東芝 AW-45M7 縦型洗濯機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥23,607
AW-45M7 は、2018年8月に発売された東芝の全自動洗濯機です。3つのシャワーで洗浄液を衣類全体にしっかり浸透させ、ムラを抑えてきれいに洗えるパワフル洗浄という洗浄方法を搭載しています。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

一人暮らしの鉄板洗濯機

洗濯容量4.5kgと非常に小さめな洗濯機ではあるものの、コストパフォーマンスに優れていると評判の東芝の製品です。最低水位が12Lと少量の水でも洗濯できるように設計されており、節水効果が期待できるのは大きな利点。予算や生活費の限られている一人暮らしなどでも大活躍してくれます。また、低騒音設計になっているため、騒音トラブルなどが怖い集合住宅などに住む場合が多い一人暮らしのニーズにしっかり応えてくれます。

AW-45M7の徹底分析

設置について

幅x高さx奥行き

550×934×534mm

防水パンサイズ

570mm

  • 標準より大きい
  • 標準程度
  • 標準より小さい

解説

標準サイズは、幅約640×高さ約1050×奥行約640mmなので、小さめと言えるでしょう。また、設置には洗濯機のサイズだけでなく、受け皿である防水パンのサイズも考慮する必要があります。

 

防水パンについて、一般的に幅640㎜×奥行640㎜はマンションなどでよく設置されているサイズで標準サイズと言われています。AW-45M7の防水パンのサイズは奥行き570mm以上であれば設置できるので、防水パンのサイズは比較的小さく設置しやすいと言えます。

 

また、防水パンにはフラットタイプや隅が出っ張っているタイプなどがありますが、洗濯機の内寸よりも大きな洗濯機は設置できないので、防水パンのタイプ,サイズは注意して検討する必要があります。

使用人数について

洗濯容量

4.5kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

乾燥容量

-kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

解説

1人当たり1日分の洗濯物は1.5Kgが目安と言われています。AW-45M7は、毎日洗濯をする場合は3人世帯まで使用可能でしょう。1人暮らしであれば洗濯を2、3日に1回に抑えることも可能です。

 

4人世帯で毎日洗濯をしたいという方は以下をご覧ください。

【2020年最新】4人家族の洗濯機の選び方・おすすめ洗濯機12選!

洗浄力について

洗浄方式(機能)

パワフル洗浄

解説

メーカーや機種によって洗浄方式が異なるため、機種ごとの特徴を知ることでより自分に合った洗濯機を見つけることができるでしょう。

AW-45M7はパワフル洗浄という洗浄機能を搭載しており、3つのシャワーで洗浄液を衣類全体にしっかり浸透させ、ムラを抑えることに加えてしつこい汚れの落ちに期待できます。

泥汚れや食べこぼしなどの落ちにくい汚れをしっかり洗濯したいという方に向いているでしょう。

静音性について

騒音レベル(洗濯時/脱水時/乾燥時)

38/45/-dB

解説

デシベル(db)

音の強さ、または電力の減衰などを表すときに用いる単位のことです。一般的にささやき声や図書館の室内が30〜40db(デシベル)で、うるさいと感じる掃除機の音や沸騰音60〜70dbと言われています。

洗濯機の運転音に関して、一般的に45db以下だと静かだと言われています。

AW-45M7の洗濯時は38db、脱水時は45dbのため、静音性が高いとは言えないでしょう。口コミでは対策さえすればそれほど運転音は気にならないといった声が見られました。

日中に洗濯をすることが多い方に向いていると言えるでしょう。

ホームセンターで買ってきた敷パッドを敷いて使用したところ、「まあ洗濯機ならこの程度の音は出るよね」というレベルでした。テレビのボリュームを上げなくても良くなった。扉を閉められる環境なら、音がわずかに聞こえるレベル。

出典:https://www.amazon.co.jp

仕上がりについて

乾燥方式

-

  • シワになりにくい
  • 縮みにくい
  • フワフワ
  • 臭いにくい

解説

AW-45M7には、乾燥機はついていませんが、脱水力の高さを読み取れる口コミが多くみられました。

乾燥機は不要だが、洗濯物の干し時間は短縮したいという方に向いているでしょう。

脱水力が凄い! 前の風乾燥したような脱水力で乾くのも早い。 今年の雨続きにはほんとに助かります

出典:https://www.biccamera.com

【大人気】乾燥機付き洗濯機おすすめ7選 | 選び方と活用方法を一挙紹介

衛生面について

洗濯槽(構造)

-

  • 汚れがつきにくい
  • 黒カビ抑制

洗濯槽(素材)

ステンレス

  • 黒カビ予防

自動おそうじ

-

  • 洗濯槽の汚れ除去

解説

洗濯槽に清潔さは洗濯槽の構造や素材などが影響します。

本機種はステンレス槽なので、カビが発生しにくいということに期待出来そうです。

ただ、長く使用していると汚れが溜まるため、槽洗浄を定期的にする必要があります。

槽洗浄昨日も搭載しているため、カビの発生に悩まされることが多い方は、検討してみてもいいかもしれません。

水量について

乾燥方式

-

  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時冷却水が不要

標準使用水量(洗濯時)

110L

解説

洗濯時標準水量は一般的に洗濯物1kgに対して水10Lが標準だと言われていますが、ほとんどの縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて水量が多いです。

ランク王の縦型洗濯機の標準使用水量の基準は洗濯物1kgに対して水13Lですので、AW-45M7は使用水量が多いと言えるでしょう。

水道代にはこだわりがなく、たっぷりの水でしっかり洗濯物をすすぎたいという方に向いているでしょう。

その他利便性について

洗剤・柔軟剤 自動投入

-

  • スマホでの予約

スマホ連携

-

  • 運転状況確認

解説

洗濯機は使用頻度が高く、長く使用するため自分にとって使いやすいかどうかという視点で検討することで、生活の質を向上させる事が出来るでしょう。

AW-45M7には特段目立った機能は搭載されていません。

便利な機能がなくても不便と感じず、洗濯出来ることを第一に求めている方に向いていると言えるでしょう。

AW-45M7のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

さらにコストを切り詰めたい方はこちらもチェック

ハイアール
JW-C45D
16,920円〜

もう少し大きなものがほしい方はこちら

パナソニック
NA-F50B13
36,700円〜

インバーター式の上位機種はこちら

シャープ
ES-GW7D
0円〜

東芝 AW-45M7の基本スペック

東芝

東芝 4.5kg 全自動洗濯機 ピュアホワイトTOSHIBA AW-45M7-W

価格:27,605円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る ビックカメラで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 東芝 商品名 AW-45M7 W(ピュアホワイト)
寸法・サイズ 幅550mm×奥行534mm×高さ934mm 設置可能防水バン 奥行内寸540mm以上 機能 全自動洗濯機
洗濯方式 縦型 洗濯容量 4.5kg

東芝 AW-45M7のおすすめポイント

内蔵された3つのシャワーでパワフル洗浄

内蔵された3つのシャワーから放水される洗剤液を衣類全体にしっかり浸透させることで、衣類の繊維の奥の汚れまでしっかりと洗い落としてくれます。また、洗いムラをできるだけ抑え、綺麗に洗い上げてくれるようです。

頑固な汚れには「つけおきコース」

一般的に落ちにくいとされている泥汚れや食べこぼし汚れも自動でつけおき洗いをしてくれるため、手間をかけずにしっかりと汚れを洗い落としてくれます。また、つけおき時間も細かく設定できるため、汚れ具合や自身のライフスタイルに合わせて調節できます。

最低水位12Lで洗濯可能

最低水位12Lで洗濯が可能な設定を行えます。独り暮らしの方や、ほんの少しの衣類を洗いたいという方など、普段の水位よりも少ない水位で洗うことができるため、節約ができます。少ない水でも変わらない汚れ洗いを実現しています。

東芝 AW-45M7の悪い点をレビュー

風呂水ポンプがない

本製品には付属で風呂水ポンプがついておりません。近年販売されている洗濯機の多くは風呂水ポンプが付属品としてついているため少し不便に感じるかもしれません。お風呂の水を洗濯に使用したい場合、別売りでポンプのみを購入する必要があります。

洗濯音が少し気になる

洗濯を終えると、洗濯機が自動的にすすぎや脱水を行ってくれるのですが、その際に大きな音が発生してしまうそうです。あまり気になるような音ではないようですが、音に敏感に方などは少し不快に感じてしまうかもしれません。

ネットにゴミやほこりが入りにくい

洗濯中のゴミやほこりをキャッチするネットの設計が悪く、ネットの外まわりや衣類にほこりがついてしまうことがあるようです。そのため、ネットの機能をあまり果たしていないのではと指摘されています。

洗濯容量が少ない

AW-45M7は洗濯容量が4.5kgに設定されており、従来の製品より若干小さめに作られています。そのため、家族で使用される方などは、1度で洗濯することができず、数回行わなければならないため不便を感じるようです。

東芝 AW-45M7の良い点をレビュー

シンプルで使いやすい

本製品は、多くの機能を搭載していないゆえに操作性もシンプルで非常に使い勝手のよい商品となっています。そのため、家事が苦手な男性や学生にも特にストレスなく使用できるとのことです。

時短設定もあり便利

少ない衣類を洗濯したいときや、小さな汚れ、落ちやすい汚れが付いた衣類を洗濯したいときには、すすぎ1回のスピードコースなどの時短コースで洗うことで時間の節約ができるため、便利に感じるユーザーが多いようです。

コースが充実している

AW-45M7では、決してメニューの数が多いわけではないのですが、日常生活には欠かせないコースは一通り網羅されているようです。全自動コース、毛布、おしゃれ着用のコースなどそろっており、とても使い勝手が良いようです。

コストパフォーマンスが非常に良い

AW-45M7はとにかくコストパフォーマンスの面で多くの評価を得ているようです。一般的なコースを取り揃え、操作が簡単であり、なにしろ3万円以下で購入できるということで、独り暮らしの方から絶大な人気を得ているようです。

東芝 AW-45M7の口コミを集めました

お手頃価格かつ、すっきりとシンプルなデザインがワンルームの部屋にマッチして気に入ってます。シンプルな操作パネルは目の前で戸惑うこと無く操作できます。音が静かなのはさすが東芝ですね。一人暮らしの強い味方です。よごれもしっかり落ちてます。唯一柔軟剤の入れる場所がわかりませんでしたが説明書で解決。ちゃんと見なくっちゃ笑

出典:https://www.amazon.co.jp

やはり、シンプルな操作感や洗濯時の音の静かさ、そして、値段の安さが高評価の理由のようですね。柔軟剤の入れる場所がわかりにくいという方もおられるようですが、説明書をしっかり読むと大丈夫なようです。

主人の単身赴任用。使いやすいとの話です。コンパクト、静音、ちょっと洗いが楽との話でした。部屋の大きさが無いので助かると言ってました。

出典:https://www.amazon.co.jp

やはり、独り暮らしの方にはとてもフィットしやすい洗濯機なのではないでしょうか。また、洗濯容量が少ないという一方で、コンパクトな構造であるため、部屋の大きさに関係なく配置できることが強みですね。

ステンレス槽で動作も静か。 安価なハイアールなど外国製の洗濯機を使っていた時は 細かいホコリなどが残ったりするので水の量を多くして洗濯していましたが これはそういうことがありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ステンレス槽であるため、非常に汚れにくく手入れも簡単な仕様になっています。また、仕上がりにも特に問題もなく、とても良い使用感であることがうかがえますね。

値段が安いし、使いやすいし。東芝もブランド商品だ。めっちゃ安心する。

出典:https://www.amazon.co.jp

AW-45M7は3万円でここまでの機能を搭載しているというコストパフォーマンスの面が最も強みなようですね。あまりにも仕上がりに気を使いたい方には少し不満足に感じるかもしれませんが、独り暮らしの学生などには十分な機能と仕上がりなのではないでしょうか。

柔軟剤入れが小さすぎ。 液体洗剤を入れるところは水が流れないので洗剤が薄く残ります。 デザインや洗濯の機能は、脱水の強すぎを除けばいい感じです。 脱水の回転が強いのか?くしゃくしゃになりすぎるのが少し困っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

柔軟剤入れの大きさに多少不満を持つユーザーがいるようです。また、人によっては脱水が強すぎると感じるようです。しかし、それ以外の不満はなく、使い勝手は良いようです。

一人暮らし様に急いで購入しました。容量は4.5キロですが、この季節はバスタオル二枚、シーツ一枚、フェイスタオル三枚、肌着やTシャツで満杯になりました。5キロにするべきでした。他のレビューにもありましたが、とにかく脱水が効きすぎて、柔軟剤入れても乾燥したタオルが硬いです。黒い服に白いタオルのカスが付きます‼大事な服は、洗濯用のネットに入れて洗う事をお奨めします。毛布は二枚重ねはあらえましたが、追加の洗濯物は入りきれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

洗濯容量が少ないため、やはり一度に洗濯できないことで不満を感じる方がいるようです。また、こちらも脱水が強すぎて、タオルが硬くなってしまうといった声も上がっています。

振動も少なく音も小さいので本体自体には問題ないと思います。 が、糸くずフィルターが超ボロい。 まず、構造が悪いのか、糸くずがフィルターの入口周辺にたまる(こびりつく)だけで、ほとんど取れていない。 また、構造が悪いのか、洗濯をまわすと、2回に1回は、フィルターそのものが外れてしまう。 それでも、買ってしまったものは仕方がないとあきらめて使っていたら、 購入して1か月、洗濯5回ほどしか使ってないのに、フィルターが破れた。

出典:https://www.amazon.co.jp

やはり、洗濯機内のネットに不満を持つ声が多く上がっています。ネットの入り口付近に汚れが溜まってしまう、また洗濯を行うとネット自体が外れてしまうなどストレスを感じてしまうようですね。

すすぎが強力なため、香りつき柔軟剤の香りはほとんど残らないです。柔軟剤を入れていても通常の使用量では仕上がりがゴアゴアで、多めに柔軟剤が必要です。

出典:https://www.amazon.co.jp

すすぎが従来の商品に比べ強すぎるため、柔軟剤の香りが残らず、無駄になっているのではないかという声が上がっています。そのため、普段より多めに柔軟剤を投入してしまい消費が激しくなってしまうようです。

東芝

東芝 4.5kg 全自動洗濯機 ピュアホワイトTOSHIBA AW-45M7-W

価格:27,605円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る ビックカメラで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 東芝 商品名 AW-45M7 W(ピュアホワイト)
寸法・サイズ 幅550mm×奥行534mm×高さ934mm 設置可能防水バン 奥行内寸540mm以上 機能 全自動洗濯機
洗濯方式 縦型 洗濯容量 4.5kg

AW-45M7とAW-6G8 の違い

東芝

東芝 全自動洗濯機 (洗濯脱水6kg) グランホワイト AW-6G8-W

価格:58,217円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AW-6G8は、東芝が7月に発売予定の全自動洗濯機の最新モデルとなっております。 本製品は、AW-45M7の「最低水位12Lでの洗濯可能」機能や「すすぎ1回設定」機能など搭載しているだけでなく、衣類の絡み具合をチェックして自動でほぐし具合をコントロールする「からみまセンサー」と、室温を検知して水温を予想、これによって洗濯時間を調節する「温度センサー」のWセンサーを搭載しているという点が一番の特徴となっています。 また、洗濯容量も6kgとなっているため、AW-45M7以上に一度に行える洗濯の量を増やすことができます。 また、風呂水ポンプも付属しているため、AW-45M7のように別途ポンプを購入する必要がありません。 また、部屋干し機能など従来以上の機能が搭載しており、衣類や用途によって使用できる範囲が大きくなりました。 価格も購入するお店によっては6万円近くと、少し高額なため独り暮らしの方というよりも家族で使用する方や、最新の機能を体感したいという方におすすめする洗濯機となっています。

AW-45M7とAW-45M5 の違い

東芝(TOSHIBA)

東芝 全自動洗濯機 4.5kg ピュアホワイト AW-45M5 W

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AW-45M5は2017年3月に発売され、2018年8月に発売されたAW-45M7の下位互換となっております。 下位互換と説明したのですが、機能面やデザインは全く同じであり製造年によるナンバリング違いだと思います。 そのため、今現在メーカーで新品で取り扱っていないため、ネットショッピングサイトでの購入になります。 製造年が2017年ということもあり価格も2万円かからない程で、AW-45M7よりも低価格で購入することができます。 今現在、大手ショッピングサイトAmazonでは新品を取り扱っておらず中古での購入となっております。 シンプルなデザインで、とても操作も簡単、そして何よりコストパフォーマンスがとても良いため、独り暮らしの学生などにはとてもおすすめの商品となっています。 一方で、やはり古い製品を買いたくない、製造年が古いと心配になってしまうという方には、機能が同じであるAW-45M7の購入がふさわしいでしょう。

東芝

東芝 4.5kg 全自動洗濯機 ピュアホワイトTOSHIBA AW-45M7-W

価格:24,913円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝 全自動洗濯機 AW-45M7-W(ピュアホワイト)の種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。 頑固な汚れをしっかり落としてくれる「つけおきコース」や、少ない衣類や落ちやすい汚れが付いた衣類の洗濯の際に便利な「すすぎ1回モード」、そして最低水量12Lでの洗濯機能はとても便利ですよね。 最新の洗濯機に比べ、機能面において少なく感じる点もありますが、操作がシンプルで、何といっても3万円以下で購入できるというコストパフォーマンス面で高い評価を得ている洗濯機です。 そのため、独り暮らしの方や、家電にお金をかけたくないという方にはとてもおすすめできる商品となっております。 また、このほかにも様々な機能を搭載した洗濯機もございますので、コスト面や機能面を見比べて、自分だけの洗濯機を見つけてみてください。

関連する商品

縦型洗濯機の人気商品