パナソニック NA-FA120V1 洗濯機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥132,000
パナソニック NA-FA120V1 全自動洗濯機 温水泡洗浄Wの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック NA-FA120V1 全自動洗濯機 温水泡洗浄Wがどんな人におすすめなのかを評価しました。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

温水機能搭載の万能機種

ヒーター式にはなるものの、縦型で本格的な乾燥を搭載している12kgの機種です。縦型なのに12kgと大容量のため、洗濯物が多いご家庭やある程度ためて洗濯を行うご家庭などにぴったり。更にこちらの機種はドラム式洗濯機で人気の水を温めてつけおき洗いを行う「温水泡洗浄W」を搭載しているため、黄ばみや部屋干しの匂いなどをしっかりとシャットアウトしてくれる機種になっています。

NA-FA120V1の基本スペック

  • 本体奥行(MDA) : 67.2cm
  • 本体高さ(MDA) : 105.6cm
  • NA-FA120V1のショップ比較

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    類似商品と比較する

    現役家電販売員兼家電ライター

    たろっさ

    もう少し小さめのものがほしいという方におすすめ

    日立
    BW-DV100E
    130,581円〜

    少しでもコストを抑えた洗濯乾燥機がほしい方はこちら

    シャープ
    ES-GW11D
    97,700円〜

    見た目がおしゃれな洗濯機をお求めの方はこちら

    AQUA
    AQW-FV800E
    80,720円〜

    パナソニック NA-FA120V1の基本スペック

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 12.0kg 全自動洗濯機 温水泡洗浄W シルバー NA-FA120V1-S

    価格:132,000円 (税込)

    amazonで詳細を見る ビックカメラで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 全自動洗濯機 NA-FA120V1-S・NA-FA120V1-W
    寸法・サイズ 643×1056×672mm、設置可能防水パン540mm以上 機能 洗濯乾燥機
    洗濯方式 縦型 洗濯容量 12kg

    パナソニック NA-FA120V1のおすすめポイント

    温水泡洗浄W

    洗剤液を専用ヒーターで温めて洗剤を泡の状態にすることにより浸透力がアップし、汚れに素早く対処できます。さらに約40℃に温められた洗剤液により衣類に付着した皮脂が溶け出し、その結果頑固な黄ばみやニオイの原因菌から洗い流すことができるのです。

    まとめ洗い「大容量12㎏」

    共働き世帯にありがたい、業界最大クラス12㎏の洗濯容量。薄手の毛布も4枚同時に洗うことができます。容量が増えたことにより投入口も大きくなり、こちらも業界最大の投入口面積約1,368㎠。大きな物の引っかかりが解消し、ラクに出し入れできるようになりました。

     

    パワフル滝洗いコース

    食べこぼしなどしつこい汚れやシミには左右2箇所からの大水流シャワーで立体的に洗濯物を動かし、強力に洗浄します。通常約43分のコースですが、パワフル滝洗いコースは約60分しっかり洗い、汚れを落とします。小さなお子さんがいる家庭ではとても助かる機能です。

    NA-FA120V1の悪い点をレビュー

    水に浸かりきれないことがある

    内蓋がないので大きな洗濯物は水に浸かりきれていないことがあり、水面からはみ出てしまうことがあるようです。この場合洗浄力が落ち、すすぎも十分ではなくなってしまうので、いくら大容量といえど大きなものを洗う際は注意が必要になります。

    サイズが大きすぎる

    大容量は製品の大きな強みではありますが、全体のサイズも60センチ以上とかなり大きいため、設置スペースの大きさに制限がある場合も。商品を買う前に設置スペースのチェックを忘れずに。

    NA-FA120V1の良い点をレビュー

    とにかく汚れが落ちる

    様々な洗濯コースが選べますが、通常のおまかせコースでも部活のユニフォームの頑固な汚れもきれいに落ちるという声がありました。温水洗浄はさらに強力な洗浄力を持ち、どんな汚れにも対応できるので安心です。

    お手入れがしやすい

    糸くずフィルターは大型で作りがよく、ゴミが取りやすいので楽しいという声がありました。さらに投入口のまわりに段差がないので汚れが付着しにくく、掃除もラクなのでお手入れのしやすさは抜群といえます。

    衣類が取り出しやすい

    横幅が広く底が浅くなっているため、洗濯槽からの洗濯物の出し入れがしやすくなっています。女性や小柄な方にも使いやすいです。さらに投入口や洗濯機の天面にも傾斜がついているため、ここでも洗濯物が取り出しやすいよう工夫がなされています。

    静音性が高い

    ゴム足が音を吸収してくれるので床に音が響かず、とても静かだそうです。洗いやすすぎ時はもちろん、脱水時も静かなようで、深夜の洗濯も可能だという声もありました。忙しく夜に洗濯をしたいという方におすすめです。

    お風呂の残り湯が使えるため節水に

    少量の水での洗浄する方式になっており、さらにお風呂の残り湯を洗浄に再使用できるため水道代の節約になります。経済的にもとてもありがたいですね。

    パナソニック NA-FA120V1の口コミを集めました

    布団などの大物を洗う時に必要な「洗濯キャップ」が別売りで(2000円くらい)最初からついていない

    出典:https://review.kakaku.com

    別売りということで、コストが余分にかかってしまうこと、急遽大きいものを洗濯したい時にキャップがないと慌ててしまうことも。あらかじめ準備しておきましょう。

    40度の温水で洗濯すると、普段シワにならない綿の洗濯物が何故かシワシワになるので、40度はタオルなどしか使わないと思います。

    出典:https://review.kakaku.com

    高い洗浄力が強みですが、洗濯物の素材によっては冷水でないことによりシワができてしまうこともあるようです。温水機能は洗浄力が高いなど、良い評判がたくさんあり素晴らしい機能ではあるのですが、思わぬ落とし穴もあるようです。

    洗浄の際にもうちょっとジャブジャブ洗ってほしい、ということと、すすぎのときも、もっとバシャバシャ洗濯物全体に水かけまくってすすいでほしいな、と思いました。

    出典:https://review.kakaku.com

    節水機能が高いため、少量の水で洗浄することにより縦型洗濯機のジャバジャバ洗う感が弱いようです。洗浄力に問題はないようなので、好みの問題ですね。

    今までは2回、回していたのが1回で済み時短になります。

    出典:https://www.biccamera.com

    やはり12㎏の大容量は大家族や週末にまとめ洗いをする家庭にはとてもありがたいですよね。共働きの家庭が増えてきている中で時間の節約はとても重要になってきています。

    便利だと思ったのは「自動槽洗浄」と「絡みほぐし機能」ですかね。

    出典:https://review.kakaku.com

    内槽を高速回転させ、遠心力を使って外槽の内側、内槽の外側を洗い洗浄カスの付着を取り除きます。カビの予防になるためとても衛生的です。絡みほぐし機能により洗濯物の取り出しもしやすくなっています。便利な機能が満載です。

    以前は縦型の洗濯乾燥機を使用していましたが、乾燥機能はほとんど使用しなかった為、今回は洗濯機能だけに絞って大正解でした。

    出典:https://club.panasonic.jp

    乾燥機能が有るものと無いもので値段が10万円ほど変わる場合もあります。乾燥機能をほとんど使わない方にとっては無駄な出費となってしまいます。それなら洗濯機能に特化させ、さらに値段を安くすませたほうが良いですよね。自分にとって必要な機能はなにかをよく考えることが大切です。

    我が家はお風呂の残り湯を使います。 残り湯と水道水を混ぜて使うメーカーもありますが、この機種は洗剤を溶かす以外は風呂水を使ってくれます。 洗濯は残り湯、すすぎは水道水を使いますが、すすぎ1回だと残り湯を使い切れないです

    出典:https://review.kakaku.com

    節水性が高いという口コミがたくさん見られました。しかし中には水道代、電気代が他の製品と比べて少し高いという声も少数ですがあがりました。大容量ということで多少電気代や水道代は高くなってしまうのかもしれません。お風呂の残り湯を使用しない人にとっては高く感じる場合もあるようです。

    ドラム式に比べると、デザイン性はいまひとつな製品が多い縦型洗濯機だが、シルバーとブラックを基調としたカラーリングと、フラットでスッキリとしたデザインで、それだけでも好印象の本製品。

    出典:https://review.kakaku.com

    スタイリッシュなデザインのドラム式洗濯機に対して、縦型洗濯機はデザイン性では劣っている場合が多いのですが、従来の縦型洗濯機とは違い、シンプルでスリムなデザインが魅力的です。

    操作パネルも見やすくてとてもよいです。

    出典:https://www.biccamera.com

    製品の特徴として、手前に洗濯槽、後方に操作部が配置されています。手前に操作パネルがあることにより身体などが当たったり、子供のいたずらによる誤作動を防ぐことができます。また操作時に真下を見ることがなくなり、自然な目線での操作ができるようになりました。

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 12.0kg 全自動洗濯機 温水泡洗浄W シルバー NA-FA120V1-S

    価格:132,000円 (税込)

    amazonで詳細を見る ビックカメラで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 全自動洗濯機 NA-FA120V1-S・NA-FA120V1-W
    寸法・サイズ 643×1056×672mm、設置可能防水パン540mm以上 機能 洗濯乾燥機
    洗濯方式 縦型 洗濯容量 12kg

    NA-FA120V1とNA-FW120V1の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 12.0kg 洗濯乾燥機 温水泡洗浄W シルバー NA-FW120V1-S

    価格:174,200円 (税込)

    amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    NA-FA120V1、NA-FW120V1ともに2018年6月1日に発売されました。

     

    カラーバリエーションはNA-FA120V1は「シルバー」、「ホワイト」の2種類なのに対しNA-FW120V1は「シルバー」1種類のみです。

     

    基本的に同様の機能を備えていますが、大きな違いはNA-FA120V1は送風乾燥といった簡易的な乾燥機機能のみ搭載なのですが、NA-FW120V1は6㎏の本格的な「水冷除湿」乾燥機能が搭載されています。また低温乾燥になっているので、熱などに弱く傷みやすい衣類にも安心して使用する事ができます。

     

    「水温」「衣類の質」を見分け自動で時短、節約してくれる機能「エコナビ」、洗濯終了後に洗濯槽の湿気を取り除く「槽乾燥」といったコースがNA-FW120V1にはあります。

     

    さらにNA-FA120V1には無い機能として、NA-FW120V1にはダニバスターコースが搭載されています。温風で洗濯物をプレ加熱する事により通常では落ちにくい繊維に絡みつくダニをひきはがし、ダニのフンや死骸を除去します。清潔を保ちたい毛布などの寝具におすすめの機能です。

     

    NA-FA120V1とNA-FA120V2の違い

    panasonic

    パナソニック 12kg 全自動洗濯機 泡洗浄W・パワフル立体水流 ホワイト NA-FA120V2-W

    価格:213,840円 (税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    2018年6月1日に発売されたNA-FA120V1に対し、NA-FA120V2は1年後の2019年6月1日の発売です。

     

    カラーバリエーションはともに「ホワイト」、「シルバー」の2種類です。

    NA-FA120V1は洗剤液の温度を約15℃、約40℃に温めることができましたが、NA-FA120V2はさらに約30℃に温めることができる「おしゃれ着コース」が選択可能になりました。お気に入りのニットやTシャツの痛みを抑えながらも汚れはしっかり落とします。

     

    NA-FA120V1には無かった機能として、NA-FA120V2には「パワフル滝すすぎコース」も搭載されています。たっぷりの水を使い、3回もすすぎを行うことにより約60分間もの間しっかりすすぎをすることができます。肌が弱いお子様などの衣類や寝具への使用がおすすめです。

     

    さらにNA-FA120V2は「化繊60分」コースが選べるようになりました。あまり汚れていなかったり、その日に必要なすぐに洗って乾かしたい化繊80%以上の衣類を洗濯24分、乾燥36分、合計60分という短時間で洗濯する事が出来る機能です。

     

    このようにNA-FA120V1にはなかった機能がたくさん搭載されています。カラーバリエーションも同じなので、新しく購入を検討されている方には、上位モデルであるNA-FA120V2をおすすめします。

     

    NA-FA120V1とNA-FA100H6の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 10.0kg 全自動洗濯機 泡洗浄W ホワイト NA-FA100H6-W

    価格:87,000円 (税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    NA-FA100H6もNA-FA120V1と同じく2018年6月1日に発売されました。

     

    カラーバリエーションは「ホワイト」、「ブラウン」の2種類から選ぶことができます。

     

    洗濯容量は10㎏なのでNA-FA120V1より2㎏ほど少ない容量となります。NA-FA120V1は大きいものが取りだしやすい業界最大の投入口「ビックサークル投入口」となっていますが、NA-FA100H6にはありません。

     

    また、NA-FA120V1の目玉機能である「温水泡洗浄W」機能は搭載されていませんが、洗剤液を素早く泡立て循環させ、泡が衣類に浸透し汚れをおとす「泡洗浄W」が搭載されています。

     

    NA-FA120V1の方が様々な機能、コースが搭載されていますので、NA-FA100H6の価格は抑えられています。家庭により必要な機能は異なりますので、購入前にしっかり検討したほうが良さそうですね。

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 12.0kg 全自動洗濯機 温水泡洗浄W ホワイト NA-FA120V1-W

    価格:137,800円 (税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    パナソニック 洗濯機 NA-FA120V1の種類について、商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    黄ばみやにおいの原因菌からアタックする「温水泡洗浄W」、さらに頑固な汚れを大水流でしっかりと洗い落とす「パワフル滝洗いコース」の搭載によって、洗浄力にかなり特化した洗濯機。黒カビの発生も抑えてくれるのでとても衛生的です。

     

    衣類のからみほぐし機能や投入口の拡大、使いやすいよう工夫された角度などにより、引っかかりも少ないのでストレスなく洗濯物を快適に取り出すことが可能です。

     

    業界最大の洗濯量12㎏という大容量により、大量の衣類や毛布を洗えるようになりました。にもかかわらずサイズは従来のものとあまり変わりがないようです。共働きの家庭やお子さんが多い家庭に特におすすめの洗濯機です。

     

     

     

     

     

     

    関連する商品

    洗濯機の人気商品