日立 NW-R704 縦型洗濯機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥39,780
NW-R704は、2016年11月中旬に発売された日立の白い約束シリーズの簡易乾燥機能付洗濯機です。シャワー浸透洗浄という洗浄方式とほぐし脱水機能を搭載しているので、衣類を傷めずに洗濯できます。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

コスパを重視した国内メーカー品

日立のビートウォッシュの下のグレード、白い約束シリーズの7kg洗濯機です。インバーターが搭載されていないため、騒音と電気代が少し気になるところではありますが、それを補って余りあるだけの国内メーカーでこの価格という特徴があります。モーターがしっかりしているため、脱水力や洗浄力の高さは折り紙付き。一人暮らしや洗濯にあまりこだわらないご家庭に人気のある機種となっています。

NW-R704の徹底分析

設置について

幅x高さx奥行き

568×986×540mm

防水パンサイズ

-mm

  • 標準より大きい
  • 標準程度
  • 標準より小さい

解説

標準サイズは、幅約640×高さ約1050×奥行約640mmなので、全体にコンパクトと言えるでしょう。また、設置には洗濯機のサイズだけでなく、受け皿である防水パンのサイズも考慮する必要があります。

防水パンについて、一般的に幅640㎜×奥行640㎜はマンションなどでよく設置されているサイズで標準サイズと言われています。

また、防水パンにはフラットタイプや隅が出っ張っているタイプなどがありますが、洗濯機の内寸よりも大きな洗濯機は設置できないので、防水パンのタイプ,サイズは注意して検討する必要があります。

使用人数について

洗濯容量

7kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

乾燥容量

-kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

解説

1人当たり1日分の洗濯物は1.5Kgが目安と言われています。

NW-R704は、乾燥容量が7kgと比較的大きめで毎日洗濯をする場合は4人世帯で十分使用可能です。2人世帯であれば洗濯を2日に1回に抑えることも可能ですね。

2日溜まった4人分の洗濯ものも一度に洗濯できるので、旅行後なども少ない洗濯回数ですみそうです。

洗浄力について

洗浄方式(機能)

シャワー浸透洗浄

解説

メーカーや機種によって洗浄方式が異なるため、機種ごとの特徴を知ることでより自分に合った洗濯機を見つけることができるでしょう。

NW-R704はシャワー浸透洗浄という洗浄機能を搭載しており、高濃度洗剤液を繊維の奥までしみ込ませてから洗浄するため、繊維の奥にしみ込んだ臭いや汚れ落ちに期待することができます。実際に口コミからも、洗浄力の高さが確認できました。

頑固な皮脂汚れや汗の匂いを落としたい方にお勧めしたい商品です。

よく落ちます。

出典:https://review.kakaku.com

静音性について

騒音レベル(洗濯時/脱水時/乾燥時)

-dB

解説

デシベル(db)

音の強さ、または電力の減衰などを表すときに用いる単位のことです。一般的にささやき声や図書館の室内が30〜40db(デシベル)で、うるさいと感じる掃除機の音や沸騰音60〜70dbと言われています。

洗濯機の運転音に関して、一般的に45db以下だと静かだと言われています。

NW-R704の騒音レベルは不明ですが、気にならない方という口コミが見られました。

全く問題の無いレベル

出典:https://review.kakaku.com

一方で、音が大きくて気になると言う口コミもありましたので、音をあまり気にせずに済む日中に洗濯することが多い方に向いていると言えるでしょう。

各工程ごとに発生する騒音?(起動音)が異なっており、それも割合大きく、気になる。

出典:https://www.biccamera.com

【静音設計で騒音対策】静かな洗濯機おすすめ6選!静かにする方法も解説

仕上がりについて

乾燥方式

-

  • シワになりにくい
  • 縮みにくい
  • フワフワ
  • 臭いにくい

解説

NW-R704には乾燥機はついていません。

脱水の補助としての簡易乾燥機能を搭載していますが、少し脱水が甘いという口コミが見られました。

脱水にはこだわらない方や、乾きやすい衣類が多い方に向いています。

【大人気】乾燥機付き洗濯機おすすめ7選 | 選び方と活用方法を一挙紹介

衛生面について

洗濯槽(構造)

-

  • 汚れがつきにくい
  • 黒カビ抑制

洗濯槽(素材)

-

  • 黒カビ予防

自動おそうじ

-

  • 洗濯槽の汚れ除去

解説

洗濯槽に清潔さは洗濯槽の構造や素材などが影響します。

本機種はステンレス槽ですが、カビ取り機能を搭載しているため、黒カビが発生しにくい特徴があります。

定期的に槽洗浄コースや槽乾燥コースを利用すると、より効果を実感できるでしょう。

カビの発生に悩まされることが多い方は、検討してみてもいいかもしれません。

水量について

乾燥方式

-

  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時冷却水が不要

標準使用水量(洗濯時)

108L

解説

洗濯時標準水量は一般的に洗濯物1kgに対して水10Lが標準だと言われていますが、ほとんどの縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて水量が多いです。

ランク王の縦型洗濯機の標準使用水量の基準は洗濯物1kgに対して水13Lですので、NW-R704は比較的水を多く使用しますが、注水すすぎで洗剤残りを防ぎ、部屋干しの匂いを防ぎます。

水道代にこだわりがなく、洗剤残りや部屋干しの匂いを防ぎたいという方に向いているでしょう。

その他利便性について

洗剤・柔軟剤 自動投入

-

  • スマホでの予約

スマホ連携

-

  • 運転状況確認

解説

洗濯機は使用頻度が高く、長く使用するため自分にとって使いやすいかどうかという視点で検討することで、生活の質を向上させる事が出来るでしょう。

NW-R704は、ボタン式パネルがついており、簡単に操作できる洗濯機だと言えます。

特段目立った機能は搭載されていませんので、便利な機能がなくても不便と感じず、簡単な操作で洗濯が出来ることを第一に求めている方に向いていると言えるでしょう。

NW-R704のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

8kgをお探しの方はこちらもチェック

日立
NW-R803
52,800円〜

コストを抑えて選びたい方はこちらをチェック

ハイアール
JW-C70C
32,000円〜

日立 NW-R704の基本スペック

日立(HITACHI)

日立 全自動洗濯機 白い約束 7kg シャワー浸透洗浄 風脱水 ピュアホワイト NW-R704 W

価格:42,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 NW-R704
寸法・サイズ 568×540×986mm 機能 全自動洗濯機・風脱水
洗濯方式 縦型 洗濯容量 7kg

日立 NW-R704のおすすめポイント

汚れをしっかり落とす「シャワー浸透洗浄」

NW-R704は衣服にしっかりと濃度の高い洗剤液を染み込ませた後、シャワーをかけて洗うシャワー浸透洗浄機能が搭載されています。これにより汚れを効果的に落としキレイに仕上がります。

短時間脱水が可能な風脱水機能

NW-R704は洗濯槽を回転させながら空気を取り込むことにより、繊維衣類の水分を飛ばして脱水効率を上げる風脱水機能が搭載されています。

衣服を取り出しやすい「ほぐし脱水機能」

NW-R704は脱水した際に衣服が絡まり取り出しにくくならないよう脱水後洗濯物をほぐすことで洗濯槽にくっついてしまうことを防ぐ機能が搭載されており、快適に衣服の取り出しが可能になっています。

日立 NW-R704の悪い点をレビュー

柔軟剤が入れにくい

NW-R704は柔軟剤が入れにくいという意見が最も多く見られました。柔軟剤の投入口にスライド式の蓋が付いており、その部分が使いにくいようです。柔軟剤の使用頻度が高い方にとっては煩雑に感じるため注意が必要です。

風呂水ポンプに対応していない

NW-R704は風呂水ポンプに対応していない点に不満を感じているという意見が見受けられました。これまで一度目のすすぎなどで風呂水を活用していた方からは使用する水量が多いため、コストがかかるという意見があります。

シワが気になる

NW-R704はTシャツなどにシワができやすいという意見がありました。NW-R704には乾燥機能が搭載されていないため、シワを軽減する機能が不足しているようです。また、ほぐし脱水機能によってシワが増えているのではという意見もありました。

終了時間の表示がない

NW-R704には終了時間の表示がないため、使いにくいという意見がありました。特に一人暮らしの方などに多い意見のようです。

日立 NW-R704の良い点をレビュー

洗濯音が静か

NW-R704は洗濯音が静かという意見が見受けられました。多くの方から買い替え前よりも音が静かで気にならなくなったという意見が見られます。

サイズ・設置面積が小さい

NW-R704は同じ洗濯容量を持つ洗濯機の中でも設置面積が小さいという意見が見受けられました。また、高さも比較的小さくできているようです。

洗いあがりが絡まない

NW-R704に搭載されているほぐし脱水機能が高い評価を受けているようです。取り出しにくさを軽減させるとともに乾燥させるのにも便利という意見があります。

価格に対して洗浄力が高い

NW-R704は比較的お求めやすい価格でありながらしっかり洗浄できるという意見がありました。汚れ落ちが良く満足のいく仕上がりという意見が多いです。

日立 NW-R704の口コミ集めました

ただ残念だったのは皆様が書かれているのと同じで、柔軟剤が若干入れづらい事、これは慣れが必要です。柔軟剤入り液体洗剤を使うのなら問題ないと思います。それ以外はちゃんとした洗濯機だと思います!

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

デメリットとして最も多かった意見が柔軟剤が入れにくいという点でした。スライド式の投入口というのは珍しいケースになるため、そういった違和感も入れにくさを感じるポイントなのでしょう。

【機能・メニュー】終了時間が出ないのがと言われてしまった

出典:https://review.kakaku.com

終了時間が見えないのが気になるという声もいくつか見られました。また、内部が外から見えない構造になっているためどの段階まで終わっているのか確認できないというのも合わせて不便に感じられるようです。

シワがすごい Tシャツやアイロンいらずなシャツでさえ、叩いても叩いても伸ばしても取れないシワ 脱水1分にしてもシワシワ

出典:https://www.amazon.co.jp

主に脱水時にシワが付いてしまうというケースがあるようです。特にシワをつけたくないものなどに関しては脱水前に取り出すなどの注意が必要になるかもしれません。

家族2人で10キロを使っていましたが7キロに買い替え! 届いてびっくり!!お風呂の残り湯のホースがないんです。 今時そんな洗濯機ありますか? タイトルに注意点をして記載が欲しかったです。 仕方なく3500円でポンプ買いました

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

お風呂のお湯を利用することで節水したいという方もいますが、NW-R704はそういったケースを想定していないようです。別途で取り付ける際も取付方法が説明書についていないようなのでわかりにくいという意見があります。

洗濯担当の主人が使用、音が静か、泡切れが良かったり、節水、仕上がり、干した感じもふんわりして良いとの事 やっぱりモーターの日立です。と、言ってました また、このグレードでこの値段に驚いていました お勧めだそうです!!!

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

価格が比較的安価であるため、洗濯機能を心配に思う方も多かったようですが、多くの方が価格に対して性能が良いという評価をしているようです。コストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

13年前の白い約束にはなかった脱水後絡まっている洗濯物をばらばらに整えるほぐし脱水機能が便利です

出典:https://review.kakaku.com

洗濯物が絡まって取り出しにくいというのは無意識的に不便に感じてしまうポイントです。痒い所に手が届くといったような便利な機能で多くの方が高く評価しています。

【静音性】 母親は基本的に朝に洗濯をしたがりますが、夜間にやっても特に周りに迷惑をかけるものではないと思っています。

出典:https://review.kakaku.com

仕事柄、日中に洗濯をするのが難しい方も多く洗濯物をため込んでしまうという人も多いです。時間を気にせずに気が付いたときに洗濯できる静音性というのは大きなメリットと言えるでしょう。

前に使っていた日立の7kgより、小さくできている。設置面積も、高さも。

出典:https://www.amazon.co.jp

洗濯機自体が基本的に大きく幅を取ってしまうものであるためなるべくコンパクトなものにしたかったという意見が多いです。また、上開きになるため高さが高すぎず取り出しやすいという点も評価を得ています。

NW-R704 NW-70B 違い

REDIMPACTSHOP

日立 全自動洗濯機 白い約束 7kg ピュアホワイト NW-70B W

価格:999,999円 (税込)

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

NW-70Bは2017年11月に発売された商品になります。NW-R704が2018年2月に発売された商品であるため、NW-70BはNW-R704の前のモデルになります。 NW-R704とNW-70Bの大きな違いは風呂水ポンプの対応になります。 NW-R704では風呂水ポンプの接続機能が搭載されていませんでしたが、NW-70Bは対応しています。そのため、一度目のすすぎに風呂水を再利用することで節水をすることが可能になっています。 また、そのほかの洗濯可能容量や洗濯機能などにおいては2機種ともに大きな違いはないため、風呂水ポンプをこれまで活用されてきた方の買い替え機種を検討したいという方に適している機種と言えるでしょう。

NW-R704 NW-70C 違い

日立

日立 7.0kg 全自動洗濯機 ピュアホワイトHITACHI NW-70C-W

価格:51,600円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

NW-70Cは2018年11月に発売された商品になります。 NW-7CはNW-R704の後発モデルということになります。 NW-70CはNW-70Bと同様に風呂水ポンプに対応しており、性能面でも類似した商品になります。 NW-70Cの他機種との違いとしては「おいそぎコース」を搭載している点にあります。 これにより一度の洗濯容量はやや少なくなりますが、緊急のものなどを短時間で洗濯することが可能になっています。 金額面ではNW-R704よりも1万円前後高くなる価格帯のため、特に洗濯時間をしっかり作ることが難しい方など洗濯にかかる時間をこだわりたいという方に適した商品といえるでしょう。

NW-R704 BW-V70E 違い

日立

日立 7.0kg 全自動洗濯機 ホワイトHITACHI ビートウォッシュ BW-V70E-W

価格:115,400円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BW-V70Eは2019年6月8日に発売された商品になります。 NW-R704とBW-V70Eの大きな違いはランニングコストになります。 BW-V70Eは一度の洗濯時に使用する水量を20Lほど少なくすることが可能です。 また、自動おそうじ機能が付いているため、洗濯槽のカビの汚れを防ぐ除菌を洗濯の際に自動的に行うことができます。 また、その他にも一度の洗濯にかかる時間が10分ほど短縮されています。 しかし、購入金額としてはNW-R704と比べて5~6万ほど高額の商品になるため、洗濯頻度の高いご家庭などで長期的に利用されるような場合に適している商品になります。

日立(HITACHI)

日立 全自動洗濯機 白い約束 7kg シャワー浸透洗浄 風脱水 ピュアホワイト NW-R704 W

価格:42,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立 白い約束 NW-R704 洗濯機の種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。 NW-R704は洗濯機能や乾燥機能が高い評価でありながら比較的安価な商品であるため、コストパフォーマンスに優れた商品と言えるでしょう。 また、静音性やコンパクトさに優れているという点で一人暮らしや少人数の方に適した商品と言うことができるでしょう。女性の一人暮らしなどでも大きなサイズではないためご自身で設置することも可能です。 しかし、風呂水ポンプが付属していない、柔軟剤が入れにくいなど使い勝手の良さという点ではやや物足りなさを感じる部分があると言えるでしょう。 洗濯機は脱水、乾燥など機能面で多岐にわたる用途があるため、金額や性能が商品により大きく変わります。そのため、優先順位や予算感などを検討の上、自分に合った洗濯機を探してみるのが良いでしょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する商品

縦型洗濯機の人気商品