コンパクトで低価格なアナログ体重計のおすすめは?選び方も解説!

レトロなデザインとシンプルな機能で、根強い人気を集めているアナログ体重計。しかし「メモリがズレやすい」「正確に量れる?」といったイメージの方も多いかもしれません。そんなアナログ体重計の仕組みや魅力、機能的でデザイン性の高いおすすめ商品をご紹介します!

コスパとシンプルな機能が魅力のアナログ体重計

ダイエットや健康管理のための体重測定に欠かせない体重計。最近は進化した機能を持つデジタル体重計が多く、シンプルな機能のアナログ体重計は「数値がズレやすそう」というイメージがありますが、電池不要で本体価格も安いため、コストを押さえたい方に人気です。
 
アナログ体重計はシンプルな仕組みで価格が安く、デジタル体重計と違って電池の交換も必要ありません。また、デジタル体重計よりもデザイン性が高く、レトロな雰囲気がインテリアとしても活躍するため、女性からも人気の高い製品です。
 
しかし、たくさんの種類から本当にいい体重計を選ぶとなると、難しいものですよね。
そこで今回は、タニタやドリテックなどの人気メーカーからおすすめのアナログ体重計をご紹介していきます!正確な数値を測って、ただしく健康管理しましょう。
アナログ体重計おすすめ7選をすぐに見る

アナログ体重計の仕組み

まずは、アナログ体重計はどのように体重を計測しているのを解説します。アナログ体重計の仕組みやメリット、デジタルとの違いや誤差が発生する理由についてみてみましょう。

体重計の仕組み

アナログ体重計は「てこの原理」を利用して、体重を測定する仕組みです。体重計の内部には細長い金属棒とバネが収納されています。金属棒が体重を感知する役割、バネは感知した体重に合わせてメモリの針を動かす役割を持っています。
 
人が体重計に乗ると金属棒がたわみ、重さが「てこ」の力点に伝わります。すると、かかった力の分だけ金属棒がバネを伸ばし、バネが歯車を回転させることでメモリの針が動くのです。
 
ちなみに、アナログ体重計はバネの動きを利用して針を動かすのですが、デジタル体重計の場合はバネではなく、金属棒のたわみをセンサーで読み取り数値として表示します。

アナログ体重計のメリット・デメリット

アナログ体重計のメリットはシンプルな機能で扱いやすいことと、値段が手ごろで長く使用できることです。余計な機能や複雑な操作が必要ないので、子どもから大人まで誰にとっても使いやすい体重計といえます。
 
また、アナログ体重計は一般的にデジタルのものよりもリーズナブルな製品が多く、安いものなら1000円以下で手に入ります。一度購入すれば5~7年の長期間使用上、電池交換も不要なため、コスパ面を考えると非常にお得な製品です。
 
アナログ体重計のデメリットは繰り返し使うごとにバネが消耗し、正しい測定ができなくなることです。また、そもそも体重はデジタルのものに比べると大まかにしか分かりません。メモリを目で見て判断するため、読み間違えるという可能性もあります。

誤差が生じる理由

アナログ体重計とデジタル体重計のそれぞれで量った体重を比べたとき、アナログ体重計の方が軽い気がする…と感じた経験はないでしょうか?これはメモリがズレているわけではなく、計測方法の特性上、アナログ体重計の方がやや軽めに表示されるためです。
 
しかしあまりにも誤差が大きい場合は、針の読み間違いや、経年劣化が原因の可能性も。アナログ・デジタル問わず、体重計は繰り返し使用すると部品が摩耗していき、誤差が生じやすくなっていきます。
 
体重測定をするときは、まず正常な数値が表示されているか確かめてみてください。体重計にのっていない時も数字や針がズレるようなら、そろそろ買い替え時期なのかもしれません。

アナログとデジタルはどちらが正確に測れる?

アナログとデジタルの体重計の正確性を比べるなら、デジタルの方が数字で表示されるぶん、分かりやすいといえます。アナログ体重計は少し体を動かすだけで針がズレてしまい、正確な数値を読み取りとりにくいためです。
 
また、部品劣化による誤差が発生すると、アナログ体重計の正確性はさらに下がります。以上の点から考えると、100g単位で数値が表示されるデジタル体重計の方が、正確に体重を量れるといえるでしょう。
 
しかし、デジタル体重計なら完璧というわけではありません。デジタルでも部品劣化は起こりますし、もともとアナログ・デジタル問わず、すべての体重計にはわずかながら誤差があるものなのです。よし正確さを求めるならデジタル体重計をおすすめします。

アナログ体重計はこんな人におすすめ!

アナログ体重計はコスパを重視したい方におすすめです。デジタルのものと比べて、手ごろで手に入りやすいのが魅力。また、電池交換いらずで寿命も長いため、非常にお得な体重計といえます。
 
もう一つのおすすめポイントは、余計な機能が付いておらず、シンプルで分かりやすいところです。アナログ体重計は計測項目が少なく、体重の表示も1kg単位と大まかなものですが、ちょっとしたダイエットや体調管理が目的なら十分に役立ってくれます。
 
針やメモリ、数字のデザインにこだわったインテリア向けの商品が多いというのも、機能がシンプルだからこその魅力ですね。

アナログ体重計の選び方

次にアナログ体重計を購入する時に、チェックしたいポイントを紹介しましょう。アナログ体重計に適した選び方を知っておくと、より効果的な体重管理ができますよ。

メモリの見やすさ

アナログ体重計で体重を確認するには、自分の目で針を追う必要があるため、なるべくメモリの見やすい製品を選ぶのがおすすめです。数字やメモリが大きめの体重計なら、体重を見る時にかがみこむような姿勢にならなくても、読み間違えることなく確認できますね。
 
メモリの見やすい体重計で選ぶならメモリ盤の表示窓が大きく、全体が見えるタイプが便利です。さらに針の指している場所が分かりやすいものや、表示窓に拡大鏡が設置されているものなら、より確実に数値の確認が行えますよ。

本体のサイズ

体重計をサイズで選ぶ時に重要なのが、足の大きさに合っているかという点です。サイズがコンパクトな製品の方が収納しやすくなりますが、使用する人の足が収まらないサイズでは正しい測定結果が得られません。
 
体重計のサイズは24~28cmほどの製品が多いため、使用する方の足のサイズをチェックして合ったものを購入しましょう。足をのせた時、メモリが隠れてしまって見えにくいといった事態にならないよう、やや余裕があるサイズのものを選ぶといいですね。

BMIの測定

BMIとは身長に対する肥満の度合いを表した指数で、体重(kg)÷身長(m)の2乗で算出します。日本肥満学会ではBMIの数値が22になる体重を標準体重とし、この体重を維持することで、生活習慣病などのリスクが少なくなると定めています。
 
デジタル体重計ではBMIが測定項目として多くの製品に搭載されていますが、製品によってはアナログ体重計でも測定可能です。BMI測定機能付きの体重計はメモリ部分にBMI数値の表示があり、体重と共に確認することができます。
 
身長に合わせてやせ気味や太りすぎなど、分かりやすい表現で確認できるので、健康管理に体重計がより活用しやすくなるでしょう。
BMIについて詳しい説明(厚生労働省 e-ヘルスネット)を見る

デザインやカラー

シンプルな機能のアナログ体重計は、色やデザインも個性的でオシャレな製品が多く販売されています。長期間使える分、体重測定が楽しくなるようなお気に入りの一台を選びたいものですね。
 
好みのデザインを探すのはもちろん、使い心地にもこだわってみましょう。体重計には足をのせる部分の素材や、形状が工夫されている製品も数多く販売されています。肌心地の良い素材や、足をのせても滑りにくく冷たくならない素材のものがおすすめです。

アナログ体重計おすすめ7選

メモリの見やすいシンプルなものや、毎日使いたくなるデザインのものまで、アナログ体重計の人気のおすすめ商品を集めました。ぜひ、お気に入りの一台を探してみましょう!

タニタ(Tanita)

アナログ体重計HA-650

価格:1,718円(税込)

大きなメモリ版で数値を確認しやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時計のような丸く大きなメモリが目を引く、タニタの体重計です。メモリが一部分しか見えないデザインが多い家庭用体重計と比べ、メモリ版の視認性が高く、針が動く様子も分かりやすいですね。メモリ版だけでなく、本体も大きめのサイズになっています。足をのせる奥行き部分が約28cmと、家族全員で使えるゆったりサイズ。素材には使い心地が良く、足にフィットしやすい樹脂素材を採用しています。
サイズ 幅292mm×奥行き278mm×高さ60mm 本体重量 約1.9kg
素材・材質 ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、鉄板(SPCC(冷間圧延鋼))、AS(アクリロニトリル・スチレン)樹脂、PP(ポリプロピレン) 最大計量 130kg
最小メモリ 1kg
タニタ(Tanita)

アナログ体重計HA-552

価格:1,280円(税込)

BMIチェックができるアナログ体重計

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインながら、メモリの数字が大きめで見やすい体重計です。体重と一緒にBMIが表示されるのが特徴。電池交換がいらないアナログ体重計ながら、BMIをチェックできるのが嬉しいですね。身長に合わせた肥満度を「やせぎみ」や「やや肥満」などの4つの段階で表示します。BMIのチェック方法も、針で示されているゾーンを確認するだけの分かりやすいもの。メモリは1kg単位で最大120kgまで測定可能です。
サイズ 幅280mm×奥行き240mm×高さ65mm 本体重量 1.6kg
素材・材質 鋼板、塗装/AS(アクリロニトリルスチレン)樹脂・PP(ポリプロピレン) 最大計量 120kg
最小メモリ 1kg
タニタ(Tanita)

アナログ体重計 HA-851

価格:894円(税込)

足裏にフィットするカーブ形状

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爽やかなブルーが印象的なタニタのアナログ体重計です。洗練されたデザインで、インテリアとしてもおすすめしたい一台ですよ。足裏の形状に合わせて、ゆるやかなカーブを描くデザインが特徴です。表面を樹脂素材加工することで、サラリとした感触を実現。足をのせても冷たく感じにくいため、快適に測定を行えます。本体重量は約1.6kgと軽量でスリムなため、持ち運びやすく収納しやすいのも便利ですね。
サイズ 幅273mm×奥行き277mm×高さ54mm 本体重量 約1.6kg
素材・材質 カバー/ABS、本体/鋼板・塗装、レンズ/AS 最大計量 130kg
最小メモリ 1kg
タニタ

アナログヘルスメーター THA-528

価格:1,038円(税込)

スリムながら頑丈で使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

奥行き24cmとコンパクトサイズで、置き場所に困らないのが特徴のアナログ体重計です。
数字が見やすく大きめのメモリ版のため、立った姿勢のままでも体重を確認しやすいのが嬉しいですね。スッキリとしたデザインと誰にでも使いやすい機能が魅力。メモリの単位は1kgで、最大120kgまで測定できます。デジタルのものよりも頑丈な作りで長く使えるため、愛用する方が多い商品ですよ。
サイズ 幅277mm×奥行き239mm×高さ50mm 本体重量 約1.7kg
素材・材質 鋼板、PP、AS 最大計量 120kg
最小メモリ 1kg
fujisho

アナログヘルスメーター F-834

価格:2,000円(税込)

拡大鏡で数値が確認しやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

白く清潔感のあり、レトロなデザインが特徴の体重計です。メモリの表示窓はさほど大きくありませんが、拡大鏡が搭載されているため、数値を確認しやすくなっていますよ。余計な機能が付いていないところが使いやすく、人気の高い商品です。足をのせる部分の素材には人工皮革使用。足裏が冷たくならないので、冬場や裸足での計測も快適に行えます。体重計にのったときに耳障りな音が立ちにくく、深夜でも使用しやすいところが嬉しいですね。
サイズ 幅265mm×奥行き240mm×高さ40mm 本体重量 約1.15kg
素材・材質 スチール、人工皮革 最大計量 130kg
最小メモリ 1kg
dretec(ドリテック)

アナログ体重計 BS-302

価格:1,455円(税込)

スッキリとしたデザインが美しい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インテリアにも取り入れやすい、洗練されたデザインのアナログ体重計です。見た目に美しいだけでなく、体重計にのったときに足裏がフィットしやすいカーブ形状。しっかり両足を納められるサイズで、安定した測定が可能です。メモリは1kg単位で最大120kgまで測定可能。メモリ合わせは本体側面にあるダイヤルを回すだけで簡単に調節でき、服の重さをマイナスした測定も行えます。カラーはブルーとホワイトの2色から、好みに合わせて選べますよ。
サイズ 幅250mm×奥行き250mm×高さ45mm 本体重量 約1.18kg
素材・材質 本体/鋼板・AS(アクリロニトリル・スチレン)、脚部/TPR(熱可塑性ゴム) 最大計量 120kg
最小メモリ 1kg
タニタ(Tanita)

アナログ体重計 HA-011

価格:1,500円(税込)

かわいいハローキティの体重計

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きなリボンがプリントされたデザインがキュートな、ハローキティのアナログ体重計です。本体側面には持ち運び用の取っ手が付いているので、測定する時や掃除したい時に移動しやすいのが便利ですね。両足がのせられるスペースを確保しつつ、本体はコンパクトサイズなため、置き場所に困りません。アナログ体重計なのでもちろん電池交換いらず。かわいらしいデザインで楽しく体重測定ができると、お子さんや女性にも人気が高い一品です。
サイズ 幅319mm×奥行き250mm×高さ62mm 本体重量 約1.9kg
素材・材質 本体/鋼板(塗装)、カバー/ABS、レンズ/AS 最大計量 120kg
最小メモリ 1kg

インテリア性が高く使い勝手のいいアナログ体重計を見直そう

 
実用性だけでなく、インテリアとしても重宝されているアナログ体重計。昨今では測定項目の多さや、正確な測定で人気のデジタル体重計が多く販売されていますが、今一度、レトロなアナログ体重計の魅力を再確認してみてはいかがでしょうか。