パナソニック TH-49FX500 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.07
最安値:¥68,300
パナソニック VIERA TH-49FX500の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック VIERA TH-49FX500がどんな人におすすめなのかを評価しました。

TH-49FX500の基本スペック

  • 説明 : 1)部屋のどこから見ても快適視聴。「広視野角IPSパネル」採用2)新4K衛星放送に採用のHDR方式(HLG)に対応3)様々な動画が4Kで楽しめるVODサービスに対応
  • TH-49FX500のショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    パナソニック VIERA TH-49FX500の商品紹介

    パナソニック VIERA TH-49FX500の基本スペック

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 4K 液晶テレビ ビエラ HDR対応 TH-49FX500

    価格:75,270円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーパナソニック商品名TH-49FX500
    画面サイズ49インチ画素数3840×2160
    録画機能外付けHDD寸法・サイズ1106×699×232mm
    省エネ性能★★★

    パナソニック VIERA TH-49FX500の壁掛け

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 液晶テレビ用壁掛け金具 TY-WK3L2R

    価格:11,316円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    金具を取り付けることでTH-49FX500を壁に取り付けることができます。テレビを壁に設置することで視野が高くなりみやすくなるのと同時にテレビ台を置く必要がなくなりお部屋が広く感じるメリットがあります。

    パナソニック VIERA TH-49FX500のおすすめポイント

    ネットや録画を楽しむことができる

    youtubeやAmazonプライム・ビデオ、dTVなど話題のVODサービスが内蔵されていて映画やドラマが存分に楽しむことができます。

     

    デジタル2チューナー搭載で番組を見ながら裏番組を別売りUSBハードディスクに録画することができます。

    斜めから見ても綺麗に見える

    JEITA測定法によるコントラスト比が10:1が確保できる角度で上下左右178度と視野角が広く幅広い角度から鮮やかな映像を見ることができお部屋のどこからも見やすくなっています。

    高輝度パネルを搭載

    4K映像が収録されたブルーレイディスク「Ultra HDブルーレイ」やインターネットで配信されている4K映像を高輝度HDR映像で楽しむことができます。

    お部屋ジャンプリンク機能でどこでも見れる

    「お部屋ジャンプリンク」対応の録画機器を家庭内の優先LANや無線LANで繋げるとVIERAやディーガに録画した番組を別の部屋で楽しむことができます。

    パナソニック VIERA TH-49FX500の徹底レビュー(評価・口コミ)

    パナソニック VIERA TH-49FX500の悪い点をレビュー

    目が疲れやすい

    画質については綺麗との評価が高いですが、映像に若干の残像があり目が疲れやすいようです。あと1m以内から視聴すると荒れて見えるようですごく疲れるようです。

    ノングレアではない

    TH-49FX500はCRTディスプレイや液晶ディスプレイの表面に外光が反射して画面が見にくくなることを防止する処理を行っていません。なので画面が見にくいと感じるようです。

    見やすくするには反射軽減タイプの保護パネルを買う必要があります。

    リモコンの反応が悪い

    画面左端に赤外線受光部がありますが画面が大きいからなのかリモコンの発光部が1箇所だけなのかリモコンの角度によって反応しにくいようです。

    画質の色味が悪い

    映像など綺麗ですが、色味がいまいちのようで発色が悪い、暗いなどの口コミがありました。初期設定はもちろんダメで細かな設定で変更可能ですが、いまいち納得のできる色味に変更できなかった人もいました。

    好みの色味があるので購入前には確認するのがいいです。

    パナソニック VIERA TH-49FX500の良い点をレビュー

    価格がお手頃で買いやすい

    49インチの4Kテレビが7万台で買えるのは安いとの口コミが多くありました。安いので使うのに不安があった人もこの安さで機能性、画質は十分だと感じるひとが多かったです。

    急にテレビが壊れた時に次のテレビを買うまでの繋ぎとして手軽に買えるぐらい買い求めやすい価格のようです。

    VODサービスが充実している

    内蔵アプリにyoutube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、dTVなど話題のVODサービスが搭載されています。家で手軽に映画などを楽しめます。映画を見に行く人も見に行く回数が減ったようで映画などを楽しんでいる人が多く見受けられました。

    映像が綺麗

    10年前のテレビと違い同じブルーレイディスクでも見え方が違うようです。かなり鮮明に写り明暗もはっきりと分かるぐらい綺麗になったようです。ライブを見た時にその場にいるような錯覚するほどのようです。

    無線LANが使える

    無線でネットに接続でき大変便利のようです。Wi-Fiを接続する際も面倒な設定はいらず、ルーターのWPSボタンを押してテレビから繋げるやり方のようですぐに繋ぐことが可能です。

    パナソニック VIERA TH-49FX500の口コミを集めました

    37インチのパナソニックテレビを使っていたので、これも同じノングレアだと思って買いました。まさかグレアだとは。。。仕方ないので反射軽減タイプの保護パネルを買います。操作性はパナソニックが一番使いやすいと思うので、その一点でパナソニックにしました。総合でシャープにしとけば正解だったなと思いましたが、パナソニックでも十分満足してるので、よしとします。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    TH-49FX500はグレアのテレビです。グレアでいい人はいいですが、ノングレアかどうか購入前には確認して買う方がいいです。

    この価格帯で良くここまでの画質、機能が得られると感動します。文句なしです。PC(パソコン)モニタとしては画質は最悪で設定をいろいろ変えても良い結果はえられませんでした。(特に赤色)もしPC接続もお考えの方は別の機種をお勧めします。 役に立った

    出典:https://www.amazon.co.jp

    価格が安いのに機能性と画質の評価はいいようです。PCモニターとして使うのは難ありのようです。PC接続ならやめとくべきですね。

    所有のシャープTV低反射パネル(40インチ)は目の疲れを全然感じませんが、ビエラTH-49FX500は大変目が疲れ失敗しました。 43インチと価格があまり違わないので49インチを購入しましたが、視聴距離の点から適正では無かったと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    低反射パネルと比べた時に反射防止する処理をしていないTH-49FX500は目の疲れがひどいようです。

    画面左端に赤外線受光部があるのですが、そこそこ画面がでかいからかリモコンの発光部が1発だからかなのかわかりませんが、リモコンの角度が想像よりシビアなため、反応しないことが時々あります。「ワイヤレスリモコンにしろ」とまでは言いませんが、もう少し本体側に受光しやすい工夫が欲しかったと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    リモコンの反応がいまいちのようです。リモコンの反応が悪いとイライラしたりプチストレスになります。

    3月に10年超えのテレビが壊れたので、急遽繋ぎで購入しました。極力安い47型を探したところヤマダ電気の在庫セール品を7万円弱で確保できました。ありきたりの性能ですが4K機器買替え時期までの繋ぎには十分な製品です。

    出典:https://review.kakaku.com

    49インチの4Kテレビが7万円台で買えるので急にテレビが壊れた時につなぎとしても買いやすい価格です。ここまで安いとお買い得商品です。

    画質はきれいです。ただ、若干残像感があり、目が疲れるかと思います。 その他は、今まで40インチのものを使用していましたが、外側の大きさはほとんど変わらないまでも、画面は49インチとなり、大満足です。

    出典:https://review.kakaku.com

    画質はいいようですが、残像がでるようです。見るものによっては残像で気分が悪くなりそうだなという印象を受けました。40インチと比べ外側の大きさがほとんど変わらないので満足のようです。

    VOD対応で主要サービスの動画はほぼ視聴できる為に、アップルTVを使わずBOSEのサウンドバーで構築。 設定なしで、いきなりBOSEから音が出たので楽です。NetflixユーザーなのでDolby、HDRで楽しんでます。 HDRは本当にキレイ。映画を観る楽しみが増えました

    出典:https://www.amazon.co.jp

    VODサービスが充実しているため映画など楽しむことができます。映像もきれいなようで、設定なしでBOSEが使えたところもよかったようです。

    テレビはアニメと競馬を見る程度で普通に映ればよいので画質も音質も今までの32Vより満足。無線LANでネット動画見れるのも未来ずら。ただ、壁掛けにしてるけどテレビ裏側の下の部分が金具取付穴の面よりも出っ張っているので薄い壁掛け金具では壁とテレビの隙間が狭くて固定ネジを下からドライバーでしめるのに工夫が必要だった。出来るだけ壁との隙間を狭く壁掛けにしたい人は金具選びに注意が必要かも。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    壁掛けにしたい人は金具選びを慎重にしないと失敗しそうです。一人ですると失敗しやすそうな印象で二人掛かりで設置した方がいいかもしれません。

    ハイビジョン放送の画質酷いですが、そもそもハイビジョン放送の画質には期待していません。 BSプレミアム以外は、1440x1080i の放送でありそれを、4k‎(4096×2160)で表示するため荒さが目立ちます。 インターレース→プログレッシブ変換も優秀では無く櫛形表示が目立ちます。 本機種は4kTVでも最廉価版であるので、アップコンバータや画像処理エンジンに期待するのは酷と思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    ハイビジョンでの画質はあんまりよくないようです。4Kでも価格が安いので性能にあまり期待しすぎるとがっかりするのかなと思いました。

    パナソニック VIERA TH-49FX500の関連商品と比較する

    TH-49FX500とTH-49GX750の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ビエラ TH-49GX750

    価格:109,990円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-49GX750は今年の1月に販売された最新のモデルになります。TH-49FX500に比べ価格は4万ほど高くなります。新しいモデルですがTHー49FX500と比べて見てもそこまで評価が高くありません。画質と音質が改善されたのかこの2つだけ少し評価が高かったです。

     

    画面サイズも同じで基本的なスペックはほとんど変わりません。ただHDR方式というものにHDR10+が追加されました。搭載チューナーもBS4Kと110度CS4Kが追加となりました。

    この追加に伴いチューナー数が増えBS4K数、110度CS4K数が新たに加わりました。

     

    TH-49GX750は「自動録画機能」がついています。このテレビもVODサービスがついておりyoutubeなどを楽しむことができます。

     

    消費電力はTH-49FX500の方が低いですが、TH-49GX750の方が省エネ評価が星4と高いので年間消費電力がTH-49FX500よりも低くなり年間電気代も安くなります。

    TH-49FX500とTH-49FX750の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49FX750 4K 2018年モデル

    価格:96,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-49FX750はTH-49FX500よりも前に販売されたモデルになります。TH-49FX500よりも人気でランキング11位に入っています。そのためか価格も2万円ほど高くなります。

     

    デザイン、操作性、画質、応答性能、機能性、サイズ、満足度の評価は高く画質だけ評価が低いです。基本的なスペックはほとんど変わりませんが、TH-49FX750には倍速機能がついています。また、チューナ数が増えTH-49FX750には「自動録画機能」がついています。

     

    VODサービスはTH-49FX500と同じでyoutubeなどを楽しむことができ充実しています。HDMI端子、USB端子の接続数が増えてさらに便利になりました。

     

    画面サイズは変わりませんが本体のサイズが少し大きくなり、重さも5kgほど重たくなります。消費電力はTH-FX500の方が低く省エネ評価は同じ星3ですが年間の電気代はTH-49FX750のほが安いです。

    TH-49FX500とTH-49FX600の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49FX600 4K 2018年モデル

    価格:76,580円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-49FX600はTHー49FX500より前に販売されたモデルになります。価格はそこまで変わらずTH-49FX600の方が1000円ほど高くなります。デザイン、操作性、満足度はTH-49FX500よりも評価が高いです。

     

    画面サイズや基本的なスペックは同じです。TH-49FX600にはTH-49FX500にはない「自動録画機能」がついています。これによりキーワードを入力することで自動的に見たい番組を録画してくれます。

     

    TH-FX600にもVODサービスがあり、youtubeなども楽しむことができます。

    消費電力はTH-49FX500の方が低く省エネ評価は同じでも年間電気代が安くなります。

    パナソニック VIERA TH-49FX500の総合評価

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 49V型 4K 液晶テレビ ビエラ HDR対応 TH-49FX500

    価格:73,580円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    パナソニック VIERA TH-49FX500の種類について商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    TH-49FX500は安く4Kテレビを楽しみたい人におすすめです。またVODサービスが充実しているので映画好きな人、家族と楽しみたい人にもおすすめです。

    TH-49FX600には自動録画機能がついていて価格もそこまで変わらないのでおすすめです。録画機能を使う人はTH-49FX600の購入がいいです。

     

    映像に若干の残像があったり、画質が荒いと口コミにもありましたがテレビにこだわりがある人には不向きです。またPCモニターとして使用している人もいましたが、色、画質が落ちてしまうようなのでそういう人にも不向きです。

     

    TH-49GX750とTH-49FX750は価格が高い割にほとんど性能は同じです。違う点はありますが、特別この機能が欲しいとならない限り、TH-49FX500かTH-49FX600の購入がいいと思います。

     

    ぜひこの記事を参考にご自身にあったテレビを選んで見てください。

    関連する商品

    テレビの人気商品