東芝 AW-7D7 縦型洗濯機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥56,500
AW-7D7は2018年6月に発売された、ZABOONシリーズの縦型洗濯機です。ウルトラファインバブル洗浄を搭載し、洗浄力に高い評価を得ています。

AW-7D7の徹底分析

設置について

幅x高さx奥行き

600×980×569mm

防水パンサイズ

510mm

  • 標準より大きい
  • 標準程度
  • 標準より小さい

解説

標準サイズは、幅約640×高さ約1050×奥行約640mmなので、小さいと言えるでしょう。また、設置には洗濯機のサイズだけでなく、受け皿である防水パンのサイズも考慮する必要があります。

 

防水パンについて、一般的に幅640㎜×奥行640㎜はマンションなどでよく設置されているサイズで標準サイズと言われています。AW-7D7の防水パンのサイズは奥行き510mm以上であれば設置できるので、本体サイズの割に防水パンのサイズは比較的小さく設置しやすいと言えます。

 

また、防水パンにはフラットタイプや隅が出っ張っているタイプなどがありますが、洗濯機の内寸よりも大きな洗濯機は設置できないので、防水パンのタイプ,サイズは注意して検討する必要があります。

使用人数について

洗濯容量

7kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

乾燥容量

-kg

  • 1~2人
  • ~3人
  • ~4人以上

解説

1人当たり1日分の洗濯物は1.5Kgが目安と言われています。

AW-7D7は、洗濯容量が7kgで毎日洗濯をする場合は4人世帯まで使用可能です。

2人世帯であれば洗濯を2日に1回に抑えることも可能ですね。

 

1人暮らし用の洗濯機を探している方は、以下をご覧ください。

洗浄力について

洗浄方式(機能)

ウルトラファインバブル洗浄

解説

ウルトラファインバブル洗浄

繊維のすき間より小さな泡が洗浄効果を高めるという東芝の洗濯機に搭載されている機能。繊維の奥の皮脂汚れを落としてしっかり洗い流すため、黄バミを予防できるといったメリットがある。

メーカーや機種によって洗浄方式が異なるため、機種ごとの特徴を知ることでより自分に合った洗濯機を見つけることができるでしょう。

AW-7D7はウルトラファインバブル洗浄という洗浄機能を搭載しており、ナノサイズの小さな泡が繊維の奥まで入り込むことで、ガンコな汚れの落ちに期待できそうです。実際に口コミからも、洗浄力の高さが十分に確認できました。

落ちにくい泥汚れや食べこぼしのシミを綺麗に洗濯したいという方に向いているでしょう。

タオル類の臭いがずっと気になっていたが、この洗濯機に変えてから直ぐに改善された これがウルトラファインバブルの効果か! 部屋干ししても臭いが全く気にならないので大満足(部屋干しする際はサーキュレーター併用)

出典:https://www.biccamera.com

静音性について

騒音レベル(洗濯時/脱水時/乾燥時)

26/37/-dB

解説

デシベル(db)

音の強さ、または電力の減衰などを表すときに用いる単位のことです。一般的にささやき声や図書館の室内が30〜40db(デシベル)で、うるさいと感じる掃除機の音や沸騰音60〜70dbと言われています。

洗濯機の運転音に関して、一般的に45db以下だと静かだと言われています。

AW-7D7の洗濯時は26db、脱水時は37dbのため、静音性はかなり高いと言えるでしょう。口コミでも、音が静かだという声が見られました。

夜間に洗濯することが多い方に向いていると言えるでしょう。

店員の方に聞いたら 夜に回しても静かということで購入しましたが、店員さんのいう通り静かで夜でもバンバン回せます

出典:https://www.biccamera.com

仕上がりについて

乾燥方式

-

  • シワになりにくい
  • 縮みにくい
  • フワフワ
  • 臭いにくい

解説

AW-7D7には乾燥機は付いていません。脱水の補助として、風乾燥機能を搭載しています。風の力で水分を飛ばすことで、洗濯物の干し時間の短縮が期待できそうです。

乾燥機は不要だが、洗濯物の干し時間は短くしたいという方に向いているでしょう。

 

乾燥機付きの洗濯機を探している方は、以下をご覧ください。

衛生面について

洗濯槽(構造)

-

  • 汚れがつきにくい
  • 黒カビ抑制

洗濯槽(素材)

-

  • 黒カビ予防

自動おそうじ

  • 洗濯槽の汚れ除去

解説

洗濯槽に清潔さは洗濯槽の構造や素材などが影響します。

本機種は自動おそうじ機能を搭載し、洗濯の度に自動で洗濯槽を洗浄するため、黒カビが発生しにくいということに期待出来そうです。

ただ、やはり長く使用していると汚れが溜まってくるため、槽洗浄を定期的にする必要があります。

カビの発生に悩まされることが多い方は、検討してみてもいいかもしれません。

水量について

乾燥方式

-

  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時に冷却水が必要
  • 乾燥時冷却水が不要

標準使用水量(洗濯時)

98L

解説

洗濯時標準水量は一般的に洗濯物1kgに対して水10Lが標準だと言われていますが、ほとんどの縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて水量が多いです。

ランク王の縦型洗濯機の標準使用水量の基準は洗濯物1kgに対して水13Lですので、AW-7D7は使用水量が多いと言えるでしょう。

水道代にはこだわりがなく、たっぷりの水で洗濯物を洗いたいという方に向いているでしょう。

その他利便性について

洗剤・柔軟剤 自動投入

-

  • スマホでの予約

スマホ連携

-

  • 運転状況確認

解説

洗濯機は使用頻度が高く、長く使用するため自分にとって使いやすいかどうかという視点で検討することで、生活の質を向上させる事が出来るでしょう。

AW-7D7は糸くずフィルターがついています。その他には特段目立った機能はありません。

便利な機能がなくても不便と感じず、洗濯出来ることを第一に求めている方に向いていると言えるでしょう。

AW-7D7のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

東芝(TOSHIBA)AW-7D7の基本スペック

東芝

東芝 7.0kg 全自動洗濯機 ZABOON(グランホワイト) AW-7D7-W

価格:59,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 東芝(TOSHIBA) 商品名 ZABOON AW-7D7(グランホワイト)・AW-8D7(グランホワイト)
寸法・サイズ 幅600×奥行569×高さ980㎜・奥行内寸510㎜以上 機能 全自動洗濯機
洗濯方式 縦型 洗濯容量 7kg

東芝(TOSHIBA)AW-7D7のおすすめポイント

小さな泡で汚れを落とす「ウルトラファインバブル洗浄」

繊維の隙間よりも小さな、ナノサイズの泡(ウルトラファインバブル)を発生させる装置を搭載しています。ウルトラファインバブルが、濃縮洗剤ケースを通ることで、洗剤の洗浄成分の力を引き出し、衣類の汚れを落とします。泡が汚れをしっかりはがしとるので、冷たい水を使っても皮脂汚れがきれいに落ち、衣類の黄ばみ予防にも繋がります。

低振動・低騒音でいつでもお洗濯可能

高い洗浄力を持ちながらも、騒音の原因になるギアやベルトがない、ダイレクトドライブになっており、運転音を抑えています。静かさを追求した東芝の技術は、日本だけでなく海外でも認められるほど。深夜や早朝の時間帯や、集合住宅でも、周りを気にせずにいつでもお洗濯が可能です。

自動お掃除モードで黒カビ抑制

お洗濯の行程の中で、最終すすぎの水を使用し、ため脱水を行います。そこで洗濯機が高速回転することによって遠心力が働き、強力な水流が生まれ、洗濯槽の外側や外槽の内側、槽の底まで自動でお掃除してくれます。水をかき上げて洗い流し、汚れの付着を抑えることで槽を除菌し、黒カビの発生も抑えます。

東芝(TOSHIBA)AW-7D7の悪い点をレビュー

作動中の様子が見られない

AW-7D7は、蓋を閉めないと洗濯が始まらない仕組みになっています。作動中も安全面に配慮し自動でロックがかかるため、すぐに蓋を開けることは出来ません。洗い忘れがあった時にパッと蓋を開けたい人や、中が気になるという人は、不便に感じるようです。また、蓋部分が透明なアクリルではないため、作動中の様子を見るといったことも出来ません。

水の音が気になる

モーター音や振動に関しては、とても静かだと評価されているAW-7D7ですが、その分、水の音が気になるという声がありました。水のジャブジャブといった音や、ザブーンザブーンという水流の音は少なからずあるようです。とはいえ、ドアを閉めれば気にならない、といった声も同時に多かったです。

操作パネルが見づらい場合も

操作パネルの点灯が、昼間の明るい場所だと見えにくいという声がありました。外に洗濯機を置く人や、点灯をはっきりと確認したいという人には、気になるポイントかもしれません。また、黒字部分は見やすいものの、赤字になっている部分が見えにくい、といった声もありました。

カラーバリエーションが無い

少数でしたが、他のカラーバリエーションがあると良かったという声がありました。AW-7D7は「グランホワイト」の一種類しか販売されていないため、置く場所の雰囲気によっては、そこに合わないといったこともあるかもしれません。また、蓋部分が白一色でなく、薄いボーダーのデザインだったため、マイナス点に感じた方もいたようです。見た目にもこだわりたい方は注意が必要ですね。

東芝(TOSHIBA)AW-7D7の良い点をレビュー

とにかく静か

特に多く書かれていたのが、「とても静か」「静音性に優れている」といった点でした。ドアを閉めると動いているか不安になるほど静か、といった驚きの声もありました。外に洗濯機を置く方や、集合住宅、夜中や朝方に洗濯機を利用したい人にとっては、最適な洗濯機と言えるでしょう。

洗浄力が高い

洗浄力の高さについても、多くの声がありました。少ない洗剤できれいに仕上がる、洗濯物が柔らかくなった、部屋干ししても臭いが気にならなくなった、など、具体的に実感できるほどのようです。洗濯物の洗浄力の高さは、洗濯機の機能の中でも重要な点の一つと言えます。

掃除がしやすい

ボタン一つで槽洗浄が出来ることが嬉しいといった声がありました。また洗浄力の高さから、糸くず・ホコリもよく取れるようです。ホコリは1か所に固まり、取りやすくなっていて、掃除が楽で便利です。手間になりやすい洗濯機の掃除がしやすいことは、魅力的ですね。

デザインがスタイリッシュ

デザインが気に入っている、という声も少なからずありました。毎日のように使うものなので、見た目も大切ですね。全体的にスクエアになっており、シンプルでスタイリッシュです。上部がフラットで、ガラストップになっていることが気に入った、という声もありました。強化ガラスが採用されており、傷がつきにくいのも嬉しい点です。

東芝(TOSHIBA)AW-7D7の口コミを集めました

洗濯後に槽乾燥が出来るので清潔に出来ます! 洗剤を入れる所も分かりやすく、ホコリ取りもめちゃくちゃ取れます! 買って良かったです。

出典:https://review.kakaku.com

自動で槽洗浄できる他、槽乾燥も出来るようです。いつでも洗濯機を清潔に保つことが出来て気持ちが良いですね。またホコリがよく取れるということは、洗浄力が高い証拠。こちらも嬉しいポイントです。

同じ東芝製品の買い替えでしたが、すごく静かになりました。洗濯しているのに気がつかないくらいです。操作もわかりやすいです。残念なのは、外に置いているため、昼間の明るいところでは、操作パネルの点灯が見にくいこと。改善してほしいです。

出典:https://www.biccamera.com

やはり、静かな製品であることがうかがえます。操作パネルの点灯の見づらさが、マイナスポイントのようですね。外など明るい場所で、点灯を確認したい人には、注意が必要です。

とても静かで、洗い終えた感じも干してて気持ちいいです。 色がどのサイズも茶色の方もあればもっと最高でしたってところですが、とても満足しています。 上面のフタのデザインも気に入っています。

出典:https://www.biccamera.com

洗浄力が高いようです。洗濯機の機能としては欠かせないですね。カラーバリエーションが一種類しか無い点がやや残念ですが、蓋のデザインの良さは魅力的なよう。洗濯機のデザイン性が気になる人は確認してからの購入がおすすめです。

タオル類の臭いがずっと気になっていたが、この洗濯機に変えてから直ぐに改善された これがウルトラファインバブルの効果か! 部屋干ししても臭いが全く気にならないので大満足(部屋干しする際はサーキュレーター併用)

出典:https://www.biccamera.com

ウルトラファインバブルの力を感じたという口コミは、他にも多くみられました。部屋干し派の人にとっては、この洗浄力の高さはとても魅力的ですね。臭いでお悩みの方は、購入検討をしても良さそうです。

防水パンの大きさと、7.0Lの容量から選択しました。以前使っていた15年前のシャープ製の洗濯機と比べて大変静かです。モーター音はほとんど聞こえません。ザブーン、ザブーンと水の音だけする感じです。

出典:https://www.yodobashi.com

洗濯機を購入の際には、防水パンの大きさの確認は必須ですね。また、洗濯機の静かさが、やはり魅力的なようです。モーター音がしない分、水流の音はよく聞こえるのかもしれません。

音の静かさを最優先で購入した点は大正解です。風乾燥などは期待しないほうが良いかと。まだ使いなれていないので数か月使用後再度評価したいと思います。今の洗濯機は蓋のロックがついていて安全面に気をくばっているんですね。でも「アッ!これ洗うの忘れた!!」と思ってすぐに開けたい人は若干もたつくかも、

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

風乾燥の機能は、完全に洗濯物を乾燥させるほどの性能は無いようです。購入の際には注意したいですね。また、洗濯が始まるとロックがかかるので、いざという時にサッと蓋を開けたい人には、こちらも注意が必要です。

色々調べたら、東芝製インバーターは静音ということでこちらを選びました。 脱水はモーター音のみで静かだと思います。 洗いすすぎは多少の音がしますがドアを閉めれば許容範囲内です。 19年使用した日立製の洗濯機からの買い替えですが、すべてが格段に違います。 風呂水くみ取りも意外と時間がかからないように思います。 ガラストップのデザインも素敵です。 今後、色々なコースを使用してみたいです。 故障もなく長持ちしてくれることを期待しています。

出典:https://product.rakuten.co.jp

水の音が気になることはあるものの、ドアを閉めれば問題ない範囲のようです。風呂水のくみ取りも時間がかからないようなので、利用する方にとっては魅力的ですね。

以前の洗濯機が20年近く使ってたので(壊れてなかったのですが)買い換えです。購入の決め手は洗剤、柔軟剤の挿入口が一体で引き出し式というところでした。正面の挿入口は入れやすくて良いです。また音も静かです。操作パネルも見やすいです。長く使えればいいなぁと思います。

出典:https://joshinweb.jp

洗剤・柔軟剤の挿入口が一体になっており、使いやすくなっています。また、取り外して水洗いもできるようになっているため、お手入れも簡単です。操作パネルの見やすさは、意見が分かれていますね。

東芝

東芝 7.0kg 全自動洗濯機 ZABOON(グランホワイト) AW-7D7-W

価格:59,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 東芝(TOSHIBA) 商品名 ZABOON AW-7D7(グランホワイト)・AW-8D7(グランホワイト)
寸法・サイズ 幅600×奥行569×高さ980㎜・奥行内寸510㎜以上 機能 全自動洗濯機
洗濯方式 縦型 洗濯容量 7kg

AW-7D7 と AW-8D7 の違い

東芝

東芝 8.0kg 自動洗濯機 ZABOON (グランホワイト) AW-8D7-W

価格:63,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目は全く同じであるAW-7D7とAW-8D7ですが、違う点が1点だけあります。それは容量の違いです。AW-7D7は7kgでしたが、AW-8D7は8kgです。1kgだけ容量が大きいですね。家族の人数が4人以上であったり、洗濯物が多いご家族は、AW-8D7の方を検討しても良いかもしれません。

 

機能に関しては全く違いは無く、ウルトラファインバブル洗浄や槽洗浄・槽乾燥コースがどちらも使用できます。自動お掃除機能も搭載です。容量が大きい分、AW-8D7の方が標準使用水量が1L多く、消費電力も20Wほど高くなりますので、若干水道代や電気代が高くなることが見込まれます。

 

設置可能防水パンのサイズや、全体の寸法は同じですので、AW-7D7が置ける場所であれば、AW-8D7も置くことが出来ます。純粋に容量の違いを踏まえて、どちらの方が良いか購入検討すると良さそうですね。

AW-7D7 と AW-6D6 の違い

日立(HITACHI)

東芝 DDインバーター洗濯機 全自動 ZABOON 6kg ブラウン AW-6D6 T

価格:57,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AW-6D6は、AW-7D7の約1年前に発売された全自動洗濯機です。同じZABOONですが、まず見た目が違いますね。AW-7D7はガラストップになっていますが、AW-6D6はガラスではありません。また白とブラウンの色調になっていることも特徴です。蓋の形もスクエアではなく、丸形ですね。

 

機能の面でも、いくつか違いがあります。AW-6D6はウルトラファインバブル洗浄は無く、「浸透ザブーン洗浄」が洗浄機能として備わっています。また、AW-7D7には無い、「つけおきコース」も選択することが可能です。つけおきをすることがある方には、良い機能かもしれません。

 

AW-7D7と変わらない点では、槽洗浄・槽乾燥コースがあり、自動お掃除機能も搭載していることは魅力的ですね。静音性に関しては、3dBほどAW-6D6の方が高いので、静かさでは若干ですが劣ります。また、洗濯容量も6kgですので、家族が多い場合には不向きかもしれません。

 

6kgの容量で洗濯機をお探しの方や、デザインが気に入った方は、AW-6D6も検討してみても良いかもしれませんね。容量が少ない分、防水パンサイズや全体のサイズも小さいので、置き場所と合わせての検討が必要です。

AW-7D7 と AW-7D6 の違い

リサイクマのリサイクルショップ

【中古】D▼東芝 洗濯機 2018年 7.0kg 風乾燥 ガラストップ 浸透ザブーン洗浄 ステンレス槽 AW-7D6 (12351)

価格:53,784円 (税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AW-7D7とほとんど見た目の変わらないAW-7D6とは、どのような違いがあるのでしょうか。時期としてはAW-7D7より、1年ほど前に発売された製品となっています。

 

まず、機能の面では「浸透ザブーン洗浄」が採用されています。ウルトラファインバブル洗浄はありません。容量は同じ7kgとなっていますが、洗濯時標準コース目安時間が36分となっていることが特徴です。AW-7D7は39分となっているため、3分早く洗濯が終わりますね。

 

自動お掃除機能はどちらにも搭載されており、静音性も同じレベルとなっています。つまり、AW-7D6も、静音性が高いようです。全体のサイズや防水パンサイズも、全く変わりませんので、洗浄機能と洗濯時間以外は、ほとんど変わらない2台であると言えます。

 

洗浄力の高さでは「ウルトラファインバブル洗浄」が高く評価されている声が多いので、その点ではAW-7D6の方が劣るかもしれません。ですが、静音性に関しては同じレベルのため、販売価格とも相談しつつ、こちらの洗濯機も検討してみても良いですね。

東芝

東芝 7.0kg 全自動洗濯機 ZABOON(グランホワイト) AW-7D7-W

価格:59,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝(TOSHIBA)全自動洗濯機 ZABOON グランホワイト AW-7D7の種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

「ウルトラファインバブル洗浄」の効果が魅力的で、静音性にも優れている製品だということがわかりました。また、自動お掃除機能も、手軽に洗濯機の清潔を保つことが出来る点で、重要なポイントですね。

 

以上のことを踏まえると、洗濯物の部屋干し臭が気になる方や、衣類の黄ばみを抑えたい方におすすめできると言えるでしょう。また、夜中や早朝に洗濯機を利用したい場合や、集合住宅で、洗濯機の騒音が気になる方にも、良いですね。手軽に洗濯機を清潔に保ちたい方々にも、おすすめできるのではないでしょうか。

 

グランホワイトの色調やデザイン性も踏まえて、洗濯機の置き場所の雰囲気と合うか見極めながらの、購入検討をおすすめします。