【果実酒を作ろう!】ホワイトリカーのおすすめ人気ランキング9選

家庭で梅酒や果実酒を作る際に欠かせない材料は、漬ける食材と氷砂糖、そしてベースとなるホワイトリカーです。一見同じように見えるホワイトリカーも、メーカー等により様々な特徴があります。これから家で果実酒を作ってみたいという方は、是非本記事を参考にしてみてください。

2021/06/24 更新

家で気軽に果実酒を漬けてみたいという方には、砂糖を精製するためにできた残造であるホワイトリカーがおすすめです。果実酒は難しいというイメージがある方も多いですが、実は、ホワイトリカーと砂糖・果実だけで簡単に作ることができるんです。

 

ホワイトリカーは、アルコール分が高く腐敗やカビを防ぐことができ、果実酒のベースとして最適なお酒と言われています。酒税法でアルコール度数などのこまかい規約が定められているので作る際は、事前にチェックしておきましょう。

 

そこで今回は、ホワイトリカーの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を考えている方は参考にしてみてください。

アルコール度数は35%と一定な上、無味無臭と一見違いがあまり見られないホワイトリカーについて、どのようなポイントに注目して選べば良いのかをご紹介します。

コスパで選ぶ

梅酒や果実酒は漬け込んでから長い年月を要するので、漬け込む際は大量に作ることが普通です。その分、ベースとなるホワイトリカーも大量に必要になることが多く見られます。

腐らないので「大容量」で買うのがおすすめ

たくさん色々な種類の梅酒や果実酒を作りたいという方は、大容量で売られているホワイトリカーを買うことをおすすめします。ホワイトリカーはアルコール度数が高いので、腐ったりカビが生えることがありません。

 

漬け込みに時間がかかるので、大容量のものを常備しておくことで、いざという時に計画的に果実酒を漬け込むことができます。こうして大量のホワイトリカーを常備しておきたい方には、コスパの良い商品を選ぶことをおすすめします。

小分けにしたいなら「少量」のもの

大きい容量の容器に入っているものの方がコスパとしては良いのですが、一度開栓したものは、アルコールが揮発してしまったり、開栓する度に埃等が混入する可能性があるので、どうしても品質が劣化することが多いです。

 

試しに少し漬け込んでみたいとか、小分けにして少しずつ漬け込んでいきたいという方には、小分けにされたものをまとめ買いするのもおすすめです。大容量のものと比べてもそこまで値段に大差は無いので、ご自身の使用用途で選ぶようにしましょう。

こだわりの原料で選ぶ

ホワイトリカーの製法は基本的には同じなので、使用している原料によって微妙な風合いやまろやかさが変わってきます。漬け込む素材の味を邪魔せずに、素材の味わいを引き立てるためにも、ここは重要なポイントとなります。

「水」にこだわり、スッキリとした味わいに

ホワイトリカーは抽出したアルコール分に水を加えることでできる甲種焼酎なので、原料は大きく分けても2つしかありません。その中の一つである水は、どのお酒においても味を左右する重要な原料に位置づけられているので、水の品質によって果実酒の美味しさも大きく変わってきます。

 

そんな水にこだわったホワイトリカーは、雑味もなくスッキリとまろやかな味わいに仕上がっていることが多いので、果実酒の風味を最大限に引き立ててくれます。どのホワイトリカーを選ぼうか迷っている方は、まずはこの点に注目してみるのが良いでしょう。

果実酒専用の「乙種焼酎ホワイトリカー」も

ホワイトリカーは、原料から連続式で何度も蒸留を繰り返すことで、無色透明で無味無臭の甲種焼酎とすることが一般的です。そこをあえて単式の蒸留(1回だけの蒸留)にし、風味やコクを残した乙種焼酎に仕上げたホワイトリカーもあります。

 

通常口にする焼酎の特徴と同じく風味やコクがあるので、より奥深く味わいのある果実酒が作れます。特に青梅との相性が良く、飲みごたえのある梅酒を味わうことができるので、本格的な梅酒を作ってみたい方にはおすすめのジャンルです。

セットになっているもので選ぶ

果実酒や梅酒に挑戦したいという方は、セットで販売されているものを選びましょう。ホワイトリカーと瓶や砂糖などが一式になって入っているタイプが多く便利です。

「メインの原料」だけあればすぐできる

梅酒や果実酒を作る際に必要なものは、メインの原料・氷砂糖・瓶・ホワイトリカーとなります。このうち、メインの原料以外がセットとして販売されているものは、わざわざ1つ1つ別個で購入する手間が省けて、すぐに果実酒造りを楽しむことができるので、おすすめです。

 

初心者の方は、何を揃えていいか分からないという方も多いので、セットで販売されていると便利です。慣れてきたら自分でホワイトリカーの種類を替えてみたり、砂糖を工夫してみたりとアレンジして作っていくのをおすすめします。

もっとお手軽!既に「瓶の中に入っているもの」も

果実酒を漬け込む際は、瓶をしっかりと洗浄しておくことも重要です。そんな手間も省けるセットが、あらかじめ瓶の中にホワイトリカーが入っているものです。ここに氷砂糖と原料をそのまま入れるだけという、非常にお手軽なセットとなっているものもあります。

 

すぐにでも楽しみたい!という方のために、容量をあえて小さくして漬け込み時間の短縮を図った商品もあります。中には3日間で漬け込みが終わるというハンディタイプのものもあり、様々なニーズに応えている商品が出回っています。

35度?45度?「度数」で選ぶ

果実酒を作る際のアルコールは、法律で20度以上になるようにと決められています。アルコールは度数が低くなるほど、腐りやすくなるのでホワイトリカーの度数を事前に確認しておきましょう。腐敗すると、果実のエキスが効率よく摘出できません。

 

果実酒に最適なベースのアルコール度数は35度と言われており、市販で売られているホワイトリカーのほとんどは、この35度のものとなっています。また、焼酎はアルコール度数が45度以下と決められているので、高いアルコールを求める場合も45度までのものを選びましょう。

容器で選ぶ

ホワイトリカーの容器で選ぶ方法です。ホワイトリカーは、瓶・ボトル・紙パックなど、さまざまな容器で販売差rているので使いやすいものを選びましょう。

保管しやすい「瓶タイプ」

保管のしやすさで選ぶなら瓶タイプのホワイトリカーがおすすめです。紙パックタイプ・ボトルタイプに比べて、保存期間が長いので少しずつ使用したいという方に人気です。ボトルタイプと同じように、残量が見やすくなっているので、繰り返して使う方には便利です。

 

瓶なので重量が重いのがデメリットですが、女性の方はサイズの小さい瓶を選ぶことで快適に注ぐことができます。おしゃれなボトルも多いので、インテリアに馴染みやすいのも魅力です。

大容量の「ボトルタイプ」

ボトルタイプは、紙パックタイプ・瓶タイプに比べて量が多いのが特徴です。容器も瓶よりはコストが抑えられるので、価格もコスパが良いタイプが多いです。一度にたくさんのホワイトリカーを使うという方には向いています。また、中身の残量が分かりやすいのも魅力です。

 

デメリットとしては、保管にはあまり向かないので一度に使う量を把握しておくことが大事です。瓶のサイズに合わせて、ボトルタイプの量を合わせると使いやすいのでおすすめです。

扱いやすい「紙パックタイプ」

紙パックタイプは、瓶やボトルと比べて重量が軽いので大きめのサイズを買っても扱いやすいのが魅力です。また、ほかのタイプに比べて紙パックタイプは製造時のコストが低いので、価格が安いです。ですが、開けたあとの保管には向いていないので、開けたらすぐに使い切るようにしましょう。

 

紙パックの注ぎ口に蓋が付いているタイプが多いので、瓶に注ぐときも簡単に注ぐことができます。大容量で軽いものを探しているという方は、紙パックタイプのホワイトリカーがおすすめです。容量は、紙パックによって異なります。

サントリー

ホワイトリカー 果実酒用 紙パック

価格:1,640円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアで純度の高いこだわりの純水で仕上げているだけあって、とってもスッキリした味わいとなっており、果実の風味を邪魔することなく、最大限に引き立ててくれます。口コミの評判も良く、売り上げランキングでも上位に位置することが多いです。

 

特に秀逸なのが公式HPに掲載されている果実酒作りのレシピで、とても丁寧に説明しているほか、非常に多くの果実酒のレシピを掲載しているので、メーカーがどれだけ力を入れているかが垣間見えます。

口コミを紹介

これ1本と、4リットル入る瓶と梅を用意したら簡単に自家製梅酒が出来ます。漬けてから2ヶ月経ちましたが、味見した所美味しい梅酒ができていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

宝酒造

果実酒の季節 ミニ

価格:425円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンディサイズの瓶の中に、あらかじめホワイトリカーが220ml入っているので、後はこの中に材料を入れるだけで、すぐに果実酒作りができます。瓶を洗う手間も省ける上、サイズもお手頃なので気軽に楽しむことができます。

 

サイズが小さいので、実は漬け込む期間も短くて済む上、材料も少しでOKです。なので、例えば大量に購入したミカンを、少しだけでも果実酒で楽しんでみたいといった、余った食材を手頃に使い回すこともできるので、とっても使い勝手が良いです。

口コミを紹介

大きさはちょうどよいので置き場所に困らず、初心者でも果実酒が作りやすいと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

明利酒類

乙35% 乙焼酎で本格派の果実酒造り

価格:5,910円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホワイトリカーを、あえて単式蒸留の乙種焼酎として仕上げ、焼酎独特の風味も果実酒にブレンドするよう考慮されたものが、今回紹介する商品です。焼酎の風味も一緒に楽しめます。

 

本格的な味わいが楽しめることから、特にお酒が好きな方には、飲みごたえのある果実酒が楽しめるようになっています。少々値段は張るものの、それに見合ったコクのある本格的な果実酒を作ることができます。

口コミを紹介

とても美味しく出来たので、再度の購入になりました。出来上がりがとても楽しみです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

メルシャン

サンラックドライ ホワイトリカー

価格:1,408円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クセがなくスッキリとしたホワイトリカーに仕上がっており、果実の風味を最大限に引き立ててくれます。1年を通して果実酒を楽しめるように、おすすめの果実酒がサイトでチェックできるので飽きずに果実酒を楽しみたいという方に便利です。

 

容量が1800mlと大容量で作られているので、一度にたくさん果実酒を作りたいという方にもおすすめです。度数は35度です。ブランデーやリキュールもラインで販売されているので、好みで使ってみてください。

口コミを紹介

梅酒を漬けるために購入しました。初めてつけたのですが、今から楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

サントリー

ホワイトリカー 35

価格:1,640円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サッポロが手がけるホワイトリカーで目に付くのは、もはやパッケージが果実酒の説明書になっている、豊富な果実酒作りの情報量です。王道の梅酒やレモン酒だけでなく、多くの種類の果実酒の作り方が掲載されているので初心者にもおすすめです。

 

ホワイトリカーは、純度が高くクリアな風味に仕上がっているので、クセの少ない味を求めている方におすすめです。ホワイトリカーと果実・氷砂糖と3種類の材料だけで簡単に果実酒を作ることができます。

口コミを紹介

梅を漬ける為に購入しました。パッケージにいちごとかフルーツを漬けるレシピがのっててわかりやすいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

合同酒精

ホワイトリカー ゴードー

価格:2,280円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまな果実の良さを引き出すために作られたホワイトリカーで、純度の高いクリアな味が特徴です。また、梅酒の作り方を丁寧に解説しているので初心者にも使いやすいです。

 

ホワイトリカーゴードーは、1800mlだけでなく、600ml・900mlという種類が販売されているので、欲しい量だけを買うことができます。お茶割りやチューハイ・ロックあなど、普通のお酒をしても楽しめます。

口コミを紹介

いつもびわの葉を着けるのにこのホワイトリカーを使い、4ヶ月もすればびわエキスとして使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

玉泉堂酒造株式会社

玉泉白瀧ホワイトリカー

価格:2,137円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

玉泉堂酒造株式会社の豊富な知識・経験を生かして作られているホワイトリカーです。原料にこだわっており、雑味がなく、クリアな風味が特徴的なのでハイクオリティなホワイトリカーを求める方におすすめです。

 

自然の素材の色や香りを引き出すために作られており、季節の果実に寄り添ってくれるホワイトリカーです。アルコール度数は35度です。1800mlと大容量で作られており、コスパ重視の方にもおすすめです。

口コミを紹介

梅酒作成に最適!美味しい梅酒が出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

アサヒビール

ダイヤ 35

価格:1,603円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大手であるアサヒビールが作り出したホワイトリカーです。焼酎造りにもこだわりがあり、大手メーカーならではのハイレベルな生産・品質管理の下で作り出されたホワイトリカーは、安定して使い勝手のいいホワイトリカーに仕上がっています。

 

また情報発信力の強みも活かし、公式HPには細かく果実酒の作り方や注意点を説明してくれている点も嬉しいです。特に初めて果実酒を作ってみようという方は、説明を参照しながら、ぜひ果実酒作りを楽しんでみてください。

口コミを紹介

果実酒の時期で無かったので実店舗より安く買えて、早く届いて満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

美峰酒類株式会社

一風 ホワイトリカー

価格:1,210円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗の酒造メーカーが販売しているホワイトリカーで、酒造りの命である水にこだわっており、良質なお酒に仕上がっています。漬け込み果実の味を邪魔せずに、すっきりとした味わいを楽しむことができるので初心者にも飲みやすい味です。

 

あまり聞いたことのないブランドであると思いますが、老舗メーカーならではの酒造りのノウハウと、恵まれた環境が生み出すこの商品は、とても使い勝手のいいホワイトリカーに仕上がっています。

口コミを紹介

まだ梅酒が出来上がってないので良くはわかりませんが、臭いとか値段と使いやすさはいいなぁーと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ホワイトリカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5794701の画像

    サントリー

  • アイテムID:5794702の画像

    宝酒造

  • アイテムID:5794703の画像

    明利酒類

  • アイテムID:5794705の画像

    メルシャン

  • アイテムID:5794709の画像

    サントリー

  • アイテムID:5794713の画像

    合同酒精

  • アイテムID:5794714の画像

    玉泉堂酒造株式会社

  • アイテムID:5794716の画像

    アサヒビール

  • アイテムID:5794717の画像

    美峰酒類株式会社

  • 商品名
  • ホワイトリカー 果実酒用 紙パック
  • 果実酒の季節 ミニ
  • 乙35% 乙焼酎で本格派の果実酒造り
  • サンラックドライ ホワイトリカー
  • ホワイトリカー 35
  • ホワイトリカー ゴードー
  • 玉泉白瀧ホワイトリカー
  • ダイヤ 35
  • 一風 ホワイトリカー
  • 特徴
  • 価格
  • 1640円(税込)
  • 425円(税込)
  • 5910円(税込)
  • 1408円(税込)
  • 1640円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 2137円(税込)
  • 1603円(税込)
  • 1210円(税込)

ホワイトリカーは、お酒ですが飲みすぎなければ体に悪いということはありません。ホワイトリカーとはじめとした醸造向けのアルコールは、日本酒の香りを引き立てるために作られていたり、腐りにくくするために使ったりするためから、体に悪いというイメージがあります。

 

ホワイトリカーは、ほかのお酒と比べると純度が高く作られているお酒が揃っているので、使い方や保管方法をしっかり守れば健康に飲むことができます。

ホワイトリカーの代用品として、ウォッカ・ウイスキー・ブランデー・乙類焼酎・甲類焼酎などを使う方が多いです。果実酒を作る際に、手元にホワイトリカーがない場合やホワイトリカー以外の味で果実を漬けてみたいという方は代用品のお酒を使うのがおすすめです。

 

ホワイトリカーの代用品のお酒を選ぶ場合は、アルコールの香りやアルコール度数などをしっかりチェックして選びましょう。果実酒の作り方は、ホワイトリカーと使用したときと同じですが砂糖の量などは自分で調整する必要があります。

 

以下の記事では、ブランデー・スコッチウイスキーの人気商品を紹介しています。果実酒の代用品として使えるものも多いので参考にしてみてください。

家でBARのようなカクテルを楽しむなら、カクテルレシピを作ってみるのがおすすめです。梅酒にモヒートを足しおしゃれな味に仕上げたり、ゼラチンでゼリーのように仕上げたりするのもおしゃれでおすすめです。カクテルにするには、カクテルベースのお酒をブレンドすることで作れます。

 

ラッシーやオレンジジュースなど、果実酒を果物や好きなジュースで割るレシピもおすすめです。フコップにこだわったり、フルーツを混ぜて飲んだりなど、見た目にこだわって使うのも便利です。以下の記事では、カクテルベースの人気商品を紹介します。参考にしてみてください。

今回は、果実酒に使えるホワイトリカーの選び方や人気おすすめランキングを紹介しました。家で好きな果実を漬け込んでお酒にすることができるホワイトリカーは、お酒好きにはおすすめの商品です。ホワイトリカーによって、味が変わるので好みのお酒を見つけてみてください。