【2021最新】バイク用スマホホルダーおすすめ19選!口コミも紹介!

スマートフォンを固定して利用できる「バイク用スマートホルダー」。ハンズフリーでスマホが操作できる人気の便利アイテムです。走行中の振動などでスマホが不安定にならず、運転中に落ちない、2021年最新のおすすめバイク用スマートホルダーの人気ランキングをご紹介します。

2021/10/01 更新

バイクに乗る時、スマホで地図を開いてナビとして利用できると便利ですよね。スマホホルダーをバイクに取り付けるだけで、バイクに乗ったままでもハンズフリーでスマホが利用できます。高価なナビを購入しなくても快適なツーリングを楽しめますね。

 

他にも音楽を聴くことや通話ができるなど、ライダーたちにとって走行中もスマホは必需品となっているようです。ツーリング時のスマホを大活躍させるために便利なアイテムがスマホホルダーです。

 

そこで今回はバイク用スマホホルダーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。この記事の最後にはバイク用ナビと差別化できる点を紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

 

それではここからはバイク用スマホホルダーの選び方を紹介していきます。用途別や取り付け方法ごとに紹介しているのでぜひ参考にしてください。

用途で選ぶ

スマホの固定方法によって、バイク用スマホホルダーはさまざまなタイプに別れています。 バイクを運転する目的や用途に合わせてスマホホルダーのタイプを選択すると良いでしょう。

どういった基準で選択すれば良いかを記載しているので参考にしてください。

 

「クランプタイプ」は固定力が高く落ちない

クランクタイプは、スマホを四方のクランプでがっちりと挟んで固定できる定番のタイプです。スマホの付け外しが手軽にできるので、バイクの乗り降りが頻繁なライダーにもおすすめです。

 

スマホの画面がオープンな状態になっているので、バイクを止めると即時に操作することができ、あらゆる場面で利用しやすいです。UberEatsなどの配達員としてバイクを利用されている方にもおすすめできると言えるでしょう。

 

その一方で、悪天候の際は取り付けたスマホが直接雨や風などに晒されてしまい、防水機能がないと利用しづらい場合があります。運転時の衝撃や振動で、クランプが緩み、運転中に落下するリスクがあるため、スマホの固定状況をこまめに確認しましょう。

クランプタイプのおすすめ商品をすぐ見る

コンパクトさを重視するなら「ワンタッチタイプ」

ワンタッチタイプは、バイクとスマホのそれぞれに接続用マウントをつけて接続するタイプです。頻繁にスマホを取り外したいライダーには、ワンタッチで簡単に着脱ができるためおすすめです。

 

コンパクトなマウントで目立ちづらいものも多く、スマホの裏側にマウントベースを付けるものや、スマホケース一体型のホルダーが最近人気が出てきているようです。 また、車や他のバイクで使用する際は同一メーカーのホルダーにしなければなりません。

 

スマホがオープンな状態になっているタイプなので、スマホが防水仕様になっていない場合、悪天候時にスマホを設置する場合は雨風にさらされてしまいます。天候を事前に確認してから利用するようにしましょう。

ワンタッチタイプのおすすめ商品をすぐ見る

防水だから雨でも大丈夫!「ポーチタイプ」

ポーチタイプは、ビニール製のポーチにスマホを収納して、取り付けができるタイプです。スマホをカバーの中に入れてしまうので、悪天候のツーリングでも雨風にスマホが晒される心配がありません。

 

非防水のスマホでも浸水することがないので安心です。また、ポーチの中に収納しているため、落下した際もスマホ本体への衝撃が緩和されてダメージも軽減できます。ポーチ内にはちょっとした小物を一緒に収納できるのも便利です。

 

しかし、チャックを開けた状態でなければスマホの取り外しができず面倒な点もあります。さらに、ポーチの上からだとスマホの操作がしにくく、充電しながらの利用にも工夫が必要になります。

ポーチタイプのおすすめ商品をすぐ見る

ハンドル経で選ぶ

バイク用のスマホホルダーは、ハンドルの直径を必ず確認してサイズに合った商品を選びましょう。種類は「ネイキッド系」「アメリカン系」のどちらかです。購入時は、一度店員さんに相談してみるのがおすすめ。

ネイキッド系なら「22.2mm」

バイクといえば、このタイプを想像する方が多いのではないでしょうか。最も一般的なバイクのハンドルです。ネイキッドとは「裸」や「剥き出しの」という意味です。エンジン部分を覆っているカウルが付属していないバイクのことを指します。

 

ネイキッドバイクに多く取り入れられているはバーハンドルです。バーハンドルはスマホホルダーを直接ハンドルに取り付けることができるので、多くのスマホホルダーが対応しています。そのため、選択肢が豊富です。

 

バーハンドルに直接スマホを設置できるクランプ型は着脱も簡単で、安定感もありおすすめです。また、見た目もシンプルなものが多いので、バイクのシルエットを崩すこともなくスタイリッシュな点も良いですね。

アメリカン系なら「25.4mm」

アメリカン系は、アメリカの直線道路を快適に走ることが目的として作られているバイクです。長距離の走行が快適で人気が高いです。車体が大きくて重量級のバイクですが、シートが低く足つきが良いです。

 

またシートの座面が大きく、ハンドル幅が広めでゆったりとしたライディングポジションです。ハンドルグリップはインチサイズで太めのものが多いです。手が小さいライダーには左右のレバーに指が届かないこともあります。

 

ハンドル幅にゆとりがあるアメリカン系は、ケースやポーチタイプのスマホホルダーがおすすめです。長時間の移動で突然の雨風にも対応でき、充電機能が搭載されているものもあるため、充電切れの心配もありません。安心して運転できます。

マウントにはアルミなどの金属製がおすすめ

アルミ製のスマホホルダーは取り付けに六角レンチを使用するなど、少し手間がかかります。しかし、ネジの締め付けによる破損や、プラスチック製ではよく見られる紫外線劣化への心配がありません。

 

ワンタッチで取り付けや取り外しをすることはできませんが、振動によってスマホがズレてしまったり、スマホが落下したりすることがありません。アルミ製のスマホホルダーは安全性や強度が強みだと言えるでしょう。

 

 

また、ホルダーの付け根部分の角度調整が完全にできません。ハンドルの形状やハンドルと車体の幅によって、スマホがライダーからみて真正面を向かない場合があります。取り付ける際には十分注意しましょう。

ハンドルへの位置方式で選ぶ

スマホホルダーには、取り付け方式に違いがあります。クランプ部分を、工具を使用してボルトを固定するボルト式、プラスチックのネジを手で締めてハンドルなどに固定するネジ方式があります。

盗難防止にも!「ボルト式」

ボルト式は工具を使用してボルト留めでしっかりと固定するタイプのホルダーです。取付に手間がかかり、その分スマホホルダーを安定して固定させることができます。そのため、一度セッティングすると、位置を変更するができなくなります。

 

慣れていない人は短時間で簡単に取り外すことは難しいため、盗難防止対策にもなります。また、頑丈に固定されているので、頻繁にホルダーを着脱しない人におすすめです。

 

ボルトでしっかりと固定されていることで、振動や衝撃にも強く、走行中のスマホの転落リスクも抑えられます。スマホでナビを使って安心して走行したい方にもおすすめの取り付け方法です。

振動吸収力が高い!「ネジ方式」

ネジを手で締めてスマホホルダーを固定するのがネジ式です。工具を使用して固定するボルト式に対して、工具を使用せずにスマホを取り付けることが可能な方式です。手軽で簡単に取り付けができ、片手でつけ外しできるタイプのものもあります。

 

強い力が必要ないので、女性も安心して使用できるのでおすすめです。簡単に取り付けられるにも関わらず、ネジでしっかりとスマホホルダーを固定できます。走行中にスマホが落下する心配はありません。安定性と利便性を兼ね備えていると言えるでしょう。

 

スマホのつけ外しが簡単な分、ボルト式と比較すると盗難へのリスクは高くなります。バイクから離れる際は十分に気をつけましょう。また、長時間放置する場合は、ホルダーごと外すようにしましょう。

スマホのサイズで選ぶ

バイク用スマホホルダーの購入を検討する際、お持ちのスマホのサイズや機種がスマホホルダーを選択する一つの基準です。画面のサイズや厚みなど、自分のスマホがちゃんとフィットするスマホホルダーを選びましょう。

「iphoneシリーズ」は自分のスマホに対応している商品を

最近のスマートフォンは多く機種が販売されており、画面のサイズや厚さなどがそれぞれ異なっています。バイク用スマホホルダーは、スマホの機種や画面の大きさによって対応している製品を使用しなくてはいけません。

 

サイズが合わないホルダーを使用すると、スマホがしっかりと固定できない場合があります。そうすると、走行中に落下してしまうなどの危険性が高まるため、スマホを安全に利用できなくなってしまう可能性があります。

 

機種ごとに対応しているもの以外にも、汎用性が高い多機能用のホルダーや全機種に対応しているポーチタイプやワンタッチタイプの製品も発売されています。自分のスマホがどのようなホルダーに対応しているか事前に確認しておきましょう。

「Galaxy・xperiaなどのAndroid」にはユニバーサルタイプ

GalaxyやXperiaなど、Android製品はとにかく機種のラインナップが豊富です。iPhoneは機種が数種に限られているため、専用のケースつきのタイプが出ています。しかし、多様なAndroid製品におすすめなのはユニバーサルタイプです。

 

ユニバーサルタイプは、Android製品でもアダプターの貼りつけで利用できます。サイズ調整ができるため、幅広いスマートフォンに必ずフィットしてくれます。また、機種変更した際も引き続き利用できる点も便利。

 

ユニバーサルタイプは、スマホだけではなくさまざまなガジェットにも使えます。中にはタブレット端末まで固定できるものもあります。デザインもシンプルでスタイリッシュなものが多いです。

「サイズ調整可能」なものもおすすめ

快適にツーリングを楽しむためには、適切なスマホホルダーを選ぶことは必須と言えるでしょう。その際、サイズ調整が可能なスマホホルダーを選択するという手段があります。サイズ調整ができるため、幅広い機種が対応しており多くのスマホで利用できます。

 

スマホは機種やメーカーによって画面のサイズや本体の厚みがそれぞれ異なります。走行中の落下リスク軽減のためにも、必ずサイズがあったものを選びましょう。サイズ調整が可能であれば、自分のスマホにしっかりフィットさせることができます。

 

また、スマホに合わせてホルダーの買い替えをする必要がありません。機種変更をした後も新しいスマホのサイズに調整して利用できます。スマホの買い替えを検討している方は、汎用性が高いためおすすめです。

増設バーで取り付ける

バイク用のスマホホルダーは基本的にバーハンドルに装着するものがほとんどです。しかし、ハンドル周りに余裕がないバイクも多いです。そのような場合には、ホルダー取付用の「増設バー」を利用する方法が一般的です。

取り付け簡単「ハンドルクランプタイプ」

ハンドルクランプタイプはシンプルな作りになっており、取り付けがとても簡単です。 ハンドルの配置が考慮されており、スマホ画面の位置を手前にオフセットできます。また、ハンドルバーのわずかな隙間を利用して固定することが可能です。

 

バーハンドルタイプのバイクであれば、ハンドルに直接設置し、スマホホルダーを取り付けることができます。ハンドルブレースにスマホホルダーを取り付ける際は、取り付け可能なハンドル径なのかを必ず確認しましょう。

 

フルカウルスーパースポーツのセパレートハンドル(通称:セパハン)には取り付けることができないので注意してください。ハンドルのスペースに余裕がありません。セパハンにおすすめなタイプもこの後でご紹介します。

ハンドルバーに余裕がないなら「ミラー共締めタイプ」

ミラー共締めタイプは、ハンドルに設置されているミラーを一度外してから、その根元に噛ませてミラーのネジで共締めして取り付ける増設バーです。車載工具で取り付けることができます。

 

左右のいずれかにスマホホルダーを設置するので、メーターパネルがよく見えます。また、高い位置にスマホを置けることで、視認性が確保できるメリットがあります。 ハンドルにミラー用ホルダーが付いているものであれば、ほとんどの車種に取り付けられます。

 

しかし一方で、フルカウルのスーパースポーツバイクや一部のビッグスクーターには取り付け不可なので注意しましょう。仮に取り付けられたとしても、安全性を損なうだけでなくバイクのシルエットが不恰好になります。

フルカウルなどのセパハンには「ステムクランプタイプ」

ステムクランプタイプは、特にセパハン(※セパレートハンドル)のバイクにかっこよく取り付けることができておすすめです。ハンドリングへの影響が少ないのもメリットです。事故に繋がるリスク回避ができますね。

 

また、ハンドルが重くならず左右のバランスを崩すことがないのも安全性が高いと言えるでしょう。また、流行りのフルカウルのバイクはカウルの外にミラーがついていないものが多く、ハンドルに余裕がないため増設バーがマストアイテムとなっています。

 

メーターなどの視認性が確保できているのか、鍵の抜き差しに影響がないか、またタンクへの干渉はないかなどといったポイントには注意しましょう。自分のバイクにぴったりなカスタマイズをしましょう。

バーハンドルには「ハンドルブレース」

ハンドルブレースを増設バーとして利用して取り付ける方法です。ハンドルブレースはハンドルの剛性を高め、振動の軽減し、ハンドリングを改善する効果がありますバーハンドルタイプのバイクはハンドルブレースで安定したスマホホルダーの設置ができます。

 

また、スマホがハンドル中央に設置できるため画面が見やすいのがメリットです。さらにしっかりと固定して取り付けが可能なのでスマホホルダーが安定します。移動距離が長くても安心ですし、走行中の振動や衝撃にも強いでしょう。

 

しかし、乗車時に前傾姿勢になってしまうバイクでは、スマホホルダーと顔の距離が近くなり、メーターパネル等の視認性を損なう可能性があります。走行前に乗車時の視認性が確保できるのかを確認してください。

qi充電(ワイヤレス充電)できるかで選ぶ

スマホホルダーを選ぶ上で、充電機能付きかどうかというチェックポイントもあります。 ワイヤレス充電機能が搭載されていれば、長距離のツーリングの際も地図アプリを利用し続けていてもスマホのバッテリーが切れてしまわないかという心配がありません。

 

ワイヤレス充電機能がついているタイプは、取り付け時の配線接続が複雑で、充電端子などの繊細な部分のケアが必要になります。また、Qi充電器が搭載されているスマホホルダーはスマホを置くだけで充電開始できます。

 

出発前にホルダーにスマホをセットするだけで、ツーリング中の充電切れの心配がありません。スマートで便利なためおすすめです。

おすすめメーカーで選ぶ

バイク用のスマホホルダーのおすすめのメーカーやその特徴について紹介していきます。それぞれのメーカーの良さがあるので自分の目的や用途に合ったものを選びましょう。

デイトナ(Daytona)

デイトナはスマホホルダー定番の人気国産ブランドです。デイトナのスマホホルダーはスマホのサイズに合わせて「標準サイズ」と「ワイドサイズ」2タイプから選べます。

 

また、バイクへの固定方法も工具を使用してしっかりと固定できる「リジットタイプ」と、工具不要で着脱が簡単な「クイックタイプ」の2種類があります。前後左右フレキシブルに調整が効き、見やすい位置に画面調整することができます。

 

日本製ならではの繊細で、丈夫な作りで信頼度が高いです。さらに、商品レビューが豊富で高評価を得ています。さまざまなライダーの声が生かされて、安心かつ人気な商品となっているのではないでしょうか。しかし、スマホが非防水の場合は別途対策が必要となります。

クアッドロック(QUAD LOCK)

クアッドロックはワンタッチですばやく簡単にセットできます。スタイリッシュな見た目と使い勝手の良さ、操作性に優れている点などを踏まえると、スマホマウントとしてかなり優秀と言えるでしょう。

 

縦にも横にも取り付けられ、シンプルな見た目をしているため、バイクのシルエットを壊すこともありません。軽量にも関わらず、非常にタフな作りになっています。やや高価ではありますが、耐久性が高いので長期的なことを考慮すると、納得の価格とも考えられます。

 

また、バイク以外のマウントも用意されています。バイクを趣味にしている人の中でもランニングや自転車、車にも活用したいという方にはおすすめです。この汎用性の高さが他社の比較しても強みだと言えるでしょう。

インパクト(IMPACT)

インパクトのスマホホルダーはとにかく低価格です。頻繁にスマホホルダーを使うわけではない、もしくは高価なものを選ぶのに抵抗がある方にはおすすめです。簡易防水のケースとホルダーがセットでなんと1,000円という魅力的な価格です。

 

今までスマホホルダーを使ったことない方やちゃんと防水機能はないけれど多少の雨風が避けられればいいと考えている方には良いのではないでしょうか。最近は大画面のスマホも増えているため、低価格にも関わらず大小の2サイズを選べるのというはポイントです。

 

しかし安価であるゆえに、細かな調整がきくといったような汎用性はありません。また、必要最低限の機能しかないので、充電や完全防水といった面では工夫が必要です。

100均でも買える?売ってる場所は?

100均では、自転車用のスマホホルダーが販売されています。そのスマホホルダーと100均で販売されている部品を使用して、簡易的なバイク用スマホホルダーを安価に自作することができます。

 

既製品のバイク用スマホホルダーとは異なり、フレキシブルな角度調整や防水防塵機能、充電機能といった便利な要素を取り入れることは難しいです。また、走行中の衝撃や振動により、スマホが落下するのリスクは高いと考えられます。

 

既製品を買うのであればホームセンターや家電量販店でも購入ができます。実際の商品を手に取って選んでみるのもおすすめです。

Kaedear

バイク用 クイックホールド スマホホルダー

価格:2,298円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホールドタイプはクイックホールド&リリース機構になっています。スマホを置くだけで簡単に固定されます。両サイドのリリースハンドルを握るだけでリリースも簡単。片手で瞬時にスマートフォンの着脱ができます。四角式固定でサイドボタンのスマホやiFaceといった側面が曲がっているスマホケースでも利用できます。分厚いスマホも安心です。

 

メタルギアとステンレスアームで耐久性が優れています。また、両側から握らなければ開くことがない強固なアーム構造によって振動にも優れた安定感が実現されています。使い勝手の良さがおすすめのスマホホルダーです。

口コミを紹介

頑丈なスマホホルダースタンドで装着のホールド感も安心できます。大型バイクなどを対象に考案されているためダートな走りでも安心して走ることができます。毎日のハードテストにも問題なくクリアしていますので検討されている方にも、迷わずおすすめできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

Kaedear

ワイヤレス充電バイクスマホホルダー

価格:3,798円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手で瞬時にスマートフォンの着脱が可能です。ワンウェイ構造とステンレスアーム採用で耐久性が大変優れています。アーム構造で安心して運転できる仕組みになっています。

 

さまざまなスマホの機種や大きさ、厚みに適応できることから、使い勝手の良さは抜群です。急速充電が可能なため、ツーリング中のナビの利用に負けない供給が実現されています。

口コミを紹介

デイトナのスマホホルダーからの切り替えでNinja1000に取り付けています。 スマホを置いただけでホールドされて給電されるというのは、想像以上に便利です。 造りもいいし価格を考えるとコスパはとてもよく、お勧めできる商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

Tiakia

揺れ止めバイクスマホホルダー(ブラック)

価格:2,099円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

四本爪ホックを連動させてで固定するので、頑丈で安定感があります。激しい振動でもスマホが転落する心配がありません。様々な道路状況に対応できるため、非常に頼もしいです。

 

四本爪を持つホックはフレキシブルに調整でき、いろんなスマホの機種やサイズに対応しています。スマホホルダーを平面360度動かせて、細かい角度の調整ができます。そのためスマホを最適な角度に設置することができます。

口コミを紹介

バイクに携帯装着するのでは、知る限りこちらの品が1番です、いや世界一!パチパチパチ!前にもいくつか、購入済みですが、付けにくい外しにくい携帯傷つくし散々な品物が多いのに比べこのホルダーは完璧でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

デイトナ(Daytona)

バイク用スマホホルダー ワイド

価格:3,495円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

複数車両をお持ちの方も、取り付け用六角レンチがついてくるので頻繁に取り外しができます。また、しっかり取り付けられるにも関わらず、着脱はとても簡単にできています。日本製なので信頼できるのも強み。

 

360度回転ができるで、スマホの向きを細かく調整することが可能です。首振りクランプが標準搭載のため、左右の首振り調整ができるので、目線に合わせたスマホの取り付けができます。下部のアームとサイドフックを交換することで、大画面スマホにも対応できます。

口コミを紹介

途中、高速走行も、峠のワイディング走行も、雨天走行も、30度近い高温日中走行もありましたが、全く問題なく使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

VILAU

ミラー取付バイクスマホホルダー

価格:1,690円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強度に絶対の自信があるVILAUのバイクスマホホルダーです。柔軟性と衝撃吸収性に優れており、走行中の強い振動に負けない耐久性が高いです。劣化がしにくく、長期に渡って利用できるのも強みです。

 

アルミニウム製のアームは頑丈で、耐久力と防錆性能が高いです。さらに強度も高いので、安心して利用できる商品です。軽量にも関わらず、細かく角度調整ができ、幅広いスマホサイズに対応しています。薄いスマートフォンには調整用スポンジが付属しています。

口コミを紹介

安いのはダメだと思ったが、レビューで評判がいいこの商品を購入。 その後テスト走行。70㎞まで試してもまったく問題なし。これなら使える。 長く使いたいです。この値段でいい物が手に入れれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

Joyoldelf

バイクスマホホルダー バックミラー取付タイプ

価格:1,750円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4本の足でスマホの4つ角を掴み、がっちりと固定します。スマホの厚さ調節用スポンジが付属されています。端末のズレを防止し、強い衝撃にも耐えることができます。

 

優れた耐久性、耐衝吸収性、柔軟性を兼ね備えています。アームも高強度で、激しい振動でも一切対応できます。付属のネジを回すだけで簡単に取り付けられるので女性にもおすすめです。

口コミを紹介

比較的安いので期待はしていませんでしたが、良い意味で見事に裏切られました。バイクのミラー基部に固定するステーもしっかりしており、手で回して取り外しも容易です。本体4箇所のスマフォサポートと厚さ調整用の発泡ゴムのシムと併せて全体がグラつく事が無いしっかりした作りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Kaedear

Qiワイヤレススマホホルダー

価格:3,798円 (税込)

楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クイックホールドQIとUSBが改良されたモデル。充電ケーブルが振動で抜けないように対策部品が付属されています。スマホを置くだけで充電が利用できます。配達員の方など、長時間スマホを利用した運転が多い方にはおすすめです。

 

ケーブルの抜き差しが不要で、時間のロスが減り、快適に配達ができます。急速ワイヤレス充電に対応しているため、長距離でナビを使用する際にもおすすめ。防水機能があるため、突然の雨でも大丈夫。

口コミを紹介

簡単らくちんで装着できます。 バッテリーから電源をとるのではなくUSBからとるのですぐに使えます。 固定もしっかりでき重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

Bone

充電しながら使えるシリコン製スマホホルダー

価格:2,479円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホホルダーのデザインはスマホの機能を一切邪魔をしません。最近のスマホは多機能で便利。画面操作、カメラ、指紋や顔認証から通話までスマホの機能を安心して使えるので快適です。

 

シリコン素材を使用し、キズや滑りが防止されます。スマホとモバイルバッテリーを保護し、汚れも水で洗えば落ちて維持できます。

口コミを紹介

ロードバイクにて200kmのロングライドで使用しました。 安定性はなかなかでズレることは一切ありませんでしたね。 ロードバイクのステムやハンドルに傷を付けないため綺麗さを保てます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ニコマク(NikoMaku)

バイク自転車兼用 アルミ製スマホホルダー

価格:2,230円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目が金属光沢でピカピカしていて高級感があります。強い硬アルミ製で固定力が抜群な上、防水性や靭性力が優れています。耐久性も高いため、スマホをしっかり保護できます。ハンドルバーに取り付けるだけで簡単に設置できます。

 

スマホとの接触部はゴムが採用されており、スマホの保護と安定力が両立できます。また、いろんな車種にあるハンドルバーとベースに取り付けができます。そのほか、いろんな種類のスマホが固定できます。

口コミを紹介

強度、格好良さ、固定具合すべて完璧。 価格も安く、オールアルミの品質がすごくよかった。 スマホをパッと取り外しには向かないが、この分ガッツリ固定出来ますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

Kaedear

クイックホールドUSB充電スマホホルダー

価格:3,798円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミ製の360度回転ボールマウントを採用。さらに強化樹脂製キャッチや極限まで精度を高めたナットによって振動にしっかりと耐えられ、安定性を保つことができます。自由に縦横の角度調整もできます。

 

また、質の高いワンウェイ構造とステンレスアームが優れた耐久性を実現しています。防水機能が搭載されており、電源スイッチはバッテリーと直に接続できます。

口コミを紹介

コードが長い、バッテリーまで引いても余裕で余る ボールジョイント、スペーサー、ベースの精度がたかく、ガッチリ締まる 着脱一発、簡単でしっかり固定される

出典:https://www.amazon.co.jp

CHURACY

原付 スマホホルダー スクーター バイク用 携帯ホルダー (レッド)

価格:1,700円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

走行中、振動でうるさいビビリ音がカットできる設計になっているのが強み。ミラーの根元に設置するタイプのスマホホルダーなので、ハンドルバーがない原付バイクにも設置できます。複数車両をお持ちの方にもおすすめ。

 

弾力シート付きの4つの爪が、強靭なバネでスマホをしっかりと固定します。片手で簡単にスマホを取り外しできます。スマホを置いて押すと、バネで爪が閉じて自動的に固定されます。

口コミを紹介

扱いが簡単なのはもちろん、安定感も良くてカメラを塞がないのでスマホをドラレコ代わりに使えます。 大きさの調節も手軽に出来るから規定内の大きさなら何でもいけるし良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

【クランプ】バイク用スマホホルダーの比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5795336の画像

    Kaedear

  • アイテムID:5795337の画像

    Kaedear

  • アイテムID:5795340の画像

    Tiakia

  • アイテムID:5795341の画像

    デイトナ(Daytona)

  • アイテムID:5795343の画像

    VILAU

  • アイテムID:5795344の画像

    Joyoldelf

  • アイテムID:5795345の画像

    Kaedear

  • アイテムID:5795346の画像

    Bone

  • アイテムID:5795347の画像

    ニコマク(NikoMaku)

  • アイテムID:5795349の画像

    Kaedear

  • アイテムID:5795351の画像

    CHURACY

  • 商品名
  • バイク用 クイックホールド スマホホルダー
  • ワイヤレス充電バイクスマホホルダー
  • 揺れ止めバイクスマホホルダー(ブラック)
  • バイク用スマホホルダー ワイド
  • ミラー取付バイクスマホホルダー
  • バイクスマホホルダー バックミラー取付タイプ
  • Qiワイヤレススマホホルダー
  • 充電しながら使えるシリコン製スマホホルダー
  • バイク自転車兼用 アルミ製スマホホルダー
  • クイックホールドUSB充電スマホホルダー
  • 原付 スマホホルダー スクーター バイク用 携帯ホルダー (レッド)
  • 特徴
  • 価格
  • 2298円(税込)
  • 3798円(税込)
  • 2099円(税込)
  • 3495円(税込)
  • 1690円(税込)
  • 1750円(税込)
  • 3798円(税込)
  • 2479円(税込)
  • 2230円(税込)
  • 3798円(税込)
  • 1700円(税込)
Lomicall

片手操作バイクスマホホルダー

価格:2,399円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホを4点のクランプでしっかり挟み込んで、片手で着脱できます。スライド式のロック機構が搭載されている伸縮アームがスマホをしっかりと固定してくれます。滑り止めクッションシールが3枚付属されており、スマホを固定しながらクッション機能も発揮してくれるのも強みです。

 

耐久性にも優れており、バイクを利用していない時もつけたままで大丈夫です。ハンドルの部分にスマホを設置するだけで、スマホの確認が簡単にできます。また、長距離ツーリングの際も、スマホのアプリでナビを利用しながら快適に走行できます。

口コミを紹介

セット&脱着は時間短縮に大きく役立っており、ホールドもしっかりしてます。 qiタイプなのでセットと同時に充電なのでデリバリー時常に100%キープしておりモバイルバッテリー不要となりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

デイトナ(Daytona)

アルミアームバイク用スマホホルダー

価格:3,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高強度アルミ合金を採用することで、頑丈でスタイリッシュです。3点アームはサイドボタンが勝手に押されることを防止し、充電ケーブルの妨げになりません。横ボタンがセンタータイプのスマホに対応できるのも強みです。

 

レバー操作でしっかり固定することができるため、スマホの落下リスクが低いです。スマホを装着した状態でも工具がなしで360°回転が可能です。簡単に着脱が可能なので頻繁にスマホを取り外しをする方にもおすすめです。

口コミを紹介

バイクの見た目を崩さず、しっかりした材質とスマホの着脱がしやすそうだったので購入しました。 狙い通りの商品でした! 安定感もシッカリしていて、スマホが着いてない状態でもバイクの見た目を崩しませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

daigod

クイックホールド スマホホルダー

価格:1,950円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホールドタイプにクイックホールド&リリース機構を採用しています。スマホを置くだけでド、両脇のリリースハンドルを握るだけのリリースできます。対応機種も豊富で、片手でスマホの着脱ができて便利です。

 

耐久性も高く、スマホホルダーの両サイドに革新的なスイッチ設計が施されています。伸縮アームを瞬時にロックして、スマホを置き中央のボタンに触れると伸縮アームの自動収縮ができます。

口コミを紹介

自身のバイクに取り付けて使用して見て、片手操作で脱着簡単、 どの様な状態でも安定的に使用出来るので、常に運転に集中できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

Kaedear

アルミ製パワーグリップスマホホルダー バンド付き

価格:2,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホールドタイプには精密設計のホルダー開閉機構を採用しています。スムーズにしっかりスマホが固定できます。開閉ダイヤル2~3回転で着脱でき、片手でもつけ外しができます。セーフティーバンドによる二重固定で安心な運転が実現できます。

 

アルミニウム合金プレートが、綺麗に発色し、よりバイクがスタイリッシュに。スマホ上部が露出するので走行中に動画を撮影することも可能です。

口コミを紹介

バイクで使用してます。 高速道路でも路面状態が悪いガタガタ道でもガッチリホールドしてました。 縦にすると走行風に当たってかなり振動してましたが落ちるどころかズレてすらいませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

Plaisiureux

バイク用スマホホルダー

価格:2,580円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体4隅のアームでスマホをしっかり固定。さらに付属のラバーパッドでスマホをホールド。ダブルの落下防止機能で走行中のスマホ落下を防ぎます。

 

バイクで走行中にiPhone、Androidなどの3.5~6インチのスマホが充電でき、出力が高いUSBソケットはバイク走行中でもスマホの急速充電が可能です

口コミを紹介

取り付けが簡単だったのでスムーズに設置完了しました。スマホを取り付けてもシッカリ固定され、近所を試しに走ってみましたがグラグラになる事もなく安心しました。この値段で買って大正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

【ワンタッチ】バイク用スマホホルダーの比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5795352の画像

    Lomicall

  • アイテムID:5795353の画像

    デイトナ(Daytona)

  • アイテムID:5795354の画像

    daigod

  • アイテムID:5795413の画像

    Kaedear

  • アイテムID:5795414の画像

    Plaisiureux

  • 商品名
  • 片手操作バイクスマホホルダー
  • アルミアームバイク用スマホホルダー
  • クイックホールド スマホホルダー
  • アルミ製パワーグリップスマホホルダー バンド付き
  • バイク用スマホホルダー
  • 特徴
  • 価格
  • 2399円(税込)
  • 3800円(税込)
  • 1950円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 2580円(税込)
ウミネコ(Umineko)

スマホホルダー XL 自転車 バイク 防水

価格:1,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水・防塵・防汚性能で中身を守る。万が一の落下でも固定力&耐衝撃クッション&落下防止ワイヤー搭載なので安心。ケースに入れたままタッチ操作出来るのはもちろんのこと、使いやすさやタッチ感度もこだわっています。

 

全てのスマホ・ナビに対応しているだけでなくナビやカード、お札も入ります。お財布を持ち運ぶ必要がないのも魅力の一つです。コスパも抜群なので手軽に手に入ります。

口コミを紹介

色々な似たような商品を、使いましたがこの商品が1番携帯にフィットするように思います。耐久性はまだ分かりませんがこの商品の表面のクリアのビニールが張っていて違和感なくケース上からでもタッチ反応がとても良いです

出典:https://www.amazon.co.jp

タナックス(Tanax)

モトフィズ デジケースマウントセット(ミラータイプ) MF-4702

価格:6,641円 (税込)

楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォンやPNDを収納し、ハンドルマウントのミラー部にマウントできる便利なセットですデバイスのタッチパネルが押しやすくするスペーサーと不意の雨にも安心なレインカバーを標準装備。

 

バッグ部分は横でも縦でも取り付け可能なのでさまざまなデバイスを、いろいろなシチュエーションで使用できます。また、スモークフィルムを採用しているため日中でも画面が見やすくなっています

口コミを紹介

1000円台でうってるものより安心感がある。 かっちりしていても関節がおおいのでほぼ自由な角度調整ができる。

出典:https://www.amazon.co.jp

MotoOver

バイク 防水 スマホ マウント ホルダー スマートフォン ステー タッチパネル 対応

価格:1,380円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナビ地図、GPS、LINEインターネット検索などがケースに入れたまま行えます。ファスナータイプで水に強く、突然の雨でも問題ありません。

 

フレキシブルアームは角度調整が可能でケースは360度回転可能です。全部で3サイズあるのでお手持ちのスマホに合わせて選ぶことができます。

口コミを紹介

天気の良い日は透明ビニールが乱反射して画面が見えづらいですがその都度、角度を変えれるのでなんとかなります

出典:https://www.amazon.co.jp

【ポーチ】バイク用スマホホルダーの比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5795415の画像

    ウミネコ(Umineko)

  • アイテムID:5795416の画像

    タナックス(Tanax)

  • アイテムID:5795417の画像

    MotoOver

  • 商品名
  • スマホホルダー XL 自転車 バイク 防水
  • モトフィズ デジケースマウントセット(ミラータイプ) MF-4702
  • バイク 防水 スマホ マウント ホルダー スマートフォン ステー タッチパネル 対応
  • 特徴
  • 価格
  • 1780円(税込)
  • 6641円(税込)
  • 1380円(税込)

長距離のツーリングや行ったことのない土地に行く際には、ナビがマストアイテムですよね。バイク用ナビは外付けが一般的です。タッチペンの使用などでグローブを着けたままパネル操作できるものから、防水や耐震、耐熱機能が高いものなど機能も豊富です。

 

Bluetooth連携機能があれば、ペアリングさせたイヤホンやヘルメットでナビの音声を聞くことができます。高速道路の進路状況や交差点情報など、走行をアシストする機能を搭載したものもあります。

 

無料地図更新ができるものもあるので、最新の道路状況が把握できます。スマホよりも耐震性が高く、耐熱性に優れています。スマホはナビを連続使用する際の発熱が故障の原因となってしまいます。故障の原因を防ぐためにもバイク用ナビがおすすめです。

その他のバイク用品は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

バイクスマホホルダーはライダーのツーリングライフをより豊かに、そして快適なものにしてくれるでしょう。便利で楽しいバイクライフを送るために、ぜひ購入を検討することをおすすめします。安全面にはくれぐれも注意して利用するようにしましょう。

# おすすめ