カプチーノも作れるコーヒーメーカー6選|カフェラテとの違いは?

ふわふわのカプチーノは、対応したコーヒーメーカーがあれば自宅で楽しむことができます。今回は、どんなコーヒーメーカーでカプチーノが作れるのか・コーヒーメーカーの選び方・おすすめの商品を紹介します。カフェラテとの違いを知りたい方も要チェックです。

コーヒーメーカーというと、ブラックコーヒーが作れるというイメージが強い方が多いでしょう。ふわふわのカプチーノを楽しみたい場合は、どうすればいいのか気になりますよね。実は、カプチーノはコーヒーメーカーがあれば、作ることが出来ます。

 

まるでカフェで注文したようなふわふわのミルクウォームがのったカプチーノが、自宅で飲めるのです。全自動であれば、コーヒーを豆から挽いたりミルクを泡立てたりする手間もいりません。

 

しかし、注意したいことがあります。それは、すべてのコーヒーメーカーでカプチーノが作れるわけではないということです。コーヒーメーカーにも種類があり、ブラックコーヒーのみに対応している商品と、カプチーノのはじめ複数の種類を楽しめる商品があります。

 

今回は、カプチーノに対応したコーヒーメーカーついて解説していきます。

カプチーノが作れるおすすめのコーヒーメーカー(エスプレッソマシン)6選

カプチーノはいわばエスプレッソ×フォームドミルクです。普通のレギュラーコーヒーとは違い、濃厚なエスプレッソを作る必要があります。また、カプチーノの特徴であるふわふわのフォームドミルクは、空気を含んだ泡のような仕上がりにしなくてはいけません。

 

コーヒーメーカーは主にドリップ式と全自動式の2種類があります。ドリップ式は、フィルターにコーヒー粉を入れてお湯を注ぎ、じっくりコーヒーを抽出していく方法ですが、これはエスプレッソとは異なるのです。

 

まず必要なのは、エスプレッソが楽しめるコーヒーメーカー(エスプレッソマシーン)です。コーヒーメーカーを探す上で目にしたことがある方も多いでしょう。エスプレッソマシーンはコーヒーの飲み方が複数あるので、いろいろな味わいを楽しみたい方におすすめ。

 

ふわふわのフォームドミルクを作れるフォーマーを搭載している商品が多く、理想のカプチーノを簡単に作り上げるために必要不可欠な商品になります。

同じようにミルクのコクを味わえるカプチーノとカフェラテ。この2つの違いをご存じでしょうか?どちらもフォームミルク・スチームミルクを使用していますが、配合量に違いがあります。

 

カプチーノは泡立てたフォームミルク・スチームミルクを同量いれており、フォームミルクが上に乗っているものです。一方カフェラテはスチームミルクを多く入れていて、割合としては9:1です。どちらも混ぜ合わせて滑らかな口当たりにします。

 

同じミルクを使っていますが、口当たりが異なる理由は配合量の違いによるものです。エスプレッソマシーンがあれば、カプチーノ・カフェラテどちらも作ることができます。気分に合わせてメニューを使い分けましょう。

カプチーノが作れるおすすめのコーヒーメーカー(エスプレッソマシン)6選

カプチーノが作れるコーヒーメーカー(エスプレッソマシン)は、さまざまなメーカーが取り扱いっており種類が豊富です。コーヒーメーカー(エスプレッソマシン)の選び方を解説します。

種類で選ぶ

まずはコーヒーメーカーの種類から説明します。自分に合った種類を見つけましょう。

全自動なら手間なくできる

全自動とはその名の通り、難しい・面倒な工程をボタンを押すだけで行えるコーヒーメーカーです。コーヒーメーカー初心者でも取り扱いしやすく、高機能な商品が多くあります。便利なだけでなく、仕上がりは申し分なし。

 

失敗せず簡単に、お店で飲むようなおいしいコーヒーができる人気の商品です。一方メーカー・機能性によりますが、価格は比較的高めとなります。

セミオートはこだわりたい人向け

セミオートは全自動と違ってすべての工程をマシンに任せるのではなく、一部工程を自分で行うコーヒーメーカーです。セミオートモデルには、抽出まで自動で行う商品・自分好みに抽出できる商品があるので、事前に確認しましょう。

 

コーヒーは飲むだけでなく作るという楽しさがあり、よりこだわりたい方におすすめします。工程の多さを面倒と感じずに楽しめる方にぴったりです。

カプセルタイプならより手軽に

カプセルタイプのエスプレッソマシンは、専用のカプセル・ポットをセットして自動で抽出する商品です。少々手間だった粉の計量をしなくていいので、より手軽なコーヒーメーカーといえるでしょう。

 

1つ1つ密閉した容器に入っているため、味・香りの劣化が少ないというメリットがあります。1杯のコストはややアップしますが、味が豊富にあるのでコーヒー以外も楽しみたい方におすすめです。

機能で選ぶ

便利な機能を搭載したモデルなら、より簡単に本格的な味わいを楽しめます。

ミルクフォーマー機能があればカプチーノ作りが簡単

カプチーノを作る際にもっとも重要なのが、ミルクフォーマーです。ミルクフォーマー搭載のコーヒーメーカー(エスプレッソマシン)があれば、難しそうな本格的なカプチーノがボタンを押すだけで完成します。

 

使用するのは、普段使っている牛乳で問題ありません。自分で泡立てる手間がかからないので、カプチーノを楽しみたい方必須の機能です。

 

ミルクフォーマーのタンク量も、コーヒーメーカーによって違いがあります。1人で楽しむのであれば、大容量でなくてもいいでしょう。複数人で楽しむことがあるなら、ある程度の量を1度に作れる商品がおすすめです。

全自動掃除機能があるとお手入れをが楽に

コーヒーメーカーは、使用後に毎回洗浄をするお手入れが必要になります。使用している部品が多いため、分解して洗い終わったあとまた設置する点が少々手間ですよね。

 

そんなときには全自動掃除機能がついていると安心です。洗浄ボタンを押すだけで内部を自動で掃除してくれるので、多くの手間が省かれます。表面のホコリ・汚れをふき取るのはセルフになりますが、グッと楽になるおすすめの機能です。

抽出圧で選ぶ

コーヒーメーカーは抽出圧を選ぶことができ、カプチーノに必要なエスプレッソを淹れる際に重要視したいポイントです。圧をかけながらコーヒーを抽出しますが、しっかり圧がかかるほど本来の味・香りを楽しめます。

 

9以上の抽出圧のコーヒーメーカーをおすすめしますが、同時に1度に何杯分のエスプレッソができるのかもチェックしましょう。

価格で選ぶ

コーヒーのみ飲めるコーヒーメーカーに比べて機能性が上がっていることもあり、カプチーノが飲めるエスプレッソマシンは価格が高めとなっています。

 

初心者が購入しやすいモデルですと3~5万円前後でしょう。こちらのモデルが劣っているわけではありません。ある程度の種類のドリンクを楽しめ、十分おいしいコーヒーを飲めます。コンパクトなデザインが多いので、置き場所が確保できない方も選びやすいです。

 

より本格的なハイグレードモデルですと、10万円を超える商品があります。自宅でこだわりのコーヒーを淹れたい方にはおすすめです。どうしてもサイズが大きく、重量がある商品が多いので、置き場所の確保が必要になります。

デザインで選ぶ

コーヒーメーカーは、さまざまなメーカーから発売されているのでデザインの種類からも選べます。まるで本物のカフェのようなデザインからキッチンに馴染むシンプルデザインまで、選ぶ楽しさがありますね。

 

ボリュームのあるデザインは部品が多く、お手入れに手間がかかる場合があります。お手入れが必要な個所についても事前に調べましょう。

数ある中からコーヒーメーカー(エスプレッソマシン)のおすすめメーカーを紹介します。

アスカソ

スペインのバルセロナ生まれのアスカソは、1962年に創業。当初からエスプレッソマシーンのパーツを販売するなど、世界中から親しまれているメーカーです。エスプレッソマシーンを製造し始めたのは1997年になります。

 

コーヒー愛好家のために作り上げたこだわりのマシンは、職人によるハンドメイドです。高い品質を誇る人気メーカーになります。

ネスプレッソ

こだわりのコーヒーを届けるネスプレッソが販売しているエスプレッソマシンは、オリジナルシリーズ・ヴァーチュオシリーズで分かれています。2つの違いは抽出量で、使用するカプセル自体も異なったものです。

 

比較的コンパクトなデザインが多いので、家庭用として取り入れやすいエスプレッソマシンです。カプセルタイプを使いたい方はぜひチェックしてください。

デロンギ

エスプレッソマシンの中でも知名度が高いのがデロンギです。家庭用だけなく業務用としての人気が高いので、自宅で本物の味わいを楽しみたい方は要チェック。

 

デロンギは細かなコーヒー粉であれば、多くのメーカーに対応している点が魅力のひとつ。下位モデルであってもフロストノズルが搭載されているので、カプチーノ好きはうれしいですね。

ミスターコーヒー

1972年に設立されたミスターコーヒーは、全米でのシェアNo.1のメーカーです。本格カフェにあるようなデザインと確かなおいしさでファンが多く、高すぎない価格帯なので初心者でも挑戦しやすいでしょう。

 

操作性にも定評があり、可愛らしいラテアートも可能な濃密のミルクフォームを自宅で楽しみたい方におすすめです。

ユーラ

ユーラのエスプレッソマシンは、日本でもウケのいいデザイン性と、本格的な味わいを楽しめる点が大人気。自宅で作っているとは思えない仕上がりで、気分が上がること間違いありません。

 

その機能性の高さもあり、価格は少々高めとなっています。ワンランク上のコーヒーを楽しみたい方は、ぜひチャレンジしてください。

DeLonghi(デロンギ)

エスプレッソ・カプチーノメーカー スタンダードモデル ブラック×シルバー  EC152J

価格:9,600円 (税込)

シンプル操作で使いやすい本格的なコーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デロンギのEC152Jは、手軽にエスプレッソができる独自のカフェポッドを搭載した、業務マシンレベルの抽出圧を誇るコーヒーメーカーです。2種類の高性能サーモスタットで作り上げるエスプレッソは、本格的な味わいとなります。フロント部分にあるダイヤルを回して操作をできる簡単さもメリット。高性能スチームノズルが滑らかなミルクに仕上げ、納得のおいしさです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー DeLonghi(デロンギ) 商品名 EC152J
タイプ 全自動 容量 -
サーバータイプ - 最大使用水量 1000ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ 〇/〇/〇 その他機能 -
サイズ 195×245×290mm 重量 2.8kg
JURA (ユーラ)

全自動コーヒーマシン E6

価格:99,800円 (税込)

なめらかでツヤのあるミルクフォームでリッチなカプチーノに

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユーラの 全自動コーヒーマシン E6は、独自のパルス抽出プロセスP.E.Pを採用し、コーヒーの風味をしっかり引き出した本格的な味わいを楽しめます。高機能ながら操作はいたってシンプル。エスプレッソの2杯同時抽出にも対応しています。ボタン1つで内部を洗浄できるので、お手入れが非常に楽です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ユーラ 商品名 E6
タイプ 全自動 容量 -
サーバータイプ - 最大使用水量 1900ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ 〇/〇/〇 その他機能 自動蒸らし抽出機能 /自動洗浄
サイズ 280×346×444mm 重量 9.8kg
ネスプレッソ

エッセンサ ミニ ピュアホワイト C30WH

価格:9,317円 (税込)

ネスプレッソ最小のコンパクトモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネスプレッソのエッセンサミニは、ネスプレッソのシリーズでもっともコンパクトなモデルです。専用のカプセルを使用するので、香り・味ともに申し分ない豊かな味わいを簡単に楽しめます。最大19気圧の高い圧力を実現し、本来の香りを存分に堪能できるコーヒーメーカーです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ネスプレッソ 商品名 エッセンサミニ ピュアホワイトC・ルビーレッド・ライムグリーン・インテンスグレー・ピュアホワイトD・ピアノブラック
タイプ 全自動 容量 -
サーバータイプ - 最大使用水量 600ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ 〇/〇/〇 その他機能 -
サイズ 110×325×205 重量 2.3kg
DeLonghi(デロンギ)

ディナミカ ブラック ECAM35055B

価格:148,000円 (税込)

独自のクレマで多彩なメニューを実現

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デロンギのディナミカECAM35055Bは、デロンギ独自の本格的なクレマで多彩なメニューが楽しめるコーヒーメーカーです。エスプレッソをはじめ、デロンギオリジナルのカフェ・ジャポーネ・ドッピオ+など多数のコーヒーが選べます。日本語表示に対応した見やすいディスプレイで操作性がアップしました。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー DeLonghi(デロンギ) 商品名 ディナミカECAM35055B
タイプ 全自動 容量 -
サーバータイプ - 最大使用水量 1800ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ 〇/〇/〇 その他機能 マイメニュー設定/給湯/ディスプレイメニュー
サイズ 240×445×360mm 重量 10kg
ネスレ日本

バリスタデュオ HPM9637 プレミアムブラック

価格:13,695円 (税込)

簡単操作とスリムなボディで家庭用にぴったり

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バリスタデュオはカプチーノをはじめ8種類のメニューを楽しめる、操作方法が簡単なコーヒーメーカーです。コーヒー・クリーマーの2つのタンクを搭載しているので、ふんわり滑らかな仕上がりを自宅で再現できます。エコ&システムパックを入れるだけで本格的なコーヒーが楽しめるので、初心者でもすぐに使いこなせるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ネスレ 商品名 バリスタデュオ プレミアムブラック・プレミアムホワイト
タイプ 全自動 容量 -
サーバータイプ - 最大使用水量 2000ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ 〇/〇/〇 その他機能 センサー
サイズ 180×434×304mm 重量 5.4kg

ふわふわの泡立てたミルクは、泡だて器を使って作ることが可能です。ミルクフォーマーがついていないコーヒーメーカーを持っている方は、泡だて器で代用しましょう。使い方は簡単ですので、初心者の方でもすぐにできます。特に電動タイプは腕が疲れないのでおすすめです。

HARIO(ハリオ)

クリーマー・キュート ブラウン CQT-45BR

価格:2,118円 (税込)

容器付きのキュートな泡だて器

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハリオのクリーマー・キュート ブラウン CQT-45BR は、容器の中にミルクを入れて、付属の電動泡だて器を使って泡立てるアイテムです。泡立ったミルクをそのままコーヒーに注げるので、こぼす心配が少ないですよ。レンジで40~60秒ほどミルクを温めてから使用しましょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ハリオ 商品名 CQT-45BR
消費電力 - 機能 -
サイズ 145×105× 205mm 重量 -
PHIEKA

ミルクフォーマー

価格:1,899円 (税込)

USB充電に対応したコンパクトミルクフォーマー

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PHIEKA ミルクフォーマーはUSB充電に対応した、コンパクトな形状の商品です。約40秒ほどでふわふわの泡が立ち、使用後のお手入れが楽です。2種類の撹拌ヘッドが付属しているので、好みのメニューに合わせた使い方ができます。400ml以上入る縦型の容器で使ってください。

メーカー PHIEKA 商品名 ミルクフォーマー
消費電力 1300W 機能 -
サイズ 30×255mm 重量 -

おいしいカプチーノを飲むためには、エスプレッソが作れるミルクフォーマー搭載のエスプレッソマシンが便利です。自宅にいながら本格的な味わいに仕上がります。コーヒーメーカーでカプチーノを作り、癒しの時間を過ごしましょう。