アイスコーヒーも作れるコーヒーメーカー12選|作り置きの仕方もご紹介

アイスコーヒーメーカーは自宅で気軽にアイスコーヒーを作れる便利なアイテム。自分でオリジナルのアイスコーヒーを作りたい人におすすめです。今回はアイスコーヒーメーカーの選び方をはじめ、おすすめ商品やアイスコーヒーを入れるときのポイントをご紹介します。

アイスコーヒーメーカーは自宅で気軽にアイスコーヒーを作れる便利なアイテム。香ばしい薫りとスッキリとした味わいを持つアイスコーヒーは、喫茶店やコンビニなどで気軽に飲める人気の飲み物です。

 

そんな人気な飲み物を「自分で作りたい」と思う方は多いのではないでしょうか。ですが、作ろうと思っても、専用のアイスコーヒーメーカーはドリップ式や水出し式など種類が多くどれを選んだらいいか迷いますよね。

 

そこで今回は、アイスコーヒーメーカーの選び方やおすすめ商品・アイスコーヒーを入れるときのポイントをご紹介します。ぜひご参考にしてください。

今すぐ見る!アイスコーヒーメーカー12選

アイスコーヒーメーカーの選び方を「抽出方式」「容量・サイズ」「形状」「手動・自動」の4点に着目してご紹介します。自分に合った商品を選びましょう。

味か香りで抽出方式を選ぶ

抽出方式は大きく分けて「ドリップ式」と「水出し式」の2つです。淹れ方や味が違うので特徴をご説明します。好みが分かれる部分でもあるので、しっかりチェックしてください。

ドリップ式

ドリップ式は豆から挽いたコーヒー豆を熱湯で抽出し氷で冷やすことでアイスコーヒーを作る方式。さらに「全自動」、「ミル付き」に分かれます。さっぱりとした味が特徴。短時間で淹れられるので、すぐに飲めます。

 

デメリットは時間の経過で酸味が出てしまうことと、氷で冷やすので分量を間違えると味が薄くなってしまうこと。保存がきかないので保存をせずに淹れたてを飲んでください。薄くならないためには、ホットコーヒーを淹れるより濃い目に入れるのがポイントです。

水出し式

水出し式は、ボトルにセットしたコーヒー粉を水で抽出してアイスコーヒーを作る方式です。メリットはドリップ式より、深い味わいのあるコーヒーが出来ること。こだわりのあるコーヒーを作りたい人におすすめです。

 

デメリットは抽出までに時間が掛かること。商品にもよりますが、抽出までに6~8時間ほどです。時間をかけることで、味はしっかり深みがあり、美味しいコーヒーが出来上がります。時間は掛かりますが、美味しいコーヒーのために待ちましょう。

飲みたい量で容量・サイズを選ぶ

1度にできるサイズは決まっています。1人で使うか、家族や友人と使うかによって容量・サイズを決めましょう。1人分は180ml、たくさん飲みたい人は250mlくらいを目安にしてください。1Lの容器なら5杯分、つまり5人分です。

 

また、抽出したアイスコーヒーをそのまま冷蔵庫で保存できるタイプもあります。作り置きも可能なので、保存ができるタイプであれば1人で大容量サイズでも問題はありません。10人以上の場合は、複数個購入することをおすすめします。

収納を考えて形状を選ぶ

ボトル型やコーヒーマシンなど、さまざまな形状があります。ボトル型なら大きさは、水入れ容器と変わりません。アイスコーヒーの保存も兼ねて、冷蔵庫にそのまま入れられるサイズです。使わないときは棚にも収納できます。

 

マシンは商品にもよりますが、小型なら縦・横・高さが30㎝以上あれば設置・収納可能です。購入前に設置場所と収納場所の3辺が30㎝以上あるか確認してください。

好みで調整できる手動か、手軽に作れる自動か

淹れ方は大きく分けて2つ、「手動」か「自動」です。手動はミル引き、抽出などを全て自分で行います。メリットは豆の量やお湯の量などで味の調節が自在にできること。デメリットとして分量の調節を人間が行うので、味が安定しないことです。

 

自動はミル引き、抽出などをボタン1つですべて行います。自動なので味が安定する点がメリット。味の微調整ができないことがデメリットです。こだわりを持つ人は手動、手軽で味に安定感を持ちたい人は自動を選んでください

サーモス(THERMOS)

アイスコーヒーメーカー ECI-661

価格:7,364円 (税込)

アイスコーヒー専用コーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

じっくり抽出したアイスコーヒーを飲みたい人におすすめのアイスコーヒーメーカーです。ドリップ式の本格コーヒーが飲めます。二重構造サーバーになっているので、長時間冷たい状態を保ち、作りたてのおいしさをキープします。サーバーには取っ手が付いているので、コップに注ぎやすく液だれしにくい構造。また、サーバー内に直接氷も入れられます。電動で抽出し、抽出後は自動で電源がオフになる省エネ設計です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー サーモス(THERMOS) 商品名 アイスコーヒーメーカー ECI-661
タイプ ドリップ式 容量 5・6カップ
サーバータイプ プラスチック 最大使用水量 吸水タンク/0.31L・サーバー/0.66L
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 -
サイズ 36x33.5x23cm 重量 2.9kg
カリタ(Kalita)

アイス&ホットST-1N

価格:1,664円 (税込)

ホットもアイスも淹れられる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホットでもアイスでも美味しいコーヒーが淹れられるので、オールシーズン使用できるコーヒーメーカーです。淹れ方は通常のドリップコーヒーと変わらないので、普段からドリップコーヒーを淹れている方は簡単に淹れられます。淹れ方はドリップ式ですが、「サイフォンパイプ付冷却器」を採用。サイフォンパイプの頂上部分をこえないとサーバーへ流れない仕組みです。サイフォンパイプによって、コクや香りがよりひき立ちます

 

スペック詳細はこちら

メーカー カリタ(Kalita) 商品名 アイス&ホットST-1N
タイプ ドリップ式 容量 2~4杯
サーバータイプ ガラス製 最大使用水量 300ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 -
サイズ 17.0×13.0×30.5cm 重量 0.550kg
HARIO(ハリオ)

スロードリップブリューワーハリオ雫 SBS-5B

価格:3,364円 (税込)

水出しコーヒー専用ドリッパー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水を淹れ1滴1滴落ちる水出しコーヒー専用のメーカー。正式名称は「点滴式水出しコーヒー器具」です。上部の容器に水を注ぐと滴下が始まり、1~2時間で抽出できます。細長くガラス製の容器は涼しさを感じさせる容器です。ゆっくり淹れるので雑味のないスッキリとした味わいのコーヒーが出来上がります。すぐに飲みたい方には向いていませんが、水出しコーヒーが好きな方にはおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー HARIO(ハリオ) 商品名 スロードリップブリューワーハリオ雫 SBS-5B
タイプ ドリップ式 容量 -
サーバータイプ ガラス製 最大使用水量 600ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 -
サイズ 37.9x12.8x12.7cm 重量 0.94kg
HARIO(ハリオ)

V60アイスコーヒーメーカー VIC-02B

価格:1,081円 (税込)

シンプルなアイスコーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドリップしながら氷で冷やすコーヒーメーカー。通常のドリップコーヒーと同じ淹れ方でアイスコーヒーを淹れられます。耐熱式なので、熱湯でもOK。容器が長くたくさんの氷を入れられるので、熱いコーヒーをしっかりと冷却してくれます。夏の暑い日にアイスコーヒーをすぐに飲みたい人におすすめのコーヒーメーカーです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー HARIO (ハリオ) 商品名 V60アイスコーヒーメーカー VIC-02B
タイプ ドリップ式 容量 2~4杯
サーバータイプ ガラス製 最大使用水量 700ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 -
サイズ 15.7x25.3x13.79cm 重量 0.698kg
iwaki(イワキ)

ウォータードリップコーヒーサーバー KT8644-CL1

価格:2,631円 (税込)

電子レンジ対応しているコーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水とミル挽きしたコーヒー豆をセットするだけで、水出しコーヒーが作れるコーヒーメーカー。水タンクに水を入れるだけで下にコーヒーが落ち始めます。時間はかかりますが、コクのある澄んだ香りのコーヒーが出来上がります。また、耐熱ガラスを採用しているので、レンジで温めてホットコーヒーも可能です。アイスコーヒーを作った後でもホットに変えられます。ホットにもアイスにも対応したコーヒーメーカーです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー iwaki(イワキ) 商品名 ウォータードリップコーヒーサーバー KT8644-CL1
タイプ ドリップ式 容量 -
サーバータイプ ガラス製 最大使用水量 500ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 電子レンジ対応
サイズ 27.6x12.8x12.8cm 重量 0.47kg
シロカ

全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351

価格:11,800円 (税込)

ボタン1つでコーヒーが出来る

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイマーセットでお好きな時間にコーヒーを淹れられるコーヒーメーカー。水と豆をセットすれば、自動でミル挽きから行い、挽き立ての美味しいコーヒーを淹れてくれる優れものです。ミル挽き、蒸らし、抽出を全て自動で行うので、安定した味で作れます。水タンクは取り外し可能。いつでも清掃が出来るので清潔を保てます。コンパクトで、置き場所に困らない商品です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー siroca(シロカ) 商品名 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351
タイプ 全自動式 容量 -
サーバータイプ ガラス製 最大使用水量 550ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 タイマーセット
サイズ 16.2×28×26.4cm 重量 2.7kg
Bodum(ボダム)

BEAN K11683-01

価格:6,033円 (税込)

豆の味を味わうフレンチプレス

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フレンチプレス式でアイスコーヒーが作れる優れもの。コーヒー豆の個性を最大限引き出したい人におすすめなのがフレンチプレス式です。コーヒー豆の味をダイレクトに感じるので、深みや香りを楽しめます。アイスでもホットでも作ることが可能です。最大1.5Lまで作れるので、来客が来てもたっぷり楽しめます。一般的なアイスコーヒーではなく違った味を求めている人にもおすすめの商品です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Bodum(ボダム) 商品名 BEAN K11683-01
タイプ プレンチプレス式 容量 -
サーバータイプ プラスチック製 最大使用水量 1.5L
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 -
サイズ 19×12×22cm 重量 0.57kg
シロカ

全自動コーヒーメーカー SC-A211

価格:9,999円 (税込)

自宅で豆から挽きたてコーヒーが楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豆挽き、蒸らし、抽出を自動で行う全自動式コーヒーメーカー。挽きたてのコーヒーを楽しみたい人におすすめです。シロカ社が開発した新ブレードを採用し、従来の商品より豆をより均一に挽くことができます。ミル機能は2段階に調整が可能です。最大で2杯分の豆を挽けます。アイスコーヒーは2杯から最大4杯まで淹れられます。場所を取らないコンパクト設計なので、キッチンの隅や机の上など、どこでも設置可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー siroca(シロカ) 商品名 全自動コーヒーメーカー SC-A211
タイプ 全自動式 容量 -
サーバータイプ ガラス製 最大使用水量 580ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 2段階のミル挽き設定
サイズ 32.8x29.4x21.2cm 重量 3kg
パナソニック(Panasonic)

沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56

価格:35,000円 (税込)

挽き方が調整出来るコーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロが淹れたような、コクと香りを味わえるコーヒーメーカーです。粗挽き、中細挽きと豆の挽き方が変えられます。挽き方を変えることによって、マイルドな味わいや濃い味わいなど、淹れ分けが可能です。また、浄水機能付きで機械で沸騰したお湯はカルキを90%以上カットします。全自動でコーヒーを淹れるだけでなく、ミルも自動で洗浄してくれるので、お手入れも楽です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56
タイプ 全自動式 容量 5杯
サーバータイプ ガラス製 最大使用水量 670ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 -
サイズ 22×24.×34.5cm 重量 2.9kg
HARIO(ハリオ)

フィルターイン コーヒーボトル  FIC-70-CBR

価格:1,627円 (税込)

ワインボトル型の水出しコーヒーボトル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミルで挽いたコーヒー豆をセットして水を入れるだけで、スッキリとした水出しコーヒーが出来る水出しコーヒーメーカーです。出来たコーヒーは癖がなくゴクゴク飲めます。注ぎやすい口で、水切れもよく液ダレもしません。耐熱ガラスを採用しているので、熱湯を入れても大丈夫です。コーヒー豆と水を調整すれば、お好みの濃さで仕上げることが可能。お好みの味に調整してください。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー HARIO (ハリオ) 商品名 フィルターイン コーヒーボトル FIC-70 CBR
タイプ 水出し式 容量 -
サーバータイプ 耐熱ガラス 最大使用水量 650ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 -
サイズ 0.3x0.3x1.19cm 重量 0.049kg
HARIO(ハリオ)

水出し コーヒー ポット MCPN-7R

価格:844円 (税込)

まろやかなコーヒーが出来上がる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に水出しコーヒーが出来るコーヒーメーカーです。フルーツを入れればフルーツフレーバーコーヒーもできます。持ちやすいハンドルと大きな注ぎ口で、コップへ注ぎやすい設計です。ストレーナー底が外せるので、お手入れも簡単。8時間かけてじっくりと出来上がるので、深いコクでまろやかなコーヒーが出来上がるコーヒーメーカーです

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー HARIO(ハリオ) 商品名 水出しコーヒーポット MCPN-7R
タイプ 水出し式 容量 -
サーバータイプ 耐熱ガラス 最大使用水量 650ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 -
サイズ 13.8×9.4×20.8×8.8cm 重量 0.35kg
HARIO(ハリオ)

水出し珈琲ポット MCPN-14CBR

価格:990円 (税込)

シンプルな水出しコーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな構造の水出し式コーヒーメーカー。じっくり抽出した深い味わいを持つコーヒーが好きな人におすすめのコーヒーメーカーです。耐熱ガラスを採用しているので、熱湯も入れられます。フタやストレーナー・ストレーナーの底が外れるので、洗いやすい構造でお手入れが苦手な方にもおすすめです

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー HARIO(ハリオ) 商品名 水出し珈琲ポット MCPN-14CBR
タイプ 水出し式 容量 8杯用
サーバータイプ 耐熱ガラス 最大使用水量 1000ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー その他機能 -
サイズ 13.8×9.4×29.4×8.8cm 重量 0.465kg

ご紹介した商品の中にある「水出しコーヒーポット」の使い方をご説明します。用意するモノは、「水出しポット」「挽いたコーヒー豆」「お湯(水)」です。淹れるための専用のポットがあればより便利ですが、なければ普通のポットで十分です。

 

  1. 挽いた豆を水出しコーヒーポットのストレーナーに入れる
  2. コーヒー豆の上からお湯を注ぐ
  3. その状態で8時間冷蔵庫に入れて待つ

 

お湯は熱湯ではなく、低温でも十分です。コーヒー豆は入れたまま冷蔵庫に入れてください。コーヒー豆の量を変えれば、濃い味・薄い味の調整ができるので、自分好みのコーヒーが出来ますよ。

アイスコーヒーを作るときのポイントを2つご紹介します。美味しいコーヒーを自宅で楽しみましょう。

冷蔵庫に入れるときは密閉できるポットに入れて

コーヒーを冷蔵庫に入れるときは必ず密閉してください。空気に触れると酸化して味が劣化します。コーヒーを淹れてそのまま冷蔵庫に入れるタイプのコーヒーメーカーなら密閉ボトルの可能性がありますが、専用のボトルに移し替えることをおすすめします。

 

移し替えるタイミングはコーヒーが出来上がった後です。抽出後の冷やしているときはコーヒーの味にかかわるので、移し替えないでください。美味しいコーヒーを飲むために出来上がった後に移し替えることをおすすめします

美味しく飲めるのは2~3日まで

アイスコーヒーメーカーで作ったコーヒーを美味しく飲めるのは2~3日。保存期間は1週間程度です。コーヒーは時間が経つにつれて、風味が損なわれてしまいます。基本的に保存は冷蔵です。冷蔵で保存した場合、2~3日は美味しさが保たれます。

 

常温で保存した場合は、数時間で風味や味が損なわれます。冷蔵庫での保存をおすすめします。美味しさは2~3日、保存期間は1週間を目安に飲み切ってください

アイスコーヒーメーカーを使えば、美味しいアイスコーヒーが自宅でも簡単に作れます。全自動のアイスコーヒーメーカーは価格が高いものもありますが、水出しのコーヒーメーカーなら安価で気軽に購入可能です。アイスコーヒーが好きなら1度お試しください。自宅で毎日美味しいアイスコーヒーが飲めますよ。