株式会社吉田酒造店 手取川 日本酒の評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥6,470
株式会社吉田酒造店 手取川 日本酒の商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、株式会社吉田酒造店 手取川 日本酒がどんな人におすすめなのかを評価しました。

手取川のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸の基本スペック

吉田酒造

山廃仕込 純米大吟醸 手取川 1800ml

価格:6,470円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

製造元株式会社吉田酒造店商品名手取川 山廃仕込 純米大吟醸
内容量(ml)1800原産地石川県白山市安吉町41番地
特定名称純米大吟醸原料米山田錦
アルコール度数(%)16.5精米歩合(%)45

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸のおすすめポイント

秋に美味しくなるお酒

このお酒は、秋上がり(秋に美味しくなるという意味)するといわれております。 熱い夏の間、酒蔵で熟成させた上で、一番味が良くなる秋になったときに出荷しているそうです。滑らかで角のとれたまろやかな味わいが特徴なお酒です。

山廃仕込という手法で作られた日本酒

山廃仕込とは、日本酒の製法のひとつです。お酒を造る過程において、酒母を作るタンクに、あらかじめ櫂(かい)と呼ばれる棒を使ってから、蒸米をすり潰す作業を行っています。丸1日、2-3時間おきに米をかき混ぜるという手間のかかった作業を行っています。

実力のあるお酒(金賞受賞)

吉田酒造店は石川県白山市安吉町にありますが、ここは酒造りの町として有名です。 手取川の豊かな伏流水と、良質の酒米を用いて長く日本酒を作成してきました。 吉田酒造店は、その中でも特に歴史をもっています。 そして、9年連続で全国新酒鑑評会(日本酒の品評会)で金賞受賞しております。

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸(評価・口コミ)

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸の悪い点をレビュー

以前と味が違った

以前購入した際に味が良かったので、再度購入を行ったが、味が違ったとの意見がありました。品質管理上の問題、もしくは味が変わったのかは定かではありませんが、味が異なっていると感じることもあるのかもしれません。

香りが足りない

一部の意見として、日本酒の香りが足りないのではないかというものがありました。 想定したよりも香りが足りなかったのかもしれません。

味とコクが足りない

ごく一部の意見として、味わい、コクにおいて深みが足りないとの意見がありました。 飲みやすさはあるのだが、奥深さといったものが足りないという厳しい意見がありました。

甘いお酒(飲み手を選ぶ場合も)

フルーティー、または上品な甘さを感じますが、辛口好きの人からすると、甘すぎると感じる場合があるようです。

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸の良い点をレビュー

口当たりが良い

非常に口当たりが良いという意見が多数ありました。軽く、そして爽やかな味わいを感じるとの事でした。このお酒を口にいれた際に、お酒の味が広がり、軽やかでスッキリした味わいがあるとの事です。

美味しいお酒

非常にお酒の味が美味しいとの意見も多数あります。ほのかな甘口で、芳醇で味わいがあるとの声があります。甘さも果物のような感じの上品さがあり、フルーティーな印象をうけたお酒であるとの意見も多数ありました。

飲みやすい

軽やかで飲みやすいお酒です。女性の方から日本酒なのに飲みやすいという意見もあがっておりました。米の旨味がありながら、すっきりした味わいでピリッとした感覚も味わえるとの事でした。

お値打ちなお酒

大吟醸酒でありながら、値段が1800mlで6000円台ということでお値打ちなお酒という声もありました。大吟醸酒の場合、1800mlで10000円を超えるものもあるので、このお酒の味を考慮すると納得できるのではないかと思います。

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸の口コミを集めました

美味しいお酒と感謝されました。 今後もよろしくおねがいします。

出典:https://review.rakuten.co.jp

プレゼントとして、このお酒を送ったところ、大変感謝されたようです。このお酒を送ってもらえれば、相手も喜ぶことは間違いないでしょうか?プレゼントされた方はとってもうらやましいです。

金沢の旅行帰りの友人宅でいただいた。第一印象は「美しい。」だった。 白を基調としたラベル、薄濁りのお酒が映えて雪が降っているように見える。 少し日にちが経った感はあり、吟醸香が少し薄まっていたが充分に感じられた。 アルコール臭が少し出てきていたがすっきりしており夏にはピッタリなお酒だった。 今度は是非開栓仕立てを味わってみたい。

出典:https://www.saketime.jp

お酒自体は美味しかったようですが、少し日にちが立っていたので、濃厚さが薄れたという意見のようです。美味しいお酒を飲むのであれば、いい状態で飲みたいものですね。

非常に口当たりも良く、おいしかったです。この金額で購入できたので満足です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

味、そして金額に満足されているようです。納得した味を想定したより安い値段で購入できれば、納得感はさらに強くなり、結果としてこのように満足感につながりますね。

匂いはいつも感じるよりも若干穏やか。口に含むと優しい甘味がいっぱいに広がると同時に渋味と言うか苦味と言うか苦味ですね、のど越しに強く感じます。 温度が上がるにつれ匂いが立ちます。甘味も増すけど苦い。美味しいかもしれないとオモワセルのだがどうも判断がつかない。ひとまず様子見です。

出典:https://www.saketime.jp

美味しいけれども、このお酒の特徴である酸味が口に合わなかったようですね。最初は甘く感じるのにその後に苦味と感じたようですね。この方とはこのお酒の相性は良くなかったのかもしれませんね。

シュワっと青リンゴ。ジューシーな芳醇甘口。石川門をいくつか飲みましたが、意外と幅広くて分からなくなってきました笑 石川に越してきて7か月。居酒屋でもよく見かけ、身近にある銘柄なので素通りしてましたが、家飲みすると改めて美味しいです。

出典:https://www.saketime.jp

青りんごのような、フルーティーさ、濃厚で芳醇な甘い味というように、良いところが複数重なった味のようですね。こういった飲みやすいお酒であれば家飲みでも楽しめそうですね。

以前、金沢で購入した手取川 吉田蔵が美味かったので今回購入に至ったが、この夏の高温や品質管理上の問題なのか以前の物と比べ味が違った。

出典:https://www.amazon.co.jp

これは厳しい意見ですね。以前購入した際の期待値と比べると味が納得いくものではなかったようですね。品質管理の問題は何とも言えませんが、作り方に違いが生じたのでしょうか?

夕方からお外で美味しくいただきました。 ‪石川県産 石川門100%麹米50% 掛米60%‬ ‪酸味際立つ香りとクイクイ飲める柑橘系吟醸香でしたぁ〜‬ さっぱりしていて、ずっと飲んでいられるお酒です。 美味しいです。

出典:https://www.saketime.jp

飲みやすくいくらでもクイクイと入っていくのがよく伝わってきます。さっぱりしている上に香りもいいので、相乗効果でどんどん飲めるお酒なことがよく伝わってきます。

フルーティと謳うほどな香りでもなく 砂糖の甘味とシルキーな舌触りでツル〜っと終わってしまう。 控えめにチリチリでもいいからも少しガス感とか酸が欲しいのだが 霞というからには際立ってはいかんのだな。と思いました。

出典:https://www.saketime.jp

何というか際立った所がなく為、いまいちな所があるように感じられました。バランスが取れているようですが、そこがどことなく普通のような感じがしたんでしょうね。

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸の関連商品と比較する

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸 と 手取川 純米酒 名流 大辛口 の違い

吉田酒造店

日本酒 手取川 名流純米酒 大辛口 1800ml【吉田酒造店】

価格:2,612円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手取川 純米酒 名流 大辛口は名前の通り、辛口のお酒になります。 山廃仕込 純米大吟醸との違いとしては、値段、味わい、そして口当たりになります。 値段ですが、手取川 山廃仕込 純米大吟醸は6000円を超えるのに対し、手取川 純米酒 名流 大辛口は2000円台後半ということでかなり値段に開きがあります。 味わいですが、手取川 山廃仕込 純米大吟醸が辛口、手取川 純米酒 名流 大辛口についても大辛口となります。辛口度を表す指標として、日本酒度(値が高い程、辛い)というものがありますが 手取川 山廃仕込 純米大吟醸は「+4」、手取川 純米酒 名流 大辛口は「+10」となります。 口当たりについては、どちらもすっくりした口当たりですが、純米大吟醸の方がすっきりしているとの意見があります。 選ぶ際の指標ですが、味わい(辛口度)に違いがあるため、こちらを基準にすればよいと思います。辛口好きな方は、手取川 純米酒 名流 大辛口の方がよいと思います。

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸 と 手取川 山廃仕込 本醸造 の違い

吉田酒造

★手取川 山廃本醸造 1800ml

価格:2,129円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手取川 山廃仕込 本醸造は五百万石という米を原材料とした適度な酸味のある旨味のあるお酒となります。山廃仕込 純米大吟醸との違いとしては、値段、味わい、そして口当たりになります。 値段ですが、手取川 山廃仕込 純米大吟醸は6000円を超えるのに対し、手取川 山廃仕込 本醸造は2000円台前半です。かなりの値段差が有るため、こちらも比較検討するときの指標になるでしょう。 味わいですが、手取川 山廃仕込 純米大吟醸が辛口、手取川 山廃仕込 本醸造についても辛口となります。辛口度を表す指標として、日本酒度(値が高い程、辛い)というものがありますが手取川 山廃仕込 純米大吟醸は「+4」、手取川 純米酒 名流 大辛口は「+6」となります。 若干、手取川 純米酒 名流 大辛口の方が辛口であるということが言えます。 口当たりについては、どちらもすっくりした口当たりですが、手取川 山廃仕込 本醸造は酸味がそれなりにあるのでそこが大きく違う点となります。 値段では、手取川 山廃仕込 本醸造の方がかなりリーズナブルですので、あとは味わい等を考慮の上、選択すればよいでしょう。

株式会社吉田酒造店 手取川 純米吟醸の総合評価

吉田酒造

山廃仕込 純米大吟醸 手取川 1800ml

価格:6,470円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

株式会社吉田酒造店 手取川 日本酒の商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他商品との比較、価格などをまとめ、清都酒造場 勝駒 日本酒がどんな人におすすめなのかを評価しました。 株式会社吉田酒造店 手取川の総合評価ですが、何といってもその味わいにあるといえます。伝統的な製法にこだわり、滑らかで、口当たりも良く、芳醇な味わいを楽しめることにあります。 飲み方については、冷でもお燗でもどちらでも味わいを楽しむことができるでしょう。 全国新酒鑑評会において、9年間連続で金賞を受賞しております。ここからもお酒の実力を認められているといえるでしょう。 手取川は商品バリエーションが豊富なため、好み、予算と相談の上、ご自身の好みにあったお酒を選択すればよいと思います。 飲みやすく、フルーツのような甘さ(例:キレのあるライチのような甘味)があるので、日本酒の初めての方やこれから日本酒を飲みたいと思っている方にお勧めしたい商品です。

関連する商品

日本酒の人気商品