【2021最新】おすすめソロストーブはこのサイズ!大きさ・性能比較も

ソロストーブはプロのサバイバリストも愛用するアウトドアのストーブを扱うアメリカのメーカーです。燃料も小枝やまつぼっくりなど自然のものを使えるので、環境にやさしいストーブとして人気を集めています。本記事ではキャンプにおすすめなソロストーブについて徹底解説。大きさ比較表やおすすめ商品を紹介します。

2021/11/18 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

登山・釣り・キャンプなどのアウトドアで休憩時の料理やコーヒーが楽しみ」なんて人も多いですよね。しかし、アウトドアはできる限り荷物を少なくするのが通常です。そのため、できるだけ持っていくものはコンパクトにしたいものです。

 

そんな時におすすめなのがソロストーブ(Solo Stove)」です。ソロストーブはコンパクト設計になっているだけでなく、自然燃料を用いるため燃料も持ち運ぶ必要もないキャンプストーブとして人気を集めています。

 

そこで本記事では、ソロストーブの特徴・種類や口コミを紹介します。さらに、記事後半では安いと評判のソロストーブの類似品も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

今すぐ見る!おすすめソロストーブ

「ソロストーブ(Solo Stove)」はアウトドア愛好家であるJeffrey Jan(ジェフリー・ジャン)というアメリカ人によって2011年に作られたテキサス州にある会社です。キャンプストーブを中心に焚き火台・ポット・風防などの付属品を取り扱っています。

 

クラウドファンディングサービスを利用して、世界中から集めた資金で次々と新製品を発売。優れた性能と品質でファンを増やし現在では世界中で愛されています。人気のレンジャー・ライト・タイタンモデルなどアウトドアに適した商品が多く、日本でも愛用者が多い人気ブランドです。

ここからは具体的なソロストーブの特徴について紹介。ソロストーブが正解中で愛用されている理由を徹底解説します。

 

【ここがすごい!ソロストーブの特徴】

お湯をすばやく沸かすパワフルストーブ

ソロストーブが人気のブランドである理由はパワフルな火力にあります。シンプルでスタイリッシュな見た目でありますが、火力が強く瞬時にお湯が沸かせるので、野外でもあっという間に調理できます。

自然燃料も用いるストーブ

ソロストーブは自然の燃料を使っても火を起こせるのがメリットです。小枝やまつぼっくりなど、現地で簡単に手に入りやすいものを使えるため荷物を少なくできます。

 

また、使い終わった灰もその場で処理でき、持ち帰るゴミも少なくて済むのがポイント。地球にやさしいエコロジーを意識したストーブです。

コンパクトな収納が可能

大きさも重要なポイントになります。ソロストーブライトは、非常にコンパクトな手のひらサイズで、使用時の高さは約14.5cm(収納時約10cm)、直径(幅)は約10.8cmで重さは約255gです。

 

見た目は小さいですが、950mlのお湯を約8~10分ほどで沸かせます。また、ソロストーブは軽くて丈夫なステンレス製なので持ち運びもしやすいです。 

高い燃焼効率

ソロストーブは燃料を燃焼しやすい二次燃焼式構造です。ソロストーブは本体が二重構造になっており、下部に開いた穴から空気を取り込むと一次燃焼した煙が内部を通り、上部の穴から排出して二次燃焼を起こします。素早く一気に火が付くので、条件の厳しいアウトドアにも最適です。

調理にも使用できる

キャンプでは、火を起こすまでの時間が意外とかかるものです。ソロストーブは安定感のある五徳が付属しているので、スキレットを使って料理も楽しめます。

 

また、五徳のすきまを利用して燃料を投入できるため、スキレットを動かすことなく火力を保てます。さらに、燃料を少なくすると弱火でじっくりと加熱もできるのが魅力です。

人気のソロストーブですが、口コミも気になるところです。ここではソロストーブのいい口コミと悪い口コミを紹介します。

写真では剛性が心配でしたが、現物は割としっかりしていました。ゴトク部分は使い込んでいくと多少心配ですが、しばらくは問題なさそうです。 綺麗な仕上げで大変気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトなタイプのため、強度が心配になるかもしれません。本体は高品質のステンレスをつかったワンピース仕上げのため、強度や耐久性はまったく問題ありません。見た目もオシャレで使いやすいです。

まともに煮炊きするならこのサイズをオススメします。河原釣りやキャンプに大活躍。タイタンを買ってからはまつぼっくりを見つけるとつい拾い集めるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

調理を目的とする場合は、やはり火力もそれなりに必要です。ライトではチョット心もとないといった方には、ワンサイズ上のタイタンがおすすめです。1800ポットにすっぽりと入るちょうど良いサイズです。

火力はとても強いですよ、細い枝なんかだとすぐに灰になります。下に灰が溜まってくるので2次燃焼させながらの焚き火は5~6時間が限界です。いつも午後にキャンプ場に入ってこれでお湯をわかしたり焚き火を楽しんで晩飯作る前に一回灰を出します、あとは深夜まで焚き火できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

大きなサイズのキャンプファイヤーは、火力は十分で調理はもちろん、焚き火にも使える優れものです。口径が広いぶん、太い枝でもしっかりと燃焼させることができ、火力も長持ちします。また、燃料を調整して弱火でコトコト煮込むなど火力調整も可能です。

唯一の問題点が燃焼中の固形物を支えるニクロム線の網目が荒過ぎて 細かな燃料だと更に下の受け皿へと落ちてしまう事らしいです

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトなタイプのライトは、燃料となる小枝も小さいものになってしまうので、網目から落ちてしまうこともあります。小枝の形状や、燃料の組み方まつぼっくりなどの落ちにくいもので工夫をしてみることもご参考に。

期待度が高かっただけに、実際使ってみてガックリ感が…。この寒い時期、空気は冷たく風が吹く場所では、材質ステンレスで熱が上がりにくいのか、なかなかチムニー(煙突) 効果を発揮してくれない。風防が必需品とおもわれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプファイヤーと購入を迷われたようですね。使用する季節にもよりますが、条件によっては、ワンランク上のサイズをおすすめします。とくに、調理もするということであれば火力は重要です。なおオプションの風防もセットで購入をおすすめします。

このストーブ、持ち運びには大きく重いので手で持ち運ぶ使い方には向いていません。私の場合は庭で使う程度かな。先にも述べた様に、調理に使うには、燃料(小さい木)を頻繁に投入し続けなくてはならず使い勝手があまりよくありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

重さも購入するさいには要チェックです。とくに使用するさいに、ご自身で運べるかどうか確認しましょう。本体重量が998gのキャンプファイヤーは、長時間は持ち運ぶのは大変です。ただ、そのぶん火力はパワフルで使いやすいです。

ここではソロストーブの使い方を説明します。正しい手順で使うことで、より効率的に火を起こすことができます。

 

  1. 乾いた小枝や火口を集める
  2. 平らな場所を見つける
  3. 周囲の地面をきれいにする
  4. クッキングリングを取り出す
  5. ストーブの中で着火する
  6. クッキングリングをセットする
  7. 調理・湯沸かしなどを楽しむ

今や世界中で大人気のソロストーブですが、どれを買ったらいいのか迷う人も多いです。ソロストーブは250gのライト・500gのタイタン・1kgのキャンプファイヤーの3種類です。 

 

値段は5,000~6,000円と金額差はありませんが、燃料となる薪の量や火力に差がでます。使う人数の目安は以下の通りです。

 

  • ライト 1~2人用
  • タイタン 3~4人用
  • キャンプファイヤー 4~5人以上の家族向け
solo stove ソロストーブ

ソロストーブ・ライト

価格:12,800円 (税込)

ソロキャンプにおすすめ

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロストーブの中でも一番コンパクトなタイプのライトは、流行の一人キャンプなどにはピッタリのサイズです。たったの255gの重さで、ソロクッカーにも収納できるので、持ち運びには大変便利です。別売りのポット900はライトに合わせたサイズで、10分かからずに簡単にお湯を沸かすことができます。自宅の庭でも簡単にアウトドア気分が味わえる人気のストーブです。

使用人数目安 1~2人 本体重量 255g
SportsCentre

ソロストーブ・タイタン Titan

価格:15,940円 (税込)

プロのサバイバリストが推奨

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライトに比べ、一回り大きいサイズのタイタンです。プロのサバイバリストも絶賛する使いやすさと、持ち運びに便利な大きさが大変人気のソロストーブです。使用する人数の目安も2~3人と少人数のキャンプにちょうど良いサイズです。

 

本体重量は、468gと500mlのペットボトルほどで持ち運びやすい重さです。また、付属の取り扱い説明書も、日本語で分かりやすく解説されているので届いてからすぐに使えます。

使用人数目安 3~4人 本体重量 468g
solo stove ソロストーブ

ソロストーブ キャンプファイヤー SSCF

価格:18,980円 (税込)

ファミリーサイズのソロストーブ・キャンプファイヤー

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体が二重構造で素早く火が付き、火力もパワフルなソロストーブシリーズの大型タイプ、キャンプファイヤーです。使用人数目安も4~5人以上で、家族や仲間とみんなでワイワイガヤガヤとアウトドアで調理が楽しめます。

 

ステンレス構造の本体重量は、998gと重量感と安定感をそなえたタイプです。日本語の分かりやすい取扱説明書と、便利なゴトクに収納袋が付属されています。

使用人数目安 4~5人以上  本体重量 998g

サイズ別!ソロストーブの比較表

  • 商品画像
  • アイテムID:5183527の画像

    solo stove ソロストーブ

  • アイテムID:5183900の画像

    SportsCentre

  • アイテムID:5183924の画像

    solo stove ソロストーブ

  • 商品名
  • ソロストーブ・ライト
  • ソロストーブ・タイタン Titan
  • ソロストーブ キャンプファイヤー SSCF
  • 特徴
  • ソロキャンプにおすすめ
  • プロのサバイバリストが推奨
  • ファミリーサイズのソロストーブ・キャンプファイヤー
  • 価格
  • 12800円(税込)
  • 15940円(税込)
  • 18980円(税込)
  • 使用人数目安
  • 1~2人
  • 3~4人
  • 4~5人以上 
  • 本体重量
  • 255g
  • 468g
  • 998g
Solo Stove(ソロ ストーブ)

ポット900

価格:4,950円 (税込)

純正品のポットでピッタリフィット

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポット900はソロストーブの最小サイズで、ライトでの使用を想定して設計されています。材質はステンレススチールで熱伝導効率もよく、アウトドアの使用を想定されている堅固な作りになっています。

 

蓋つきで内部にはメモリも刻んであるため、計量カップとしても使えます。ほかにも容量違いのタイタン用のポット1800とキャンプファイヤー用のポット4000があります。それぞれのポットは純正品ならではの使いやすさとデザインが人気です。

使用人数目安 1~2人 本体重量 220g
solo stove ソロストーブ

アルミニウム ウインドスクリーン

価格:2,750円 (税込)

風防はアウトドアには必須アイテム

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロストーブを使う上で便利なアイテムの一つに、アルミニウムウインドスクリーンがあります。8枚のアルミの板でできていて、高さは24cmで大きなキャンプファイヤーもしっかりと覆います。このウインドスクリーンがあれば、多少の風でも火は確保できます。

 

8枚のアルミニウムの板は、一枚に折りたたむことができ、幅は約8.9cmと薄く重さも210gと軽量で持ち運びやくなっています。とくに、調理をする方にはおすすめします。

使用人数目安 - 本体重量 210g
Solo Stove(ソロ ストーブ)

レンジャー キット 日本正規品

価格:36,300円 (税込)

持ち運びのできる焚き火台

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レンジャーキットは、ソロストーブの中でも一番小さいサイズの焚き火台です。レンジャーキット本体と専用のスタンドが付いていて、重量も約6.8kgと持ち運びできる焚き火台です。ステンレススチールの頑丈な素材と安定感あるボディで安心して使えます。

 

直径約38cmで薪を入れて火を付けると、効率よく燃え上がります。2次燃焼を利用する仕組みはストーブと一緒でパワフルな火力で周囲を温めます。

使用人数目安 4~5人 本体重量 6.8kg
Solo Stove(ソロ ストーブ)

ボンファイヤー キット 日本正規品

価格:44,000円 (税込)

2番目の大きさの焚き火台 広めの口径50cm

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロストーブの焚き火台シリーズでは、2番目に大きいサイズのボンファイヤーです。ちょうど大人の男性が一人で丸抱えできるサイズです。重さは約9.1kgですが、見た目はそれ以上に大きく感じます。口径は直径50cmで大きいサイズの薪もしっかりと燃焼します。

 

付属品は、大きめの収納袋にボンファイヤー専用スタンド、そして日本語の取り扱い説明書です。大きすぎず、といって小さすぎないちょうど使いやすいサイズです。

使用人数目安 7~8人 本体重量 9.1kg
Solo Stove(ソロ ストーブ)

ユーコン キット 日本正規品

価格:71,500円 (税込)

ソロストーブ最大のファイヤーキット

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロストーブの中でも最大サイズのファイヤーキット「ユーコン」です。その重量は、約20kgとかなりのウエイトです。気軽に持ち運びはできませんが、大勢で焚き火台を囲みながらワイワイと楽しく過ごせます。

 

開口は約76cmとかなり大きく、太い薪でも2次燃焼で楽に燃やすことができます。自宅や大人数のアウトドアでも活躍します。付属品は、専用のスタンドに日本語の説明書です。収納袋は付いていないのでご注意ください。

使用人数目安 7~8人以上 本体重量 約20kg

ソロストーブのおすすめ関連商品比較表

  • 商品画像
  • アイテムID:5184004の画像

    Solo Stove(ソロ ストーブ)

  • アイテムID:5184007の画像

    solo stove ソロストーブ

  • アイテムID:5184441の画像

    Solo Stove(ソロ ストーブ)

  • アイテムID:5184478の画像

    Solo Stove(ソロ ストーブ)

  • アイテムID:5184692の画像

    Solo Stove(ソロ ストーブ)

  • 商品名
  • ポット900
  • アルミニウム ウインドスクリーン
  • レンジャー キット 日本正規品
  • ボンファイヤー キット 日本正規品
  • ユーコン キット 日本正規品
  • 特徴
  • 純正品のポットでピッタリフィット
  • 風防はアウトドアには必須アイテム
  • 持ち運びのできる焚き火台
  • 2番目の大きさの焚き火台 広めの口径50cm
  • ソロストーブ最大のファイヤーキット
  • 価格
  • 4950円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 36300円(税込)
  • 44000円(税込)
  • 71500円(税込)
  • 使用人数目安
  • 1~2人
  • -
  • 4~5人
  • 7~8人
  • 7~8人以上
  • 本体重量
  • 220g
  • 210g
  • 6.8kg
  • 9.1kg
  • 約20kg
TOAKS(トークス)

ウッドバーニング ストーブ STV-11 【日本正規品】 12706

価格:6,355円 (税込)

コンパクトで縦長なボディで空気をとりこみ

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チタニウム性のトークスのコンパクトウッドバーニングストーブです。3段階のパーツに分かれ、多数の空気穴から酸素を取り込み燃焼効率を高めています。超軽量のわずか225gで、3つのパーツを1つにまとめて持ち運びが簡単にできます。

 

チタニウムは高品質で錆に強く、燃焼効率が高いわりに本体の熱が速く冷める特製があり、使用後はすぐにしまうことができます。また、燃料が木の枝や薪など自然のものを使えるため、荷物を少なくでき移動も楽にできます。

使用人数目安 1~2人 本体重量 225g

天候不順が続いてなかなか使えなくて悶々としてましたが我慢できずに仕事終わりに燃やすだけ燃やしてみました。 クヌギの薪を小割にして着火、はじめは「こんなもん?」て感じでしたが内壁の温度が上がればスグにバーニング!  

出典:https://www.amazon.co.jp

購入したらすぐにチェックの意味も込めて、一度火をつけてみましょう。湯沸かしや、調理がどのくらいの時間で準備ができるのかなど、実際の火力を確かめることで、本番でスムーズに調理ができます。

小さい方(stv-12)がお気に入りで、今回大きい方も購入したのですが、筒同士がこすれてスムーズな組み立てができませんでした。 傷をつけ擦れながらズリズリと動かして組み立てないといけない状態です。

出典:https://www.amazon.co.jp

パーツが複数あるタイプは、なかなかスムーズに組み立てられないものもあるようです。いざ組み立ててみても、バランスが悪かったりと、そんなことがないように、事前チェックをしっかりとしておくのもポイントです。

ユニフレーム(UNIFLAME)

ネイチャーストーブ 683033

価格:4,800円 (税込)

超薄型ウッドストーブ 国産老舗アウトドアメーカー

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1985年創業のユニフレームは国産のアウトドアメーカーです。ネイチャーストーブは、本体が台形の特徴のあるウッドストーブです。化石燃料を使わずに、枝や薪など自然のものを利用したエコロジーを意識したエコロジカルストーブです。

 

収納時は13cm角で、1.5cmと超薄型です。また、重量も320gと軽量で、コンパクトに折りたたんで収納でき持ち運びができます。4000円代で買えるお手頃ウッドストーブです。

使用人数目安 1~2人 本体重量 320g

拾った枝と、底に敷いたティッシュ1枚ですぐ着火しました。 期待通りの良い品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

火の付きが速いということは、キャンプの時などは大変重宝します。なかなか火が付かないといった方には、2次燃焼の威力をぜひ一度お試しいただきたいです。燃料も小枝やまつぼっくりなど、簡単に手に入りやすくとても使いやすいです。

ほぼ期待どうりでしたが、使用後の若干の歪みが気になりました。 薄い鋼板の為しょうがないのかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ウッドストーブもタイプは様々です。とくに、軽量を謳ったコンパクトなものには、取り扱いを気を付けなければならないタイプもあります。本体重量はもちろん、強度は口コミなどを参考に事前チェックをしておきましょう。

CANWAY

キャンプストーブ ウッドストーブ

価格:2,380円 (税込)

3種類の五徳で熱を均一に伝導

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐高温ステンレス製の2重構造のキャンプストーブです。2次燃焼で素早く薪や木材を20分間つづけて燃やすことができます。また、付属の3種類の五徳は均一に熱を受けることができ、調理もしやすくなっています。五徳の間からも燃料が簡単に入ります。 

 

燃料は、枝や薪などの自然に手に入りやすいものから、固体燃料まで幅広く使えます。付属品は収納袋と取り扱い説明書が付いています。手のひらサイズで、コンパクトな大変使いやすいウッドストーブです。

使用人数目安 1~2人 本体重量 0.56kg

庭で毎日のように焚き火を楽しんでいます。 空気の流れがよく計算されており、一度火が回れば大変良く燃えてくれます。 ステンレスでも品質の悪いものは錆びて来ますが、この商品は予想外にひどく錆びることもありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

アウトドアに限らず、自宅で気軽に焚き火を楽しむ、といった使い方もあります。また、火の回りを目で見て何となく癒される方もいらっしゃいます。錆びにくい点もお手入れが楽で使いやすいですね。

サイズが思ったより小さく、このサイズだと指くらいのたき木しか入らず、入れてもすぐに燃え尽きてしまい使い道があまりないかも…

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトなウッドストーブの場合、実際に使ってみて小さいと感じる方もいらっしゃいます。サイズは必ずチェックしてから購入することをおすすめします。また、どのような目的で使うかも決めておきましょう。

安いストーブおすすめ比較表

  • 商品画像
  • アイテムID:5184711の画像

    TOAKS(トークス)

  • アイテムID:5185331の画像

    ユニフレーム(UNIFLAME)

  • アイテムID:5184784の画像

    CANWAY

  • 商品名
  • ウッドバーニング ストーブ STV-11 【日本正規品】 12706
  • ネイチャーストーブ 683033
  • キャンプストーブ ウッドストーブ
  • 特徴
  • コンパクトで縦長なボディで空気をとりこみ
  • 超薄型ウッドストーブ 国産老舗アウトドアメーカー
  • 3種類の五徳で熱を均一に伝導
  • 価格
  • 6355円(税込)
  • 4800円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 使用人数目安
  • 1~2人
  • 1~2人
  • 1~2人
  • 本体重量
  • 225g
  • 320g
  • 0.56kg

ソロストーブはマメにお手入れをしましょう。ただし、金属たわしは傷がつく可能性があります。また、分解清掃ができないためできる範囲でお手入れしましょう。クッカーのススは新聞紙や布巾で拭き取ったあとに水洗いで落ちます。

今回はソロストーブシリーズを紹介しました。ウッドストーブのなかでもプロも愛用と人気の高いソロストーブは、素早く火が付き湯沸かしや調理などしやすいパワフルな火力が魅力です。1人用から大人数まで品数豊富なソロストーブをぜひ使ってください。

# おすすめ # 比較