したりするランタンもあるので、虫が苦手な方は虫除け機能にも注目しておきましょう。
 

LEDランタンはバッテリーや電池を使うので水濡れに弱く、故障の原因にもなります。天気予報で確認をしていても自然の天候は急に変わるので、突然雨が降っても使い続けられる防水性が高いランタンを選びましょう。

 

防水性はIPXで表され、水しぶきや小雨程度の場合はIPX4のものなら対応できます。水に入れても大丈夫なくらいの防水性を求めるならば、IPXに続く数字が大きいものを選びましょう。

光を蓄える蓄光素材になっているものであれば、夜でも自然の美しさを邪魔せず光を得ることができます。蓄光性があるランタンの光は、柔らかくほんのり優しく光るので、夜中目覚めたときでもランタンの位置を把握できで便利です。
 
真っ暗闇に慣れない、キャンパー初心者の方にも蓄光性があるランタンはおすすめです。蓄光性があるランタンは光を蓄えてる素材を使用して光っているので、電力を使わないのも嬉しいポイントですよ。
 
 
ソロキャンプで使うランタンは、機能や重さ、大きさだけではなく、デザイン性にも注目して自分のキャンプスタイルに合ったものを選びましょう。大自然に囲まれた中、自分だけのスペースを確保して過ごすならば、ランタンのデザインも好みのもので揃えたいですよね。
 
デザイン性の高いレトロなものから可愛い見た目のものまで、さまざまなランタンが販売されています。自分好みのランタンを選んで楽しい空間を演出してください。
 

ソロキャンプに1番おすすめなランタンは、簡単に使えて持ち運びが簡単なLEDランタンです。LEDランタンは調光・調色機能があるものが多く、シーンによって調節しながら使うことができます。また、使用電源も電池や充電池なので電源の交換も簡単で手間がかかりません。

コールマン(Coleman)

ワンマントルランタン

価格:13,800円 (税込)

安定した明かりを確保できるガソリンランタン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冬場の寒い時期でも、安定した明るさを確保できるホワイトガソリンを燃料とするランタンです。燃料が燃えるときの独特な音が雰囲気を醸し出し、ゆっくりっとした時間を過ごせますよ。置いて使用することはもちろん、ハンガーがついているので吊るしたり持ち運びの際にも便利です。ランタンを収納する専用のプラスチックケース付きで、移動するときもラクです。

メーカー
コールマン(Coleman)
商品名
ワンマントルランタン
サイズ
約16x31(h)cm
重量
約1・4kg
電源/燃料
ホワイトガソリン
明るさ
約200 CP/ 130 W 相当
連続点灯時間
約7.5~15時間
DOD(ディーオーディー)

ポップアップ ランタン

価格:2,501円 (税込)

耐久性がありソーラー充電も可能なLEDランタン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2色の調色機能がある、折り畳みができるLEDランタンです。ライト部分をコンパクトに収納出るので、何かと荷物が多いアウトドアにも最適ですよ。吊り下げができるようにフックが付いており、蓄光機能もあるので夜中目が覚めてもランタンの位置を把握することができます。また、ホヤの部分がシリコン素材なので、ハードな使用にもしっかり対応し電源は電池だけではなく、ソーラー充電もできるのでランニングコストを節約できます。

メーカー
DOD(ディーオーディー)
商品名
ポップアップ ランタン
サイズ
直径85×H110mm
重量
(約)161g
電源/燃料
ソーラー充電/単三乾電池(別売)
明るさ
ハイパワーモード/200lm(白色LED),ノーマルモード/100lm(暖色LED),常夜灯/20lm(暖色LED),ゆらぎモード/可変(暖色LED)
連続点灯時間
ハイパワーモード/10時間(4時間),ノーマルモード/25時間(10時間),常夜灯モード/80時間(32時間),ゆらぎモード/40時間(16時間)
GENTOS(ジェントス)

エクスプローラー EX-136S

価格:3,000円 (税込)

多機能で雨の中でも安心して使えるLEDランタン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グローブ全体が発光し、影ができないカバーを使用しているLEDランタンです。4つのモードでシーンに合わせた光を選べますよ。キャンドルモードがあるので、リラックス効果も得られます。2m落下耐久があるので、万が一落としてしまっても壊れて使えなくなる心配もありません。水の中に落としても耐えられる耐塵・1m防水(IP67準拠)機能があるので、水場の近くでの使用や雨の中でも安心して使用できますよ。

メーカー
GENTOS(ジェントス)
商品名
エクスプローラー EX-136S
サイズ
直径78×高さ141.5mm
重量
約355g(電池含む)
電源/燃料
単3形アルカリ電池×6本
明るさ
High/370ルーメン、Mid/160ルーメン、Eco/20ルーメン
連続点灯時間
High/9時間、Mid/18時間、Eco/142時間、キャンドルモード/60時間
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)

モジ

価格:2,420円 (税込)

コロンとしたデザインがかわいい防水機能もあるLEDランタン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぷっくりコロンとした形状がかわいいシンプルなLEDランタンです。7色展開されているので、好みに合わせて選ぶことができますよ。IPX4の防水機能で、突然の雨にも対応します。テーブルに据え置きしたり、フックが付いているのでテントやタープの中で吊り下げて使用することもできますよ。

メーカー
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)
商品名
モジ
サイズ
重量
122g(電池込み)
電源/燃料
単4アルカリ電池×3本
明るさ
100ルーメン
連続点灯時間
70時間(最小照度)
BALMUDA

ザ・ランタン

価格:13,885円 (税込)

アンティークなデザインのバッテリー内臓のLEDランタン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリー内蔵で、充電すれば使い続けられるアンティークデザインのLEDランタンです。ダイヤルを回すだけで、暖色から温白色へと変えられるので、シーンに合わせた光が選べますよ。キャンドルモードでは、本物の炎のようにゆらめく暖色の光がリラックスした雰囲気を演出します。持ち運びに便利なフックが付いているので移動は簡単、吊り下げて使用することもできますよ。

メーカー
BALMUDA
商品名
ザ・ランタン
サイズ
幅 110mm × 奥行 103mm × 高さ 248mm(ハンドル含む)
重量
約630g
電源/燃料
バッテリー(内臓)
明るさ
最大6.0W(同時に点灯/充電した場合)、待機時0.1W
連続点灯時間
3〜50時間(最大照度〜最小照度)
コールマン(Coleman)

ランタン ハンギングEライト LED

価格:2,481円 (税込)

マグネット内臓で十分な明るさを得られるLEDランタン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな形状ですが、最大250ルーメンの明かるさを得られるLEDランタンです。充電池を使用するので、ランニングコストがかかりません。また、本体にはマグネットが内臓されているので、ポールや鉄製の部分に貼りつけて使用することもできますよ。やさしいウォームカラーの明るさで、アウトドアの雰囲気を演出してくれます。

メーカー
コールマン(Coleman)
商品名
ハンギングEライト
サイズ
直径7×5(高さ) cm
重量
約130g
電源/燃料
リチウムイオン電池 (内蔵・交換不可)
明るさ
High250/Middle100/Low30ルーメン
連続点灯時間
High:約10H/Middle:20H/Low:約40H
montbell(モンベル)

ミニランタン

価格:2,980円 (税込)

超コンパクトで携帯性に優れているLEDランタン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

単3形電池1本で使用できる超コンパクトで携帯性に優れているLEDランタンです。最大110ルーメンの明かるさで使用できますよ。アウトドアでは何かと両手がふさがってしまいがちですが、本体に長さの調節ができるストラップが付いているので、首から下げて使用できます。テント内で吊り下げも可能ですよ。

メーカー
montbell(モンベル)
商品名
ミニランタン
サイズ
Φ3.5×13cm
重量
約44g
電源/燃料
単3形乾電池×1本
明るさ
HIGH:110ルーメン、LOW:10ルーメン
連続点灯時間
LOW:15時間、HIGH:4時間
スノーピーク(snow peak)

ほおずき

価格:16,280円 (税込)

角度の調節が可能でピンポイントで照らせるLEDランタン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明かりの周りに傘が付いているので、テントやシェルターの中全体を照らすのではなく、ピンポイントで使用したいという方におすすめなLEDランタンです。フックを使って天井に吊り下げて使用しますが、明るさの角度を調節できる便利な機能付きで、自然の闇や月明りを邪魔することなく手元や足元を照らせますよ。

メーカー
スノーピーク(snow peak)
商品名
ほおずき
サイズ
110×136×100(h)cm
重量
電源/燃料
単三アルカリ乾電池(LR6)3本または、外部指定電源:5V-500mA(USB micro-Bコネクタ使用
明るさ
連続点灯時間
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

オイルランタン

価格:3,280円 (税込)

火力調節が簡単なオイルランタン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ちやすく軽量で、飽きのこないデザインのオイルランタンです。芯に着火し、リングを回すだけで火力調節ができる手軽さで、オイルランタン初心者の方でも扱いやすい構造になっています。ゆらめく炎でリラックス効果も得られ、日々の疲れやストレスを癒してくれますよ。ランタンは、中サイズにのみブロンズカラー、ブラック、カーキ、レッドの4色展開されているので、好みに合わせて選ぶことができますよ。

メーカー
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
商品名
オイルランタン
サイズ
幅160×奥行120×高さ250mm(本体のみ)
重量
(約)370g
電源/燃料
白灯油、ランタン用パラフィンオイル
明るさ
連続点灯時間
(約)14時間

ソロキャンプで使うランタンは、機能や性能の他に自分のキャンプスタイルに合ったものを選ぶことでよりキャンプを楽しめますよ。ランタンは、レトロでどこか懐かしい雰囲気もあるので、味のあるランタンをぜひ活用してみてくださいね!

関連する記事

おすすめランタン10選!種類や選び方、おすすめメーカーを解説しますのサムネイル画像

おすすめランタン10選!種類や選び方、おすすめメーカーを解説します

2021/10/21

コールマンランタンおすすめ17選!LED・ガス・ガソリンタイプ別に紹介のサムネイル画像

コールマンランタンおすすめ17選!LED・ガス・ガソリンタイプ別に紹介

2021/10/21

キャンプツーリングにおすすめなランタン6選|選び方もご紹介のサムネイル画像

キャンプツーリングにおすすめなランタン6選|選び方もご紹介

2021/10/21

【最新】夜釣りにおすすめのランタン10選!マナーを守って正しく使おうのサムネイル画像

【最新】夜釣りにおすすめのランタン10選!マナーを守って正しく使おう

2021/10/21

メインで使える1000ルーメンのおすすめLEDランタン6選|人気のジェントスものサムネイル画像

メインで使える1000ルーメンのおすすめLEDランタン6選|人気のジェントスも

2021/10/21

おすすめのランタンケース5選|気になる選び方や素材ごとの特徴ものサムネイル画像

おすすめのランタンケース5選|気になる選び方や素材ごとの特徴も

2021/10/21

登山にもおすすめなモンベルのランタンをレビュー!LEDや災害向けものサムネイル画像

登山にもおすすめなモンベルのランタンをレビュー!LEDや災害向けも

2021/10/21

ラジオ付きランタンのおすすめ6選|アウトドアや防災に大活躍!のサムネイル画像

ラジオ付きランタンのおすすめ6選|アウトドアや防災に大活躍!

2021/10/21

コスパ最強!安いランタンのおすすめ6選!|選ぶ際の注意点とは?のサムネイル画像

コスパ最強!安いランタンのおすすめ6選!|選ぶ際の注意点とは?

2022/06/14

モスキートランタンのおすすめ10選!キャンプ時の虫除け対策に効果的!のサムネイル画像

モスキートランタンのおすすめ10選!キャンプ時の虫除け対策に効果的!

2021/10/21