シャープ KS-S10J 炊飯器評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥6,458
KS-S10Jは、2015年12月にシャープから発売されたマイコン炊飯器です。「黒厚釜」がお米の芯まで熱を伝え、底面を球状にした「球面炊き」を採用しており、おいしく炊き上げます。また、「炊飯メニュー」を搭載しており、玄米など健康に配慮したメニューを、専用の火加減で炊き分けます。

KS-S10Jの徹底分析

人数について

炊飯量(合)

5.5

  • 1〜2人
  • 3〜5人
  • 6人以上

解説

1合あたり、約350gのお米を炊くことができ、一般的にお茶碗1杯分は150gで0.4合と言われています。規定容量より少し少なめで炊く方が美味しいので、炊飯容量は日常で食べる杯数より余裕を持って選ぶと良いでしょう。

KS-S10Jの炊飯器の容量は5.5合で、一般的に3〜5人向けと言われています。最大で1度にお茶碗約12杯分のお米を炊くことができるため、4人世帯で使用可能と言えるでしょう。

炊き上がり(味)について

タイプ

マイコン

  • ふっくらもちもち
  • 炊きムラができにくい
  • シャッキリ
  • 甘み

内釜

黒厚釜

食感炊き

-

  • 硬さ、粘り調節可能

銘柄炊き

-

  • うまみを引き出す

炊飯メニュー

炊き込みごはん,おかゆ

炊飯材料

無洗米,玄米,雑穀米

スチーム炊き

-

  • ツヤ
  • 粘り気

解説

マイコン炊飯器

古くからある手法で底からヒーター加熱によって炊き上げるタイプの炊飯器です。構造がシンプルであるため使いやすいといったメリットがあります。IH炊飯器や加圧IH炊飯器と比べて安価であることが多いです。

炊き上がりには炊飯方式と炊飯機能、釜の素材、構造が大きく影響します。KS-S10Jの炊飯方式は、マイコン式で他の炊飯方式と比べて、炊き上がりに対してはあまり期待できないです。ご飯が炊けるということを第一に求めている方に向いているでしょう。

 

また、KS-S10Jは、黒厚釜を採用しており、お米の芯まで熱を伝えふっくら炊き上げるという特徴があります。そのほかにも、 内釜の底面が丸い「球面炊き」を採用しており、お米をムラなく炊き上げます。ふっくらと炊きムラのないお米を求めている人に向いているでしょう。

 

また、玄米など健康に配慮したメニューを、専用の火加減で炊き分ける「炊飯メニュー」を搭載しているため、健康志向の方にもおすすめしたい商品です。

利便性について

保温時間

12時間

炊きあがりまでの時間

白米/無洗米:約48~約60分

  • 洗いやすい

お手入れ機能

-

  • 洗いやすい
  • 臭いにくい

解説

保温時間、炊飯時間を知ることで自分の生活スタイルに合った炊飯器を選ぶことができるでしょう。炊飯時間は一般的に50〜60分が目安です。KS-S10Jは、白米モードで約45分~約55分かかるため炊飯時間は標準よりやや短いと言えます。

 

保温時間に関して、一般的な炊飯器だと5〜6時間までの保温が限界と言われており、それを超えると水分が抜けて風味が落ちると言われています。保温性能が高い炊飯器だと、長時間保温しても味を保つことが可能で、多くのマイコン式炊飯器は12時間、IH式や圧力IH式の炊飯器は24時間の保温が可能です。

KS-S10Jは12時間保温できるので、多忙な方にも向いていると言えるでしょう。

調理機能(用途)について

パン

-

ケーキ

-

煮物・煮込み

-

蒸し物

-

温泉卵・ゆで卵

-

解説

炊飯器には、ご飯を炊く以外にパンや煮物を作ることができる機種もあります。KS-S10Jには炊飯以外の機能は搭載されていません。

ご飯が美味しく炊けることを第一に求めている方に適した商品と言えるでしょう。

コストについて

年間電気代

2421.9円

  • 安い
  • 標準
  • 高い

解説

炊飯器は、毎日使用する方は電気代に差がでるので、着目すべきポイントです。

経済産業省の「省エネ性能カタログ」によると、機種の数が最も多いIH炊飯器の5.5合以上8剛未満の炊飯器の年間消費電力料の平均値は82.08kwh(2018年)で、電気代は約2216円になります。(1kWh当たりの電気代を27円として計算)

KS-S10Jの年間電気代は2421.9円なので、平均より高いと言えます。炊飯器の電気代にこだわらないという方に向いているでしょう。

設置について

カラー

シルバー系

幅x高さx奥行き

240x204x338mm

蒸気

-

  • 蒸気の排出量大幅抑制
  • 蒸気の排出量抑制

タイプ

マイコン

解説

ほとんどの炊飯器は炊飯時に水蒸気を発するため天井に水蒸気があたって傷めたりカビが生えたりするのを防ぐため、上に物がなく、蒸気が当たっても問題のない場所に置く必要があります。

キッチンカウンターの上、ラックの一番上、冷蔵庫の上など設置したい場所を採寸して検討してみてください。どうしても配置場所がない場合は、上を50cm程度以上空けれる場所に設置すると良いでしょう。

キッチンなど見えやすいところに設置する際は、空間や設置場所とデザイン的に相性が良いかどうかという視点で検討してもいいかもしれません。

KS-S10Jのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。