テーブルランタンのおすすめ10選!ガスとオイルの違いは?

テーブルランタンはナイトキャンプの雰囲気を大切にした明るさの少ないランタンです。LEDで発光するものや、ガス・オイルを使用して実際の炎を出すランタンがあります。この記事では、テーブルランタンのおすすめな選び方・人気メーカー・おすすめ10選についてご紹介します。

2022/07/16 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

目の前でゆらゆらと揺めく炎を、ただ眺めているだけの時間って幸せですよね。キャンプの時にはほんのりとした明かりで、ゆらめく炎を眺めながら素敵な雰囲気の中での食事を楽しみたいですよね。

 

そんな時はテーブルランタンをおすすめします。テーブルランタンはナイトキャンプの雰囲気を大切にした、明るさの少ないランタンです。特に、ガス・オイルタイプのランタンは、ゆらめく炎を眺めながらナイトキャンプを楽しめます。

 

今回はそんなテーブルランタンの選び方・人気メーカー・おすすめ10選についてご紹介します。この記事を読むとテーブルランタンについての知識がつくので、購入を検討する時に役に立ちます。ぜひ、参考にしてください。

テーブルランタンは種類がたくさんあり、選ぶのに迷ってしまいます。そこで、テーブルランタンの選び方についてのご紹介です。

 

※クリックすると見出しにジャンプします

キャンプ時の食事はおいしいですよね。夜にテントの中で家族や友人と食べる食事は格別な美味しさを演出します。ここで、演出を際立たせるのがテーブルランタンです。ランタンをテーブルの真ん中に置くだけで、雰囲気がとてもよくなります。

 

せっかくのキャンプなので、自分の気に入ったデザインのテーブルランタンを選びましょう。食事をしている時、ランタンは常に目に入ります。自分の好きなデザインのものだと、もっとナイトキャンプが楽しくなります。

テーブルランタンの明るさは、テーブルの上をうっすらと照らす程度の明るさがいいです。明るすぎると、食事するときに眩しかったり、虫が集まってきたりするからです。食事の時に虫が集まってくると、せっかくの楽しい時間が台無しになってしまいます。

 

うっすらとした灯りは心を落ち着かせます。そして、テント内にしっとりとした雰囲気を演出し、静かで非日常的な大人のキャンプが味わえます。ですので、明るすぎない程度のものを選びましょう。明るさの目安は50〜100W程度の明るさが丁度いいです。

もし、お子様がいるキャンプの場合はLEDタイプのテーブルランタンをおすすめします。なぜなら、お子様が誤ってランタンを触ったり、倒したりしても安心だからです。燃料を使ったランタンの場合は、手で触ったら火傷をする恐れがあります。

 

また、誤ってランタンを倒してしまった場合、火事の危険性があります。そうなると、せっかくの楽しいキャンプが台無しになってしまいます。その点、LEDタイプのランタンは触っても倒しても安心です。お子様がいる場合はLEDタイプのテーブルランタンをおすすめします。

テーブルランタンには、実際の火を使ってあかりを灯す場合、ガスタイプとオイルタイプがあります。ガスタイプとオイルタイプの特徴をご紹介します。

 

 

※クリックすると見出しにジャンプします

ガスランタンの特徴として、初めて使用する場合は「マントル」を空焼きしてから使用します

 

 

ガスランタンのメリットは以下の4点です。

  • おしゃれなものが多く雰囲気を楽しめる
  • 扱い方が簡単で手間もかからないのですぐ準備ができる
  • カセットボンベ式の場合は火起こしなど別の用途でも使える
  • 特別なメンテナンスは必要がない

ガスランタンのデメリットは以下の3点です。

  • OD缶の場合はコストがかかる
  • テント内で使用すると火事や一酸化炭素中毒の恐れがある
  • 外気温や気圧の影響で光量が安定しない

オイルランタンは昔からキャンプ好きに人気のあるランタンです。

 

 

オイルランタンのメリットは以下の4点です。

  • おしゃれなものが多く、温かみのある炎で雰囲気を楽しめる
  • 悪天候でも安定した燃焼で明るさが保たれる
  • 燃料が安価で手に入れやすい
  • 燃焼時間が長くガスランタンと比べても約2倍ほど差がある

オイルランタンのデメリットは以下の3点です。

  • 定期的なメンテナンスや事前準備が必要
  • テント内で使用すると火事や一酸化炭素中毒の恐れがある
  • オイルランタンは高価なものが多い

テーブルランタンを製造している有名メーカー3社の特徴についてご紹介します。

 

※クリックすると見出しにジャンプします

コールマンのテーブルランタンは、長い時間点灯できる特徴を持っています。例えば、消灯中の過放電を防ぐ「バッテリーガード」を搭載しているものがあります。電池が長持ちして、バッテリー寿命が25%も向上するような機能が付いています

 

また、コールマンの「クアッドマルチパネルランタン」は単一アルカリ乾電池を8本使用する電池式のランタンです。最長で400時間の点灯が可能です。USBポートも備えており、USB機器が充電できる機能もあり、アウトドアや災害時にも安心できるアイテムです。

バンドックのテーブルランタンは低価格でコスパが良好なのが特徴です。LEDランタンが数千円で販売されています。電池式のランタンがほとんどで、特に問題なくキャンプで使えるものが多いです。

 

バンドックは日本のアウトドアブランドです。あらゆるアウトドアグッズを手軽に楽しめるために、研究・開発してリーズナブルな価格設定をしています。テーブルランタンだけでなく、その他のアウトドアグッズにおいても低価格で販売されています。

キャプテンスタッグのテーブルランタンは種類が豊富で、オシャレなデザインが特徴です。LEDランタン・ガスランタン・オイルランタンとそれぞれの種類で、ユーザー人気の高いものが販売されています。また、コストパフォーマンスも良好で、買いやすいものが多いです。

 

例えば「キャンドル ガスランタン」は、ほんのりと明るくおしゃれで雰囲気がいいランタンです。テーブルの上に置いて、リアルな炎でいつまでも見ていられます。素敵な雰囲気でナイトキャンプを楽しみたい方におすすめです。

1位
Dietz

デイツ社(DIETZ) ハリケーンランタン-デイツ78黒金

価格:4,351円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2位
ソト(SOTO)

ソト(SOTO) Hinoto(ひのと) SOD-251 シルバー 本体サイズ:直径3.6×14.5cm

価格:8,000円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3位
キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN)

キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN) ソーラーランタン ウォームライト ホワイトベルト ミディアムサイズ CTSW-WHM

価格:4,180円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4位
スノーピーク

たねほおずき ゆき ES-041WH

価格:5,280円 (税込)

光を和らげて優しい灯りを灯してくれるLEDランタン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、コロンとしたかわいらしいフォルムが魅力のLEDランタンです。LEDを覆うシェード部分はシリコンを採用しており、光を和らげて優しい灯りを灯せます。また、光量はスイッチ長押しで自由に調節できるほか、HiとLowの2段階から選ぶことも可能。

さらに、連続点灯時間はHiの場合が約60時間、Lowの場合が約100時間と長いのもポイントです。加えて、手のひらに収まるコンパクトなサイズなので、場所を取らず小型のテントでも快適に使えますよ。本体上部のループ部分はマグネットで着脱ができ、吊るして使用したい方にもおすすめしたい商品です。
タイプ
LEDランタン
燃料・電源
単4形アルカリ乾電池 3本
明るさ
60ルーメン
連続点灯時間
60 時間
本体USB充電対応
-
モバイルバッテリー機能
-
防水・防塵
IPX4級相当
5位
ロゴス(LOGOS)

ロゴス(LOGOS) Bamboo ゆらめき・かぐやランタン 74175017

価格:9,305円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6位
Ledlenser(レッドレンザー)

ML4 白色LEDミニランタン

価格:4,576円 (税込)

アウトドアだけでなく夜釣りにも◎持ち歩きやすいランタン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、レッドレンザーより発売されている非常にコンパクトなアウトドア用のランタンです。持つ運びに便利な取っ手付きなのが嬉しいポイント。さらに、マイクロプリズムリフレクター技術により、眩しさを軽減してくれます。加えて、市販の単3形乾電池でも使えて便利ですよ。

そのため、充電の手間を省きたい方や、手軽に使いたい方にうってつけです。充電がなくなってしまった場合でも、電池であれば気軽に買えて便利ですね。取手が付いているので持ち歩きもしやすく、キャンプ時の夜の散歩にも向いています。また、明るさも抑えて周囲の邪魔をしないので、夜釣りにもピッタリです。
7位
(ウェルテフレー) Weltevree

(ウェルテフレー) Weltevree Guidelight ガイドライト Red

価格:15,400円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8位
Barebones

[ ベアボーンズ リビング ] Barebones Living レイルロード ランタン LED Railroad Lantern LIV-281 オリーブドラブ OLIVE DRAB アウトドア ランプ [並行輸入品]

価格:2,970円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

9位
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタン ライト 照明 ツインライト LED ランタン 【 明るさ15-110ルーメン / 点灯時間8-300時間 】 ステンドグラス風シート付き アンティーク UK-4057

価格:5,600円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10位
Lighting EVER

ランタン ledランタン キャンプランタン 懐中電灯 2本分離できる 【充電式と乾電池併用/最大33~66時間点灯/昼光色/高輝度タイプ/防水防滴】 USBケーブルと車用充電器付き 車中泊用 バーベキュー キャンプ 夜釣り 台風 災害 常備灯 停電 緊急 非常用 防災 ライト

価格:2,836円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テーブルランタンのの人気おすすめ商品|比較一覧表

商品画像
メーカー
Dietz
ソト(SOTO)
キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN)
スノーピーク
ロゴス(LOGOS)
Ledlenser(レッドレンザー)
(ウェルテフレー) Weltevree
Barebones
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
Lighting EVER
商品名
デイツ社(DIETZ) ハリケーンランタン-デイツ78黒金
ソト(SOTO) Hinoto(ひのと) SOD-251 シルバー 本体サイズ:直径3.6×14.5cm
キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN) ソーラーランタン ウォームライト ホワイトベルト ミディアムサイズ CTSW-WHM
たねほおずき ゆき ES-041WH
ロゴス(LOGOS) Bamboo ゆらめき・かぐやランタン 74175017
ML4 白色LEDミニランタン
(ウェルテフレー) Weltevree Guidelight ガイドライト Red
[ ベアボーンズ リビング ] Barebones Living レイルロード ランタン LED Railroad Lantern LIV-281 オリーブドラブ OLIVE DRAB アウトドア ランプ [並行輸入品]
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタン ライト 照明 ツインライト LED ランタン 【 明るさ15-110ルーメン / 点灯時間8-300時間 】 ステンドグラス風シート付き アンティーク UK-4057
ランタン ledランタン キャンプランタン 懐中電灯 2本分離できる 【充電式と乾電池併用/最大33~66時間点灯/昼光色/高輝度タイプ/防水防滴】 USBケーブルと車用充電器付き 車中泊用 バーベキュー キャンプ 夜釣り 台風 災害 常備灯 停電 緊急 非常用 防災 ライト
説明
光を和らげて優しい灯りを灯してくれるLEDランタン
アウトドアだけでなく夜釣りにも◎持ち歩きやすいランタン
価格 4,351円 (税込) 8,000円 (税込) 4,180円 (税込) 5,280円 (税込) 9,305円 (税込) 4,576円 (税込) 15,400円 (税込) 2,970円 (税込) 5,600円 (税込) 2,836円 (税込)
リンク

ランタンポールをテーブルに設置すると、テーブル上部にランタンを吊るせます。テーブル上部にランタンを吊すと、テーブルの上を広く使えたり、テーブル全体を明るく照らせたりできるようになります

 

テーブルランタンポールはテーブルに挟んで設置する構造です。そして、通常のランタンポールと比べてコンパクトに折り畳めます。そのため、荷物がコンパクトになるメリットがあります。

 

テーブルランタンポールの選び方は以下の2点です。

  • スタンドを設置したい高さを考慮する
  • ランタンの重さを考慮した耐荷重のものを選ぶ

実際にキャンプで使用する場面を想像をして、使用用途に合ったものを購入しましょう。

この記事ではテーブルランタンの選び方・おすすめ商品について紹介しました。テーブルランタンがあると良い雰囲気が漂い、ナイトキャンプを素敵な時間にしてくれます。この記事を参考にして、あなたにぴったりのテーブルランタンを見つけてください。

テーブルランタンの全商品一覧