日立 BW-DV100C 縦型洗濯機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥123,000
BW-DV100Cは2018年06月に発売された、日立 BW-DV100C-N ビートウォッシュ ドラム式洗濯乾燥機です。ナイアガラ ビート洗浄による機能も強化し、節電・節水にも適した大容量の縦型洗濯機です。

BW-DV100Cの徹底分析

設置について

幅x高さx奥行き

610×1060×635mm

防水パンサイズ

540mm

  • 標準より大きい
  • 標準程度
  • 標準より小さい

解説

標準サイズは、幅約640×高さ約1050×奥行約640mmなので、少し大きいと言えるでしょう。また、設置には洗濯機のサイズだけでなく、受け皿である防水パンのサイズも考慮する必要があります。

 

防水パンについて、一般的に幅640㎜×奥行640㎜はマンションなどでよく設置されているサイズで標準サイズと言われています。BW-DV100Cの防水パンのサイズは奥行き540mm以上であれば設置できるので、本体サイズの割に防水パンのサイズは比較的小さく設置しやすいと言えます。

 

また、防水パンにはフラットタイプや隅が出っ張っているタイプなどがありますが、洗濯機の内寸よりも大きな洗濯機は設置できないので、防水パンのタイプ,サイズは注意して検討する必要があります。

使用人数について

洗濯容量

10kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

乾燥容量

5.5kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

解説

縦型洗濯機では、洗濯容量より乾燥容量が少ないことがほとんどですので、乾燥容量を見ましょう。

1人当たり1日分の洗濯物は1.5Kgが目安と言われています。

BW-DV100Cは、乾燥容量が5.5kgで毎日洗濯をする場合は3人世帯で使用可能です。1人暮らしであれば洗濯を2日に1回に抑えることも可能ですね。

乾燥を使用しなければ、2日溜まった3人分の洗濯ものも一度に洗濯できるので、旅行後なども少ない洗濯回数ですみそうです。

 

4人世帯で毎日洗濯をしたい方は以下をご覧ください。

洗浄力について

洗浄方式(機能)

ナイアガラ洗浄

解説

ナイアガラビート洗浄

高濃度洗剤液を衣類に浸透させ衣類を押して、たたいて、もみ洗ってくれるという日立の縦型洗濯機に搭載されている機能。たたき洗いの時間が短く、気持ち良い肌触りが得られる。

メーカーや機種によって洗浄方式が異なるため、機種ごとの特徴を知ることでより自分に合った洗濯機を見つけることができるでしょう。

BW-DV100Cはナイアガラビート洗浄という洗浄機能を搭載しており、高濃度の洗剤と大流量の水で繊維の奥まで洗浄するため、ガンコな汚れ落ちに期待することができます。

落ちにくい食べこぼしのシミやエリの黒ずみを綺麗に洗濯したいという方に向いているでしょう。

静音性について

騒音レベル(洗濯時/脱水時/乾燥時)

32/37/43dB

解説

デシベル(db)

音の強さ、または電力の減衰などを表すときに用いる単位のことです。一般的にささやき声や図書館の室内が30〜40db(デシベル)で、うるさいと感じる掃除機の音や沸騰音60〜70dbと言われています。

洗濯機の運転音に関して、一般的に45db以下だと静かだと言われています。

BW-DV100Cの洗濯時は32db、脱水時は37db、乾燥時は43dbのため、静音性が高いと言えるでしょう。

口コミでも静かだという声が見られました。夜間に洗濯することが多い方に向いているでしょう。

以前の洗濯機よりも遥かに静かなので…夜寝る前に洗濯乾燥で回しておくと朝には出来上がっているのでありがたい。 マンションで利用していますが本当に静かで…助かります。

出典:https://www.biccamera.com

仕上がりについて

乾燥方式

ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ)

  • シワになりにくい
  • 縮みにくい
  • フワフワ
  • 臭いにくい

解説

ヒーター乾燥

電気を熱に変えて温風を作り、洗濯槽に風を送るという乾燥方法。ヒートポンプ式と異なり、乾燥時に冷却水を使用する。乾燥時に高温になるので、衣類を傷めてしまう。

ほとんどの縦型洗濯機はヒーター乾燥方式を搭載しており、BW-DV100Cもヒーター乾燥方式を搭載しています。

速乾ビート乾燥で高温で一気に乾燥させるため、嫌な臭いがしないことに期待できると言えるでしょう。

衛生面について

洗濯槽(構造)

-

  • 汚れがつきにくい
  • 黒カビ抑制

洗濯槽(素材)

-

  • 黒カビ予防

自動おそうじ

  • 洗濯槽の汚れ除去

解説

穴なし槽

洗濯槽に穴が空いていない洗濯機のこと。多くの洗濯機は脱水を行う際に、洗濯物に含んだ水を飛ばすため多数の穴が空いている仕様になっている。穴が開いていないため、黒カビが生えにくい、節水できる、高い洗浄力で洗うことができるといった効果がある。

洗濯槽に清潔さは洗濯槽の構造や素材などが影響します。

本機種は穴なし槽なので、洗濯の際に発生したゴミなどが洗濯槽の内側から外側に流れることがないため、黒カビが発生しにくいということに期待出来そうです。

自動おそうじ機能を搭載しているため、洗濯の度に自動で洗濯槽を洗浄することができます。ただ、長く使用していると汚れが溜まるため、本格的な槽洗浄を定期的にする必要があります。

カビの発生に悩まされることが多い方は、検討してみてもいいかもしれません。

水量について

乾燥方式

ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ)

  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時冷却水が不要

標準使用水量(洗濯時)

103L

解説

洗濯時標準水量は一般的に洗濯物1kgに対して水10Lが標準だと言われていますが、ほとんどの縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて水量が多いです。

ランク王の縦型洗濯機の標準使用水量の基準は洗濯物1kgに対して水13Lですので、BW-DV100Cは比較的節水であると言えるでしょう。

ほとんどの縦型洗濯機はヒーター乾燥方式を搭載しており、ヒーター乾燥方式には、水冷・除湿タイプと排気タイプの2つのタイプがあります。

BW-DV100Cは、水冷・除湿タイプですので、乾燥の際に冷却水を使用します。

水道代にはこだわりがなく、たっぷりの水で洗濯物を洗いたいという方に向いているでしょう。

その他利便性について

洗剤・柔軟剤 自動投入

-

  • スマホでの予約

スマホ連携

-

  • 運転状況確認

解説

洗濯機は使用頻度が高く、長く使用するため自分にとって使いやすいかどうかという視点で検討することで、生活の質を向上させる事が出来るでしょう。

BW-DV100Cは、特段目立った機能はありません。

便利な機能が無くても不便に感じず、洗濯ができることを第一に求めている方に向いていると言えるでしょう。

BW-DV100Cのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

BW-DV100Cの基本スペック

日立

日立 10.0kg 洗濯乾燥機 シャンパンHITACHI ビートウォッシュ BW-DV100C-N

価格:128,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る ヤマダ電機で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 ビートウォッシュ BW-DV100C-N
寸法・サイズ 幅610×奥行635×高さ1060mm 設置可能防水パン(奥行内寸) 540mm 機能 洗濯乾燥機
洗濯方式 縦型 洗濯容量 10kg

BW-DV100Cのおすすめポイント

「ナイアガラ ビート洗浄」で洗濯時間を大幅短縮!

汗や皮脂汚れなど衣類の汚れにも色々と種類がありますが、投入された洗剤から自動で汚れを判断し、3種類の洗い方から最適なものを選ぶ機能が「ナイアガラ ビート洗浄」です。自分で汚れに合わせて設定を変更したりする必要がないので手軽です。

「おいそぎコース」で急ぎのときでも大丈夫!

どうしても洗っておきたい衣類を約128分で乾燥まで終わらせることができます。特に洗濯物が増えがちな子供がいる家庭などでは、当日中に洗濯を済ませたいということも多くなりがちなので、主婦の方にとっては欠かせない機能です。

「ガラストップデザイン」で傷に強い!

傷に強いコーティングが施されているので、設置する際、移動するときなどにも安心です。長く使っているとどうしても傷が付いたりしますが、キレイな状態で使い続けられるのは気分的にも嬉しいものではないでしょうか。

全体的に段差が少なくなるようにデザインされているので、手入れし易くなっており、拭き掃除も簡単に済ませることができます。

BW-DV100Cの悪い点をレビュー

高さがあるので、身長によっては使いにくい

縦型の洗濯機なので、縦に高さがあり身長によっては中身を取り出しにくいということがあるようです。設置場所によっても変わってくるので、ランドリーラックなどを自分で調整する必要があるかもしれません。購入前に確認しておきたいポイントです。

シーツやTシャツがしわになる

タオルなどに比べて、シーツやTシャツがしわになってしまうという声もありました。ドラム式の洗濯機に対して、縦型の洗濯機は洗浄力に優れますが、乾燥するときにしわになり易いという違いがあるので、洗濯機を選ぶ際は考慮する必要があります。

脱水の音が気になる

静穏性に優れているという声がある一方、脱水時の音が気になるという方もいました。内部に設置されているバランスリングに液体が入っていると音がなる仕様となっており、気になるのであれば事前にどれくらい音がするのか確認しておいた方が良いかもしれません。

機能が複雑で使いづらい

洗うものに合わせて詳細に設定できるのは良いことですが、パネルにボタンが多く項目が複数あるので戸惑う方もいるようです。 洗濯機はそう頻繁に買い換えるものではないので、最新の機能が盛り込まれ複雑化していることで、逆に高齢者の方などにとっては使いづらくなっています。

BW-DV100Cの良い点をレビュー

花粉を除去できる

日本では悩まされている人が多い「花粉」ですが、洗濯によって衣類から花粉を除去することができる嬉しい機能が搭載されています。 花粉が付いたままだと鼻水やくしゃみが止まらなくなるなど実害も大きいので、春には欠かせない機能ではないでしょうか。

コンパクトで静穏性に優れている

従来の機種より一回り小さいものの大容量という点が評価されています。設置場所の問題から洗濯機は特に大きさが重要視されるのでコンパクトであることは大きなメリットです。 従来の機種と比較して静穏性にも優れているという声もありました。

洗濯時間が短縮

乾燥を除く洗濯時間が大幅に短縮されているそうです。新機能の追加や性能が向上したことで、洗剤の投入や洗い方などの大部分が自動化され、その結果、素早く洗濯することが可能となりました。水道代や電気代の節約に繋がるのは素晴らしい点です。

BW-DV100Cの口コミを集めました

7年前の日立9キロの洗濯乾燥機からの機種変更です。 良い点 キロ数が1増えたが大きさが一回りコンパクトになった。

出典:https://review.kakaku.com

以前の機種よりサイズがコンパクトになったことを利点と捉える方が多くいました。住居の状況やランドリーラックによっては設置場所も重要になるため、購入する際の判断材料となる重要な要素です。

乾燥を除く 洗濯時間が短縮している。20分から30分短縮。

出典:https://review.kakaku.com

洗濯時間が短くなるのは大きなメリットですが、BW-DV100Cの場合、以前の機種より20分~30分から短縮されたと感じる方もいるようです。「おいそぎコース」などで更に短縮することが可能なので、忙しい方には最適です。

タオルなどの感想はふんわりしますが、シーツやTシャツはしわになります。

出典:https://review.kakaku.com

乾燥時にシーツやTシャツがしわになると感じられた方もいます。BW-DV100Cはドラム式ではなく縦型の洗濯機なので、しわがどうしても気になる方はドラム式を選んだ方が良いかもしれません。

乾燥くずも取りやすく、音も比較的静かです。

出典:https://review.kakaku.com

静穏性に優れていると感じる方が多いようです。糸くずフィルターが設置されているので乾燥くずも取り易く手入れが簡単という感想がありました。洗濯機は深夜に回すこともあるので、うるさくないというのは重要です。

ただ、前より脱水の音が大きく感じ、気になります。

出典:https://joshinweb.jp

脱水時には音が気になるという方もいました。洗濯や乾燥の工程では音に関する口コミはなかったので、脱水時だけだと思われますが、どうしても気になるという方は他の機種を選んだ方が良いかもしれません。

縦型ゆえに高さがあり、既成のランドリーラックが合わないという悩みが発生しました。(メタルラックで自作して解決しました)高さがあるので洗濯物を取り出す際、背の低い私だと稀に靴下のようなものが底面に残ってしまった場合、取り出しにくいです。

出典:https://joshinweb.jp

縦型の洗濯機なので、背の低い方にとっては使いにくいこともあるようです。ランドリーラックに合わない場合、設置場所を自分で調整する必要があるので、高さや寸法、奥行きには注意しましょう。

最新式の機能や使用方法に戸惑っています。機能や使用方法のビデオをYouTubeで見たりしましたが、慣れるまでに、ちょっと時間がかかりそうです。

出典:https://joshinweb.jp

機能が多く操作が複雑だと感じる方もいました。紙の説明書だけではなく、公式HPではそれぞれの機能について12種類の動画で詳細な説明もされているので、困ったときなどは確認してみましょう。

花粉コースが気に入ってたので、 また使えて嬉しいです。

出典:https://www.premoa.co.jp

BW-DV100Cには春になると猛威をふるう花粉を除去する機能があります。人によっては症状が深刻だったりアレルギーなどもあるので、花粉を落とせる機能を喜んでいる人が多くいました。

日立

日立 10.0kg 洗濯乾燥機 シャンパンHITACHI ビートウォッシュ BW-DV100C-N

価格:128,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る ヤマダ電機で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 ビートウォッシュ BW-DV100C-N
寸法・サイズ 幅610×奥行635×高さ1060mm 設置可能防水パン(奥行内寸) 540mm 機能 洗濯乾燥機
洗濯方式 縦型 洗濯容量 10kg

BW-DV100CとBW-V100Cの違い

日立

BW-V100C-N(シャンパン) ビートウォッシュ 全自動洗濯機 上開き 洗濯10kg

価格:79,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヤマダ電機で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BW-V100CとBW-DV100Cの大きな違いとしては、乾燥機能がないことです。Vシリーズは乾燥機能がオミットされた下位モデルのシリーズとなっており、その分価格が安く抑えられているのが特徴です。

その為、冬場や梅雨の時期など天候不順の際には少しだけ手間が掛かりますが、乾燥機能が必要ないという方はこちらを選んでも良いでしょう。

液体なのか固体なのか、洗剤を判断して洗い方を自動で選択するセンサーシステムもありません。他にもビート洗浄や脱水時に洗濯した衣類が柔らかくほぐれる温風機能がない、BW-DV100Cで搭載されている「温水ナイアガラ」機能がBW-V100Cでは「つけおきナイアガラ」機能になっているなど、性能面ではBW-DV100Cからは一歩劣ります。

乾燥機能がない分、BW-DV100Cより全体的に若干サイズがコンパクトになっていますが、その他基本的な機能は共通しているので、シンプルな洗濯機が良いという場合はこちらを選びましょう。

カラーはBW-DV100C、BW-V100C共にシャンパンゴールド1色となっています。

BW-DV100CとBW-DV120Cの違い

日立

日立 12.0kg 洗濯乾燥機 シャンパンHITACHI ビートウォッシュ BW-DV120C-N

価格:136,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヤマダ電機で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BW-DV120Cは、シャンパンゴールドとホワイトの2種類カラーが用意されています。大家族向けなどに合わせて大型化しているのが特徴で、洗濯容量が12kg、乾燥容量が6kgに増えているので一度にまとめて洗濯することが可能です。

容量が増えたことで消費電力量が上がっており、BW-DV100Cは58Whですが、BW-DV120Cでは99Whとなっています。標準水量も125LとBW-DV100Cと比較して23Lほど増加しています。 洗濯時間も9分長くなっていますが、逆に乾燥時間は短縮されるので、洗濯から乾燥までの時間は全体で15分短縮されています。

BW-DV120Cには、「脱水/乾き具合」ボタンというこの機種だけの独自の機能が追加されており、標準以外に乾き具合を「しっかり」「弱め」に設定することが可能となっています。

更に、洗濯の度にコースを設定するのが面倒という人の為に「お気に入り」ボタンが追加されており、水量や時間、すすぎ方を好きな組み合わせで最大3つまで登録することができるようになっているので大変便利です。

寸法としては、若干BW-DV100Cよりも大きくなっていますが、防水パンはBW-DV100Cと同じ540mm内で収まるので、設置については問題ありません。

日立

日立 10.0kg 洗濯乾燥機 シャンパンHITACHI ビートウォッシュ BW-DV100C-N

価格:128,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る ヤマダ電機で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立 洗濯乾燥機 BW-DV100Cの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

洗濯には手間と時間が掛かりますが、最近機能などにより自動の部分が増え、洗濯に掛かる時間が大幅に短縮されるようになっています。

BW-DV100Cは標準サイズの縦型洗濯機として使い易いモデルとなっており、機能面でも優れています。設定できる項目が多く慣れが必要ですが、その分様々な汚れ、用途に対応しており、家庭内での利用するには最適な製品となっています。

DVシリーズは容量で分けられており、Vシリーズは乾燥機能がないシリーズとなっています。ご自身で購入する際には家族構成、性能、価格を元に判断して選んでみてください!