パナソニック TH-49FX750 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.4
最安値:¥88,212
パナソニック VIERA TH-49FX750の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック VIERA TH-49FX750がどんな人におすすめなのかを評価しました。

TH-49FX750の基本スペック

  • 説明 : 年間消費電力量124kWhで省エネ達成率180%を実現した地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ。4個のHDMI入力端子を装備するほか、DLNA機能にも対応しています。
  • TH-49FX750のショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    パナソニック VIERA TH-49FX750の商品紹介 パナソニック

    パナソニック VIERA TH-49FX750の基本スペック

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49FX750 4K 2018年モデル

    価格:88,212円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーパナソニック 商品名TH-49FX750
    画面サイズ49インチ画素数3840×2160
    録画機能外付けHDD寸法、サイズ1099×694×245mm
    重量20,5kg省エネ性能★★★

    パナソニック VIERA TH-49FX750の壁掛け

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 液晶テレビ用壁掛け金具 TY-WK3L2R

    価格:11,316円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    金具を取り付けることでTH-49FX750を壁に取り付けることができます。テレビを壁に設置することで視野が高くなり見やすくなるのと同時にテレビ台を置く必要性がなくなり部屋全体が広く感じるメリットがあります。

    パナソニック VIERA TH-49FX750のおすすめポイント

    美しい4K映像を楽しめる

    広い色域をもつ4K映像本来の色を書き出すVIERA独自のテクノロジー「ヘキサクロマドライブ」が進化し映像の部分ごとに解析して処理することによって高い質感とノイズを抑え色忠実再現とリアルな質感表現を再現しました。

    4K高輝度IPS液晶パネルを搭載

    JEITA測定法による上下左右178度、コントラスト比を10:1が確保できる広い視野角で明るく鮮やかな映像を表現できます。幅広い角度から見ても綺麗な映像を再現し、昼間の明るい部屋でもコントラストの高い映像が見れます。

    滑らかな映像が楽しめる

    コマとコマの間に新しいコマを生成することができ滑らかな動きを表現できる「倍速表示」とバックライトの制御を高速に行う「クリアモーション」を搭載し、動きのはやいスポーツの試合などの映像で残像を抑えてくっきりと描写します。

    多彩なサービスが利用できる

    「スマートTVアプリ」を使って、youtubeなど大画面で高画質なオンデマンド映画を見たり、リモコンの簡単な操作でネット上の様々なサービスやアプリを利用することができます。

    パナソニック VIERA TH-49FX750の徹底レビュー(評価・口コミ)

    パナソニック VIERA TH-49FX750の悪い点をレビュー

    音質が悪い

    前のモデルよりも音質が悪くなったという口コミがありました。

    人のセリフや会話が聞きづらく映画のセリフを聞こうとすると相当音量を上げなければならないようです。

    端子が使いずらい

    HDMI端子が4つもあるのにARCに対応しているのは1つのみでUSB端子も3つもあるのにUSB3,0に対応しているのも1つのみで端子が画面に対して垂直に出ているのでケーブルが差しにくく、横方向に出ている端子と手前に垂直に出ているので壁がけする際は気をつける必要があります。

    画面が暗い

    他社メーカーと比べ、画面がかなり暗く人の肌色が汚く見えてしまうようです。気分まで暗くなるという口コミもありました。

    調節したら、ビビットカラーが強くなりすぎて目がチカチカしたり納得できる明るさにできないようです。

     

    好みもありますが、購入前に確認をしていた方が良さそうです。

    スピーカーが低音に弱い

    普段のテレビ番組を見るぐらいなら、問題はないですがスピーカーが低音に弱いようで、映画などを楽しみたい人は別にスピーカーやアンプなどの機材を接続して低音の悪さをカバーしているようです。

    パナソニック VIERA TH-49FX750の良い点をレビュー

    転倒防止機能がついている

    小さなお子さんがいる家庭でも好評だったのが転倒防止機能です。もともと地震の時のための吸盤が取り付いています。ただ壁掛けにしてしまえば意味が無くなりますが、地震が多いのでいい機能です。

    お部屋ジャンプリンク機能が便利

    お部屋ジャンプリンク機能でリビングで録画した番組を転送することができ別の部屋でも楽しむことができます。またアンテナのない部屋にも転送することができどこでも見ることができるのでとても便利な機能です。

    VODサービスが豊富

    youtubeをはじめAmazonプライム・ビデオ、Netflix、Huluなど話題のVODサービスが豊富で大画面で楽しめるという口コミが数多くありました。

    映画を家で楽しむ人が多いようです。

    価格がお手頃でいい

    4Kテレビで10万円を切っているので安いほうです。アマゾンの価格も下がっているようでさらに買いやすくなりました。

    安いのに機能性、画質など十分という口コミが多く見られました。

    パナソニック VIERA TH-49FX750の口コミを集めました

    6畳の子供部屋に壁掛けをしてもらって設置。部屋も広く使えるし、ベットに寝転びながら観れるのでとても良い。今まではリビングのTVでPSPもしていたが、これからは子供部屋でできる。画面も十分であり、画像がきれい。お部屋ジャンプリンクも重宝している。

    出典:https://www.biccamera.com

    壁掛けができ部屋が広く使えていいみたいです。映像も綺麗なようで、お部屋ジャンプリンク機能も好評のようです。

    他の方の口コミで画面が暗い。気分まで暗くなる。というのが引っ掛かり、SONYとかなり迷っていたのですが、機能性や耐震性をとって結局こちらを購入したのですが、テレビをつけた瞬間がっかりしました。やっぱり画面がかなり暗い!!本当に人の肌色が汚い。。 調節したら、まだマシになって明るくはなったけど、なんか変な明るさで逆にビビットカラーなどが強くなりすぎて目がチカチカする。。 だからといって少しトーンを落としたら肌色が暗い。。 ちょうどいい明るさにできないのです。。

    出典:https://review.kakaku.com

    画面がかなり暗いようで、調整してもうまい具合にできないようで目がチカチカしたり、肌色が悪くなったりするようです。購入前に確認しとく方がいいです。

    スピーカーはフルレンジが入ってるようですが、通常での使用では特に問題ありません。 ただ低音が乏しいので、ヤマハのアンプにHDMIケーブルで接続して、5.1chで映画や音楽を聴いています。

    出典:https://review.kakaku.com

    スピーカーは普段使いには問題なさそうですが低音に難ありのようです。映画など見るときは他の機材に接続したらより映画が楽しめそうです。

    同社のプラズマテレビからの買い替えです。店頭で他社品(特にソニー製品)と比較した際には”画面の暗さ”が気になりましたが、自宅のリビングでは気になりませんでした。むしろ、黒がクッキリしている印象です。音質は一般的ですが、私は特にこだわりませんので、問題ありません。タイトルにも書きましたが、コストパフォーマンスに優れたパナソニックらしい商品だと思います。

    出典:https://review.kakaku.com

    黒がはっきりとしている画質のようです。画面が暗く感じるかもしれないので、この点も購入前にはしっかりと確認しといたほうが良さそうです。

    ネットの機能が充実しててすごい。Netflix、YouTube、アマゾンプライム、Hulu、ビデオパス、AmebaTVまで入ってます。外でスマホでNetflixを見始めて、続きはお家の大画面で見られるのは嬉しい。

    出典:https://review.kakaku.com

    VODサービスの充実がすごいです。テレビでアプリが使えることにテレビの進化が伺えます。大画面で映像を楽しめると嬉しいですね。

    画像はシャープで綺麗です。色合いは、ナチュラルで良いですが、前の東芝の機種より青の味付けが強く、黄色の味付けが弱い感じがします。得意、不得意なジャンルがある様に思います。好みの問題ですかね。4Kの映像は、繊細でめちゃ綺麗です

    出典:https://review.kakaku.com

    4K映像は綺麗で問題がないようですが、色味に好き嫌いが出てきそうです。 色味は購入前に確認していた方が良さそうです。

    評価が低めの様ですが、一般家庭では充分な機能ですし、特に問題なく使えています。 2009年製パナソニックのテレビからの買い換えでしたが、比べると画質はキレイですし、機能が充実していてとても満足です。 今時のTVはアプリとか使えるんですね! ファイアスティックも不要になりました。 転倒防止機能も2歳の子供がいる我が家ではありがたい装備でした!

    出典:https://www.amazon.co.jp

    昔のテレビに比べ画質は綺麗になっているようです。内蔵アプリを使えるのも好評なようです。転倒防止機能がついているようです。

    2018年7月に家電量販店で購入。 気をつけるところは ◯地デジ4Kチューナーは内蔵されていない ◯HDMIは4つのうち2つしか4K出力に対応していない といったところでしょうか。 Amazonの価格も私が購入した後で更に下がってるようですし、モデルチェンジ等も考慮しながらの検討をお勧めします。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    購入する前に気をつけないといけないようです。購入してから後悔したくないのでこういうのは大切ですね。

    某家電量販店で購入。 映像等は店頭にて納得した上で購入したので、個人的には満足している。 ただ、イヤホン端子からスピーカーへ出力を考えていて、接続したところサーッと波のようなノイズが酷いです。 不良かと思い家電量販店に問い合わせて新品と交換してもらったが、症状は変わらず。 イヤホン端子から、音声を聞こうと思って方は一度店頭で確認した方がいいです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    イヤホン端子からのスピーカー出力するとノイズが酷いようです。購入前に実物確認した方が良さそうです。

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49FX750 4K 2018年モデル

    価格:88,212円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーパナソニック 商品名TH-49FX750
    画面サイズ49インチ画素数3840×2160
    録画機能外付けHDD寸法、サイズ1099×694×245mm
    重量20,5kg省エネ性能★★★

    パナソニック VIERA TH-49FX750の関連商品と比較する

    TH-49FX750とTH-49EX750の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49EX750 4K USB HDD録画対応 2017年モデル

    価格:87,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-49EX750はTH-49FX750の前のモデルになります。デザイン、操作性、画質、音質、機能性、満足度はTH-49EX750の方が評価が高いです。

    スペックに大きな違いはありませんが、HDR方式にTH-49FX750にはHLGがついているのにTH-49EX750にはついていません。

    また倍速機能がTH-49EX750は倍速駆動になります。そのほかTH-49EX750はSDカードが入れれるようになっています。

     

    サイズはTH-49EX750の方が大きくなります。重さはTH-49EX750の方が軽いです。

    消費電力はTH-49FX750が141Wに対してTH-49EX750は170Wと高いです。なので年間消費電力と年間電気代はTH-49FX750の方が安くなります。

    TH-49FX750とTH-49GX750の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ビエラ TH-49GX750

    価格:109,280円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-49GX750はTH-49FX750の後に販売されたモデルになります。価格はTH-49FX750に比べて2万円ほど高くなります。評価はあまり高くはなく、画質と音質のみ評価が高いです。

     

    TH-49GX750にはHDR方式にHDR+が追加されました。しかしTH-49FX750にあった倍速機能がTH-49GX750にはありません。

    他にもBS4K、110度CS4Kチューナーが追加で搭載されましたが、地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタルの各数が減っています。

     

    この他にスペックの変更点はほとんどありません。

    消費電力はTH-49FX750の方が低いですが、TH-49GX750の方が省エネ評価が高いので電気代が安くなります。

    TH-49FX750とTH-49GX850の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ビエラ HDR対応 TH-49GX850

    価格:137,598円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-49GX850はTH-49FX750のあとに販売されたモデルになります。価格はTH-49FX750に比べて5万ほど高くなります。またランキングの方で2位になるほど人気があります。

     

    TH-49GX850の方が全体的に好評でデザイン、画質、音質、応答性能、機能性、サイズ、満足度が高いです。スペックに大きな違いはほとんど見られませんが違い点の一つは、HDR方式にHDR10+、ドルビービジョンが追加されました。

     

    二点目は倍速機能が「オブジェクト検出倍速表示」になりました。

    三点目は搭載チューナーが増えBS4K、110度CS4Kが新たに追加されました。これによりチューナー数も増えました。

     

    大きさ、重量共に変更はありません。消費電力はTH-49GX850は162Wに対してTH-49FX750は141Wと低く、年間消費電力量、年間電気代はTH-49FX750がいいです。

    パナソニック VIERA TH-49FX750の総合評価

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49FX750 4K 2018年モデル

    価格:88,212円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    パナソニック VIERA TH-49FX750の種類について商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    TH-49FX750は価格が安く4Kテレビ初心者の人におすすめです。またVODサービスが充実しているので家で映画や動画を楽しみたい人にもおすすめです。

     

    画質や音質にこだわりがある人には向いていません。スピーカーが低音に弱いのも含めて物足りなく感じると思います。また色合いが悪いので購入前の確認は必要です。

     

    TH-49GX750、TH-49GX850両方とも価格が10万を超えるのに対してそこまで大きな違いはないので安い方のTHー49FX750を選べば正解です。

    TH-49EX750はSDカードを入れることができるので、その点で選べばいいと思います。価格もそこまで変わりませんし、TH-49EX750の方が1000円ほど安いです。

     

    ぜひこの記事を参考にしていただきご自身にあったテレビを選んで見てください。

    関連する商品

    テレビの人気商品