パナソニック TH-43FX600 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.44
最安値:¥61,998
パナソニック VIERA TH-43FX600の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック VIERA TH-43FX600がどんな人におすすめなのかを評価しました。

TH-43FX600の基本スペック

  • 説明 : 地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載した43インチ液晶ディスプレイ。3個のHDMI入力端子を装備するほか、DLNA機能にも対応しています。
  • TH-43FX600のショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    パナソニック VIERA TH-43FX600の商品紹介

    パナソニック VIERA TH-43FX600の基本スペック

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 液晶テレビ ビエラ TH-43FX600 4K 2018年モデル

    価格:64,530円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーパナソニック商品名TH-43FX600
    画面サイズ43インチ画素数3840×2160
    録画機能外付けHDD寸法・サイズ974×624×232mm
    重量11kg省エネ性能★★

    パナソニック VIERA TH-43FX600の壁掛け

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 液晶テレビ用壁掛け金具 TY-WK3L2R

    価格:11,316円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    金具を取り付けることでTH-43FX600を壁に取り付けることができます。テレビを壁に設置することで視野が高くなり見やすくなるのと同時にテレビ台を置く必要性がなくなり部屋全体が広く感じるメリットがあります。

    パナソニック VIERA TH-43FX600のおすすめポイント

    美しい映像が楽しめる

    多くの補正ポイントをもつカラーマネジメント回路「色忠実補正回路」を新たに搭載することでシーンに合わせて緻密に補正してくれます。高輝度から低輝度まで鮮やかにコントラストの高い4K映像を実現します。また、ノイズを抑えた高い質感再現も可能です。

    4K高輝度IPS液晶パネルを搭載

    JEITA測定法による上下左右178度の広い視野角で明るく鮮やかな映像を表現できます。また、昼間の明るい部屋でもコントラストの高い映像を堪能できます。

    HDR映像を自動調整してくれる

    昼間や照明の明るい部屋など、周りの明るさに合わせて自動的に最適なHDR画質に調整して部屋の明暗に関わらずくっきりとした映像で楽しむことができます。

    パワフルサウンドで4K映像を引き立てる

    最大出力30Wの高出力アンプと大容量となったスピーカーボックスにより「ダイナミックサウンドシステム」を搭載し力強い音を実現しました。

    大容量スピーカーボックスは音の歪みを抑えて豊かな低音を再生することができます。

    パナソニック VIERA TH-43FX600の徹底レビュー(評価・口コミ)

    パナソニック VIERA TH-43FX600の悪い点をレビュー

    スピーカーの音が弱い

    音質が綺麗と口コミで見かけますが、別売りのスピーカーがあったほうがいいとの口コミもありました。内蔵スピーカーだけだと音が若干貧弱のようです。音にこだわりがあるひとは別売りスピーカを購入する必要があります。

    スマホがリモコン代わりにならない

    スマホ専用アプリをダウンロードすることで使っているスマホがリモコン代わりになるようですが、電源のON、OFFがうまく使えないようです。またずっとアプリを立ち上げているので充電がなくなるのが早いようです。

    多機能すぎて使いこなせない

    基本的な操作をはじめ、VODサービスや過去未来番組表など機能が多すぎて使いこなせないとの口コミがありました。使いこなせる人はいいですが、全て使いこなせることができないので逆に不便に感じてしまうようです。

    リモコンボタンが多い

    VODサービス用のボタンが増えたため、邪魔だという人もいました。VODサービスを使うことがない人にとっては使いやすい配置の場所にVODサービスのボタンが配置されているため本来のテレビとしてのリモコン機能が昔に比べ失われているようです。

    パナソニック VIERA 0TH-43FX600の良い点をレビュー

    価格が安い

    4Kで機能性、映像の綺麗さで6万円台は安いようです。海外製の安いテレビと比べ国内メーカーの中でも安いので買い換える人が多く受けられました。

    IPSパネルで視野角が広い

    他社メーカーと比べ、斜めから見た時に色が薄くなったりして見えづらくなりますがIPSパネルを搭載したTH-43FX600は斜めから見ても発色がよく画像の破綻もそこまで見れなかったという口コミもあるぐらい色んな角度から視聴することができます。

    お部屋ジャンプリンク機能が便利

    設定が簡単なワイヤレス接続などリビングのレコーダー、ポータブルテレビに録画した番組を寝室や別の部屋に転送しどこでもテレビを楽しむことができます。

    この機能をつかってリビングにで録画した番組を別の部屋に転送して楽しめると高評価です。

    VODサービスが充実している

    内蔵アプリにyoutubeをはじめとするAmazonプライム・ビデオ、d TV、Netflix、Huluなど今話題のVODサービスが搭載されています。youtubeで動画、Amazonプライム・ビデオなどで映画と楽しんでる口コミが多くありました。

    パナソニック VIERA TH-43FX600の口コミを集めました

    画質は4KですがチューナーがフルHDなので今までのTVと特別変わりません。 機能的には多機能でいろいろ使う方には良いと思いますが、70才の我々には使いこなせません。 スマホがリモコン代わりになるのは便利ですが電源のON/OFFがうまくできませんしアプリをずっと立ち上げているのでバッテリーの消耗が早く使用をやめました、フルHDの安いのでも良かったかなって思ってます。 HDDも今までほかのTVで使っていたHDDが使用できないとのメッセージが出ます、なんでって感じですね。 無線ランでYouTube見れるのがうれしいです。

    出典:https://shopping.yahoo.co.jp

    多機能すぎて使いこなせないようです。スマホがリモコン代わりになるみたいですが電源がうまくできなかったりと不便だったようです。

    レコーダーもディーがの為、ビエラリンクの操作性も便利で良かったです。 我が家の視聴環境は斜めから見ることが多くREGZAやAQUOSは正面からはきれいですが斜めから見ると薄くなってしまい、この中で唯一IPSパネルを採用しているビエラが斜めから見たとき発色がきれいで視野角が広く画像の破綻が少なかったのが決定打になりました。

    出典:https://shopping.yahoo.co.jp

    AQUOSとのパネルの比較をされています。VIERAの方が斜めから見たとき発色が綺麗なようで視野角が広いのが決め手になったようです。

    8年使ったプラズマディスプレイのビエラから、液晶のビエラに買い替え。 薄くて、軽くなっていました。テレビのふちが細くてデザインがスリムになっていいです。 画像も古いプラズマよりもきれいです。 WIFI接続して、Amazonプライムの映画、アニメなど見れるようになったよかったです。

    出典:https://online.nojima.co.jp

    8年前のプラズマと比べ映像が綺麗になり重量も軽いようです。デザインがスリムになっているのもよかったようです。VODサービスを楽しんでるようです。

    映像とか音声とかこだわりがそこまでない方ならこれで十分だと思います。海外製の安価テレビも色々と出てますが、HDMI端子などが一つしかなったりするので後々困ると思いますので、パナソニック製を買っておくのが無難だと思います。

    出典:https://joshinweb.jp

    海外製のテレビだと端子が1つしかなかったりするようなので、安さで買うならパナソニック製を買っておくのが良さそうです。

    従来のTV放送を楽しむだけでなく、YouTubeなどのネットコンテンツも簡単にWiFi接続でき ついつい長時間の使用になりました。

    出典:https://www.biccamera.com

    テレビを見るだけではなく簡単にネット接続できてyoutubeなども楽しめます。ついつい見てしまって長時間楽しむことができます。

    無線LAN対応で配線がいらないので便利

    出典:https://www.yamada-denkiweb.com

    無線でネットに繋ぐことができるので見た目もスッキリとしていいですね。有線と違い配線が邪魔になることもありません。

    Netflixボタンがリモコンの一等地にあり、使わないので鬱陶しいです。また、それ以外にもアクトビラ、アレコレ、これらのボタンも邪魔。そのくせ、放送中の番組内容をワンタッチでサブメニューで見るといった良く使う基本機能は昔のビエラのリモコンと比較して失われており、理解に苦しみます。

    出典:https://review.kakaku.com

    VODサービスを使わない人からしたらボタンが邪魔のようです。また、使いやすそうなところにVODのボタンがあるため昔のVIERAのリモコンと比べ使い勝手が悪くなったようです。

    視野角が広く左右に寄っても寝転がって視聴しても画質に変化のないIPSパネルはやっぱりいいです アップコンバートが優秀で地デジもBDもキレイに視聴できました スピーカーが若干貧弱なので別売りのものを買った方がよいと思われます

    出典:https://www.amazon.co.jp

    視野角が上下左右178度広いからこそどこから見ても綺麗に視聴ができます。音がちょっと弱いようでスピーカーをつけたほうが良さそうです。

    この価格でこれだけの性能の液晶TVが購入できたことに満足しています。2階のリビングに設置したのですが、同じパナソニック製の液晶TVが1階の居間に設置されているので、お部屋リンク機能でそれぞれのハードディスクに録画した番組を相互のTVで閲覧できるのが大変便利です。ネット接続も簡単で、アマゾンのプライムビデオやユーチューブなどを楽しく見ています。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    お部屋リンク機能で別の部屋からも録画番組を見ることが可能なようで見たい時にとても便利な機能です。ネット接続が簡単のようで動画を楽しむことができます。

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 液晶テレビ ビエラ TH-43FX600 4K 2018年モデル

    価格:64,530円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーパナソニック商品名TH-43FX600
    画面サイズ43インチ画素数3840×2160
    録画機能外付けHDD寸法・サイズ974×624×232mm
    重量11kg省エネ性能★★

    パナソニック VIERA TH-43FX600の関連商品と比較する

    TH-43FX600とTH-43EX600の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 液晶テレビ ビエラ TH-43EX600 4K USB HDD録画対応 2017年モデル

    価格:69,460円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-43EX600はTH-43FX600よりも前に販売されたモデルになります。価格はTH-43FX600に比べて5000円ほど高くなります。評価はTH-43FX600のほうが全体的によく応答性能の評価だけいいです。

     

    基本的なスペックはほとんど同じですがHDR方式のみTH-43FX600はHDR10とHLGの2つ搭載されているのに対してTH-43EX600はHDR10のみしか搭載されていません。

    VODサービスは同じでyoutubeなど楽しめます。

     

    消費電力はTH-43FX600が136Wなのに対してTH-43EX600は150Wと高く省エネ評価は同じ星2です。TH-43EX600のほうが年間消費電力が高く年間電気代も200円ほど高くなります。

    TH-43FX600とTH-43FX750の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 液晶テレビ ビエラ TH-43FX750 4K 2018年モデル

    価格:83,667円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-43FX750はTH-43FX600と同時に販売されたモデルになります。価格は同時期販売だったのにも関わらずTH-43FX750のほうが2万円ほど高くなります。

    TH-43FX750のほうが全体的に評価がよく、TH-43FX600のほうが劣ります。

     

    TH-43FX750は倍速機能が付いています。あと、搭載されているチューナー数がTH-43FX600よりも各1つづつ増えています。

    他の基本スペックはほとんど同じですが、TH-43FX750はTH-43FX600に比べて奥行きがなくなりましたが重量が6,5kgも重たくなりました。

     

    消費電力はTH-43FX750のほうが高めで省エネ評価はTHー43FX600よりもいい星3です。

    ですが年間消費電力量と年鑑電気代が少し高くなります。

    TH-43FX600とTH-43GX750の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ビエラ TH-43GX750

    価格:103,119円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-43GX750はTH-43FX600の後に販売されたモデルになります。価格はTH-43FX600に比べて4万ほど高くなります。画質、音質、応答性能、機能性、満足度はTH-43GX750のほうが評価がいいです。

     

    TH-43GX750はHDR方式にHDR10+が追加されました。搭載チューナーがBS4Kと110度CS4Kの二つ増えこれにより搭載チューナー数が増えました。

     

    このほか基本的なスペックはほとんど同じです。画面サイズ、重量に代わりはありません。VODサービスも内蔵されていてyoutubeなども楽しめます。

     

    消費電力はTH-43FX600が136Wに対してTH-43GX750は137Wとと1Wだけ高くなります。

    ただしTH-43GX750のほうが省エネ評価が星3と高いので年間消費電力の値が低くなり年間電気代が500円ほどやすくなります。

    パナソニック VIERA TH-43FX600の総合評価

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 液晶テレビ ビエラ TH-43FX600 4K 2018年モデル

    価格:64,530円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    パナソニック VIERA TH-43FX600の種類について、商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    TH-43FX600は価格が安いのに、機能性、画質がよくコスパがいいように思います。一人暮らしでテレビを楽しみたい人や個人の部屋で楽しみたい人におすすめです。

    またVODサービスが充実しているので、家族と見たり友達と見たりとたのしめます。

     

    TH-43FX750は機能性が変わらず価格も高くなり電気代も高いのでおすすめしません。

    TH-GX750は電気代は安くなるものの機能性の代わりがなく価格も4万も上がってしまうのでそれなら購入しなくてもいいです。

     

    映像や音質にこだわりがあったりする人にはTH-43FX600はおすすめしません。購入したのちに物足りなくなってしまうと思います。

     

    ぜひこの記事を参考にご自身にあったテレビを選んで見てください。

    関連する商品

    テレビの人気商品