メタルジグのおすすめ5選!選び方やダイソー商品も紹介!

メタルジグは釣りをする際の必須アイテムです。青物やバスなどメタルジグによって釣れる魚は異なります。そのためどれを選べばいいか分からないという人も多いのではないでしょうか?今回はメタルジグの素材・重さ・カラーの選び方やおすすめのメタルジグ・メーカーを紹介します。

2021/10/21 更新

メタルジグはサバやアジなどの青魚やメバルなど、幅広い種類の魚を釣る際のルアーとして使われます。初めて釣りに行くという場合は、釣りたい魚に合わせて適切なメタルジグを選びたいですよね。

 

しかし、いざ釣りに出かけようとしても種類が多いため、どのように選べばよいのかイマイチ分からないという人は多いのではないでしょうか?

 

メタルジグは種類も販売するメーカーも豊富で、選び方をきちんと押さえておく必要があります。この記事ではメタルジグの選び方・特徴・おすすめ商品をご紹介します。最後まで読んで自分の釣りスタイルに合わせたより良いメタルジグを見つけてください!

メタルジグは鉛などの金属で作られたルアーです。金属のため水に沈む速度が優れていることが特徴です。重量があり飛距離が長いため堤防での釣りの他、遠投にも向いています。

 

メタルジグは対象の魚が多く、シーバス・ブリ・ツバスなどの青物やメバルなどの根魚を釣り上げる際によく使用されます。根魚は海底の岩礁や海草などに棲み、生息範囲が狭い魚のことです。形状やカラーの種類が豊富のため、自分の狙いたい魚に合わせて選ぶといいでしょう

メタルジグは素材・カラー・左右非対称など違いがあり、釣れる魚も変わってきます。初めてメタルジグを選ぶ人はどれを選べばいいか分からないという人も多いでしょう。特徴や素材ごとの違いを解説していくので、メタルジグを購入する際はぜひ参考にしてみてください。

①素材

メタルジグの素材は複数の金属を合わせて作られた合金と呼ばれるものを除くと、3タイプの金属に分けることができます鉛・タングステン・スズや鉄です。

 

同じ大きさでも素材によって重量が変わり、性質も異なります。また、メタルジグは比重の違いで水に沈む速度や動きにも特徴があるため一つの目安にするといいでしょう。

鉛はメタルジグで最も使用されている定番の素材です。鉛は加工がしやすく、様々な形のメタルジグが展開されています。価格も安いため初心者も手が出しやすいのではないでしょうか。

 

鉛は比重が11.4あり、メタルジグに使用される金属の中で比重が大きいです。そのため水に沈む速度も速く扱いやすいでしょう。汎用性に優れていますが、鉛は少し柔らかいため傷つきやすいです。岩が多い場所での扱いは注意が必要です。

タングステン

タングステンの比重は鉛の約1.7倍の19.3で、白熱電球にも使われている素材です。高比重のタングステンで作った場合、同じ重さの鉛のメタルジグよりも40%以上サイズを小さくして作ることができます。ジグのサイズを小さくすることで水の抵抗を受けにくくなります。

 

重量のある小さなサイズのメタルジグは、マダイを釣る際のジギング「タイジグ」に向いています。ジギングはメタルジグを使用したルアー釣りのことです。タイは水深20〜100mに生息しているため、タイを狙いたい場合は比重の大きいタングステンを選ぶといいでしょう。

スズや鉄

スズや鉄は比重が軽く7.8程度です。鉛よりも水に沈む速度を遅くしたい場合に適しています。比重が軽いためサイズは大きくなりますが、軽量のため動かしやすいのが特徴です。メタルジグが海に落ちてしまった場合でも自然に腐食していくため、環境にも優しいのが嬉しいですね。

 

スズや鉄で作られたメタルジグはオフショアでの釣りに最適です。オフショアとは船に乗り海にでて行う釣りのこと。オフショアでは海中の上〜中層部を狙うことが多いため、軽量のメタルジグがおすすめです。

②カラー

メタルジグはカラーの違いで魚の食い付き方も異なります。釣りの時間帯や水の透明度、魚種に合わせて色を選ぶことで魚の釣れ具合に差が出てくるでしょう。青物の魚を釣る際は、青色系とピンク系のカラーがよく釣れます。

 

午前中や水の透明度が高い時は青色系、薄暗い時間帯や水の透明度が低い時はピンク系がいいでしょう。メタルジグのカラーは他にもシルバー・アカキン(赤)・グリキン(緑)など種類豊富です。特に赤や緑は視認性が高いためバス釣りに最適と言われています。バスを釣りたい人は赤や緑など目立つ色を選ぶようにしましょう。

③形状

メタルジグの形状の違いによって自分が通したい水深に泳がせたり、遠投させたりということが可能になります。形状は基本の4つのタイプがあり、投げやすさや釣れる魚も変わります。それぞれ形状や特徴を覚えて、自身の釣りに活かしましょう。

ショートタイプ

ショートタイプは一般的な形状で、販売されている形状の中でも1番多いタイプです。通常タイプとも呼ばれ、小魚のような形をしています。扱いが簡単なため初心者でも扱いやすいでしょう。

 

素材によって厚みが変わるのも特徴で、鉛製のショートタイプは長さを短くするため厚みがあり、タングステン製は比重が大きいため長さが短く薄い仕上がりになっています。好みに合わせて選ぶといいでしょう。

ロングタイプ

ロングタイプはショートタイプより細長い形で水切りが良いため、水の抵抗を減らしてくれます。水抵抗を小さくすることで大きなアクションをさせやすいという特徴があります。

 

また、ロングタイプは海中で漂っている状態で横飛びなどのイカのようなアクションができます。そのためイカを捕食している魚も釣ることができるでしょう。タチウオ用の超ロングジグもあるため気になる人はぜひ挑戦してみてください

左右対称・左右非対称タイプ

左右対称タイプは最も基本的な形状タイプで、名前の通り左右の形状が同じで対称になっています。泳がせている時や釣り上げる時にも正面からの水の抵抗には差がないため安定しています。

 

左右非対称タイプは片面は厚みがあり、もう片面は平らになっている左右非対称のメタルジグです。泳がせている時はイレギュラーな動きをするため、広範囲の魚にアピールすることができます。

スロータイプ

スロータイプは表面には丸みがあり裏面はフラットになっています。平らな形状が特徴で水の抵抗を大きく受けることで、スローな動きをします。根魚・マダイ・ヒラメ・青物など狙える魚の種類が幅広いことも特徴です。

 

水深が深い場所や海流の早い場所ではスロータイプでしか狙えない魚の種類もあるため、一つは持っておきたい形状です。スロータイプは釣り上げられる確率が高く、初心者にもおすすめです

④ウェイトバランス

メタルジグの水中での動きを重視する場合、ウェイトバランスはとても重要です。メタルジグのボディのどの部分に重心を置いているかという違いがあります。前方・中心・後方の3種類があり重心が変わるだけで、動きも全く異なります。購入する前にはしっかり確認しておくといいでしょう。

フロントバランス

フロントバランスはボディの前方に重心があるため、釣り竿での操作をダイレクトに反映させやすいです。そのため小魚が逃げる時のような自然な動きをさせることができます。少しのアクションでジグの頭の向きが変わり変化をつけることができるため、初心者も扱いやすいウェイトバランスです。

 

フロントバランスは海中での滞空時間は長いですが、飛距離が安定しにくいという特徴があります。水に沈む速度も遅いため、潮の流れが速い場所での使用には向いていません。フロントバランスは魚が近くにいる場合や水深が浅い場所での使用がいいでしょう

センターバランス

センターバランスはボディの中心に重心があるタイプです。メタルジグを泳がせた時と水に沈む時のどちらもナチュラルな動きをさせることができるのが特徴です。そのため海中の表層から海底まで様々な水深で使用することができます。

 

アクションが優れているセンターバランスですが、飛距離が出にくく海へ投げた際の姿勢が安定しません。そのため空気抵抗を受け失速してしまうというデメリットがあります。しかし、最近では遠投性が高く空気抵抗も受けないよう改良されているものが多く、使い勝手のいいセンターバランスが増えています。

 

センターバランスでは青物はもちろん底に潜んでいるヒラメなども狙うことができます。様々な状況下で使用できますが、潮の影響を受けやすいため、流れが急な場所では比重の大きい素材を使用したメタルジグを選ぶといいでしょう。

リアバランス

リアバランスはボディの後方に重心があるタイプです。メタルジグのお尻側に重心が集中し後方部分が膨らんでいるため、見た目からも判断しやすいでしょう。リアバランスは姿勢が安定するため投げやすく、遠投性が3種類の中で最も高いです

 

水に沈む速度も速く、水深が深い場所でも海底を狙いやすいのが特徴です。その反面、アクションが大きく自然な動きではありません。魚に気づかれてしまうことも多くメタルジグの中でも食い付き力は低いです。

 

リアバランスは魚の回遊している場所や狙っているポイントが遠い場合に向いています。青物は食い付き力があるためブリやサワラを狙う際にもいいでしょう

⑤重さやサイズ

釣りをするからには大物を狙いたいという人も多いでしょう。釣る魚や場所に合わせてメタルジグの重さやサイズをしっかり選ぶことが大切です。ここからは大物を狙う場合や初心者や子供も楽しめる最適なサイズや重さを紹介していきます。

大物を狙う

堤防や磯からの釣りをショアジギングと言い、20〜60gの軽いメタルジグで釣ることをライトショアジギングと言います。大物を釣る場合、メタルジグ60g以上を使用したショアジギングで釣ることが多いですが、30gや40g以上のライトなメタルジグでも釣ることができます

 

30〜40gのメタルジグでは30〜60cmクラスまで幅広く狙うことができます。60gのメタルジグでは40cm・1kg以上の大物を釣ることが可能です。ライトショアでもハマチ・サワラ・カサゴ・ヒラマサなどの大物を釣ることができるため、ぜひ挑戦してみてください

 

メタルジグのサイズは2〜30cmまで展開されていますが、素材の重量や比重によって変わってきます。大物を釣る際は重さを加味しながらも20〜30cmサイズのメタルジグを選ぶといいでしょう。

初心者でも大物を狙うには

初心者が大物を狙いたい場合は、船で沖へ出て釣りを行うオフショアジギングがおすすめです。オフショアでのメタルジグを選ぶ際には、水深×2倍の重さを選ぶといいでしょう。60〜80gの重さがメインになりますが、潮が速い・水深が深い場所では100gのメタルジグが必要になることもあります

 

重量が増えるにつれてサイズも大きくなります。100gのメタルジグの場合は、素材にもよりますが10〜15cmがいいでしょう。沖ではかなりの大物が釣れるため魚の引きに負けないように注意しましょう。

子供でも楽しむには

子供や腕力に自信がない人におすすめなのがスーパーライトショアジギングです。30g以上のメタルジグの場合はアクションや長時間の釣りによって、腕が痛くなってしまう可能性があります。しかし、スーパーライトショアでは軽量なメタルジグを使用するため、子供や女性も快適に釣りができます。

 

スーパーライトショアは15〜20gのメタルジグを中心として、軽いラインや釣り竿で気軽に挑戦することができます。小型のカマス・サバ、根魚であるカサゴ・ハタも釣り上げることができるため楽しみながら釣ることができるでしょう。

メタルジグは様々なメーカーから発売され、メーカーによって性能やデザインが異なります。そのためメタルジグを選ぶ際には、メーカーごとにどのような特徴があるのか知っておくと実際に購入するときに役立ちます。メタルジグのおすすめの3メーカーの特徴や魅力を紹介します。

ダイワ

ダイワは釣り用品を幅広く展開している釣り具メーカーで、初心者からベテランまで多くの釣り人に愛されています。メタルジグ以外にも、ロッドやリールも販売しているため釣り用品を全て揃えることができます。

 

ダイワのメタルジグは他メーカーよりも価格が安く、コスパに優れています。サムライジグ・ジグキャスターシリーズなどがありシリーズによって適した場所に違いがあります。サムライジグはオールラウンドに使用でき、ジグキャスターは堤防や岸からの遠投に向いています。

 

7〜130g以上まで幅広く展開しているため、釣りスタイルや釣りたい魚に合わせて豊富な種類から選べることが魅力です。



シマノ

シマノは1921年に創業された老舗の釣りメーカーです。ダイワと並ぶ日本国内最大の釣り具メーカーです。当初は鍛冶屋をしていたということもあり、特にリールが他メーカーよりも高性能で人気を集めています。

 

シマノのメタルジグはオシアスティンガーバタフライシリーズが人気で、非常に多くの種類とカラーバリエーションから選ぶことができます。船で行うオフショアジギングで活躍するメタルジグです。

 

シマノのメタルジグは価格が高いものもありますが、ベテランの釣り人からの信頼も厚いためコストがかかったとしても購入する価値はあるのではないでしょうか。

メジャークラフト

メジャークラフトは2002年に大阪で創業された釣り具メーカーです。メタルジグを使用したルアー釣りに特化した釣り竿を作っています。ダイワやシマノと比較しても価格が低く高品質な商品が多いことが特徴です

 

メジャークラフトのメタルジグはジグパラシリーズといって、低価格と安定した釣り上げ率で初心者からベテランまで幅広く愛用されています。様々なサイズとカラーが展開されており人気を集めています。

 

ショアジギング・オフショアジギングともに対応でき、豊富な魚種を釣り上げることができることも魅力です。これから釣りを始めるという人にもおすすめのメーカーです。

ダイワ(DAIWA)

サムライジグ サゴシチューン

価格:649円 (税込)

サゴシに特化したメタルジグ

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サゴシチューンはダイワの人気シリーズであるサムライジグの泳ぎ方や性能に加えて、歯の鋭いサゴシ専用に改良されたモデルです。サゴシはサワラの子供の頃の呼び名ですが、大きく育ったものだと1m・10kg以上まで成長するものもいます。サゴシは簡単に釣ることが出来るため初心者にもおすすめです。

 

サゴシは細長い体型で鋭く尖った歯をしているため、メタルジグもフックにワイヤーを使用しコーティングで塗装を強化しています。カラーはサゴシ釣りに実績のある5色が展開されているため、好みの色を選ぶことができます。

素材 形状 ショートタイプ
ウェイトバランス センターバランス カラー サゴシブルピンイワシ
重量 30g 対象魚 サゴシ・サワラ
シマノ(SHIMANO)

コルトスナイパー

価格:829円 (税込)

アピール力の高いメタルジグ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々なシチュエーションに対応出来るシマノのメタルジグ、コルトスナイパーです。表と裏でデザインの異なるホログラムが使用され、魚に強くアピールすることができます。餌をかけるフックにはシングルアシストフックが使用されているため初心者も使いやすいでしょう。

 

ボディは面で構成され、水がよく反射するため遠くからでも目立つことができます。センターバランス設計によりナチュラルな動きで、安定した泳ぎが特徴です。ワラサ・イナダなど比較的大きな魚も狙えるおすすめのメタルジグです。

素材 形状 ショートタイプ
ウェイトバランス センターバランス カラー ブルピン
重量 35g 対象魚 ワラサ・イナダ・シーバス・ヒラマサ
Major Craft(メジャークラフト)

ジグパラ ライブベイトカラー

価格:660円 (税込)

リアルカラーで食い付き力抜群

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジグパラは価格と釣り上げ率で多くの釣り人からの評価が高いです。ライブベイトカラーは本物の魚そっくりのカラーと塗装クオリティの高さで魚の食い付き力が抜群なことが特徴です。

 

ライブベイトカラーはシルバー系とゴールド系に分かれています。シルバー系のカラーは日中や潮が澄んでいる場合に最適です。薄暗い時間帯や濁りがある場合はゴールド系を使用するのがいいでしょう。また、素材にタングステンを使用しているため、海中・海底など好きな場所を狙えるのもポイントです。

素材 タングステン 形状 ショートタイプ
ウェイトバランス センターバランス カラー パープル・グロー・ゼブラ
重量 40g 対象魚 アジ・メバル・青物・タチウオ・シーバス・タイ
グローブライド(ダイワ)

サムライジグ

価格:645円 (税込)

青物から根魚まで幅広く対応

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グローブライトはダイワの改名後の社名でダイワと同じブランドです。サゴシ・ヒラメ・シーバスなど人気の青魚や根魚までオールラウンドに使用できるメタルジグです。癖のないセンターバランスのため、ベースとして一つ持っておくと使い勝手がいいでしょう。

 

水に沈む速度は平均よりは遅いため、海中で泳いでいる時間が長くなります。そのためオフショアジギングで表〜中層にいる魚を狙いやすいのが特徴です。また、風に弱いため飛距離が短くなる場合もありますが、動きが滑らかで釣り竿でのアクションにしっかり対応するおすすめのメタルジグです。

素材 形状 ショートタイプ
ウェイトバランス センターバランス カラー PHマイワシ
重量 30g 対象魚 サゴシ・サワラ・ヒラメ・マゴチ・シーバス
JACKALL(ジャッカル)

バンブルズジグ ロングブレード

価格:1,881円 (税込)

大物を狙えるロングメタルジグ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジャッカルは海外にも製品を展開している人気の釣り具メーカーです。バンブルズジグのロングブレードは2020年に発売された新商品ですが、その大きさから注目を集めています。200gサイズは30cm、300gサイズだと40cmもの全長があります。

 

大物の青物はタチウオを好んで食べるため、ロングブレードはタチウオのシルエットに似せて作られています。リアバランスのため飛行姿勢が安定し飛距離が長いことが特徴です。ボディ自体が薄く作られているため水の抵抗も少なく扱いやすい設計になっています。

素材 鉛・ステンレス 形状 ロングタイプ
ウェイトバランス リアバランス カラー タチゴシルバー
重量 200g 対象魚 メジロ・ブリ・ヒラマサ

ダイソーでは釣り用品も販売されており、メタルジグも購入することができます。100均ですが、高性能でよく釣れると話題です。ジグロックとジグベイトの2種類があり、ジグロックはセンターバランス、ジグベイトはリアバランスとウェイトバランスに違いがあります。

 

それぞれ重量が18・28・40gの3種類があり、子供や女性も使いやすい重量が展開されています。軽いメタルジグは表〜中層を泳ぐ魚を狙い、重いメタルジグでは海底や水深の深い場所にいる魚を狙うなど使い分けるといいでしょう。

 

2種類にはカラーの違いもあり、ジグロックはブルーピンク・シルバーゴールド・グリーンゴールドなど他メーカーのメタルジグと同じカラーを使用しています。ジグベイトはピンク・オレンジ・ブルーレインボーなど派手なカラーが多く、大物を狙うのに適しています。

おすすめのメタルジグやメーカーを紹介しましたが、他にも様々なメタルジグが販売されているため実際の釣りで自分好みのメタルジグを見つけていくといいでしょう。素材・ウェイトバランス・カラーによって釣れる魚が違うため、好みのメタルジグを見つけて釣りを楽しんでください。