フルセグ対応のポータブルDVDプレーヤーおすすめ4選 | 防水タイプも

どこでもDVDを楽しめるポータブルDVDプレーヤーの中には、ワンセグよりも高画質な地デジ放送を視聴できるフルセグ対応タイプがあります。この記事では、ワンセグ対応のポータブルDVDプレーヤーを選ぶポイントやおすすめ製品を紹介しています。

2021/11/04 更新

ポータブルDVDプレーヤーがあれば、旅先や外出先などでDVDの映像コンテンツが楽しめます。一部のポータブルDVDプレーヤーには、さらにテレビ放送が視聴できるタイプもあり、DVDに加えてテレビ放送も楽しめます。

 

ポータブルDVDプレーヤーで視聴できるテレビ放送には「ワンセグ」と「フルセグ」があります。解像度が高いフルセグ対応のDVDプレーヤーであれば、ワンセグよりも美しい地デジ放送がどこにいても視聴できるというメリットがあります。

 

そこでこの記事では、フルセグ対応のポータブルDVDプレーヤーのメリットや選び方、おすすめの製品について解説しています。外出先でDVDとともに美しいテレビ放送を満喫したいという方は、今回の情報を参考にしてみてください。

ポータブルDVDプレーヤーに搭載されている地デジ放送受信機能は「ワンセグ」と「フルセグ」の2種類があります。ワンセグは基本的に携帯端末向けサービスですが、フルセグには以下に挙げるメリットとデメリットがあります。

美しい映像を楽しめる

携帯端末向けのサービスであるワンセグの解像度は、320×240です。一方、フルセグの解像度1920×1080で、フルセグの方がはるかに解像度が高くなっています。そのため、フルセグの方がより美しい映像が楽しめるのです。

 

フルセグであれば多少大きなディスプレイでも粗さを感じることなく、自宅のテレビと同じ感覚で地デジ方法を視聴できます。

車載用テレビ・DVDプレーヤーとしても使用可能

コードレスで持ち運べるフルセグ対応のポータブルDVDプレーヤーは、どこにいても地デジ放送とDVD視聴が可能です。車載用のDCアダプタで給電できれば、充電の心配なく後付けの車載用テレビ・DVDプレーヤーとしても使用できます。マイカー内でフルセグ放送とDVDを楽しめるので、レジャーやアウトドアなどで役立ちます。

防水タイプならお風呂やアウトドアでも楽しめる

防水仕様のDVDプレーヤーなら、お風呂の中や水辺のアウトドアなどでもテレビやDVDが楽しめます。ただし、フルセグ対応のポータブルDVDプレーヤーで防水仕様となっているものは数が少ないのが実情です。

 

防水機能搭載モデルは選択肢が少ないので、お風呂やアウトドアに対応できる防水仕様かどうかは、購入前に確認しておきましょう。

受信感度とバッテリー消費には要注意

フルセグはワンセグよりも美しい映像が楽しめますが、その分移動時の受信感度がワンセグより弱いというデメリットがあります。特に移動中にフルセグでテレビを視聴する場合は電波が不安定になりがちなので、移動中にテレビをよく見る場合はワンセグと切り替えできるモデルがおすすめです。

 

また、フルセグはデータ量が多いため、ワンセグよりもバッテリーの消費が激しい点もデメリットです。視聴時間が長くなると、思いのほかバッテリー切れが早くなることもあるので注意しましょう。

フルセグに対応したポータブルDVDプレーヤーを選ぶ際のポイントは、主に以下の4つです。用途や使う場所、車載対応の有無などに応じて、以下で解説するポイントを押さえながら最適なモデルを選びましょう。

 

画面サイズ

フルセグ対応のポータブルDVDプレーヤーの画面サイズは、9~15.6インチまで揃っています。画面サイズが大きいほど迫力ある映像を楽しめる一方で、本体サイズと重量が増えてしまうため、持ち運びしづらくなってしまいます。

 

携帯することを前提にするなら小さめの画面サイズ、車載用として据え置きにして使うことが多い場合は大きい画面サイズを選ぶといいでしょう。

給電方法・車載用アダプタの有無

前述のように、フルセグはバッテリー消費が比較的激しいため、給電方法は必ずチェックしておきましょう。AC電源や車載用のDC電源に対応していれば、バッテリーを気にすることなくテレビやDVDを楽しめます。

 

乾電池に対応したDVDプレーヤーなら、外出先に持ち出した際にバッテリーが切れたとしても、乾電池を購入して引き続き視聴できるメリットがあります。

連続再生時間

バッテリーのみでポータブルDVDプレーヤーを使うことを想定しているのであれば、連続再生時間は要チェックです。バッテリー容量に関わるため、連続再生時間が長いモデルは、その分搭載するバッテリーが大きいことを意味します。

 

しかし、搭載するバッテリー容量が大きいと本体重量も増えます。持ち運びが多い場合は注意しましょう。

再生可能なメディアも忘れずチェック

ポータブルDVDプレーヤーで視聴できるDVDの種類は、市販のDVDソフト以外にも他の機器で記録したDVDや音楽CDなどがあります。また、ブルーレイを視聴したい場合は、ブルーレイ対応かどうかも確認が必要です。特に、再生したいメディアが決まっているのであれば、対応可能なメディアの種類をチェックしておくのが重要です。

フルセグ対応のポータブルDVDプレーヤーの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 グリーンハウス

GH-PDV10MT

価格:15,660円 (税込)

車中で迫力のある映像を楽しみたい方に!ポータブルDVDプレーヤー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はシガーソケットアダプタが搭載されているポータブルDVDプレーヤーです。車から電源が取れるので、充電切れの心配をすることなく映画やドラマなどが視聴し続けられます。また、充電バッテリで6時間の長時間再生を実現しているため、フル充電で映画約3本分を再生できるのも嬉しいポイントです。

さらに、モニターには10.1インチのワイド液晶ディスプレイを採用しており、迫力のある映像が視聴可能。地上デジタル放送とワンセグ放送も受信でき、テレビ番組も楽しめます。液晶が180度回転するため、さまざまなアングルで視聴できるのも魅力の1つ。いろんな場所で楽しみたい方におすすめしたい商品です。
幅x高さx奥行【mm】 265x50x205 mm 重量【kg】 1.1kg
2位 グリーンハウス

GH-PBD11AT-BK

価格:27,805円 (税込)

11.4型のワイドな画面!ポータブルブルーレイプレイヤー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

11.4型で比較的ワイド画面のポータブルブルーレイプレイヤーです。テレビ視聴も可能で電波状況に合わせて地デジとワンセグが自動で切り替わります。画面は180度回転して折りたためるため、自由なスタイルで視聴可能。また付属のリモコンで離れたところからでも操作できます。

ポータブルなのでテレビを置いていないキッチンやお部屋で使いたい方、ドライブやキャンプなどに持ち出したい方におすすめ。内蔵バッテリーは連続3時間の再生が可能で、付属のアダプターを付ければ車のシガーソケットから電源を供給できます。ブルーレイ、DVDだけでなくCDやSDカードからUSBメモリまで対応している点もポイントです。
D端子出力   コンポーネント出力  
光デジタル音声出力   同軸デジタル音声出力  
幅x高さx奥行【mm】 290x50x200 mm 重量【kg】 1.27 kg
3位 アグレクション

SU-10FPB

価格:12,200円 (税込)

持ち運んでさまざまなシーンで活躍!ポータブルDVDプレーヤー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10.1インチの高性能ポータブルDVDプレーヤーです。ブルーレイ・DVDの視聴はもちろん、フルセグのテレビチューナーを内蔵しているため高画質のテレビ視聴が可能です。またHDMI端子でテレビと接続すれば、映画を大画面で楽しむこともできます。前回停止したシーンから再生ができる「レジューム機能」も搭載しており、使い勝手も良好です。

重量1.1kgと軽量で寝室やキッチンなど、手軽に持ち運べるのは最大の魅力です。車載バックも付属しているので、長いドライブ中にお子さまにDVDを楽しんでもらうのにもおすすめですよ。最大再生時間は3時間あるため、少し長めの映画も一気見できます!
幅x高さx奥行【mm】 265x43x205 mm 重量【kg】 1.1kg
4位 ダイアモンドヘッド

OT-WFD133TE

価格:17,500円 (税込)

浴室・キッチンで大型モニターの迫力ある映像を楽しめる!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は13.3インチの持ち運び可能なポータブルDVDプレーヤーです。フルセグ・ワンセグに対応しているため、テレビとしても楽しむことができます。また、IP×6相当の防水仕様なので、浴室・キッチン・アウトドアの際にも安心して使用できるのも魅力の1つ。

さらに、吊り下げ・スタンド置きと置く場所に合わせたスタイルで設置できるのも嬉しい特徴です。 大型モニターで迫力ある映像をさまざまな場所で楽しみたい方にピッタリ。ACアダプターとバッテリーの2電源対応で持ち運びできるのも便利なポイントです。
幅x高さx奥行【mm】 360x247x48 mm 重量【g】 1.44 kg
幅x高さx奥行【mm】 360x247x48 mm 重量【kg】 1.44 kg

ソニーやパナソニック、東芝などの国内大手メーカーのポータブルDVDプレーヤーを探している人は多いかもしれません。しかし、これらの大手メーカーではフルセグ対応のポータブルDVDは販売されていません。

 

ソニーや東芝はポータブルDVDプレーヤーを販売しているものの、テレビ機能を搭載していません。また、パナソニックはそもそもポータブルDVDプレーヤーを販売していないので、現状大手メーカーのフルセグ対応ポータブルDVDプレーヤーを探すのは不可能といえるでしょう。

フルセグ対応のポータブルDVDプレーヤーにもかかわらず、デジタル放送が映らないというトラブルはありがちです。そんなとき、どのように対処すればいいのか、確認するべきポイントを解説します。

B-CASカードがきちんと入っているか確認

デジタル放送を受信するためには、ポータブルDVDプレーヤーの場合でも「B-CASカード」が本体にセットされている必要があります。まず、B-CASカードが本体にきちんと挿入されているかを確認する、またはB-CASカードを一度抜いて、再度挿入し直してみましょう。

アンテナがしっかり接続されているか確認

多くのフルセグ対応のポータブルDVDプレーヤーには、デジタル放送受信用のアンテナが付属されています。フルセグ放送が映らない場合は、このアンテナがしっかりと接続されているかを確認しましょう。緩みがないように、アンテナと本体を接続することが大事です。

上記2点を確認したらチャンネルスキャンを試す

B-CASカードとアンテナがしっかりとセットされていることを確認したら、一度設定を初期化してからチャンネルスキャンを試し、再度チャンネルの受信設定を行います。それでも改善しない場合は、電波状況が悪い場所にいる可能性があります。電波状況の良い場所で、テレビ放送が映るかどうかを確認しましょう。

フルセグ対応のポータブルDVDプレーヤーなら、外出先や車の中でDVDソフトに加えて地デジ放送も美しい映像で楽しめます。レジャーやアウトドアへ気軽に持ち出せるポータブルDVDプレーヤーで、映像コンテンツを楽しみましょう。

ブルーレイプレイヤー フルセグの全商品一覧

商品一覧を見る